本年度アカデミー賞最有力!映画『デトロイト』まとめ!

本年度アカデミー賞最有力!映画『デトロイト』まとめ!

『ゼロ・ダーク・サーティ』の監督キャスリン・ビグロー最新作がいよいよ日本公開です。 多くの批評家からの評価を得ていることから、今年度アカデミー賞では最有力とすでに期待値が高い今作。 出演者をはじめ経験豊富かつ実力派のスタッフをまとめました!


〈デトロイト暴動〉の渦中に観客を誘う、臨場感溢れる傑作!

『デトロイト』 (C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ハート・ロッカー』や『ゼロ・ダーク・サーティ』など武骨な社会派作品を撮り続けている女性監督、キャスリン・ビグロー最新作は、米史上最大級の暴動<デトロイト暴動>の最中に起きた“戦慄の一夜”を描き出しています!

『デトロイト』 (C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

センセーショナルな題材をチョイスし、見る者をぐいぐい引き込む、圧倒的なリアリティ。
臨場感溢れるカメラワークなどで世界を驚嘆させてきたビグロー監督が、新たな極限サスペンスの最高傑作を誕生させました。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ジョン・ボイエガ主演!

ジョン・ボイエガ/『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』プレミアイベント

12月現在、多くの人に注目されている大作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に出演しているジョン・ボイエガが実在の人物を熱演!

ジョン・ボイエガ-(C)Getty Images

今作では警官側と、黒人の被害者側の間に立たされるという複雑な心境を見事に演じ、すでに多くの批評家から好評されています。

最大級の暴動の中で起きた、今まで取り上げられなかったある出来事――。

『デトロイト』 -(C) 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1967年7月、夏のミシガン州デトロイトでは、権力や社会に対する黒人たちの不満が噴出し、暴動が発生。
後に規模は米国最大級といわれるまで発展してしまいます。

『デトロイト』 (C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

暴動発生から3日目の夜、「アルジェ・モーテル」に、銃声を聞いたとの通報を受けた警官が、大勢殺到。
白人警官たちは、偶然モーテルに居合わせた若者へ暴力的な尋問を開始すると、“死のゲーム”へと発展し、新たな惨劇を招き寄せてしまいます…。

『デトロイド暴動』とは?

『デトロイト』海外版予告(日本語字幕)

デトロイト市警が、低所得者居住地域の酒場へ不当な捜査を遂行すると、黒人達の反発から、大規模な略奪、放火、さらには銃撃が市内各地で勃発。
43人の命が奪われ、1100人以上の負傷者を数える大惨事となりました。

監督が「デトロイト暴動」を題材に選んだワケとは

ジョン・ボイエガ-(C)Getty Images

オサマ・ビンラディン暗殺をテーマに描き出した『ゼロ・ダーク・サーティ』をはじめ、常に挑戦的な題材に取り組むキャスリン・ビグロー監督。
題材の関係もあって、彼女の骨太な演出は観客のみならず、俳優達にも大きな関心を寄せています。

ウィル・ポールター&キャスリン・ビグロー監督/『デトロイト』 (C)2017

現在の自分にとって、映画越しに社会的な話題のあるテーマに取り組むことは、切実さと同時に、非常に重要なことだと語る監督。
そういう意味では、今まで意図的に取り上げられることの無かったこのテーマに取り組んでみたのかもしれません。

脚本家が持ち込んだ企画が実現!

女優並みの美しさ! 『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー監督 photo:Ayako Ishizu

キャスリン・ビグローとは『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』でタッグを組んだ、脚本家のマーク・ボール。
『ハート・ロッカー』でアカデミー賞脚本賞を受賞する手腕の持ち主です。

アンソニー・マッキー -(C) Getty Images

本作『デトロイト』は、マーク・ボール自身が率いる会社「ページ・ワン」によって発案した企画。
この企画を制作会社「アンナプルナ・ピクチャーズ」に持ち込んだことで製作が実現したんだとか。

脅威の実績をもつ映画会社「アンナブル・ピクチャーズ」

『ゼロ・ダーク・サーティ』 -(C) 2012 CTMG. All rights reserved.

