【今週末公開の映画】1/26~『デトロイト』『風の色』『ちょっとまて野球部!』ほか

【今週末公開の映画】1/26~『デトロイト』『風の色』『ちょっとまて野球部!』ほか

1/26(金)、1/27(土)に公開される映画を一挙紹介します!『スター・ウォーズ』のジョン・ボイエガ主演『デトロイト』や阿部寛主演のサスペンス映画『祈りの幕が下りる時』など、待ちに待った作品がいよいよ公開!映画館でぜひお見逃しなく。


目次

1/26(金)公開

アメリカ史上最大級の暴動を描いた衝撃作『デトロイト』

© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 

デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく…。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でフィンを演じた、イギリス人俳優のジョン・ボイエガが主演。実話に基づくストーリー、かなり緊迫した作品になりそうです!

もう誰も助からない!恐怖の進化を遂げた『ザ・リング/リバース』

『ザ・リング/リバース』 (C) 2017 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

「必ず7日後に死ぬ」と言われる呪いのビデオを見てしまったジュリア。迫り来る運命から逃れ、呪いの連鎖を断ち切るべく、恋人のホルトとともに呪いのルーツを辿り、謎を解き明かそうとする。やがて辿り着いたのは一人の少女の存在。しかしそれは更なる恐怖の幕開けだった…。

与えられたのはたったの7日。あの日本の国民的ホラーのハリウッド版が、ついに第三部目に。貞子ファンもそうじゃない方も、ハリウッド版もぜひ要チェックです!

失意のマジシャンを旬の若手俳優、古川雄輝が演じる!『風の色』

© 「風の色」製作委員会

突然目の前から消えた恋人・ゆりの死から100日、彼女との想い出の品々を胸に、失意のどん底からマジシャンになることを決意した青年・涼。その後、“自分と生き写しの人間”の存在に気付き始めた彼は、生前「私たちはまた会える」、「流氷が見たい」と言っていた彼女の言葉に導かれるように、北海道へと向かう。そして、旅の途中で偶然出会った、亜矢と名乗る、ゆりと瓜二つの女性。彼女もまた、2年前の事故により行方不明になっていた、涼と瓜二つの天才マジシャン・隆との再会を待ち望んでいた――。

『猟奇的な彼女』などで知られる、韓国のクァク・ジェヨン監督作品。自分と生き写しの人間と、亡くなったはずの恋人に瓜二つの女性が織りなすラブロマンス・ミステリー。いったいどんな結末なのでしょうか?

老夫婦が人生最後で最高の旅に出る!『ロング,ロングバケーション』

© 2017 Indiana Production S.P.A.

夫婦生活はや半世紀となる元文学教師のジョン(※アルツハイマー進行中)と妻のエラ(※末期がん)。子どもたちは巣立ち、人生の責任はすべて果たしきったいまこそ、夫婦水入らずで思う存分に自分たちの時間を過ごせる時が来たのだ。愛車のキャンピングカーでルート1号線を軽快に走り、向かうはジョンが敬愛するヘミングウェイの家があるフロリダ・キーウエスト。毎晩思い出の8ミリを投影し、ともに歩んできた人生を追懐しながらひたすら南へと旅していく。「ただいま」なんて気にしないくて良い、最後にして最高の旅が始まる!

カナダ出身の名脇役俳優ドナルド・サザーランドと、『クィーン』(2006年)でアカデミー主演女優賞を受賞したヘレン・ミレンが夫婦を演じます。夫婦二人で最期まで楽しんで生きる、そんな愛おしい心温まるストーリーです。

