怖いだけじゃない!笑える!?ホラー映画10選

怖いだけじゃない!笑える!?ホラー映画10選

これから夏になりますが、夏の定番といえばホラー映画ですよね。でもそんなホラー映画を怖くて見られないという人におすすめの笑えるホラー映画を紹介します。


『ゴースト・バスターズ』

『ゴーストバスターズ』(C)1984 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

ピーター(ビル・マーレー)、レイモンド(ダン・エイクロイド)、イゴン(ハロルド・ライミス)の3人は、NYの大学で超自然現象の研究をしていたが、まともな研究成果もなく大学からクビを言い渡されてしまう。困った3人が考えついたのは、幽霊を退治する新商売「ゴーストバスターズ」。張り切る3人のもとにチェロ奏者のディナ(シガニー・ウィーバー)から依頼が舞い込む。彼女の家の冷蔵庫から「ズール」という謎の声が聞こえるというのだ。その後、高級ホテルに出没した幽霊の退治に成功した3人は一躍有名人になり、商売も軌道に乗り始める。さらにウィンストン(アーニー・ハドソン)が新たに加入。順風満帆に思われたある夜、ディナの家の冷蔵庫で眠っていた“門の神”こと「ズール」が覚醒、ディナはズールに意識を支配されてしまう。自宅を訪れたピーターはディナの意識を取り戻そうとする。その頃イゴンとレイモンドはディナの隣人で彼女に思いを寄せるルイス(リック・モラニス)を保護するが彼も“鍵の神”こと「ビンツ」に意識を支配されていた。ズールとビンツが交わると世界は悪魔に支配されてしまう。危機的状況のなか「ゴーストバスターズ」を目の敵にする環境保護局の局長が捕獲したゴーストを閉じ込めていたタンクの電源を切断、ゴーストたちがNY中に解き放たれてしまう…。
前作の良さを踏まえつつも、現代風にアレンジされていて、終始面白く軽いノリで見ることができます。

『貞子VS伽椰子』

『貞子vs伽椰子』(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

偶然手にしたビデオデッキを再生した女子大生・有里(山本美月)。そこには、見るもおぞましい映像があった。見た者は、貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死ぬという「呪いの動画」。その時から奇妙な現象が始まるのだった。一方、親の転勤で引っ越してきたばかりの女子高生・鈴花(玉城ティナ)は、向いの空き家が気になっていた。入ったら行方不明になると噂の「呪いの家」。とある事件から家に足を踏み入れてしまったのを機に、彼女の身と家族に不可解な出来事が起き始める…。「呪いの動画」と「呪いの家」の2つの呪いを解くため立ち上がった、霊媒師・経蔵(安藤政信)。彼が企てる秘策は拮抗した力を持つ貞子と伽椰子を激突させ、同時に2つの呪い滅ぼすという驚くべき計画だった――!
貞子サイドと伽椰子サイドを交互に丁寧に描いていて自然な流れで対決が始まるので観てて違和感はなく熱い展開がすごく面白いです。

『ゴースト・エージェント』

『ゴースト・エージェント』-(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ボストン警察のエリート警官、ニック・ウォーカー(ライアン)は妻のジュリア(ステファニー・ショスタク)と幸せな生活を送っていた。だが、任務の遂行中に銃弾を浴び殉職してしまう。あの世に通じるトンネルをくぐり、天国に召されたはずのニックが、突然連れ込まれたのは「R.I.P.D.」の一室だった。R.I.P.D.とはこの世にはびこる成仏できない悪霊を取り締まる秘密組織。ニックはR.I.P.D.の監督官から警察官としての能力を見込まれ、神の審判を受けるかR.I.P.D.のエージェントになるかを選ぶよう告げられる…。
アクションコメディの要素が強い笑いあり、涙ありの作品です。街を破壊するシーンが爽快です。

『NECK ネック』

© 2010『NECK』製作委員会

憧れの先輩・杉奈(相武紗季)に恋をしていた首藤友和(溝端淳平)は、仲間たちの反対を押し切り、杉奈に告白をする。杉奈の研究室に誘われ、淡い期待を抱いていたが、そこで彼を待っていたのは、部屋の真ん中におかれた大きな木箱だった。そして、友和は“ネック・マシーン”と名付けられたその木箱の中に入れられ、首だけを出された状態でホラー映画を見させられることになる――。
ジャンルはホラーコメディですが怖いところはあまりなく、ストーリーが面白いです。

『パラノーマン ブライス・ホローの謎』

『パラノーマン ブライス・ホローの謎』 -(C) 2012 LAIKA, Inc. All Rights Reserved.

舞台は、300年前に<魔女狩り>の現場になったと言われている町ブライス・ホローに住む、ホラー映画や悪霊伝説が大好きな11歳の少年・ノーマン。しかも、死んだ人たちと会話することのできる変わった能力をもっていた。そんな誰にも理解されない能力のせいで、家族関係は悪化し、学校でも毎日イジメられて、すっかり変わり者扱いされてしまっていた。そんなある日、ノーマンは疎遠になっていた叔父さんに再会し、衝撃の事実を打ち明けられ…。
作品はホラー仕立てですがユーモア溢れる描写が多いです。教訓になるような言葉が随所で出てくるので勉強になります。

『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』

『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』-(C)2015 Disney/Pixar

ボニーの祖母の家へ向かう途中で車がパンクし、ウッディたちはモーテルに一泊することに。ボニーたちが寝静まった後、ミスター・ポテトヘッドが出かけていき、ウッディやバズ、ジェシーも鞄の外に出るが…。
短編ですが見応えがあり期待を裏切らない作品となっています。魅力的な新キャラクターも出るので同シリーズのファンは必見です。

『モンスター・ホテル』

© 2015 Sony Pictures Animation Inc., LSC Film Corporation and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.