11年に設立された「アンナブル・ピクチャーズ」は、たった5年の間にアカデミー賞にてトータル32部門にノミネートしたという実績を持っています。
今後の待機作をみても、今最も勢いのある配給スタジオの1つといえます。

『ゼロ・ダーク・サーティ』 -(C) 2012 CTMG. All rights reserved

この会社の最大の強みは、受賞歴のある監督たちとのパイプ。
キャスリン・ビグローもそのパイプに繋がっている一人で、彼女の前作『ゼロ・ダーク・サーティ』も「アンナブル・ピクチャーズ」が携わっています。

問題となった緊迫の拷問シーン40分

キャサリン・ビグロー監督 Matt Petit / -(C) A.M.P.A.S.

前作でも拷問シーンが印象的だった監督が、今作では緊迫の40分に渡る白人警官の尋問・暴行シーンに挑んでいます。
その容赦ない演出に、観客は戦慄を覚えること必須だそうです・・・。

俳優が「もう耐えられない」と訴えるほど過酷な撮影に

© 2008 Hurt Locker, LLC. All Rights Reserved.

モーテルの黒人達を尋問する警官を演じたウィル・ポールター。
いくら役とはいえ、カメラを離れれば親しい俳優達に、暴行を加えつづける撮影に耐えられず「あと何度このシーンを撮らないといけないんですか?」と泣き崩れてしまうほどだったそうです。

暴行を受ける側でさえ、同情的になるほど熾烈を極める演技

ジャック・レイナー - (C) Getty Images

かたや尋問を受ける側であるアルジー・スミスも、演技でさえこれほどの苦痛を感じるのだから、これが現実となればなおさらだと、ウィル・ポールターを庇うようなコメントを残しています。
一体どれほどの戦慄を描いているのか・・・。

タフで武骨な作風に定評のあるキャスリン・ビグロー

キャサリン・ビグロー -(C) Getty Images

アカデミー賞監督賞で、史上初女性監督として受賞したキャスリン・ビグロー。
近年では実話をベースにした作品が多く見受けられますが、もともとはアクション、ホラーも得意としています。
例えば16年に公開された『X-ミッション』は、もともとは彼女が91年に監督した『ハートブルー』が原作になっています。

脚本を担当したマーク・ボール

キャスリン・ビグロー監督&脚本のマーク・ボール -(C) Startraks/AFLO

事件記者としてキャリアをスタートさせた彼は、政治、テクノロジー、犯罪、青少年、薬物などの問題についての記事を執筆するようになります。
調査記事「死と不名誉」は、失踪したイラク戦争帰還兵をめぐるポール・ハギス監督『告発のとき』(07)の原案に採用されるという経歴も持ちます。

ディスミュークス役のジョン・ボイエガ

ジョン・ボイエガ-(C)Getty Images

ジョー・コーニッシュ監督『アタック・ザ・ブロック』(11)で注目されるジョン・ボイエガ。
14年のTVシリーズ「24:リブ・アナザー・デイ」などを経て、現在では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)のフィン役に選ばれると、世界的に知られる存在に!

『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved

近作にはエマ・ワトソンと共演している『ザ・サークル』(17)、やSF大作の続編『パシフィック・リム:アップライジング(原題)』(18)などが控えています。

クラウス役のウィル・ポールター

『なんちゃって家族』- (c) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc.

07年に公開された『リトル・ランボーズ』で映画初出演をすると、『なんちゃって家族』(13)でMTVムービーアワードのブレイクスルー演技賞を受賞します。この作品をきっかけに一躍注目を浴びるようになります。

『キッズ・イン・ラブ』 (C) Kids In Love Limited 2016.All rights reserved

アカデミー賞3部門を制したアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督×レオナルド・ディカプリオ主演『レヴェナント:蘇えりし者』(15)に出演し、Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』にも登場しています。

デメンズ役のジャック・レイナー

ジャック・レイナー/『トランスフォーマー/ロストエイジ』ワールドプレミア in 香港

日本未公開では有りますが、『ルーム』のレニー・アブラハムソン監督作『リチャードの秘密』(12・未)でアイルランド映画&テレビ賞の主演男優賞を受賞し、その後ハリウッドへ進出します。

初来日を果たした、ジャック・レイナー/『トランスフォーマー/ロストエイジ』打ち水大作戦 in 日本橋

主な出演作に、ジョン・カーニー監督の『シング・ストリート』(16)や、ベン・ウィトリー監督×ブリー・ラーソン主演の『フリー・ファイアー』があります。

フリン役のベン・オトゥール

『ディバイナー 戦禍に光を求めて』ポスタービジュアル -(C)2014 DIVINER HOLDINGS PTY LTD, RATPAC ENTERTAINMENT LLC, NETWORK INVESTMENT HOLDINGS LIMITED, SEVEN NETWORK (OPERATIONS)LIMITED AND MEGISTE FILMS PTY LIMITED

