間宮祥太郎初主演作『全員死刑』まとめ!炎上どんとこいの問題作!?

間宮祥太郎初主演作『全員死刑』まとめ!炎上どんとこいの問題作!?

一家全員に死刑判決が下りたことで世間を騒がせた、実際の事件を基にした狂気的エンタメ作品『全員死刑』。 監督商業デビュー作でありながら、実力者ぞろいのキャスト・スタッフで作られただけあって、多くの注目を集めています! そんな今作の魅力をまとめました!


実話を基にした衝撃の事件が堂々の映画化!

『全員死刑』(C)2017「全員死刑」製作委員会

福岡で発生した強盗殺人死体遺棄事件・・・。その犯人はある家族4人。
全員に死刑判決がくだり、一家の次男による獄中手記が原作となる今作。

© 2017「全員死刑」製作委員会

そのショッキングなタイトルだけならず、初主演の間宮祥太朗さんのこれまでにない強烈なビジュアル(金髪に多数の刺青)も相まって、事件を知らない人の関心も多くひきつけた問題作となっています。

実行犯の次男目線で描かれる衝撃的な展開

間宮祥太朗/『トリガール!』完成披露イベント

借金を抱えた一家のために、近所の資産家の金を強奪するという無謀な計画を実施するのは、間宮さん演じる次男・首塚タカノリ。
一家がグルになって犯行を行っているかと思えば、家族想いな次男をいいことに、父も兄も実行は人任せ。
そんな実行犯である次男の目線で描かれるだけあって、ショッキングな展開・描写が多数!

間宮祥太朗

プロデューサーに『冷たい熱帯魚』(11)『凶悪』(13)など、同じく実際の事件を元にした作品で手腕を見せる千葉善紀さんや、過激かつ残酷な描写で定評のある西村喜廣さんが名を連ねます。
2作品とも目を覆いたくなるような演出が特徴的なだけあって、今作ではいったいどんな残酷描写を見せてくれるのか・・・。

凶行の狂い咲きをとくと見よ!

© 2017「全員死刑」製作委員会

借金を抱える情緒不安定な組長の父と、ヒステリックな母、長男と暮らす家族思いのタカノリは、そんな一家を救うために、兄と近所の資産家に強盗することを決意します。

© 2017「全員死刑」製作委員会

ところが、あんまりにもお粗末にである犯行ゆえに、後に引けなくなったタカノリたち。
最初は強盗だけだった計画も、勢いに任せてその資産家の息子を殺害。
エスカレートする事態に「家族のため」「愛」などと理由を言いながら、タカノリたちの殺人や凶行は暴走していきます。

元になった事件『大牟田4人殺害事件』とは?

『ライチ☆光クラブ』古川雄輝、間宮祥太朗/photo:Nahoko Suzuki

2004年9月に福岡で起きた強盗殺人・死体遺棄事件で、被害者も加害者家族単位で4人ずつ、そして裁判では被告である家族4人全員に死刑判決が下りた、特異な事例として注目されました。

/『劇場版 お前はまだグンマを知らない』初日舞台挨拶

調べによると、金銭トラブルが原因で連鎖的な殺人・死体遺棄に至ったと、ここまで聞くと映画どおりのストーリーとおもえますが、実際はどれも推測の域を出ておらず、未だに真相は解明されていないんだとか・・・。

監督はこれが商業作品デビューとなる小林勇貴

小林勇貴監督

若干27歳である期待の新人監督でありながら、その野蛮かつ大胆な作風が話題となり、現在各メディアで取り上げられるようになりました。
その野蛮さは、彼のTwitterや今作のコメントを見れば、一目瞭然!

『全員死刑』(C)2017「全員死刑」製作委員会

元々は専門学校卒業後、広告会社に就職するも、自主映画を撮るようになり、本物の不良少年を集めて映画を撮った『孤高の遠吠』(15)は、カナザワ映画祭やゆうばり国際ファンタスティック映画祭に出品された経歴も持ちます。

間宮祥太朗さん初主演作品!

間宮祥太朗

監督の熱意に影響を受けて、出演を決めた間宮さんは普段のイメージを覆すようなビジュアルで出演しています。金髪オールバックに、背中から胸までのタトゥーなど、色気と狂気が共存した佇まいを披露しました。

『全員死刑』メイキング(C)2017「全員死刑」製作委員会

本作の狂気を体現しているかのようなビジュアルですが、過去作で不良を取材し、出演までさせた監督独特のこだわりが詰まっており、実話モノでありながら、並々ならぬセンスを感じさせます。

原作者は本作をどう捉えたか!?

