松坂桃李主演『娼年』まとめ!舞台版との違いは?

松坂桃李主演『娼年』まとめ!舞台版との違いは?

石田衣良原作の恋愛小説が、R-18指定でセンセーショナルに映画化されます。 今回はすでに舞台化されている『娼年』の様子やキャストのインタビューも踏まえ、劇場版の『娼年』がどのように手がけられているのかをまとめました。


2018年最もセンセーショナルな作品が登場

『娼年』-(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

2016年に舞台化され、俳優陣が観客の目の前で一糸まとわず表現した『娼年』が、満を持して映画化されます。
そのセンセーショナルな舞台は全公演即ソールドアウトするなど伝説にもなっているほどです。

松坂桃李/『不能犯』完成披露試写会

今回はそんな舞台、そして石田衣良の恋愛小説を経て、娼夫である主人公リョウと、様々な女性達のセックスを美しく描きながらも、女性が抱く欲望や、心に負った傷を優しく肯定する作品となっています。

あらすじ

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  

大学生活も退屈し、バイト以外は無気力な毎日を送っているリョウ。
あるとき、ホストの同級生・シンヤがリョウのバイト先のバーに、御堂静香というホストクラブの常連を連れてきます。

吉高由里子&松坂桃李/『ユリゴコロ』初日舞台挨拶

彼女は実は、秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーで、恋愛や女性に興味がないというリョウに「情熱の試験」を受けさせます。
試験を通ったリョウは静香の店で働くこととなり、「娼夫」という仕事を通して、女性たちひとりひとりが秘めている欲望の奥深さに気づき、そこにやりがいを見つけていきます・・・。

原作は2001年に直木賞候補にもなった石田衣良の原作

石田衣良/連続ドラマW「北斗 -ある殺人者の回心-」完成披露試写会

『娼年』は、石田さんの中では初の恋愛小説という位置づけとなっており、2001年の直木賞候補にもなりました。
もともと女性の書き方に定評があり、今作も高い評価を得ています。

松坂桃李『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』/PHOTO:Ryo Uchida

ちなみに過去作にはあの「池袋ウエストゲートパーク」シリーズの原作者でもあり、当時小説家になることを決意してから、応募したことのないミステリーに応募して受賞したのが「池袋ウエストゲートパーク」なんだとか。

舞台でありながら過激なシーン有り!

舞台「娼年」メインビジュアル

今作は「娼夫」をテーマにしていることもあり、濡れ場あり、赤裸々なシーン盛りだくさんとのことで、かなり話題を集めています。

舞台「娼年」キャスト13名

松坂さんは、自分こんな役が僕にくるなんて思っていなかったと語り、皆さんが思っている自分のイメージと、作品がイコールにならないのかと考え、なかなかないチャンスだと感じたとコメントしていました!

舞台版では、共演の高岡早紀さんも腹をくくる!?

高岡早紀/舞台「娼年」会見

滅多にないジャンルの出演オファーに驚きながらも、自身の新境地が開拓できるかもしれないと感じた松坂さん。
一方、共演の高岡早紀さんもこのオファーにかなりの意気込みを見せていました。

『パディントン』松坂桃李/photo:Ryo Uchida

高岡さんは、オファーを受けた後に、色々と決意しなきゃいけないんだと気付くという、松坂さんとは順序が逆になったものの、コメント時には微笑む様子も有り、かなり腹はくくったのではないかと感じる意気込みでした。

まさかのR-15指定舞台!

三浦大輔/舞台「娼年」会見

舞台では珍しい「R」指定がついている本作。
それゆえ、出演者は準備に余念がなかったとのこと。
松坂さんも、あまりはっきり発言してしまうと、いろいろとまずいのか、オブラートに包みつつも、赤裸々にコメントをしていました。

松坂桃李/舞台「娼年」会見

しかしそれ以上に、今作で「人と人がつながる瞬間って、こんなに温かくなるんだ、と。生身でちゃんと感じ合う作業の1か月半でした」と、舞台の準備を経て、充実した様子を見せてくれました。

実は同時期にある事件が・・・

高岡早紀/舞台「娼年」会見

舞台「娼年」の記者会見の数日前に、高畑淳子さんの息子で、俳優の高畑裕太が強姦致傷の疑いで群馬県警に逮捕されていました。
高畑淳子さんと共演したことのある高岡さんは今回の事件を、同じ母親として受け止めきれない部分があると、悲痛なコメントをしていました。

松坂桃李

松坂さんは、共演したことがないためか、プライベートなどでもあったことは一度のないため、今回の件に対して、ないか答えを出すのは難しいと、慎重なコメントを残しました。

舞台版でのリベンジ!冨手麻妙が映画版に出演!

