『アリス』『ファンタビ』ダーク・ファンタジーは大人の至福!ちょっと怖い大人のファンタジー5選

『アリス』『ファンタビ』ダーク・ファンタジーは大人の至福!ちょっと怖い大人のファンタジー5選

大人をターゲットにしたダーク・ファンタジーは、魅力的なキャラクターと映像美、そして棘のある物語がたまりませんね。今回はちょっと癖のある大人向けのファンタジー5選をご紹介します!


現実と幻想を行き来する映像美…幼心を思い出す『怪物はささやく』

『怪物はささやく』 (C)2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SAU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.

英文学の傑作を映像化したファンタジー界期待の新作『怪物はささやく』。
独特の世界観と驚くべきシナリオで世界を魅了した『パンズ・ラビリンス』はチェックした方も多いのではないでしょうか?
『怪物はささやく』は、その『パンズ・ラビリンス』を製作したスタッフが再結集した肝入りのファンタジーです。

13歳の少年コナーのもとに現れる謎の怪物。
怪物は、真実の物語を話す代わりにコナーにも真実の物語を語るよう迫ります。
けれど、コナーには絶対に話したくない真実があるのです。

怪物の真意、そしてコナーが絶対に話したくない真実とはいったい。
現実と幻想が入り交じり、少年の心の奥底に眠る真実が徐々に浮かび上がっていきます…。

『怪物はささやく』 (C)2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SAU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.

息を呑むような映像と怪物の表現がなんとも素晴らしい作品。
実写の映画なのに絵本を見ているような感覚に陥ります。

主人公の少年コナー役を演じるルイス・マクドゥーガルは、ファンタジーの傑作『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』にニブス役で出演している期待の新星です。
揺れ動く少年時代を等身大で演じており、本作で開花する才能あふれる演技にもご期待ください!

美しくも恐ろしい鏡の世界へようこそ『Dr.パルナサスの鏡』

『Dr.パルナサスの鏡』 - (C) 2009 Imaginarium Films, © 2009 Parnassus Productions Inc.

鬼才テリー・ギリアム監督の魅力がこれでもかというほど詰まった『Dr.パルナサスの鏡』。
恐ろしく毒々しい夢の世界が溢れていて、見た後はしばらく夢に出てくるような衝撃作です。

Dr.パルナサスは欲に目がくらみ、大変な契約を悪魔と交わしてしまいます。
契約内容は『不死になる代わりに、16歳になるパルナサスの娘を悪魔にいけにえとして差し出す』といったもの。
その力を使い旅芸人を続けるも、本当の意味での幸福は手に入れられないまま。
そして娘は美しく育ち、何も知らず16歳を迎えようとします。
そんな折に偶然巡り合ったトニーは、娘を助けるため悪魔の力に歪められた鏡の世界を旅することになります。

『Dr.パルナサスの鏡』 - (C) 2009 Imaginarium Films, © 2009 Parnassus Productions Inc.

悪魔、鏡、美女、不死…魔術的なテーマが詰め込まれているのに、ポップでキッチュに仕上げるさすがのギリアム監督。
玩具のような色とアイテムに溢れながらも、底が知れない壮大な世界は、まさに悪夢といったところです。

『Dr.パルナサスの鏡』 - (C) 2009 Imaginarium Films, © 2009 Parnassus Productions Inc.


実は本作は、名優ヒース・レジャーの遺作でもあります。
トニー役を演じている間に亡くなったヒース・レジャーの代役として、ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウという名優が一同にそろった点も見どころ。
4人の名優が演じるトニーは、鏡の世界で『お望みの姿に変わる』男として見事にキャラクターが立っています。
4人の俳優によって、もともとそうであったかのように演じられている様子もお楽しみください。

数々の物語を生み出したグリム兄弟を描いたファンタジー『ブラザーズ・グリム』

『ブラザーズ・グリム』

本作は、グリム童話を描いてきたグリム兄弟を主人公に、ありとあらゆる童話のエッセンスが詰まったファンタジー。

魔物退治を生業とするグリム兄弟。
ひょんなことから謎の少女連続失踪の原因を解明することになり、森の奥を捜索。
そのうち、鏡の女王の恐るべき陰謀によって少女たちが犠牲になりそうだと判明していきます。

『ブラザーズ・グリム』

グリム兄弟にまつわるエピソードや、グリム童話に出てくる様々な要素を見事に組み合わせたファンタジーファンにはたまらない一作です。
赤ずきん、ヘンゼルとグレーテル、ラプンツェル…数えきれないほどの名作が散りばめられています。
それを単純な映像美で終わらせないのがテリー・ギリアム監督。
ゾクリとするような悪の描き方や、美しくも恐ろしい女王のまがまがしい表情は子どもにはおすすめできません。
さらにこの物語自体が実は現実と幻想を行き来していて…という入れ子のような構成もさすがです。

鏡の女王を演じているモニカ・ベルッチは『イタリアの宝石』と呼ばれる超有名モデル。
現在は女優としても活躍する彼女が見せる妖艶な雰囲気にご注目ください。

数々の幻想的な童話を描いてきた作者本人を主人公に据える変わったファンタジー。
原作がお好きな方はぜひご覧ください。

大人の魅力と魔法が溢れる英国ファンタジー『ファンタスティック・ビースト』

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 (C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

