おすすめ洋画!恋愛モノ50選♪名作から新作まで!

おすすめ洋画!恋愛モノ50選♪名作から新作まで!

恋愛映画を観てキュンキュンしたい人必見!おすすめの恋愛モノを洋画だけ50作品ピックアップしました。


目次

男女ともに共感の声を呼ぶ名作『(500)日のサマー』

© 2009 TWENTIETH CENTURY FOX

本作は、運命の恋を夢見る青年・トムと、本物の恋を信じない美女・サマーの500日間を描くロマンティック・コメディ。偶然乗り合わせたエレベーターで出会いでの一目ぼれから、ぴったりと合った音楽やアートの趣味をきっかけに、トムがサマーに一途に想いを寄せていくさまが描かれている。

初メガホンを取ったマーク・ウェブ監督のセンスのいい演出も見どころです。
あなたは運命の恋を信じますか?

涙のあとに元気をくれる感動のラブストーリー『世界一キライなあなたに』

(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc.

26歳にして失業し、将来の展望が見えなくなったルー(エミリア・クラーク)と、不慮の事故で車いす生活を余儀なくされ、生きる希望を失った超ハンサムな大富豪ウィル(サム・クラフリン)。そんな2人が出会い、恋に落ちるも、彼の決めた“生きる時間”はわずか6か月だった…。

ラストはいい意味で裏切られます。
ただ感動するだけではなく、前向きになれる素敵なラブストーリーです。

身分違いの純愛を描いた『きみに読む物語』

とある療養施設に独り暮らす初老の女性(ジーナ・ローランズ)。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女の元へデュークと名乗る初老の男(ジェームズ・ガーナー)が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。1940年、ノース・カロライナ州シーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女・アリー(レイチェル・マクアダムス)は、そこで地元の青年・ノア(ライアン・ゴズリング)と出会う。そのとき、青年の方は彼女こそ運命の人と直感、一方のアリーもまたノアに強く惹かれていくのだった。こうして、2人の恋は次第に熱く燃え上がっていくのだが…。

王道のラブストーリーですが、その世界観にとても引き込まれる作品です。
ワンシーン、ワンシーンの景色がとてもきれいで印象に残ります。

女の子憧れの映画『アメリ』

(C)2001 UGC IMAGES-TAPIOCA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-MMC INDEPENDENT-Tous droits reserves

他とは違った幼少期を過ごしたアメリ。ある日、自室に隠されていた小さな箱を発見。その箱の元の持ち主を見つけ出して渡すと、たいへん喜ばれます。それをきっかけに、周囲の人々を幸せにしてまわる彼女。やがて、同じく変わった趣味を持った青年、ニノに出会い…。本国のフランスをはじめ、世界中の人々に愛される、ちょっと変わった心温まる物語です。

フランス映画のおしゃれな世界観が存分に楽しめます。
観た人誰もが幸せになる映画です。

ディズニーのミュージカル映画『魔法にかけられて』

© Disney Enterprises, Inc.

おとぎの国“アンダレーシア”に暮らす、心優しいプリンセス・ジゼル(エイミー・アダムス)。ある日、悪の魔女に騙されてはるか彼方の世界へと追放されてしまう。そこはなんと現代のニューヨーク! 大都会では浮きまくり、途方にくれたジゼルが出会ったのは、バツイチ・子持ちの弁護士・ロバート(パトリック・デンプシー)。“超”のつく現実的なロバートに、ジゼルは永遠の愛を伝えようとするのだが…。ジゼルの婚約者、エドワード王子(ジェームズ・マースデン)も彼女を救うべくやってきては、魔女も彼女を追ってきて、ニューヨークの街は大混乱。果たしてジゼルは魔女の呪いを解いておとぎの国に帰ることは出来るのか…?

アニメと実写の両方で描くというユニークな設定に注目です。
ディズニー作品のパロディーやオマージュもあり楽しめます。

愛の始まりと終わりを描いた『ブルーバレンタイン』

© 2010 HAMILTON FILM PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

結婚7年目のディーン(ライアン・ゴズリング)と、シンディ(ミシェル・ウィリアムズ)は、娘のフランキーと3人で暮らしている。長年の努力の末、資格を取得し、病院で忙しく働いてるシンディに比べ、ディーンの仕事は上手くいっていない。お互いが相手に不満を抱えているが、口に出すことで平和な生活の崩壊することを恐れている。出会った頃の2人は、いまとは比べ物にならないくらい夢と幸せに満ち溢れていたのにもかかわらず…。夫婦の過去と現在が交差しながら、愛の終わりと始まりが重なり合っていく――。

多くの人に共感されるが、トラウマにもなる映画です。
カップルで観ることはあまりおすすめしません。

サスペンスラブストーリー『マリアンヌ』

© 2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

1942年、カサブランカ。マックスとマリアンヌは出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス、決して交わることのない人生を歩んでいた2人は、ある重大なミッションによって引き寄せられる。それは夫婦を装って敵の裏をかき、ドイツ大使を狙う作戦だった。その後、ロンドンで再会した2人に、愛が芽生え始めるのは自然のことだった。しかし、マリアンヌには愛した人にも決して言えない“ある秘密”を抱えていた――。

