実はホラー映画女優!?松嶋菜々子の映画出演作を網羅!

実はホラー映画女優!?松嶋菜々子の映画出演作を網羅!

2011年のTVドラマ『家政婦のミタ』で再ブレイクを果たした松嶋菜々子さん。2018年初春に公開予定の映画『祈りの幕が下りる時』に出演した松嶋菜々子さんの映画出演作を網羅しました。俳優の反町隆史さん並びに二人のお子さんと共に私生活も充実している松嶋菜々子さんの映画出演作をご紹介いたします。


『家政婦のミタ』で再ブレイクした松嶋菜々子さん

2011年に放映したTVドラマ『家政婦のミタ』でブレイクを果たした松嶋菜々子さん。
2018年初春に上映予定の東野圭吾さん原作の映画『祈りの幕が下りる時』では阿部寛さんとの共演も果たしました。
そんな松嶋菜々子さんの映画出演作をご紹介いたします。

1997年に『恋と花火と観覧車』で映画初出演

松嶋菜々子<30代部門> in 第24回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」

1997年に恋愛映画『恋と花火と観覧車』に映画初出演を果たしました。
男やもめの中年男を演じる長塚京三さんと年下の女性を演じる松嶋菜々子さんの恋愛を描いた作品。
8年前に妻に先立たれて一人娘を育てている中年男性が美しい年下の女性に好かれる、というツッコミ処満載のストーリーですが、主人公の二人を演じる長塚京三と松嶋菜々子によって成り立っている奇跡的な映画です。
もしかしたら、松嶋菜々子さんこそ初代「出会う男すべて狂わせるガール」なのではないでしょうか。

1998年にはホラー映画の『リング』と『らせん』に出演

『貞子3D』 -(C) 2012『貞子3D』製作委員会、 -(C) 1976, 2012 SANRIO CO.,LTD. (G)

1998年には鈴木光司さんのホラー小説を原作にしたホラー映画『リング』に出演。
日本映画史上に新たなホラーキャラクター「貞子」を誕生させた作品として『リング』は長く語り継がれるでしょう。
無いものを絵に描いてしまう少年や超能力を持つ元夫、黒づくめの女性、見ると死んでしまう呪いがかかっているビデオテープ、そして貞子。これでもか、というほどホラー感満載の映画です。
この映画で松嶋菜々子さんは某TV局のディレクターの浅川玲子を演じています。このホラー感満載の映画の中では比較的常識人であり、呪いなどのオカルト信仰は持っていない人物です。その為物語のラストにも合理的判断を下します。

同年には『リング』の作者、鈴木光司さんの原作を元にしたホラー映画『らせん』に出演。
『らせん』では『リング』に登場した貞子の呪いが何故生まれたのか、をサイエンス・フィクション的に解決していくことがテーマになっています。
確かに、そこにはホラー感は感じられますが、その前に合理的に貞子が売れた理由を考えるという奇妙な自家撞着に作家が陥っていることこそホラーなのではないでしょうか。
松嶋菜々子さんは『リング』と同じ浅川玲子を演じています。

1999年にはさらに『リング2』に出演

『ゴースト もういちど抱きしめたい』 松嶋菜々子 photo:Toru Hiraiwa

1999年にはホラー界のニューアイドル、貞子が登場した『リング』の続編、『リング2』に出演。
当然かもしれませんが『リング2』でも前作と同じように浅川玲子を演じています。
『リング2』は『リング』の続編である『らせん』とはまた別の続編、という奇妙な触れ込みの映画。
「リングシリーズ」を説明する時に良く用いられるモダンホラーという概念は、恐怖という現象を、合理的に説明することで起こるさらなる恐怖を描いています。
恐怖が増幅するのは世界の狭さによるので、同じことを繰り返すこと自体が恐怖を呼び覚ますことが『リング』シリーズの肝なのでしょう。
呪いの感染というより、観客である登場人物が呪いのビデオテープが映る瞬間を目撃する度に「貞子が来る」を繰り返し見てしまうような、怖いもの見たさなのかも知れません。

2000年にサスペンス巨編『ホワイトアウト』に出演

2000年には直木賞を受賞している新保裕一原作の『ホワイトアウト』に出演。共演は織田裕二さんです。
占拠されたダムを舞台にテロリストとダム作業員の戦いを描いています。
松嶋菜々子さんは織田裕二の友人の恋人を演じていますが、友人は既に死亡してしまっているのです。
主人公はなんのために戦っているのか、実は見ている人にもわからないのがこの映画の肝。実は松嶋菜々子さん演じる亡き友人の婚約者に懸想しているのか。
一人の人間の死によって時間が止まってしまった友人の恋人を助けようとする奇妙なロマンチシズムが見る人の心をノックします。