全世界を魅了したファンタジーを代表する傑作『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフとも言える『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。
再びJ.K.ローリングが描くわくわくが止まらない魔法の世界と、悪と正義の戦いが楽しめます。

魔法使いのニュート・スキャマンダーは魔法動物を愛する少年。
魔法動物の生態系を研究する折にアメリカに降り立った彼は、ひょんなことから自身の動物を逃がしてしまいます。
人間が魔法使いを恐れ忌み嫌う世の中であるため、魔法動物脱走はトラブルの種となりえます。
しかし、そんな事件とは別に起こった悪の魔法使いの事件でニュートは濡れ衣を着せられます。
自身の身の潔白を晴らすため、そして魔法動物を守るため、ニュートは仲間と真相を探っていきます。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

本作は『ハリー・ポッター』シリーズよりも古い1926年アメリカが舞台となり、魔法使いと人間の関係性も違います。
『ハリー・ポッター』シリーズを知っている方は、どこで未来に繋がるのかと目を離すことができない展開が続きます。
『ハリー・ポッター』シリーズよりも大人の目線をもつ登場人物にも注目です。

恋と言ってもほろ苦く、悪と言っても一概に悪とは言えない…そんなことを考えさせられる、胸が締め付けられるような人間関係が織り交ぜられます。
そして、今回の魔法は魔法動物を中心に描かれます。
こんな動物いたらいいなあ…と心が癒される魔法動物たちにもご注目ください。

世界中を魅了する原作を更に超えるシナリオで映像化した傑作『アリス・イン・ワンダーランド』

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. / Disney.jp/Alice-Time

『不思議の国のアリス』は英国ファンタジーの頂点と言っても過言ではないでしょう。
マッドハッター、ハートのクイーン、時計うさぎ…あらゆるキャラクターが世界のファッションや文学に影響を与えました。
そんな名作『不思議の国のアリス』を映像業界の巨匠ティム・バートンが映像化したのが『アリス・イン・ワンダーランド』。

主人公は19歳のアリス。
母の目論見で好きでもない貴族の御曹司と婚約させられそうになったアリスが逃げ出した先は、過去に出会った不思議の世界。
しかし、かつて遊んだ不思議の国は、ハートのクイーンに支配され淀んでしまっています。
かつての不思議の国を取り戻すため、アリスはマッドハッターとともに冒険に繰り出します。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

誰もが知っている『不思議の国のアリス』の個性が強いキャラクターを見事に映像化しながら、原作とは違った展開を楽しめます。
主人公を演じるミア・ワシコウスカは数々の女優を退けて抜擢された新星。透明感のある誠実さが魅力の女優です。
また、ティム・バートン監督の作品には幾度となく登場しているジョニー・デップがマッドハッターを熱演。
コスチュームの奇抜さや映像美にもほれぼれする作品となっております。

不思議の国は常にアリスの精神面と直結しています。
時に切なく、時に不安定に歪むおとぎの国は、あなた自身が幼いころに経験した夢の世界と似ているのではないでしょうか?
ちなみに続編ではマッドハッターの悲しみに迫る大人なストーリーを楽しめます。
ぜひシリーズでご覧ください。

まとめ

『ブラザーズ・グリム』

現実と幻想に魔法が絡み合うダーク・ファンタジーは映画にぴったりの世界観。
夢に出てきそうな舞台や着てみたい衣装にも目が釘付けになります。
棘のある大人っぽいダーク・ファンタジーをご覧になって、あなたも夢の世界をお楽しみください。

関連する投稿


都市別警察映画50選!アメリカは警察官も個性派揃い!最新作から名作まで

都市別警察映画50選!アメリカは警察官も個性派揃い!最新作から名作まで

一口にアメリカと言っても州によって特色はバラバラ。当然その街を守る警察官も千差万別です。個性豊かな警察官が大都市や田舎町で活躍する映画をご紹介します。


金曜ロードSHOW!「冬もジブリ」!少年少女の心の旅路『ゲド戦記』

金曜ロードSHOW!「冬もジブリ」!少年少女の心の旅路『ゲド戦記』

今年もまた金曜ロードSHOW!においてジブリ作品を連続で放送しました。1月5日、1月12日と「冬もジブリ」と題して、『魔女の宅急便』それから本作『ゲド戦記』がテレビ放映されました。こちらジブリでおなじみ宮崎駿監督の息子である宮崎吾朗監督の作品で、竜と魔法、少年少女の壮大な冒険ファンタジー!


超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

超人気スーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュまとめ!『スーサイド・スクワッド』魔女役

『スーサイド・スクワッド』(2016)の謎の美しき魔女エンチャントレス役をはじめ、最近は映画への出演が増えてきました!今回は、そんなカーラ・デルヴィーニュのプロフィールや出演作、そして過去のゴシップなど気になる情報をまとめてみました。気になる今後の活躍も!


洋画ホラー映画おすすめ50選!怖いもの好き必見!

洋画ホラー映画おすすめ50選!怖いもの好き必見!

サスペンス・スリラー・SFと、怖い映画を洋画のみで50作品、新作から名作まで集めました!あなたは心の準備はできていますか?


2017年映画興行収入ランキング50位!『名探偵』『美女と野獣』ほか

2017年映画興行収入ランキング50位!『名探偵』『美女と野獣』ほか

映画を観たいけど、めぼしいものは観尽くしてしまって観たいものがないということありますよね。そんな時に参考になる興行収入ランキングを紹介します。


最新の投稿


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。