スケールの大きい壮大なラブストーリーです。
また、第89回アカデミー賞で「衣装デザイン賞」にノミネートされているように、主人公の豪華な衣装にも要注目です。

10代の妊娠がテーマ『JUNO/ジュノ』

©2007 Twentieth Century Fox

16歳の女子高生のジュノ(エレン・ペイジ)は、いつもの退屈な午後、気取らないところが魅力的なクラスメイト・ポーリーと関係を持ち、予定外の妊娠をしてしまう。生まれてくる赤ちゃんに完璧な両親を見つけようと思い立ったジュノは、親友のリーとともに、養子を望む裕福な夫婦、マークとヴァネッサを見つける。9か月間を通して、体形の変化とともに、様々な感情に揺さぶられながら、大人になるための問題に真正面からぶつかっていくジュノ。彼女が最後に下す選択とは…? 『サンキュー・スモーキング』のジェイソン・ライトマンが贈る、ポップでキュートな成長コメディ。

深刻になりがちのテーマをコメディータッチで描いています。
妊娠、出産を通して、10代の女の子が愛というものがなにかを知り成長していくストーリーです。

東京が舞台『ロスト・イン・トランスレーション』

異国の地・東京でハリウッド俳優と若いアメリカ人の人妻が出会い、心を通わせていく中で、それぞれの不安や孤独を癒していく姿をユーモラスかつ繊細なタッチで描いた、ソフィア・コッポラ監督の独特のセンスが光る作品。

アカデミー賞脚本賞を受賞。
外国人から見た日本が描かれている点もポイントです。

ドラマチックなシンデレラストーリー『プリティ・ウーマン』

ジュリア・ロバーツ-(C)Getty Images

実業家エドワード・ルイス(リチャード・ギア)が、ハリウッドの路上で道案内を頼んだコールガールのビビアン・ウォード(ジュリア・ロバーツ)を、高級ホテルの自分の部屋に呼んだ。ビビアンにとっても夢のような場所だったが、エドワードにとっても彼女は新鮮に見えた。翌朝、エドワードはビビアンに一週間のアシスタント契約を頼み、ビビアンはエドワードによって素敵なレディへと変貌を遂げていく――。

シンデレラストーリーとして完璧な展開です。
主人公のジュリア・ロバーツがとてもキュートです。

夢と現実を交錯させながら描く『恋愛睡眠のすすめ』

© couramiaud - horse created by Lauri Faggioni

仕事も恋愛も何ひとつ上手くいかず、パッとしない人生を送ってきたステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、父の死をきっかけに、長年暮らしていたメキシコから母のいるパリに帰郷する。引越し作業中に、運搬屋の不注意でケガをしたステファンは、新たに自分の部屋の隣に引っ越してきた隣人・ステファニー(シャルロット・ゲンズブール)に手当してもらう。しかし引っ込み思案でシャイなため隣に住んでいることさえ言えない。やがてステファンは、クールで知的なステファニーを好きになるが、なかなか恋は上手くいかない。ステファンはせめて眠っている間だけでも彼女に会うため、理想的な夢ばかり見るようになる。しかし夢の中でのステファニーとの恋愛は完璧な形で展開していき、いつしかステファンは夢と現実の区別がつかなくなっていく…。夢と現実のあいだを行き交い、“睡眠中”に“恋愛”する驚きのロマンチック・ムービー。

監督は『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリー。
アニメーションを多用した独特の映像が見どころです。

口コミで大ヒット!『あと1センチの恋』

© 2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は、6歳からの幼なじみ。くだらない話も夢の話も恋の話も、何でも2人は共有し、ずっと一緒に青春を過ごしてきた友達以上、恋人未満の間柄。2人の夢は、小さなイギリスの田舎町を離れ、一緒にアメリカのボストンにある大学へ進学することだった。ところが、ロージーはクラスで人気の男の子と一夜を共にし、妊娠。彼女だけが地元に残り、アレックスをボストンの大学へと送り出す。お互いを想いながらも言葉にできないままに、初めて別々の人生を歩むことになる2人は、再会を誓うが――。

感動するだけでなく、ほっこり笑えるシーンもあります。
女性におすすめの作品です。

トランスジェンダーをテーマにした『わたしはロランス』

モントリオール在住の国語教師・ロランスは、恋人のフレッドに「女になりたい」と打ち明ける。それを聞いたフレッドは、ロランスを激しく非難するも、彼の最大の理解者であろうと決意する。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえをふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応に果敢に挑む長い年月。その先に待ち受けるのは…? 10年にわたる強く美しく切ない愛を描いたラブストーリー。

映像や音楽、ファッション、ストーリー、全てにおいて素晴らしい映画です。
特に音楽の選曲センスや使用するタイミングの良さが話題になっています。

ジョニー・デップが製作、主演、企画をこなした『ラム・ダイアリー』

© 2010 GK Films, LLC. All Rights Reserved.

