松坂桃李主演『娼年』まとめ!舞台版との違いは?

松坂桃李主演『娼年』まとめ!舞台版との違いは?

石田衣良原作の恋愛小説が、R-18指定でセンセーショナルに映画化されます。 今回はすでに舞台化されている『娼年』の様子やキャストのインタビューも踏まえ、劇場版の『娼年』がどのように手がけられているのかをまとめました。


2018年最もセンセーショナルな作品が登場

『娼年』-(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

2016年に舞台化され、俳優陣が観客の目の前で一糸まとわず表現した『娼年』が、満を持して映画化されます。
そのセンセーショナルな舞台は全公演即ソールドアウトするなど伝説にもなっているほどです。

松坂桃李/『不能犯』完成披露試写会

今回はそんな舞台、そして石田衣良の恋愛小説を経て、娼夫である主人公リョウと、様々な女性達のセックスを美しく描きながらも、女性が抱く欲望や、心に負った傷を優しく肯定する作品となっています。

あらすじ

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  

大学生活も退屈し、バイト以外は無気力な毎日を送っているリョウ。
あるとき、ホストの同級生・シンヤがリョウのバイト先のバーに、御堂静香というホストクラブの常連を連れてきます。

吉高由里子&松坂桃李/『ユリゴコロ』初日舞台挨拶

彼女は実は、秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーで、恋愛や女性に興味がないというリョウに「情熱の試験」を受けさせます。
試験を通ったリョウは静香の店で働くこととなり、「娼夫」という仕事を通して、女性たちひとりひとりが秘めている欲望の奥深さに気づき、そこにやりがいを見つけていきます・・・。

原作は2001年に直木賞候補にもなった石田衣良の原作

石田衣良/連続ドラマW「北斗 -ある殺人者の回心-」完成披露試写会

『娼年』は、石田さんの中では初の恋愛小説という位置づけとなっており、2001年の直木賞候補にもなりました。
もともと女性の書き方に定評があり、今作も高い評価を得ています。

松坂桃李『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』/PHOTO:Ryo Uchida

ちなみに過去作にはあの「池袋ウエストゲートパーク」シリーズの原作者でもあり、当時小説家になることを決意してから、応募したことのないミステリーに応募して受賞したのが「池袋ウエストゲートパーク」なんだとか。

舞台でありながら過激なシーン有り!

舞台「娼年」メインビジュアル

今作は「娼夫」をテーマにしていることもあり、濡れ場あり、赤裸々なシーン盛りだくさんとのことで、かなり話題を集めています。

舞台「娼年」キャスト13名

松坂さんは、自分こんな役が僕にくるなんて思っていなかったと語り、皆さんが思っている自分のイメージと、作品がイコールにならないのかと考え、なかなかないチャンスだと感じたとコメントしていました!

舞台版では、共演の高岡早紀さんも腹をくくる!?

高岡早紀/舞台「娼年」会見

滅多にないジャンルの出演オファーに驚きながらも、自身の新境地が開拓できるかもしれないと感じた松坂さん。
一方、共演の高岡早紀さんもこのオファーにかなりの意気込みを見せていました。

『パディントン』松坂桃李/photo:Ryo Uchida

高岡さんは、オファーを受けた後に、色々と決意しなきゃいけないんだと気付くという、松坂さんとは順序が逆になったものの、コメント時には微笑む様子も有り、かなり腹はくくったのではないかと感じる意気込みでした。

まさかのR-15指定舞台!

三浦大輔/舞台「娼年」会見

舞台では珍しい「R」指定がついている本作。
それゆえ、出演者は準備に余念がなかったとのこと。
松坂さんも、あまりはっきり発言してしまうと、いろいろとまずいのか、オブラートに包みつつも、赤裸々にコメントをしていました。

松坂桃李/舞台「娼年」会見

しかしそれ以上に、今作で「人と人がつながる瞬間って、こんなに温かくなるんだ、と。生身でちゃんと感じ合う作業の1か月半でした」と、舞台の準備を経て、充実した様子を見せてくれました。

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


『愛のむきだし』のあらすじ・キャスト、そして実話なのか?そして愛とは?