別所哲也とHIROがタッグを組んだ!オムニバス映画『CINEMA FIGHTERS』

ⓒ 2017 CINEMA FIGHTERS

『パラレルワールド』 15年ぶりに母校の天体観測室を訪れた徹。当時のまま、時が止まったかのような部屋で一冊のノートを見つける。「見ていてくれてありがとう」それは想いを寄せていたダンス部の真矢からのメッセージだった。伝えることのできなかった想いが行き場もなく、徹の目から涙が溢れ15年前といまが交錯しはじめる。
『キモチラボの解法』 キモチラボ。そこは人々の感情を解放するクリニック。エキスを操る天才ブレンダーのマイスター。訳あって彼の助手を務めるシュンは、ある日訪れた無表情の美少女・リンに一目惚れ。マイスターの手引きの元、何とか彼女の笑顔を引き出そうと悪戦苦闘するが、シュンはリンの秘密を知ってしまい…。
『Snowman』 いまとはほど遠くない近未来。ロクと深雪は深い愛で結ばれた20代の夫婦。不治の病に罹ったロクをコールドスリープカプセルで冷凍保存し、新薬の開発を待つことを決意する深雪。10年後には治療薬が開発されるという主治医の言葉を信じて。しかし目覚めたロクの目に飛び込んだのは、年老いた深雪の姿だった。50年間待ち続けた妻と、50年待たせてしまった夫。2人の長い愛情の軌跡を描いたSFラブストーリー。
『色のない洋服店』 真っ黒な服に真っ黒な食べ物…。色を失ってしまった世界で、小さな洋服屋を営む女性、由衣。店には黒い服だけを置いているが、由衣は秘密の仕事部屋で、人知れず自分の好きなカラフルな洋服を作っている。謎の放浪画家との出会いをきっかけに、由衣は外の世界に向かって、それまで隠してきたありのままの自分の「色」を表現しようと試みる。
『終着の場所』 遠く離れた場所から互いを想っていたはずの2人は、ある冬の日、待ち合わせの場所に向かうため列車に乗り込んだ。その旅の途中、不意に彼女から告白めいたメールが届き、それきり連絡が途絶えてしまう。「私、あなたに話したいことがある」そのメールに込められた意味とは…。ずっと出会うことのない登場人物たちのモノローグで綴られる、男女の心の奥底を問う、痛く儚い愛の物語。
『SWAN SONG』 未曾有の大寒波“ディープフリーズ”に襲われ、終焉を間近にした地球。名前も知らない女性に恋をしたギタリストのアサヒは、氷河期を迎えた東京を彷徨っていた。その人の為に作ったスワンソング(人生最期の曲)を聴いてもらうために。何の当てもなく無謀としか思えない旅だったが、ついに探している女性の親友・ウミと巡り会う。アサヒの想いを届けるため、2人は深い雪に覆われた無人の街を、一歩ずつ進んでいく。

『殯の森』の河瀨直美監督、『CUTIE HONEY TEARS』のA.T.監督、『東京喰種 トーキョーグール』の萩原健太郎監督、『タイガーマスク』の落合賢監督ら、個性あふれる6人の監督が集結。色んな作品がたっぷり見れます!

展開が読めない?!フレンチ・ショートムービー『ノー・ドロウニング』

人間たちは声だけで動き、あらゆることは機械にコインを投入することで機能している。孤独こそがもっとも美しいとされ、世界を支配していた。しかし、2人の夢見る人間が出会い、突然世界に反逆を始める。ピープショーでストリップをする人魚と、人々の「願い」をかすめ取る潜水夫。2人をとりまく世界は、一体どうなってしまうのか?

2018年1月26日より「第8回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)」にて上映。

人肉を食らう主人公?!フレンチ・ショートムービー『美味しい美女』

グルメな人肉食、オスカー・モングーは、同じ建物のアパートに住む、植物のように美しい隣人マドモワゼル・キャロットに熱烈な恋をしている。しかし上手くいかないことは目に見えていた。彼女はベジタリアン、オスカーは野菜恐怖症なのだ。そんなある晩、彼女から夕食に招待され…。

ぶっとんだ設定のストーリー、果たしてどんなオチなのか?ぜひ劇場でご確認を。
2018年1月26日より「第8回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)」にて上映。

移動生活のツーリストを描いたフレンチ・ショートムービー『サマーフィルム』

これはロードムービーである。風景は、移動生活のツーリストたち、コンクリートのピクニックテーブル、トイレ待ちの長蛇の列、生温かくなったメロン、洗車…などなど。出発しようとする男と、ひきとめる少年。それが『サマーフィルム』、夏の映画というもの。