1960年、プエルトリコのサンフアンに、ジャーナリストのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)が降りたった。ニューヨークの喧騒に疲れ果てたケンプは、神経過敏気味の編集長ロッターマン(リチャード・ジェンキンス)が運営する地元新聞「サンフアン・スター」紙に記事を書くためやってきたのだ。ジャーナリスト仲間に囲まれながら、ラム酒を浴びるように飲むという島の生活すぐに馴染んだケンプは、ある日アメリカ人企業家のひとりであるサンダーソン(アーロン・エッカート)と出会う。そして、彼の婚約者・シュノー(アンバー・ハード)との偶然の出会いから、彼女の類まれなる魅力に夢中になるが…。

米国のジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名自伝小説を原作としている。
ジョニー・デップ好きは必見です。

大人がハマる『ホリデイ』

©2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

アイリス(ケイト・ウィンスレット)はロンドン郊外に住む女性記者、アマンダ(キャメロン・ディアス)はハリウッドの映画予告編制作会社の女社長。ハタから見れば充実した毎日を送っている2人。しかし今年のクリスマス、アイリスは恋に破れ、アマンダは同棲生活に終わりを告げて、それぞれ人生最悪のホリデイとなる模様。気分転換が必要な2人はインターネットの“ホーム・エクスチェンジ”(条件の合致するもの同士が、バケーションの間互いの家に住むこと)に申し込み、いつもとは違った環境に身を置くことに…。

豪華キャストが送るラブコメディです。
クリスマス時期にぴったりの映画です。

妄想が現実に?!『ルビー・スパークス』

© 2012 Twentieth Century Fox

若くして天才作家としてもてはやされたカルヴィン(ポール・ダノ)だったが、いまではすっかり自信を失い、小説を書けずにいる。そこで、理想の女の子“ルビー・スパークス”の物語を書くことに。執筆に没頭していたある日、カルヴィンの前に自分が空想して作り上げていたルビー(ゾーイ・カザン)が現われた。それからルビーと過ごすカルヴィンの楽しい日々が始まる。彼女のことを愛しているカルヴィンは、関係を壊さないために、もう彼女のことは小説に書かないと決意するが――。

クライマックスはインパクト抜群です。
恋愛の怖さを感じることのできるストーリーです。

ベストセラーの実写映画化『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

(C)2014 Universal Studios

巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れる超絶イケメン大富豪のMr.グレイ(ジェイミー・ドーナン)に、インタビューすることになった女子大生・アナ(ダコタ・ジョンソン)。やがて、初めての恋に夢中になったアナは、どこか影のあるグレイの、秘密の扉を開いてしまう…。

女性人気が高い作品です。
3部作で、続編は『フィフティ・シェイズ・ダーカー』。

とにかくお洒落『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

(C)2014 Universal Studios

ニューヨーク州コニー・アイランド。40年以上前からある、何の変哲も無いデリでジェレミー(ジュード・ロウ)は働いている。最近、ある女性(ノラ・ジョーンズ)が毎日必ずブルーベリーパイを買いに来る。彼は密かにその女性を“ブルーベリー”と名づけ、彼女のためにパイを残している。ある日、ひょんなことから、お互い少しだけ過去を明かし合う。そして、ジェレミーは彼女が要らなくなった鍵を預かることになる。彼女は店に来なくなり、あるとき、メンフィスから手紙が届く。「あなたのブルーベリーパイが世界中で最高!」。ジェレミーはブルーベリーの居所を探し始める…。

お洒落な雰囲気を楽しめる映画です。
ウォン・カーウァイ監督の独特の世界観に浸れます。

わずか2館の公開から140館もの上映に『ONCE ダブリンの街角で』

アイルランドの首都、ダブリンで、家業を手伝いながらメジャーデビューを夢見るひとりのストリートミュージシャンがいた。彼女に振られてしまい、傷心の彼はある日、道端で演奏中にひとりの若い女性と出会う。チェコからの移民で家政婦として働くその女性もずっとピアノを持つことを夢見ていた。彼らは貧しいながらも、音楽という共通点で互いに惹かれ合うようになり、バンドを組むようになる。そして人生の新たな希望とロマンスを見出すために共に歩み始める…。

アイルランドの実力派バンド、ザ・フレイムスのフロントマン、グレン・ハンサードが主人公の男を演じ、監督は同バンドの元ベーシスト、ジョン・カーニー。
音楽ファンも必見です。

純粋なラブストーリー『ポンヌフの恋人』

© 1991 STUDIOCANAL France2Cinema

パリで最も古く美しいポンヌフ橋のたもとで暮らす大道芸人の青年・アレックス(ドニ・ラヴァン)。ある日、失恋の痛手と不治の眼病とで絶望的な放浪の毎日を送る空軍大佐の娘・ミシュル(ジュリエット・ビノシュ)と出会う。橋の上で生活を送るうち次第に心惹かれ合うようになる2人。そんなある日、アレックスは彼女の捜索願いと眼の治療法の発見を知らせるポスターを目にする。これを知れば彼女はきっと自分の元を去ってしまう、そう考えたアレックスはある行動にでる――。

日本でも大ヒットした名作の一つです。
また後のクリエーターにも大きな影響を及ぼした作品です。

ロボットの恋と冒険を描くファンタジーアニメ『WALL・E/ウォーリー』

(C) WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

29世紀。人類が逃げ去ったゴミだらけの地球で、700年もの間、気の遠くなるような孤独の中で生きてきたゴミ処理ロボットのウォーリー。ある日、彼の前に、見たことのないようなピカピカのロボット・イヴが現れる。生まれて初めての出会いに興奮するウォーリーだったが、彼女には地球の未来を変える、驚くべき秘密が隠されていたのだ。ウォーリーは宇宙船にさらわれたイヴを救うべく、未知なる宇宙へと旅立つ――。

ディズニー/ピクサーによる製作で、監督は『ファインディング・ニモ』でアカデミー賞を受賞したアンドリュー・スタントン。
登場人物の大半がロボットだけに、台詞らしい台詞がほとんど無いが、本当に大切なものを思い起こさせてくれる作品です。

40代のふたりの物語『ビフォア・ミッドナイト』

© 2013 Talagane LLC. All rights reserved.

