松坂桃李主演『娼年』まとめ!舞台版との違いは?

松坂桃李主演『娼年』まとめ!舞台版との違いは?

石田衣良原作の恋愛小説が、R-18指定でセンセーショナルに映画化されます。 今回はすでに舞台化されている『娼年』の様子やキャストのインタビューも踏まえ、劇場版の『娼年』がどのように手がけられているのかをまとめました。


2018年最もセンセーショナルな作品が登場

『娼年』-(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

2016年に舞台化され、俳優陣が観客の目の前で一糸まとわず表現した『娼年』が、満を持して映画化されます。
そのセンセーショナルな舞台は全公演即ソールドアウトするなど伝説にもなっているほどです。

松坂桃李/『不能犯』完成披露試写会

今回はそんな舞台、そして石田衣良の恋愛小説を経て、娼夫である主人公リョウと、様々な女性達のセックスを美しく描きながらも、女性が抱く欲望や、心に負った傷を優しく肯定する作品となっています。

あらすじ

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  

大学生活も退屈し、バイト以外は無気力な毎日を送っているリョウ。
あるとき、ホストの同級生・シンヤがリョウのバイト先のバーに、御堂静香というホストクラブの常連を連れてきます。

吉高由里子&松坂桃李/『ユリゴコロ』初日舞台挨拶

彼女は実は、秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーで、恋愛や女性に興味がないというリョウに「情熱の試験」を受けさせます。
試験を通ったリョウは静香の店で働くこととなり、「娼夫」という仕事を通して、女性たちひとりひとりが秘めている欲望の奥深さに気づき、そこにやりがいを見つけていきます・・・。

原作は2001年に直木賞候補にもなった石田衣良の原作

石田衣良/連続ドラマW「北斗 -ある殺人者の回心-」完成披露試写会

『娼年』は、石田さんの中では初の恋愛小説という位置づけとなっており、2001年の直木賞候補にもなりました。
もともと女性の書き方に定評があり、今作も高い評価を得ています。

松坂桃李『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』/PHOTO:Ryo Uchida

ちなみに過去作にはあの「池袋ウエストゲートパーク」シリーズの原作者でもあり、当時小説家になることを決意してから、応募したことのないミステリーに応募して受賞したのが「池袋ウエストゲートパーク」なんだとか。

舞台でありながら過激なシーン有り!

舞台「娼年」メインビジュアル

今作は「娼夫」をテーマにしていることもあり、濡れ場あり、赤裸々なシーン盛りだくさんとのことで、かなり話題を集めています。

舞台「娼年」キャスト13名

松坂さんは、自分こんな役が僕にくるなんて思っていなかったと語り、皆さんが思っている自分のイメージと、作品がイコールにならないのかと考え、なかなかないチャンスだと感じたとコメントしていました!

舞台版では、共演の高岡早紀さんも腹をくくる!?

高岡早紀/舞台「娼年」会見

滅多にないジャンルの出演オファーに驚きながらも、自身の新境地が開拓できるかもしれないと感じた松坂さん。
一方、共演の高岡早紀さんもこのオファーにかなりの意気込みを見せていました。

『パディントン』松坂桃李/photo:Ryo Uchida

高岡さんは、オファーを受けた後に、色々と決意しなきゃいけないんだと気付くという、松坂さんとは順序が逆になったものの、コメント時には微笑む様子も有り、かなり腹はくくったのではないかと感じる意気込みでした。

まさかのR-15指定舞台!

三浦大輔/舞台「娼年」会見

舞台では珍しい「R」指定がついている本作。
それゆえ、出演者は準備に余念がなかったとのこと。
松坂さんも、あまりはっきり発言してしまうと、いろいろとまずいのか、オブラートに包みつつも、赤裸々にコメントをしていました。

松坂桃李/舞台「娼年」会見

しかしそれ以上に、今作で「人と人がつながる瞬間って、こんなに温かくなるんだ、と。生身でちゃんと感じ合う作業の1か月半でした」と、舞台の準備を経て、充実した様子を見せてくれました。

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


『疾風ロンド』あらすじ・キャストを紹介!東野圭吾原作、阿部寛主演!

『疾風ロンド』あらすじ・キャストを紹介!東野圭吾原作、阿部寛主演!

人気作家・東野圭吾さんの小説作品『疾風ロンド』を原作とした実写映画化作品が2016年に公開!監督は「あまちゃん」の吉田照幸さん、主演は『テルマエ・ロマエ』などで知られる阿部寛さんが務めました。今回は2016年公開の映画『疾風ロンド』のあらすじやキャストなど紹介!


映画『ライチ☆光クラブ』あらすじ・キャストは?美少年たちが集結!

映画『ライチ☆光クラブ』あらすじ・キャストは?美少年たちが集結!

『ライチ☆光クラブ』は、カリスマ的人気を誇る同名コミック作品を原作とした実写映画作品です。キャストには若手俳優が集結しており、野村周平さんや間宮祥太朗さん、中条あやみさんらが名を連ねています。今回はそんな本作のあらすじやキャストなど紹介!


『劇場版 MOZU』あらすじ・キャスト紹介!「MOZU」シリーズの集大成!

『劇場版 MOZU』あらすじ・キャスト紹介!「MOZU」シリーズの集大成!

『劇場版 MOZU』は、TBSとWOWOWによって共同制作されたドラマ「MOZU」シリーズの劇場版作品です。原作は逢坂剛さんの小説作品であり、映画化にあたりメガホンを取ったのは羽住英一郎監督。主演は西島秀俊さんが務めています。今回は『劇場版 MOZU』について紹介します!


映画『チワワちゃん』まとめ!キャストや若手監督についても紹介

映画『チワワちゃん』まとめ!キャストや若手監督についても紹介

皆さんは青春映画と聞いてどんな作品を想像しますか?甘酸っぱい恋愛要素があったり、アツい友情ものだったり…そんなポジティブな面を考えると思います。しかし、今回紹介する『チワワちゃん』は、そんな従来の青春ものとは異なった、危うさや過激さを孕んだ作品となっています。この記事ではそんな『チワワちゃん』の魅力に迫りました!


映画『ピンクとグレー』あらすじ・キャスト紹介!主演は中島裕翔さん

映画『ピンクとグレー』あらすじ・キャスト紹介!主演は中島裕翔さん

NEWSの加藤シゲアキさんによる小説『ピンクとグレー』を原作とした実写映画が2016年1月9日に公開されました。主演を務めたのは本作が映画初主演作品となったHey! Say! JUMPの中島裕翔さんです。今回は映画『ピンクとグレー』について紹介します!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。