2018年1月26日より「第8回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)」にて上映。

1/27(土)公開

アルツハイマーになった元連続殺人犯?!『殺人者の記憶法』

© 2017 SHOWBOX AND W-PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

アルツハイマーになった元連続殺人犯の男ビョンス。接触事故で偶然出会った男テジュから異様な雰囲気を感じたビョンスは、彼も殺人犯であることを直感する。警察にそれを告げるが、実はテジュこそが警察の人間であり、誰もビョンスの話を信じない。ビョンスは自らテジュを捕らえようとするが、アルツハイマーによる記憶の喪失とも彼自身闘わなければならなかった。そうしてまた始まった連続殺人事件…これはやつの仕業なのか――?

『監視者たち』『ソウォン 願い』『シルミド』など、数々の作品で韓国を代表する名優ソル・ギョング。見事にアルツハイマーを患う元連続殺人犯という難しい役を演じます。

あの元天才子役、須賀健太主演!『ちょっとまて野球部!』

© 2017 ゆくえ高那・新潮社/「ちょっとまて野球部!」製作委員会

県立神弦高校野球部は強豪でも弱小でもない日本一平均的なチーム。3年生最後の夏が終わり、1年生の大堀・秋本・宮田ら残された部員たちの新たな日常がスタートする。授業をやりすごし、運動部最下級生お馴染みの雑用をこなしながら野球に励む3人。ある日、テストの追試で赤点を取った大堀がピンチに! 再追試に落ちると夏の合宿に参加できない!! 野球部のキングオブバカ・大堀は無事に再追試をクリアし、合宿に行けるのか!?

高校野球部の日常を題材にした同名コミックの実写映画化。『すべての女に嘘がある』(2012年公開)の宝来忠昭が監督を務めた。

奇才デビッド・リンチの謎をひも解く『デヴィッド・リンチ:アートライフ』

© Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

1980年の『エレファント・マン』ではアカデミー作品賞を含む8部門にノミネートされ、一躍その知名度を上げたアメリカの奇才。シュールレアリズムをこよなく愛す。そんな彼を追ったドキュメンタリー映画。

人はなぜ動物を殺すの?狩猟の現場を描いた『サファリ』

© Vienna 2016

人はなぜ不必要に動物を“殺す”のか? 野生動物の楽園、アフリカ。茂みに身を隠しハンターは息を潜める。風下にいることを確認しながら獲物との距離を詰める。スコープを覗き込むハンター。息を殺す。高鳴る鼓動を感じる。1秒、2秒、3秒、4秒、5秒…。乾いた草原に発砲音が鳴り響く。“ドサ”。大きな動物が倒れこむ音が聞こえる。仕留めたばかりのキリンが力なく地に横たわり、ゆっくりと長い首を振る。その横では、ハンターたちは歓喜にあふれ、妻を抱きしめ、涙を流しキスをする――。

アフリカのナミビアで撮影された今作品。リアルな狩猟の世界がのぞけます。

音楽や映画、娯楽が禁止された日本?!『サラバ静寂』

©『サラバ静寂』製作委員会

「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽が禁止される法律が施行された日本。ネジ工場で働くだけのつまらない生活を送っていたミズトとトキオはある日、偶然根絶されたはずの音楽が沢山保存されている廃墟を見つけてしまう。廃墟に通いつめ、どんどん音楽に魅了されていく2人は、未だに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知り、そこへいくことを夢見て一緒に音楽を作りだす。そして、音楽を所持している罪で父親を殺されたヒカリも2人のいる廃墟へと歩みを向けていた…。

浅野忠信とCharaの娘である、SUMIREの演技には要注目。いつもと違った斎藤工の姿も観ることができます。

谷崎潤一郎原作、エロティックサスペンス『神と人との間』

© 2018 Tanizaki Tribute 製作委員会

町医者の穂積と、親友で漫画家の添田はともに熱帯⿂屋で働く朝子に惚れている。ある日穂積は添田に朝子を譲り、ふたりは結婚する。その瞬間、添田は愛人を作り朝子を虐待し、そのうえ穂積と朝子が不倫をするようにけしかけたりとサディスト化するのだった。かつての親友に馬鹿にされ挑発されながらも一心に朝子を想い続ける穂積。しかしある事件をきっかけにその純愛は憎悪へと変貌する…。