偶然、列車で出会ったアメリカ人のジェシーと、フランス人のセリーヌは、ウィーンの街を“夜明け”まで歩きながら、途切れることなく会話を交わした。そして9年後、作家となったジェシーは、パリの書店でセリーヌと再会。2人はそれぞれに家族や恋人がいたが、会えなかった時間を取り戻すかのように“夕暮れ”まで再び言葉を積み重ねる。そしてさらに9年後。美しいギリシャの街を舞台に、“真夜中”まで飾らぬ思いを語り合い始める2人…。

前作「ビフォア・サンセット」から9年後という設定。
前作を見ていなくても充分に楽しめる内容です。

人気ベストセラー小説を映画化『きっと、星のせいじゃない。』

© 2014 TWENTIETH CENTURY FOX

主人公は、不治の病にかかった若い男女ヘイゼルとガス。ヘイゼルはがんが肺に転移し、酸素ボンベが手放せない日々。そんな中、友達のいない娘を心配した両親に言われて参加した若年がんの患者会で、骨肉腫を克服したガスと出会う――。

テーマは重いが、爽やかで前向きになれる作品です。
「生」「死」について考えさせられる感動作です。

4つのエピソードが同時進行する『ローマでアモーレ』

(C) GRAVIER PRODUCTIONS,INC.photo by Philippe Antonello

恋愛小説さながらにローマっ子のイケメンと婚約した娘のもとへ、アメリカから飛んできた元オペラ演出家(ウディ・アレン)。恋人の親友である小悪魔な女優(エレン・ペイジ)の虜になってしまう建築家の卵(ジェシー・アイゼンバーグ)。田舎から上京した純朴な新婚カップルの宿泊先になぜか現れたセクシー爆弾なコールガール(ペネロペ・クルス)。ある日突然、大勢のパパラッチに囲まれ、大スターに祭り上げられた平凡な中年男(ロベルト・ベニーニ)…。豪華キャストが魅せる、ちょっぴり奇抜でユーモアたっぷりの物語。

ローマが舞台のコメディ作品。
テンポよく進むストーリー展開で、楽しめます。

批評家や映画ファンたちからも絶賛の声『キャロル』

(C)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED

舞台は、1952年のニューヨーク。高級百貨店でアルバイトをするテレーズは、クリスマスで賑わう売り場で、そのひとを見かけた。鮮やかな金髪。艶めいた赤い唇。真っ白な肌。ゆったりした毛皮のコート。そのひともすぐにテレーズを見た。彼女の名は、キャロル。このうえなく美しく、どこかミステリアスな雰囲気を醸すそのひとにテレーズは憧れた。しかし、その美しさに隠されたキャロルの本当の姿は、不幸な結婚と偽りの人生、何より大切な娘を夫に奪われようとしていた。そのことを知ったとき、テレーズの憧れは思いもよらなかった感情へと変わってゆく…。

ケイト・ブランシェット×ルーニー・マーラの熱演に注目の映画ファン必見の作品です。
華やかな女優陣ときらびやかなファッション、美しい映像によって描かれる愛の物語です。

人気シリーズの3作目『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』

(C)Universal Studios.

2作目のハッピーエンドから約10年後のブリジットの“今”が映し出される。てっきりマーク・ダーシーとうまくいってると思っていたのに未だにひとりって一体何があったの? でもマークとまた再会? イケメン実業家ジャックとの運命的な出会いも? そしてついに妊娠? …と、アラフォーになっても話題が尽きないブリジットはやっぱり変わらずブリジットのままで、現代女性の生き方のヒントを投げかけてくれる。もちろんドジっぷりも健在で笑いも満載!

ブリジット史上最大のトラブルが発生してしまう本作。
しかしながら、女性に大きな共感を与えてくれる名作です。

ありそうでなさそうなロマンチックコメディ『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』

© 2015 UNIVERSAL STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.

幼い頃に離婚した父親から、「一夫一婦なんて悪だ!」と教えられたエイミー(エイミー・シューマー)。その影響で恋愛はせず男性とは一夜限りの関係と割り切り自由奔放に生きていた。そんな生活にマンネリ間を持ち始めた頃、仕事でスポーツ外科医のアーロン(ビル・ヘイダー)の記事を執筆することになり彼を取材する。アーロンとの出会いをきっかけにエイミーは自身の恋愛観や人生を見つめなおし生きて行こうと決心するが、いままでの自分が邪魔をしてアーロンとの関係にも亀裂が…。いまさら自分を変えることも出来ずあきらめかけたエイミーだったが、ある行動に出る。

主演のエイミー・シューマーは、日本での知名度は低いものの、全米ではトップクラスの人気のコメディエンヌということもあり、コメディ要素も満載の作品です。

男女の奇妙な三角関係を描いた『マギーズ・プラン -幸せのあとしまつ-』

© 2015 Lily Harding Pictures, LLC All Rights Reserved. © on Pack, Hall Monitor Inc.