『娼年』-(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

2009年に「オーディションAKB48・第8期研究生オーディション」に合格し、芸能界デビューを果たした冨手さんは、その後園子温監督の秘蔵っ子として、ヘアヌードも辞さないような、体当たりの演技に果敢に挑む、実力派として頭角を現しており、今作の起用にも注目が集まっています。

冨手麻妙/『映画 みんな!エスパーだよ!』-(C)若杉公徳/講談社 (C)2015「映画 みんな!エスパーだよ!」製作委員会

実は、舞台版ではオーディションを受けるも落選して今いますが、映画化の話を聞いて、再チャレンジ。
「原作を読んだときからどうしてもやりたかった」咲良役を得た冨手さんの演技が今から楽しみですね。

監督は『愛の渦』『何者』を手がけた三浦大輔さん

三浦大輔(監督)/『愛の渦』初日舞台挨拶

劇場版の監督を務めるのは、舞台版でも演出を担当した三浦大輔監督。
石田衣良さんの小説の意思を受け継ぎ、『性描写』に関しては一切妥協していないと明言。
よりポップに描き切ったという劇場版は、あまり前例がない、新しいエンターテイメントになったと期待を露にしています。

三浦大輔監督/『愛の渦』完成披露試写会

三浦監督は、過去作にも『愛の渦』という、同じく性描写が大きく取り上げられた作品を撮っています。
それもあって、今作のようなテーマの作品も、より素晴らしいものにしているのではないかと、映画ファンの間でも注目が集まっています。

三浦さんの手腕が発揮された『愛の渦』とは?

池松壮亮&門脇麦&滝藤賢一&三津谷葉子&中村映里子&赤澤ムック&柄本時生&信江勇&三浦大輔監督/『愛の渦』完成披露試写会

フリーター、女子大生、サラリーマン、OL、保育士など、ごく普通の人々が六本木のマンションの一室に集まります。
毎夜そこで繰り広げるのは、乱交パーティに明け暮れる様子。
そんな異様な展開を通して、性欲やそれに伴う感情に振り回される人間の本質やせつなさを描き出していったことで大きな注目を集めました。

『愛の渦』- (C)2014映画「愛の渦」製作委員会

そんな性欲の中の人間の関係性を描いているとされる今作ですが、乱交パーティでの一晩という過激な設定上、“着衣時間”が本編中18分半…日本映画史上もっとも“ハダカ”なドラマが大きく取り上げられることも多くありました。

キャスト

『彼女がその名を知らない鳥たち』 (C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

舞台版から引き続き主演を務める松坂さん以外は、装い新たに、劇場版のキャストとして再度キャスティングされています。
ここでは、劇場版キャストについて簡単にまとめてみました。

舞台版に引き続き、主演に抜擢された松坂桃李さん

松坂桃李/『万能鑑定士Q』公開直前試写会イベント

2009年に、『侍戦隊シンケンジャー』の志葉丈瑠 / シンケンレッド役で俳優デビューすると同時に、テレビドラマ初主演を飾ります。
ドラマだけでなく、映画にも多数出演し、待機作には『孤狼の血』も控えています。

御堂静香役の真飛聖さん

真飛聖/WOWOW連続ドラマW「トクソウ」完成披露試写会

元宝塚歌劇団花組トップスターの経歴をもち、宝塚歌劇団退団後はドラマに数多く出演しています。
最近の出演作では「隣の家族は青く見える」などがあります。
映画の出演は、『闇金ウシジマくん(Part4)』以来、およそ二年ぶり。

咲良役の冨手麻妙さん

冨手麻妙/『人狼ゲーム クレイジーフォックス』 -(C)2015川上亮/AMG出版・「人狼ゲーム クレイジーフォックス」製作委員会

AKB48研究生として活動している最中に、女優として生きることを決め、冨手さん自身大ファンである園子温監督に出演します。
中でも『アンチポルノ』は自身初のヘアヌードを披露したことでも注目を集めました。