いま話題の不倫がテーマ。ポスターからすでに大人の空気がただよってきます・・・。

スーパーヒーローの世界には、ガンマンはひとりだけ!『ダークタワー』

ニューヨークに住む少年ジェイクが見た不思議な夢――。本作は、ジェイクが夢に導かれ入り込んだ“時空を超越する荒廃した異世界”を舞台にした物語。現実世界と密に結びつく異世界では、世界の支柱と言われる<タワー>を巡り、凄腕の銃使い“ガンスリンガー”ローランドと世界の崩壊を目論む“黒衣の男”ウォルターが終わることのない戦いを繰り広げていた…。

ステファン・キングの小説、ダーク・タワーシリーズを映画化。公開初週で約21億円の売り上げをおさめた大人気SF映画です。

阿部寛、松嶋菜々子が熱演!サスペンス『祈りの幕が下りる時』

© 2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

この事件は俺の過去と関わりが強すぎる。事件の鍵は俺なのか…? 東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが、押谷道子と越川睦夫の接点が全く見つからず、捜査が難航する。滋賀在住の押谷が何故東京で殺されたのか。やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美。押谷は浅居博美を訪ねて東京に来たことがわかるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちにその遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎は激しく動揺する。 それは失踪した加賀の母に繋がっていた。

「3年B組金八先生」シリーズや「半沢直樹」「陸王」など、数々の大人気テレビドラマの監督をつとめる、福澤克雄監督作品。ドキドキの結末をぜひお見逃しなく!

日本のラーメン文化を描くドキュメント『ラーメンヘッズ』

© ネツゲン

「ラーメンほど熱狂的な信者のいる食べものはない。そのラーメンバカたちを魅了するには、作り⼿もそれ以上のラーメンバカじゃないといけない」と語るのは、ラーメン業界の最高権威とされる講談社主催のTRY(Tokyo Ramen of the Year)大賞を4連覇した“キング・オブ・ラーメン”こと富⽥治(中華蕎麦 とみ田)だ。本作はそんな富田に1年以上にわたり長期密着したドキュメンタリー。究極のラーメンは、どのようにして作り出されているのか? そもそも、日本人はなぜそれほどまでにラーメンが好きなのか? 作り⼿も、客も、あまりにも熱く、クレイジーな日本のラーメン文化。その秘密に迫るべく、本作は7人の個性的なラーメン店主たちの活動を追い、知られざるラーメンの進化の歴史をひもときながら、現在進⾏形の日本のラーメン文化を鮮烈に描き出していく――。

どうして我々日本人はこうもラーメンに魅了されてしまうのか?!日本人なら見ておきたい、ラーメンを愛する者すべてに捧げるそんなドキュメンタリー映画です。

ヨーロッパの難民を盛り込んだ、SFドラマ『ジュピターズ・ムーン』

2017©PROTON CINEMA - MATCH FACTORY PRODUCTIONS - KNM

医療ミスによる訴訟で病院を追われた医師・シュテルンは、難民キャンプで働きながら違法に難民を逃すことで賠償金を稼ぎ、遺族による訴訟取り下げを目論んでいた。ある日、被弾し瀕死の重傷を負った少年・アリアンが運び込まれる。シュテルンはアリアンが重力を操り浮遊する能力を持つと知り、金儲けに使えるとキャンプから連れ出すことに成功する。その頃、アリアンを違法銃撃した国境警備隊が口封じのため彼らを追い始めるが、行く先々で起こる失踪やテロ、不可解な事件の現場に少年の痕跡が残されていることに気づく――。