NYの大学で働くマギーは、文化人類学者・ジョンと出会い、恋に落ちる。彼の妻ジョーゼットは教授として働くバリバリのキャリアウーマン。家庭を顧みない妻に疲れ果てたジョンは離婚を決意、自分の小説を好きだと言ってくれるマギーと再婚する。数年後――娘も授かり幸せに見えた2人だが、仕事も辞め小説家の夢を追い続けるジョンとの結婚生活に不安を感じるマギー。一方、忙しいジョーゼットの子どもたちの面倒を見るうち彼女とも親しくなり、彼女が“鬼嫁”ではなく知的で魅力的で、いまでもジョンを深く愛していると気づく。ジョンはジョーゼットと一緒にいた方が、きっと幸せになれる…そう思ったマギーは“夫を前妻に返す”という、とんでもない計画を思いつく――。

カップルよりも女性向けの作品です。
ニューヨークのおしゃれな街並みが描かれていることも女性向けのポイントです。

大人のラブストーリー『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』

© 2015 Les Films 13 - Davis Films - JD Prod - France 2 Cinéma

映画音楽家のアントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、自分が作曲してきた映画の主人公のように、飄々とユーモアにあふれた人生を謳歌していた。そんな折、ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のためにインドを訪れた彼は、フランス大使の妻アンナ(エルザ・ジルベルスタイン)と出会う。愛する夫との間に子供を授かりたいと願う彼女は伝説の聖母アンマに会うためにインド南部の村まで旅に出ると言う。多忙なアントワーヌもしばしの休養を求めて、アンナを追って2日間の旅に出かけることを決めた――。

インドを舞台に、互いにパートナーのいる男女が少しずつ惹かれ合っていくさまを、フランス映画独特の表現で描いています。

SF要素ありのラブストーリー『アバウト・タイム 愛おしい時間について』

(C)Universal

主人公は、21歳になるとタイムトラベルが使える家系に生まれた、ちょっぴり地味で冴えない青年ティム(ドーナル・グリーソン)。自分の能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルをするうち、あるとき、運命の女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と出会う。彼女と恋をして結婚、やがて子どもが生まれ、家族を築いていくティムは、タイムトラベルを通してある重大なことに気がついていく…。

家族の大切さを感じさせてくれる、心温まるストーリーです。
観た後の満足感がとても高い作品です。

男女の23年間を描く『ワン・デイ 23年のラブストーリー』

© 2011 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウェイ)と、自由奔放で恋多き男・デクスター(ジム・スタージェス)。初めて会話を交わした2人は、惹かれあうものを感じながら、恋人ではなく友達の関係を選ぶ。エマは心の奥にデクスターへの想いを秘めて、親友として毎年“7月15日”を過ごしていく。一緒に旅行に行ってみたり、恋の悩みを相談したり、大喧嘩したり。そんなある年の“7月15日”、エマはデクスターから違う相手との結婚を告げられ――。

毎年くる“7月15日”にポイントをあて、二人の友情、愛情と、その都度変化している“7月15日”を描いていく透明感のあるラブストーリーです。

現代的なラブストーリー『ウソはホントの恋のはじまり』

(C) 2013 ACOY, LLC

うだつのあがらない小説家のサム(ジャスティン・ロング)が、行きつけのカフェで働くバーディー(エヴァン・レイチェル・ウッド)に恋をして、なんとか自分のことを好きになってほしくて、彼女のSNSを細かくチェックして彼女の好みを分析。それをヒントに理想の男性になろうとする、なんともキュートなラブコメディです。

SNSを使って相手の好みに近づこうとするという設定が、現代的で特に若者には共感が得られ、リアルに感じられるストーリーです。

前向きなハッピーエンド『P.S.アイラヴユー』

(C) 2007 CUPID DISTRIBUTION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

アイルランド元首相の娘であるセシリア・アハーンが執筆し、世界各国でベストセラーとなった純愛小説を映画化。最愛の夫に先立たれた未亡人のヒロインが、亡き夫が遺した10通の手紙を頼りに、生きる気力を取り戻していく姿が描かれる。

40か国以上でベストセラーとなった恋愛小説を映画化した作品です。
ハリウッド最高のスタッフ、キャストにより原作を超える感動作となっています。

美しい映像で見せる『フローズン・タイム』

©2005 LEFT TURN FILMS / CASHBACK FILMS ALL RIGHTS RESERVED.

画家志望の美大生・ベン(ショーン・ビガースタッフ)は、恋人にフラれたショックで不眠症になってしまう。そのせいで一日8時間も増えてしまったベンは、余った時間を活用するためにスーパー・マーケットの深夜バイトを始めることに。しかし、そこで働くのはイタズラ好きの悪友コンビやブルース・リーおたく、時間恐怖症のレジ係・シャロン(エミリア・フォックス)と、ひとクセある若者たちばかり。2週間の不眠が続いたベンは、ついに時間の観念を失い、突然、周囲の世界がフリーズしてしまった。時間の止まってしまった世界を歩き回るベンは、夢中になって美女たちのデッサンを始める。そしてある日、シャロンの横顔に心を奪われる…。

ファッション・フォトグラファーとして活躍するショーン・エリスが手掛け、アカデミー賞にもノミネートされた作品です。
幻想的な映像美に注目です。

「ロミオとジュリエット」のイタリアが舞台『ジュリエットからの手紙』

© 2010 Summit Entertainment, LLC. All rights reserved.

