金曜ロードSHOW!「冬もジブリ」!少年少女の心の旅路『ゲド戦記』

金曜ロードSHOW!「冬もジブリ」!少年少女の心の旅路『ゲド戦記』

今年もまた金曜ロードSHOW!においてジブリ作品を連続で放送しました。1月5日、1月12日と「冬もジブリ」と題して、『魔女の宅急便』それから本作『ゲド戦記』がテレビ放映されました。こちらジブリでおなじみ宮崎駿監督の息子である宮崎吾朗監督の作品で、竜と魔法、少年少女の壮大な冒険ファンタジー!


世界観は壮大な竜と魔法のファンタジー

『ゲド戦記』(c) 2006 Studio Ghibli・NDHDMT

荒れ狂う海、そこへ突然2匹の竜が現れ共食いをする、そんな穏やかではないシーンから本作は始まります。永遠の命を願うクモが、生死の両界をわかつ禁断の扉を開いてしまったために起きてしまった異変でした。

©2006二馬力・GNDHDDT

この世界では本当の名前=真名を知られてしまうと他人の意のままに操られてしまうそうです。

心を閉ざした少年アレン、大賢人ハイタカ=ゲドとの出会い

『ゲド戦記』(c) 2006 Studio Ghibli・NDHDMT

この物語の舞台は魔法が日常的に存在する「アースシー」と呼ばれる場所です。均衡が失われつつある世界で、同時に心の均衡を崩してしまった少年アレン。そんな彼は一国の王子で、なんと王である父親を殺し魔法の剣を奪って国から逃げ出すところから物語は始まります。逃走中のアレンはある日、世界の均衡が崩れた原因を探す大賢人ハイタカ=ゲドと出会い、そして共に旅をするようになるのです。

心の影に怯えるアレン、謎の少女テルー

『ゲド戦記』(c) 2006 Studio Ghibli・NDHDMT

旅の途中でアレンたちはホート・タウンという町にたどり着き、そこでテルーと出会います。一行はハイタカの昔馴染みであるテナーの家に泊まらせてもらうことに。

©2006二馬力・GNDHDDT

アレンは世界を覆う影に怯え、テルーは両親に虐待され捨てられた過去を持つことから、命を粗末にするアレンに対して心を閉ざしていました。しかし一緒に畑仕事をするうちに、アレンもまた自分と同じように心の傷を負っているのだと理解し次第に心を開くようになっていきます。一方でアレンは自らが生み出した「影」に怯え、徐々に心が蝕まれていっているのでした。

魔法使いクモと大賢人ハイタカ

『ゲド戦記』(c) 2006 Studio Ghibli・NDHDMT

テナーの家で暮らしながら、ハイタカは旅の目的である世界の均衡が崩れている原因を探ります。そんな中見えてきたのが魔法使いのクモ。

実はハイタカは過去に魔法を乱用するクモをとがめていた事実があります。そのためにクモもハイタカに恨みを持っており、ハイタカを倒すためにアレンの心にある「影」を利用しようとします。

テーマは心の中の闘い

©2006二馬力・GNDHDDT

竜と魔法、大賢人に影、永遠の命、王殺しなどなど、たくさんの壮大なるファンタジーを予感させる単語が出てきていて、実際にストーリーもそれに見合う傑作なのですが、そのテーマは少しだけ違うようです。それというのも竜や魔法などの壮大な闘いではなく、心の中にある自分の弱さとの闘いに向けられていると感じるからです。本作は心の影に捉われていた主人公アレンが、その影を消し去り前に進んで行く物語なのです。

原作はファンタジー小説の古典!『ゲド戦記』

本作の原作とされるのはアーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』、その主に第3巻「さいはての島へ」。英語で書かれ、1968年から2001年にかけて出版されました。原題は「Earthsea」。これは映画『ゲド戦記』の作品の世界観、舞台に繋がってきます。

『ロード・オブ・ザ・リング』(『指輪物語』)三部作

英語圏においては『指輪物語』や『オズの魔法使い』に並ぶファンタジー作品の古典にあたるそうです。そしてこの作品を読んだ巨匠宮崎駿がずっとやりたかった物語でした。ちょうど『ハウルの動く城』の制作中に原作者から「ジブリでならアニメにしても良い」という許可がおり、忙しい宮崎駿の代わりに息子の宮崎吾朗が監督をすることになったのです。