重力を操ることができる能力を持った少年と、主人公の医師がストーリを通してどのような関係性になるのかが見どころです。

19世紀の画家ポール・ゴーギャンを描く『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』

© MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT

画家が愛した楽園と、黒髪の女たち――。19世紀を代表する画家ポール・ゴーギャンのタヒチ時代の、知られざる創作の秘密と愛の悲劇。

画家のゴーギャンを、『オーシャンズ12』『ブラックスワン』などに出演する、フランス人俳優のヴァンサン・カッセルが演じている。

人生をかけた男の冒険『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』

© 2016 LCOZ HOLDINGS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

20世紀初頭、イギリス。探検家パーシー・フォーセットは、周囲から馬鹿にされながらも、アマゾン奥地にあるという黄金で覆われた古代都市エル・ドラードの存在を信じていた。過酷なジャングル、ピラニア、人食いナマズ、原住民からの攻撃…度重なる命の危機にもひるむことなく、資金とクルーを集めてはアマゾンの秘境に何度も足を踏み入れるフォーセット。だが、旅を共にした仲間たちや、最初は協力的だったフォーセットの妻や息子たちさえも、次第に彼に愛想を尽かしていく。家族を犠牲にしてまでアマゾンに執着し、そこに夢を追い求め続けたフォーセット。彼はいったい、そこで何を見たのか――?

ベストセラーを記録した、ノンフィクション小説に基づくストーリー。『パシフィック・リム』や『キング・アーサー』で主人気が高い、チャーリー・ハナムが主演をつとめています。

すべてが許されるわけではない『ドント・イット』

© Samson Films Limited 2016

オカルト儀式に連れ出されて息子を殺された母ソフィアは、黒魔術を使って犯人たちへの復讐を企てる。彼女はオカルト信仰者のソロモンを雇い儀式を始めた。しかし拷問のような儀式は半年間にもおよび、もし失敗すれば何者かに魂を奪われるという大変危険な賭けだった。やがてソフィアは亡霊の姿を目にするようになる。息子の手を引く自分、犬、死者たち…。そして、遂に“それ”を呼び覚ましてしまい、恐ろしい現実を目の当たりにする――。

『ドント・イット』(原題:A Dark Song)は、アイルランドとイギリス合作のダークホラー・ドラマ。なんと監督は本作品をたった20日間で撮影を終えたといわれています。

いかがでしたか?

© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

気になる作品はありましたか?今週はいろんなジャンルの映画か公開となります!ぜひ映画館へと足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

関連する投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


ラプラスの魔女はどんな話?櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の魅力

ラプラスの魔女はどんな話?櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の魅力

大人気作家・東野圭吾のデビュー30周年記念作品「ラプラスの魔女」が映画化決定。主演には「嵐」の櫻井翔、共演に広瀬すずと福士蒼汰を迎え、世界でも高い評価を受ける異端の監督・三池崇史がメガホンをとる。今夏は、「ラプラスの魔女」のあらすじとキャストの魅力に迫る。


阿部寛と松嶋菜々子が初共演!『祈りの幕が下りるとき』みどころとあらすじ

阿部寛と松嶋菜々子が初共演!『祈りの幕が下りるとき』みどころとあらすじ

東野圭吾の人気作である「加賀恭一郎シリーズ」。阿部寛主演で「新参者」とテレビドラマ化され、2012年には、『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』も公開。その原作シリーズ10作目となる『祈りの幕が下りるとき』が2018年、ついに映画化されます。そこで今回は、そのみどころとあらすじをまとめてみました。


山田孝之と長澤まさみのダブル主演!日本版『50回目のファーストキス』の紹介

山田孝之と長澤まさみのダブル主演!日本版『50回目のファーストキス』の紹介

2018年6月1日に公開される福田雄一監督による山田孝之と長澤まさみによるダブル主演による『50回目のファーストキス』をご紹介いたします。 『斉木楠男のΨ難』や『銀魂』と同じ監督とは思えない、ロマンティック・ラブコメディでありリメイクながらオリジナリティ溢れる期待作!


Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

Netflixオリジナルおすすめ映画20選!大作からマイナーなB級までおもしろい作品が沢山!

動画配信サイトオリジナルの中で断トツの人気を誇るNetflix(ネットフリックス)! その理由のひとつに、監督など製作陣が、思い通りの作品を作ることができるNetflix独自の体制が大きいといわれています。 今回は数あるオリジナル作品から、いくつか特に魅力的な作品をピックアップ!


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。