2006年には『犬神家の一族』のリメイクに出演

『犬神家の一族』サブ1

2006年には横溝正史原作のミステリー映画『犬神家の一族』に出演。
この映画は1976年に上映された『犬神家の一族』の市川崑監督によるセルフリメイクになります。
監督は市川崑さん、今作の主人公、金田一耕助を演じたのも1976年の『犬神家の一族』と同じ石坂浩二さん。
この映画の中で松嶋菜々子さんは野々宮珠代を演じています。
一通の遺言状によって崩壊する家族の悲劇を描いているのですが、映画の魅力は顔を隠している登場人物がごく自然に存在することの不気味さではないでしょうか。
家の中のように限られた空間だからこそ納得がいく事象に、金田一耕助のような探偵が呼ばれてやってくることで解決をするという名探偵の存在意義も提示した魅力が感じられます。
石坂浩二さんだからこそ30年後の同じように走り回る金田一耕助を演じられたのではないでしょうか。
そんな悲劇の中で松嶋菜々子さんはあたかも薄幸の美女さながらでした。

2007年にはさだまさし原作『眉山』に出演

©2007「眉山」製作委員会

2007年にはミュージシャンのさだまさしさんの小説を原作にした『眉山』に出演しました。
監督は犬童一心。この映画では自分の母が死ぬ前に「献体」を申し出ていたところから話が始まります。ちなみに「献体」とは、死後に自分の肉体を医学の発展及び医師の育成のため、解剖学の学習用教材にすること。
自分の肉体を情報として、医師のトレーニングのために使われることを考えると想像を絶します。
娘は「何故、母が献体をしようとしたのか」の謎を追っていくのですが…というのが粗筋。
死に対する意識の違いというより、死、それ自体さえも甘美なものにすり替えようとする人間の記憶、認識のランドスケープが恐ろしく感じられます。
母の本質に迫ろうとする娘は恐怖の中でさえも合理的解決を望みます。ホラー映画女優の本領発揮なのではないでしょうか。
母役の河野龍子を宮本信子さん、娘役の河野咲子を松嶋菜々子さんが演じています。

2008年には原発についての物語『GATE -A TRUE STORY-』の日本語版ナレーションを担当

2008年には『GATE -A TRUE STORY-』の日本語版ナレーションを担当しています。
『GATE -A TRUE STORY-』は原子爆弾が生まれた地「トリニティーサイト」への行脚をする日本人の僧侶を描いた作品。
広島に原爆が落ちた時以来60年間の間絶やさず保ちつづけた一つの火をアメリカの「トリニティーサイト」で消すことで、祈りを現象として顕現化するという宗教色が強い物語です。
そこにはアメリカ人の原爆被爆者たちの証言など、原子爆弾によって生まれた哀しみが描かれています。
奇跡はただそこにあるのではなく、多くの人の支援によって成り立っていることを感じられる奇跡の実話。

2010年には米映画『ゴースト ニューヨークの幻』のリメイク『ゴースト もういちど抱きしめたい』に出演

『ゴースト もういちど抱きしめたい』 完成披露試写会 photo:Yoko Saito

関連する投稿


『きょうのキラ君』あらすじ・キャストは?魅力をたっぷり紹介!

『きょうのキラ君』あらすじ・キャストは?魅力をたっぷり紹介!

『きょうのキラ君』は、みきもと凜さんの人気恋愛コミックの実写映画化作品です。ピュアで切ない恋愛模様が描かれている本作。主演は中川大志さんと飯豊まりえさんというフレッシュな2人が務めました。今回はそんな本作のあらすじやキャストなど魅力をたっぷり紹介!


『疾風ロンド』あらすじ・キャストを紹介!東野圭吾原作、阿部寛主演!

『疾風ロンド』あらすじ・キャストを紹介!東野圭吾原作、阿部寛主演!

人気作家・東野圭吾さんの小説作品『疾風ロンド』を原作とした実写映画化作品が2016年に公開!監督は「あまちゃん」の吉田照幸さん、主演は『テルマエ・ロマエ』などで知られる阿部寛さんが務めました。今回は2016年公開の映画『疾風ロンド』のあらすじやキャストなど紹介!


戦争映画おすすめランキングTOP25!

戦争映画おすすめランキングTOP25!

皆さんは生涯で戦争映画ってどれくらい見ましたか?残虐なシーンだったり、悲しい物語があって涙した人も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな戦争映画をランキング形式で紹介していきたいと思います。そして戦争についても知っていきましょう。


『劇場版 MOZU』あらすじ・キャスト紹介!「MOZU」シリーズの集大成!

『劇場版 MOZU』あらすじ・キャスト紹介!「MOZU」シリーズの集大成!

『劇場版 MOZU』は、TBSとWOWOWによって共同制作されたドラマ「MOZU」シリーズの劇場版作品です。原作は逢坂剛さんの小説作品であり、映画化にあたりメガホンを取ったのは羽住英一郎監督。主演は西島秀俊さんが務めています。今回は『劇場版 MOZU』について紹介します!


『藁の楯 わらのたて』あらすじ・キャスト紹介!藤原竜也のクズぶりに注目?

『藁の楯 わらのたて』あらすじ・キャスト紹介!藤原竜也のクズぶりに注目?

三池崇史監督作品『藁の楯 わらのたて』が2013年に公開されました。本作は、藤原竜也さん演じる“人間のクズ”を命がけで守る警察官の葛藤を描いたアクション・スリラー作品となっています。今回はそんな『藁の楯 わらのたて』のあらすじやキャストを紹介!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。