世界遺産の愛の都ヴェローナにあるジュリエットの生家には、いまもなお、彼女宛に恋の悩みを綴った手紙が届いている――。ロンドンに暮らすクレア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)のもとに1通の手紙が届いた。その手紙は、50年前にクレアがジュリエットに送った恋の悩みへの返事だった。当時、クレアはイタリアで出会ったロレンツォとの恋に悩み、その誰にも打ち明けれない胸の内を手紙に書いたのだった。手紙に背中を押されたクレアは、再会を決意してイタリアへ向かい、返事を書いたソフィー(アマンダ・セイフライド)と一緒に初恋の人を探す旅をはじめる。

ベタなストーリーですが、魅力的なキャラと美しいイタリアの景色に引き込まれる素敵な作品です。
感動的でハッピーになれるストーリーです。

実話がもとになった衝撃的なストーリー『リリーのすべて』

(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

1930年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた“女性”の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。

ゲルタを演じたアリシア・ヴィキャンデル、リリーを演じたエディ・レッドメインの演技が素晴らしい作品です。
複雑な物語のように思えるかもしれませんが、とても綺麗な作品です。

大ヒットミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』

© 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオの中のカフェで働くミア(エマ・ストーン)は、女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。そんなある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブことセバスチャン(ライアン・ゴズリング)。いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて2人は恋に落ち、互いの夢を応援し合うように。しかし、セバスチャンが店の資金作りのために加入したバンドが成功したことから、2人の心はすれ違いはじめ…。

アカデミー賞で6部門受賞。
ミュージカルの華やかさや展開、風景、全てにこだわっていて、エンターテイメント性の高い作品です。
主人公2人の感情の変化・成長を表現した細かく変わる衣装にも注目です。

Bitter&Sweetな恋愛映画『バレンタインデー』

© MMIX NEW LINE PRODUCTIONS, INC.

一年にたった一度、この星が愛の言葉できらめく日、2月14日のバレンタインデー。あなたにとって一番大事な人が誰かが分かる特別な日をロサンゼルスを舞台に、年齢も職業も愛のかたちも様々な、男女15人のバレンタインデーを描く。それぞれがすべてを懸けた愛の行方はいかに――?

『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル監督と豪華俳優陣が贈る、恋愛オムニバス。
落ち込んでいる人にこそ観て欲しい、心温まり恋愛したくなる作品です。

正統派ラブストーリー『一枚のめぐり逢い』

© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC.

アメリカ海軍軍曹のローガン・ティボー(ザック・エフロン)はイラクでの3度目の任務を終え、自身の命綱となった面識さえもない女性の写真を手に帰還する。彼女の名前がベスということと彼女の居場所を知ったローガンは、ベスの家を訪れる。やがて彼女の家業であるケンネルでの仕事を始めることになるが、ベスが当初、ローガンに対して抱いていた不信感や、彼女自身が抱えている問題をよそに、二人の間には恋が芽生える――。

風景がとても美しく描かれており、感動的です。
戦争など暗いテーマを扱っている作品でもあるが、シリアスすぎず比較的見やすいラブストーリーです。

スペインが舞台『それでも恋するバルセロナ』

© 2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.

真面目で立派な男性と婚約中のヴィッキー(レベッカ・ホール)と、自由奔放で情熱的な恋を常に探しているクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と、正反対な二人は親友同士。そんな二人は、バルセロナでひと夏を過ごすことに決める。そこで二人は、魅力的な画家、フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会う。フアンに惹かれたクリスティーナ。そして、ヴィッキーもまた彼に惹かれていく…。だが、そこに美しく激しいフアンの元妻、マリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)が現れて――。ウディ・アレン監督がスカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルスと2大女優を迎えて贈るロマンス・コメディ。

第61回カンヌ国際映画祭特別招待作品、ゴールデン・グローブ賞主要4部門ノミネート作品。
魅力的な俳優陣や街の風景もポイントです。

歌声にも注目!『ラブソングができるまで』

©2006 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. - - U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA ©2006 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED - - ALL OTHER TERRITORIES

すっかり落ち目の80年代のポップスター・アレックス(ヒュー・グラント)の仕事は、今や遊園地などでのイベントへの出演ぐらい。そんな彼にスターダムへの復活のチャンスが。人気絶頂の歌姫、コーラ・コーマン(ヘイリー・ベネット)から曲とデュエットの依頼が舞い込んできたのだ。ところがアレックスはもう何年も作曲などしていない上、作詞は大の苦手。そんな時に彼はひょんなことからソフィー(ドリュー・バリモア)という女性と知り合い、彼女のユニークな言葉のセンスに打たれ共同作業を持ちかける。彼女は彼女で作家のスローアン・ケイツ(キャンベル・スコット)との恋愛を引きずっており、とてもそんな気になれないと一度は断るも、結局は引き受けることに。こうして2人の曲作りが始まるのだが…。

王道なラブコメです。
80年代の音楽なども楽しめます。

ハートウォーミングな物語『おとなの恋の測り方』

© 2016 VVZ PRODUCTION-GAUMONT-M6 FILMS

辣腕弁護士のディアーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)は、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。その元夫は仕事のパートナーでもあり、しょっちゅう口論に。今日もむしゃくしゃした気持ちで帰宅した彼女のもとに、1本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル(ジャン・デュジャルダン)。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日、彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのは、自分よりもずっと身長の低い男性だった。早めに切り上げて帰るつもりのディアーヌだったが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て…。

ラブコメながら、見た目の偏見がテーマでもある考えさせられる話でもあります。
また、フランス映画独特のお洒落な雰囲気も楽しむことができます。

ロマンチック・コメディー『幸せになるための27のドレス』

© 2008 TWENTIETH CENTURY FOX AND SPYGLASS ENTERTAINMENT FUNDING, LLC.