俳優であるラッセル・クロウが監督、主演を務めた『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(14)で長編映画デビューを果たします。
近作ではメル・ギブソン監督の『ハクソー・リッジ』(16)、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(17)などがあります。

ロバーツ准尉役のオースティン・エベール

© 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

いくつかのTVシリーズに出演したのち、トム・クルーズ主演の続編『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』に出演。
俳優以外にも、ギタリスト、シンガーソングライターの顔も持っています。

アウアーバッハ弁護士役のジョン・クランスキー

© 2012 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

TVシリーズ「ザ・オフィス」で注目を集めると、映画出演作では『かけひきは、恋のはじまり』(08)、『恋するベーカリー』(09)などに出演します。
マット・デイモン主演の『プロミスト・ランド』(12)では製作、脚本、出演を兼任するなど多彩な一面も。

グリーン役のアンソニー・マッキー

アンソニー・マッキー&(ファルコン役)/『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』-(C) 2014 Marvel. All Rights Reserved.

エミネムが主演の『8 Mile』で映画デビューを飾ると、キャスリン・ビグロー監督の『ハート・ロッカー』にも出演し、インディペンデント・スピリット賞助演男優賞にノミネートされます。

『トリプル9 裏切りのコード』(C)2015 999 Holdings, LLC

日本では『アベンジャーズ』シリーズにおけるサム・ウィルソン/ファルコン役でも知られているのではないでしょうか。
他の主な出演作に『ランナーランナー』(13)、『トリプル9 裏切りのコード』(15)などがあります。

まとめ

『デトロイト』 (C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

これまで描かれることの無かった、デトロイト暴動の最中に起きた、アメリカの闇・・・。
それをまるでその場にいるかのような臨場感で描いた、リアルな演出を是非映画館で体験しましょう!

この記事のライター

過去にレンタルビデオ店と映画館で働いていており、基本洋画邦画問わず見ます。18年目標は、たまっているネトフリマイリスト消化・・・

関連するキーワード


デトロイト キャスリン・ビグロー ゼロ・ダーク・サーティ ハート・ロッカー スター・ウォーズ/最後のジェダイ ジョン・ボイエガ マーク・ボール ウィル・ポールター アルジー・スミス X-ミッション ハートブルー ポール・ハギス 告発のとき ジョー・コーニッシュ アタック・ザ・ブロック 24:リブ・アナザー・デイ スター・ウォーズ/フォースの覚醒 エマ・ワトソン ザ・サークル パシフィック・リム:アップライジング リトル・ランボーズ なんちゃって家族 アレハンドロ・G・イニャリトゥ レオナルド・ディカプリオ レヴェナント:蘇えりし者 ウォー・マシーン:戦争は話術だ! ジャック・レイナー ルーム レニー・アブラハムソン ジョン・カーニー シングストリート 未来へのうた ベン・ウィトリー ブリー・ラーソン フリー・ファイアー ベン・オトゥール ディバイナー 戦禍に光を求めて メル・ギブソン ハクソー・リッジ パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 オースティン・エベール トム・クルーズ ジャック・リーチャー NEVER GO ジョン・クランスキー かけひきは、恋のはじまり 恋するベーカリー マット・デイモン プロミスト・ランド アンソニー・マッキー 8 Mile アベンジャーズ ランナーランナー トリプル9 裏切りのコード

関連する投稿


アカデミー賞常連メリル・ストリープおすすめ主演作品14選

アカデミー賞常連メリル・ストリープおすすめ主演作品14選

1949年生まれのアメリカを代表する女優。アカデミー賞には過去に18回ノミネートされた経験を持ち、俳優、女優あわせて過去最多回数を記録しています。そんな大女優メリル・ストリープのおすすめ主演作品を紹介します!


アレクサンダー・スカルスガルド出演映画、プライベート、彼女、気になる結婚は?

アレクサンダー・スカルスガルド出演映画、プライベート、彼女、気になる結婚は?

TVドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」でエミー賞助演男優賞を受賞した事も記憶に新しい北欧美男子俳優アレクサンダー・スカルスガルド。美男子揃いの芸能一家に生まれサラブレッドとして育ち、幼少の頃から母国スウェーデンのTVドラマで人気者だった彼は、学生時代に破天荒で反抗的な少年となってしまった為兵役に就き、それから改めて学業に専念。真剣に演技を学びました。スウェーデンやイギリスの映画を中心に実力を発揮し、32歳からはハリウッドでも人気者になります。美しい容姿で恋愛でも華やかな女優の名前が並んでおり、絵に描いたような芸能人生を送っているアレクサンダー。そんな彼のプライベートな交際遍歴、そして主な出演作品などをピックアップして紹介していきます。


実はあの人も?俳優兼監督としても実力溢れる人15選!

実はあの人も?俳優兼監督としても実力溢れる人15選!

昔から、監督と主演を兼任する人物は多くいます。日本では北野武さんが有名てすし、さかのぼればチャップリンなど、上げるとキリがありません。しかし最近ではもともと俳優として活動していた人が、監督として作品をだすパターンも増えてきました。ここではすっかり監督業も板についた人から、最近監督デビューを果たした人までをピックアップ!


『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ヤバすぎる撮影の裏側&トリビアまとめ

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ヤバすぎる撮影の裏側&トリビアまとめ

トム・クルーズ主演の人気スパイ・アクションシリーズ第5弾、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』。シリーズ最高傑作とも名高い本作では、飛行機しがみつきや決死のカーチェイスなど、度肝を抜かれるアクションがノンストップで展開されます。しかも映画自体だけでなく、撮影時の出来事も普通の作品では起こりえないことばかり。キャスト&スタッフのスゴすぎる裏話をお届けします!


アベンジャーズ最強ヒーロー!?『キャプテン・マーベル』とは何者なのか?

アベンジャーズ最強ヒーロー!?『キャプテン・マーベル』とは何者なのか?

マーベルスタジオの送るマーベルシネマティックユニバース最新作『キャプテン・マーベル』の日本版ポスターが公開&日本公開日が決定!そんな本作の公開を前に、そもそも『キャプテン・マーベル』とは何者なのか?アベンジャーズが誕生する前、歴史の闇に隠された真なるアベンジャーについて考察!マーベルの全てを覆す本作の秘密に迫ります!


最新の投稿


ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

かわいいな笑顔とセクシーな大人の魅力を持つジェシカ・アルバ。幼少時から女優を目指し演技の勉強をしていたという彼女の主演作品9選をご紹介します。


デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

『セブン』や『ファイト・クラブ』などを手掛けたデヴィッド・フィンチャーは、作品の色を抑えた暗い画面の映画が多いことが特徴で、映画ファンからの熱狂的な人気を集める映画監督です。そんな彼のおすすめ作品10選をご紹介します。


ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

現代版ドンファン、世界中の女性を虜にしてきたジュード・ロウ。ソフトな物腰、セクシーな眼差し、そして甘く整った容姿と才能で常に存在感を放ってきました。プライベートでも、出会った女性全員に恋をするんではないか?と思ってしまう程の目撃情報、自らの "ポロっと告白" によってエピソードが溢れかえっていますが欲望に抗わないスタンスが崩れることはありません。彼ほどになると、これもまた才能か?!先日映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開に伴い来日した彼は、大の日本好きでも知られていて過去に何度も来日を果たしています。今回の来日での様子やサービストーク共に、彼が今まで出演してきた代表的な映画作品も紹介していきたいと思います。


竹内結子のおすすめ映画・ドラマ5選!年齢を重ねるごとにかわいい美人女優♡

竹内結子のおすすめ映画・ドラマ5選!年齢を重ねるごとにかわいい美人女優♡

透明感のある美しさで男女問わず人気が高い美人女優・竹内結子さん。そんな彼女が出演する映画・ドラマおすすめ5選を紹介します!


広末涼子のおすすめ映画・ドラマ6選!結婚してもかわいい大女優!

広末涼子のおすすめ映画・ドラマ6選!結婚してもかわいい大女優!

デビュー以来映画やドラマに数多く出演し、トップ女優として活躍し続ける広末涼子。アラフォーとなった現在でも透明感あふれる美しさでCMにも多く出演しています。そんな彼女のおすすめ映画・ドラマ6作品をご紹介します。