モンスター・ホテル、そこは普段人間に目の敵にされているモンスターたちがリラックスして休暇を過ごすための、モンスターのための憩いと社交の場。そのモンスター・ホテルのオーナーであるドラキュラの箱入り一人娘・メイヴィスがあろうことか118歳のバースデーパーティ前夜に人間であるジョナサンとお互い一目ぼれしてしまい、世間から隔離して娘を育ててきた子煩悩のパパドラキュラは大パニック!おりしもパーティのため集まった世界中のモンスターたちを巻き込んでの大騒動に発展し…?
ストーリーは王道ですが、設定が新鮮で心温まる作品なので家族と観ると良いかもしれません。

『ウォーム・ボディーズ』

『ウォーム・ボディーズ』 -(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

ゾンビ男子“R”は、ある日、襲撃するはずのニンゲン女子・ジュリーに一目ぼれ、助けてしまう。最初は恐れをなし、徹底的に拒絶していたジュリーも、“R”の不器用全開な純粋さや優しさに次第に心を開き始める。うっかり出会ってしまった2人の恋。それは、最終型ゾンビの“ガイコツ軍団”、そしてニンゲンたちのリーダーであるジュリーの父親にとっても許されることではなかった! そんな中、ジュリーとの恋に触れていくたびに、冷たかった“R”の心臓は次第に温かくなっていく――。
ゾンビ映画としては異色ですがこんなゾンビ映画があってもいいなと思える作品です。グロテスクな要素も少なく気軽に観ることができます。

『ゾンビスクール!』

『ゾンビスクール!』ポスタービジュアル (C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved

小説家を目指しNYに出たものの、パッとしないクリント(イライジャ・ウッド)は早々に夢を諦め、母校の小学校で臨時職員として務め始める。その日の給食は、子どもたちの大好きなチキンナゲット。賑やかな給食タイムが始まったが、チキンナゲットを頬張る生徒たちの様子がどこかおかしい…。なんと、ナゲットを食べた子どもたちが“グレ○リン”もびっくり、次々とゾンビ化していくではないか! すぐさま学校は閉鎖され、教師VSキッズゾンビの戦いの火蓋が切って落とされた――。
ナゲットを食べてゾンビになってしまうという安直な設定ですが大人が子供のゾンビと闘うというのが新鮮で笑いながら見れる作品です。

『Mr.タスク』

『Mr.タスク』本ビジュアル (C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc. All Rights Resereved.

あることがきっかけでセイウチに執心している謎の老人ハワード・ハウ(マイケル・パークス)は、人体をセイウチに改造することを長年夢みている果てしない狂人。そんな彼のもとを、そうとは知らずに取材で訪ねたのは、ポッドキャストを運営するウォレス(ジャスティン・ロング)。果たして、ウォレスの運命や、いかに…!?
人体改造ものなのでグロテスクな表現が強いです。真面目にやっているけどなんだか笑えるような作品となっていて一見の価値があります。

関連する投稿


『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』日本が舞台の最新ストップモーション・アニメが上陸!

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』日本が舞台の最新ストップモーション・アニメが上陸!

『コララインとボタンの魔女』などで知られるストップモーション・アニメの草分け「スタジオライカ」の最新作『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』。今作は日本を舞台に描かれており、アカデミー賞ほか世界の映画賞を席巻しています。 。


子どもは観ちゃダメ!好奇心を刺激するトラウマ映画特集20作品!

子どもは観ちゃダメ!好奇心を刺激するトラウマ映画特集20作品!

人生を豊かにするためにも、好奇心は必要不可欠。後悔するのはわかってる、でも気になるから見てみたい!いわゆる、怖いもの見たさという心理もその類です。オカルト・ホラー映画からそうでないものまで、新旧や洋の東西を問わずいろんな種類のトラウマを厳選しました。あらすじは、あえて詳しく書きません。子供のころの傷が蘇るかも。


夏の終わった今こそ観たい!切ない青春物語『グッバイ、サマー』あらすじ・キャストを紹介

夏の終わった今こそ観たい!切ない青春物語『グッバイ、サマー』あらすじ・キャストを紹介

楽しかった夏もすっかり終わりを迎え、寂しい秋の風を感じるこの頃。そんな時こそ観て欲しい、小屋に偽装した自作の車で旅に出る少年たちの一夏の思い出『グッバイ、サマー』!本記事ではそんな本作のあらすじ、豪華キャスト、魅力を一挙に紹介!大人になったあなたに観てほしい!ちょっとおかしな青春の1ページをあなたもめくってみませんか?


Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

現在ネットフリックスで配信中のオリジナル作品「ブラッドライン」に出演中のリンダ・カーデリーニ。ドラマから大ヒット映画にも出演するなど実力派女優として知られています。今回はそんな彼女についてまとめてみました。


「アベンジャーズ」マイティ・ソー!クリス・ヘムズワースまとめ

「アベンジャーズ」マイティ・ソー!クリス・ヘムズワースまとめ

現在記録的大ヒット上映中の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。過去のアベンジャーズシリーズ、そして単独作である『マイティ・ソー』シリーズに"ソー"役で出演して人気を博しているクリス・ヘムズワースについてまとめました。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。