他人の結婚式を成功させることに生きがいを感じている、独身ニューヨーカー・ジェーン(キャサリン・ハイグル)。いつか自分が主役になることを夢見る彼女のクローゼットの中には、花嫁付添い人として着た27着のドレスがぎっしりと詰まっている。そんな彼女が思いを寄せる相手は、上司のジョージ(エドワード・バーンズ)。だが彼は、ジェーンの実妹・テス(マリン・アッカーマン)と結ばれてしまう…。泣きたい気持ちをグッとこらえながらも、ジョージとテスの結婚式の準備を手伝うジェーン。そんなある日、彼女の“付添い人”という生き方に興味を持った新聞記者・ケビン(ジェームズ・マーズデン)が、取材のためジェーンに接近。ジェーンがウエディング・ドレスを着る日は訪れるのだろうか?

ストーリーだけではなく、カラフルで華やかなドレスにも注目です。
また、結婚式の裏事情に迫るエピソードも見どころです。

結婚前にバツイチに?!『バツイチは恋のはじまり』

© 2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN

イザベルは、イケメンで仕事も完璧な彼氏のピエールとパリで同棲中。付き合って10年、二人はそろそろ結婚を考え始めていた。しかしイザベルには、結婚になかなか踏み込めない理由があった。それは「一度目の結婚は必ず失敗する。」というイザベル家に代々伝わる呪いのようなジンクス。ピエールとの結婚式を数か月後に控え「何とかしてバツイチにならなくては!」と焦るイザベルの前に現れた男がいた。それは、お調子者で全く女気のない旅行雑誌の編集者ジャン=イヴ。ピエールとの幸せな結婚生活のため、イザベルはなんとかしてジャン=イヴを落とし結婚、そして即離婚に漕ぎつけようと彼の世界半周旅行に同行することにする。

イザベル役のダイアン・クルーガーがキャリア初のコメディエンヌになりきろうとしている姿が、最大の見どころと言ってもいいほど、彼女の演技に注目です。

アラサー男女の恋愛事情『恋人まで1%』

© 2013 AWOD Productions, LLC. All Rights Reserved

NYに住むアラサー男子ジェイソンは、真剣な恋人を作る気はなく、気軽にセックスが出来る女子と中途半端な付き合いしかしない主義。同僚のダニエルも、バーやクラブで知り合った女子と一夜限りの関係を貫く。しかし、彼らの親友マイキーが妻の浮気が原因で離婚することになり、落ち込む彼のために「彼女を作らず独身でいよう!」とシングル同盟を結成した矢先――ジェイソンはバーで出会ったエリーと意気投合。いつも通りの軽い関係のつもりが、魅力的なエリーにどんどん惹かれていってしまう。ダニエルもまた、女友達のチェルシーと一線を越えた関係に。さらにはマイキーも元妻への思いを断ち切れず彼女を取り戻そうと必死。それぞれが本気の恋に陥りそうな中、シングル同盟を結成した以上、「つき合っていない」というスタンスを主張し、男の友情を貫こうとする3人。しかし、曖昧な関係を続けていくのにも限界が見え始め、お互いに嘘に嘘を重ねていくうちに、肝心の恋愛はおかしな方向へと進んでいく――。

本作の見どころの一つは、ハリウッド期待の若手俳優たちの共演です。
また、コメディでありながらもリアルに恋愛事情が描かれています。

友達?恋人?『ステイ・フレンズ』

© 2011 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

ジェイミー(ミラ・クニス)は、NYで有能な人材をヘッドハンティングをしている。ある時、LAで活躍する敏腕アート・ディレクターのディラン(ジャスティン・ティンバーレイク)と出会い、彼を転職させようとNYに招待する。親しくなる内に、2人共恋愛そのものを楽しむことができないといった恋愛観が似ていることに気付く。彼らは、過去に恋愛がうまくいかず諦めることに慣れてしまっていたのだ。やがて、ディランがNYへ転職したことで2人の距離はより近いものに。お互いに恋愛感情が無いとわかっていたのだが、ジェイミーのあるひと言で一線を越えてしまい…。

ニューヨークとロサンゼルスが舞台です。
ラブストーリーが苦手な人もポップで楽しみやすい作品です。

亡き恋人がゾンビに?!『ライフ・アフター・ベス』

© 2014 LIFE AFTER BETH, LLC All Rights Reserved.