原案は宮崎駿の『シュナの旅』

宮崎駿(監督) -(C) Getty Images

シュナの旅は全ページカラーの作品で、宮崎駿が徳間書店、アニメージュ文庫から出版したファンタジー。『もののけ姫』や『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』にも影響を与えた作品で、『ゲド戦記』においては原案としてクレジットされています。

本作のキャラクターイメージの元となり、この作品にアレンジを加えながら原作の『ゲド戦記』に近づいたと宮崎吾朗本人も語っていました。宮崎吾朗はもともと『シュナの旅』を映画化したいと言っていたそうですが、宮崎駿の許可がおりていなかったとのこと。映画『ゲド戦記』には、この作品のオマージュという思いもあるそうです。

キャストは岡田准一、手嶌葵!

主人公アレンの声を演じるは、先日女優宮崎あおいと結婚を発表したV6の岡田准一。そしてヒロイン、テルーを演じるのは手嶌葵。劇中に流れる「テルーの唄」主題歌の「時の歌」も本人が歌っております。とても綺麗な声をしていますね。筆者も公開当時はその歌声が世間を騒がせたことをよく覚えています。

挿入歌「テルーの唄」に対する批判!

『ゲド戦記』(c) 2006 Studio Ghibli・NDHDMT

劇中挿入歌の「テルーの唄」。この曲はキャストの手嶌葵の声が綺麗すぎるとして話題になりましたが、一方で萩原朔太郎の「こころ」に似すぎているとして批判が相次ぎました。もともと参考資料としては上がっていたのですが、クレジットでは「作詞:宮崎吾朗」としてしまったためにこのような事態となりました。

鈴木敏夫プロデューサー

これに対して鈴木敏夫プロデューサーは「表記について思慮不足だった」と謝罪をしています。

©2006二馬力・GNDHDDT

盗作かどうかは難しい問題ですが、こういうのを気にせずに「テルーの唄」は良い曲としての認識が広まってくれたら嬉しいです。

まとめ!「冬もジブリ」金曜ロードSHOW!

『魔女の宅急便』(c)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N /『ゲド戦記』(c) 2006 Studio Ghibli・NDHDMT/『レッドタートル ある島の物語』(c)2016 Studio Ghibli - Wild Bunch - Why Not Productions - Arte France Cinema - CN4 Productions - Belvision - Nippon Television Network - Dentsu - Hakuhodo DYMP - Walt Disney Japan - Mitsubishi - Toho

いかがでしたか?2週連続で『魔女の宅急便』と並んで放送されたジブリ作品のファンタジー傑作『ゲド戦記』。本作ではその壮大すぎる世界観とは裏腹に、心の中の闘いをとても繊細に描いています。

©2006二馬力・GNDHDDT

金曜ロードSHOW!を見逃してしまったあなたも、ぜひどこかで『ゲド戦記』を見てみてはいかがでしょう?もしかしたら劇中のメッセージで気づくことがたくさんあるかもしれません!

『魔女の宅急便』(c)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

『魔女の宅急便』も同じくファンタジー傑作なので、ぜひ一緒に見てみてください!

この記事のライター

関連する投稿


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


金曜ロードショーで8/10放送!スタジオジブリ『ハウルの動く城』みどころ

金曜ロードショーで8/10放送!スタジオジブリ『ハウルの動く城』みどころ

魔法使いハウルと少女ソフィーを中心に、動く城で奇妙な共同生活を送る火の悪魔・カルシファーやハウルの弟子のマルクル、荒地の魔女たちが登場し、生きることの素晴らしさや戦うことの愚かさを描いた感動ファンタジー超大作。『千と千尋の神隠し』に続く、スタジオジブリ、宮崎駿監督作品。


『かぐや姫の物語』まとめ!高畑監督の遺作となった、制作8年の超大作の魅力とは?

『かぐや姫の物語』まとめ!高畑監督の遺作となった、制作8年の超大作の魅力とは?

2018年4月5日に亡くなった巨匠・高畑勲監督の遺作となった『かぐや姫の物語』。「竹取物語」を、監督が抱いた3つの疑問をテーマに、壮大なスケールと、情緒豊かなキャラクターによって現代の観客の前に蘇りました。ここではそんな本作の制作秘話や、出演者についてもまとめました。


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。