/『劇場版 お前はまだグンマを知らない』初日舞台挨拶

原作者である鈴木智彦さんは、監督としての技量以上に、作品を上手く撮れない理由を並べたりせず、がむしゃらに映画を撮っている小林監督の姿をみて応援したくなったとか。
それだけに、小林監督以外の人だったら、実写化にOKは言わなかったとも語っています。

池田純矢&間宮祥太朗&古屋兎丸/『ライチ☆光クラブ』トークショー

しかし事件をモチーフに、エンタメ要素を全面にした今作に、困惑もあったそうです。
それでも好きに撮ってもらうようにした甲斐あって、この破天荒な作品は非常に面白く見れたとコメントしています。

【監督問題発言語録】

小松菜奈/dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」現場取材

今作についてのコメントで、小林監督は「世界中で炎上騒ぎが起きることでしょう!いいことです!15歳未満から死に損ないの老人まで楽しめるエンターテイメントになっています」と宣言。

『ライチ☆光クラブ』古川雄輝、間宮祥太朗/photo:Nahoko Suzuki

さらに「ていうかよぉ、題名聞けばわかんだろ?全員死刑にしてやるよ!」と高らかにまさかの死刑執行宣言。
いい保険に入ることも同時に勧めていました。

【監督問題発言語録】②

土屋太鳳&高杉真宙&間宮祥太朗/『トリガール!』完成披露イベント

そんな小林監督は嘆きます。
「公式サイトを見れば書いてあるようなことを、いちいちSNSで聞いてる頭の弱いガキに本当にうんざりしてて、これは早く公開して死刑にしてあげないとカワイソーだなと思っています」と、ガンガン挑発。

© 2017「全員死刑」製作委員会

ちなみに今作を楽しみにしている人には、「はァい、ありがとォ」と感謝を伝えたいとコメントしています。意外と素直です…!

間宮さんもこれまでにない緊張感で演技に挑む!

『ライチ☆光クラブ』で共演する野村周平&間宮祥太朗

作品の話を聞いた間宮さんは期待と好奇心以上に、実在する事件に緊張と懐疑心も感じたとのこと。
それゆえ最初は出演することにも、即決することはできなかったそうです。

土屋太鳳&間宮祥太朗/『トリガール!』完成披露イベント

しかし小林監督にあって、話をするにつれて、なぜ撮るのかだけでなく、監督の日々感じている怒りや喜びまでをも聞くと、その姿やまなざしに打たれて出演を決めたそうです。

キャスト

『全員死刑』(C)2017「全員死刑」製作委員会

今作では若手監督でありながら、その才能にほれ込み終結したキャストは新旧揃って実力者ぞろい!
衝撃の内容を体当たりで演じたキャストをご紹介します!

間宮祥太朗/首塚タカノリ

間宮祥太朗『帝一の國』/photo:Nahoko Suzuki

近年映画では『帝一の國』『劇場版お前はまだグンマを知らない』(17)に出演する間宮さん。
そんな最近ドラマなどでも引っ張りだこの彼が演じるのは、殺人一家の次男でありますが、家族想いでもある役。
原作では元力士となっていますが、今作ではそのビジュアルから狂気と色気を孕ませるなど、これまでにない間宮さんを見ることができます。

毎熊克哉/首塚サトシ

毎熊克哉・スポニチグランプリ新人賞/第71回毎日映画コンクール

16年に公開された『ケンとカズ』で数々の新人賞をさらっていった、今大きな評価を得ている俳優の一人である毎熊克哉さん。
近年の出演作には『ろくでなし』『獣道』『彼女の人生は間違いじゃない』(17)など作家性の高い作品が多いです。

六平直政/首塚テツジ

『石内尋常高等小学校 花は散れども』完成披露試写会(左後から)柄本明、大竹しのぶ、新藤兼人監督、豊川悦司、川上麻衣子、六平直政

独特の風貌もあって、映画以外に舞台やテレビでも活躍する六平さん。
最近では『後妻業の女』(16)に出演し、今作では借金を重ねておきながら、犯行は息子にまかせっきりの小心者の父親を熱演しています。

入絵加奈子/首塚ナオミ

『全員死刑』(C)2017「全員死刑」製作委員会

デビュー当初からミュージカルを中心とした舞台に多く出演し、身近なところでは、「はじめてのおつかい」のナレーションを務めています。
今作では、天真爛漫な反面、ヒステリックな一面も見せる母親役を演じています。