主人公のザック(デイン・デハーン)は、最愛の恋人のベス(オーブリー・プラザ)を不慮の事故により亡くし、悲嘆に暮れていた。 しかし数日後、思いがけない奇跡が起きる。ベスが墓穴から這い出して、家に戻ってきたのだ! ザックは彼女とは別れるつもりだったのだが、神様がやり直しのチャンスくれたと思い、これまで以上にベスを大切にしようと努める。 しかし次第にベスがゾンビとして成長していく姿にザックは戸惑い、段々と心が離れていく自分に気づく。 そんなとき、幼なじみのエリカ(アナ・ケンドリック)に出会い、きれいな生身の人間に惹かれはじめるザック。しかし、ゾンビになりかけているベスは、それを許さなかった…。

ラブストーリーでありながら、ゾンビ映画の笑える要素をきちんとつかんだコメディ映画です。
ゾンビは出てきますが怖くはないので安心です。

独創的な世界観『ムード・インディゴ~うたかたの日々~』

© Brio Films – Studiocanal – France 2 Cinema All rights reserved

舞台は、パリ。財産に恵まれ、働かずとも裕福な暮らしをしていたコラン。燃えるような恋がしたい…そんなことを考えながら出向いたあるパーティで、美しい女性クロエと恋に落ちる。2人は互いに惹かれ合い、愛に満ちた幸せな日々を送っていた。だが、あるとき、クロエは肺に睡蓮の花が咲くという不思議な病に侵されてしまう。そんなクロエを救おうと、コランは今までの自由奔放な生活を捨て、働き始めるのだが――。

原作者の独創的な感性を、ミシェル・ゴンドリー監督が遊び心たっぷりのセンスで映画化した作品です。
まるで夢の中のようなストーリーを楽しめます。

ニコラス・スパークスの小説を映画化『セイフ ヘイヴン』

© 2013 Safe Haven Productions, LLC All Rights Reserved

ノースカロライナ州のサウスポートに、ひとりの女性が長距離バスでやって来る。ケイティと名乗る彼女は、海辺のレストランに就職。さらに森の中のキャビンを借り、新しい生活をスタートさせる。そんな彼女の不自由な暮らしぶりを見かねて、助けの手をさしのべるシングル・ファザーのアレックス。いつしか彼とケイティの間には、お互いを深く思いやる気持ちが芽生える。しかし、ボストンに捨ててきたはずの忌まわしい過去は、そう簡単に彼女を解放してくれなかった。やがて明らかになるケイティの真実。それを知ったとき、アレックスはどんな決断を下すのか――。

ミステリアスでロマンチックな物語にラストに胸を揺さぶられます。
手紙に託された愛がとても魅力的に描かれています。

日本でもドラマ化されたことで話題『わたしを離さないで』

© 2010 Twentieth Century Fox

キャシー、ルース、トミーの3人は、小さい頃からずっと一緒。田園地帯の寄宿学校ヘールシャムで絵や詩の創作に励んだ日々。しかし、外界から完全に隔絶されたこの施設には幾つもの謎があり、キャシーたちは普通の人たちとは違う“特別な存在”としてこの世に生を受けたのだった。18歳の時にヘールシャムを出た3人は、農場のコテージで共同生活を始めるが…。

カズオ・イシグロのベストセラー小説を映画化。
どちらかというとセリフは少ないが、絶妙な空気感を感じることができる作品となっています。
「臓器提供」というテーマにも注目です。

この記事のライター

関連するキーワード


50選

関連する投稿


『2012』『TSUNAMI』ほか・自然災害を描いたおすすめ映画50作品まとめ

『2012』『TSUNAMI』ほか・自然災害を描いたおすすめ映画50作品まとめ

自然災害を描いた映画を紹介します。天変地異を思わせるような大規模災害に圧倒されるような作品です。


ミステリー映画おすすめ50選!【洋画・邦画】

ミステリー映画おすすめ50選!【洋画・邦画】

あれこれ推理しながら観るのが楽しいミステリー映画!恐ろしいミステリーから面白いミステリーまで、海外・日本の作品問わずに50作品集めました!


同性愛・LGBTを描いたおすすめ映画50選!

同性愛・LGBTを描いたおすすめ映画50選!

LGBTとは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)の人たちのことを意味します。最近は同性愛者であることを公言する有名人も増え、昔に比べると同性愛に対しての偏見は減ってきました。しかし、まだまだ理解の及ばないところが多いと思います。今回はそんな同性愛を描いた映画を紹介します。


サイコパス映画50選!洋画も邦画も恐ろしすぎるホラー映画

サイコパス映画50選!洋画も邦画も恐ろしすぎるホラー映画

サイコパスが出てくる映画を海外・日本問わずに50作品集めました。ハラハラドキドキしたい夜にはピッタリ…⁉寝れなくなっても責任は負いかねますのでご了承ください。


【閲覧注意】邦画ホラー映画おすすめ50選!

【閲覧注意】邦画ホラー映画おすすめ50選!

背筋が凍るような怖い映画、身の毛がよだつようなグロい映画、ホラーといっても様々な作品があります。日本を代表する邦画ホラー作品を50作品紹介します。


最新の投稿


ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


『2012』『TSUNAMI』ほか・自然災害を描いたおすすめ映画50作品まとめ

『2012』『TSUNAMI』ほか・自然災害を描いたおすすめ映画50作品まとめ

自然災害を描いた映画を紹介します。天変地異を思わせるような大規模災害に圧倒されるような作品です。


【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

4/20(金)、4/21(土)に公開される映画を一挙ご紹介。巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督のオタク心が詰まったSF映画『レディ・プレイヤー1』不可能と思われていた大人気コミックの実写映画化『いぬやしき』、『聲の形』のスタッフが再集結し、美しい世界観を出した『リズと青い鳥』などが公開されます!