『愛のむきだし』のあらすじ・キャスト、そして実話なのか?そして愛とは?

『愛のむきだし』という映画、覚えていますか?『ヒミズ』や『新宿スワン』や『リアル鬼ごっこ』の園子温監督がメガホンを握り、AAAの西島隆弘さんと満島ひかりさん主演によって放映された映画です。この記事では『愛のむきだし』のあらすじ・キャスト・実話なのかについても触れていき、『愛のむきだし』の愛にも迫って行きたいと思います。


実写映画『BLEACH』(ブリーチ)実写化キャストと原作キャラを比較してみた!

実写映画『BLEACH』(ブリーチ)実写化キャストと原作キャラを比較してみた!

週刊少年ジャンプ作品の中でも、圧倒的な人気を誇るマンガ「BLEACH」が奇跡の実写化!死神の力を授かった主人公の戦いと成長を描いた本作。気になるのは「どこまで原作に忠実なのか」ですよね?今回は映画『BLEACH』(ブリーチ)の実写化キャストと原作キャラを徹底比較!原作ファンは要チェックですよ♪


【感想・評価あり】映画『アオハライド』あらすじ・キャスト紹介!胸キュン必至の青春作品

【感想・評価あり】映画『アオハライド』あらすじ・キャスト紹介!胸キュン必至の青春作品

映画『アオハライド』は、東出昌大さんと本田翼さんの2人が主人公カップルを演じた青春恋愛作品。原作は『別冊マーガレット』にて連載されていた咲坂伊緒さんによる同名コミック作品で、三木孝浩監督によって映像化されました。今回は映画『アオハライド』について紹介します!


福田雄一作品で内臓崩壊!笑えて心温まるおすすめドラマ・映画14選

福田雄一作品で内臓崩壊!笑えて心温まるおすすめドラマ・映画14選

「勇者ヨシヒコシリーズ」とか「今日から俺は!!」は見ましたか?笑えましたよねぇ~。そして心が温まり、また時に心が燃え上がります。そんな内臓崩壊なコメディーを制作する福田雄一さんの作品に注目して見たいと思います。この記事ではそんな福田雄一さん制作のおすすめのドラマ・映画をご紹介したいと思います。


映画『雪の華』あらすじ、キャストまとめ!ロケ地フィンランドにまつわる作品も!

映画『雪の華』あらすじ、キャストまとめ!ロケ地フィンランドにまつわる作品も!

今や世代を超えて知られる中島美嘉の代表曲「雪の華」。 この曲をモチーフに、中条あやみ×登坂広臣による共演で映画化されました。作品の舞台を北欧・フィンランドまで広げることで、これまでの邦画恋愛映画にはない壮大なスケールと世界観を見ることができます。あの楽曲がどのように映画になったのか?気になる魅力をまとめました。


最新の投稿


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

『旅猫リポート』は原作者・有川浩さんが“一生に一本しか書けない物語”と語るほど自信作を実写映画化した作品。主演は福士蒼汰さん、猫のナナの声は高畑充希さんが演じました。この記事では、映画『旅猫リポート』の基本情報について紹介します。


映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

『天の茶助』は、独特のスタイルで人気を博すSABU監督自身が書き下ろした小説の映画化作品。2015年に日本で公開された本作ですが第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて正式上映され、国外からも注目を集めました。今回は『天の茶助』のあらすじやキャストを紹介。


映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

『センセイ君主』は、幸田もも子さんの同名コミックを原作としたラブコメディ映画作品。ひねくれ者のイケメン教師・弘光役には竹内涼真さん、恋に恋する元気な女子高生・さまるん役には浜辺美波さんが抜擢され、他にもフレッシュで旬な俳優陣が揃っています。今回は『センセイ君主』のネタバレやキャストなど紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。