清水葉月/カオリ

『全員死刑』(C)2017「全員死刑」製作委員会

13年に出演したイキウメの『片鱗』が読売演劇大賞優秀作品賞を獲得した際、その作中での存在感で一躍話題に。
木ドラ25の「サボリーマン甘太郎」に出演する彼女は、今作で一見クールに見えるも、恋人のタカノリを心配するという2面を見事に演じています。

落合モトキ/吉田カツユキ

落合モトキ/『花芯』 (C)2016「花芯」製作委員会

『日々ロック』(14)や『アズミ・ハルコは行方不明』(16)に出演するなど、映画やテレビを中心に活躍する落合さん。
今作では襲われる資産家の長男役で登場します。

藤原季節/吉田ショウジ

藤原季節

『人狼ゲーム ビーストサイド』(14)で映画初出演を果たすと、『イニシエーション・ラブ』(15)やハリウッド映画『沈黙―サイレンス―』(17)に出演するなど、精力的な活動を展開しています。
今作では資産家の次男を演じています。

鳥居みゆき/パトラ

『全員死刑』(C)2017「全員死刑」製作委員会

言わずと知れた女芸人の鳥居さんも参戦。
実は最近は映画にも出演する機会も多く、今作では資産家の母という重要な役で登場。
デフォルトで奇抜なだけに、今作ではどんな感じに仕上がっているのか・・・。

まとめ

『全員死刑』(C)2017「全員死刑」製作委員会

作品の狂気もさることながら、監督のもつ常軌を逸した映画を撮るという熱意にも脳がくらくらしそうな今作。
間宮祥太郎ファンも、映画ファンも、実録作品好きも絶対に見逃せない作品となっていることは間違いないでしょう!
特に初期の園子温監督作品が好きな方はかなり注目されているのではないかと考えています。
是非この衝撃作を体感してください!

この記事のライター

関連する投稿


人気漫画がついに実写化!”ジャズ漫画”『坂道のアポロン』の豪華キャストに迫る!

人気漫画がついに実写化!”ジャズ漫画”『坂道のアポロン』の豪華キャストに迫る!

漫画家小玉ユキさん原作の『坂道のアポロン』をご存知ですか?この作品は小玉さんにとって初の長期連載漫画だったのですが、2012年にはなんとアニメ化もされた人気漫画。今回はそんな『坂道のアポロン』の実写映画に出演する豪華キャストをご紹介します。


ラプラスの魔女はどんな話?櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の魅力

ラプラスの魔女はどんな話?櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の魅力

大人気作家・東野圭吾のデビュー30周年記念作品「ラプラスの魔女」が映画化決定。主演には「嵐」の櫻井翔、共演に広瀬すずと福士蒼汰を迎え、世界でも高い評価を受ける異端の監督・三池崇史がメガホンをとる。今夏は、「ラプラスの魔女」のあらすじとキャストの魅力に迫る。


松坂桃李主演『娼年』まとめ!舞台版との違いは?

松坂桃李主演『娼年』まとめ!舞台版との違いは?

石田衣良原作の恋愛小説が、R-18指定でセンセーショナルに映画化されます。 今回はすでに舞台化されている『娼年』の様子やキャストのインタビューも踏まえ、劇場版の『娼年』がどのように手がけられているのかをまとめました。


夏帆出演作19作品まとめ!清楚系から一転、大人な幅広い役までを演じる!

夏帆出演作19作品まとめ!清楚系から一転、大人な幅広い役までを演じる!

主演作品『天然コケッコー』での演技が評価され、日本アカデミー賞はじめ、多数の新人賞を受賞した夏帆さん。 10代の頃は清楚なイメージからそれに合った役を演じていましたが、最近では過去には想像できなかったような挑戦的な役にも取り組んでいます。 そんな夏帆さんの新旧出演作をまとめました!


「関ジャニ∞」丸山隆平、映画初単独主演『泥棒役者』

「関ジャニ∞」丸山隆平、映画初単独主演『泥棒役者』

『小野寺の弟、小野寺の姉』で初監督を務めた西田征史の監督2作目となる『泥棒役者』の主演を「関ジャニ∞」の丸山隆平さんが務めます。本作のあらすじとキャストをご紹介。 さらにキャストの出演昨作や、舞台裏もピックアップしました!


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。