平戸東役の猪塚健太さん

福田雄一監督/『斉木楠雄のΨ難』日本外国特派員協会で記者会見

舞台でも活躍する猪塚さん。
ドラマ、映画にも出演する中、『銀魂』の福田雄一監督作に幾度か出ており「勇者ヨシヒコと魔王の城」『女子ーズ』などに出演。
『斉木楠雄のΨ難』ではダークリユニオン役を演じました。

田島進也役の小柳友さん

『トウキョウソナタ』凱旋帰国!(左から)井之脇海、小泉今日子、黒沢清監督、香川照之、小柳友

ONE OK ROCKでドラム担当していましたが、役者をめざし2006年に脱退。
主演作はあまりないものの、黒沢清監督作『トウキョウソナタ』に出演した際は、第23回高崎映画祭最優秀新人男優賞を獲得し、評価を得ました。

泉川役の西岡徳馬さん

© 2017「関ヶ原」製作委員会

最近では『関ヶ原』にも出演していた西岡さんですが、今作のオファーが来たときは、正直なぜ自分なのかと、常に疑問を持っていたそうです。
しかし監督の熱烈なラブコールを信じて、出演にいたったとのこと。
一体今作ではどのような役を演じているのでしょうか?

老女役の江波杏子さん

江波杏子

1960年、『明日から大人だ』でデビューしている、圧倒的キャリアを持つ江波さん。
1959年に大映に入社し、1966年の『女の賭場』で初の主役の座を獲得します。
園作品で、女賭博師ぶりがうまくハマり、「昇り竜のお銀」として親しまれ、1973年には『津軽じょんがら節』に主演してキネマ旬報主演女優賞を獲得しました。

他にも多くの実力派が揃う!

松坂桃李/映画『真田十勇士』初日舞台挨拶

他にも、三池崇史監督の『極道大戦争』に出演している桜井ユキさんや、AV女優・紗倉まなさんの小説を映画化した『最低。』で、主人公の1人で人気AV女優役を演じた佐々木心音さんなどが出演し、より作品に艶やかさを出すキャスティングとなっています。

まとめ

松坂桃李『キセキ -あの日のソビト-』/photo:Kyoko Akayama

いかがでしたでしょうか?
R-18ゆえに、そのセンセーショナルな作品だけあってみる人が限られる作品ですが、監督のお言葉通り、ある意味女性にこそ見て欲しい作品というのは、取り上げたテーマからも強く感じることができました!
『娼年』は2018年4月6日より公開です!

この記事のライター

関連する投稿


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


ラプラスの魔女はどんな話?櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の魅力

ラプラスの魔女はどんな話?櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の魅力

大人気作家・東野圭吾のデビュー30周年記念作品「ラプラスの魔女」が映画化決定。主演には「嵐」の櫻井翔、共演に広瀬すずと福士蒼汰を迎え、世界でも高い評価を受ける異端の監督・三池崇史がメガホンをとる。今夏は、「ラプラスの魔女」のあらすじとキャストの魅力に迫る。


阿部寛と松嶋菜々子が初共演!『祈りの幕が下りるとき』みどころとあらすじ

阿部寛と松嶋菜々子が初共演!『祈りの幕が下りるとき』みどころとあらすじ

東野圭吾の人気作である「加賀恭一郎シリーズ」。阿部寛主演で「新参者」とテレビドラマ化され、2012年には、『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』も公開。その原作シリーズ10作目となる『祈りの幕が下りるとき』が2018年、ついに映画化されます。そこで今回は、そのみどころとあらすじをまとめてみました。


【今週末公開の映画】2/1~『不能犯』『スリー・ビルボード』『羊の木』ほか

【今週末公開の映画】2/1~『不能犯』『スリー・ビルボード』『羊の木』ほか

2/1(木)、2/2(金)、そして2/3(土)に公開となる映画を一挙紹介します。大人気漫画の『不能半』が松坂桃李、沢尻エリカで実写化。そのほか錦戸亮の『羊の木』や斎藤工初監督作品の『blank13』などイケメン出演作品が目白押しです!ぜひ映画館のスクリーンで♪


山田孝之と長澤まさみのダブル主演!日本版『50回目のファーストキス』の紹介

山田孝之と長澤まさみのダブル主演!日本版『50回目のファーストキス』の紹介

2018年6月1日に公開される福田雄一監督による山田孝之と長澤まさみによるダブル主演による『50回目のファーストキス』をご紹介いたします。 『斉木楠男のΨ難』や『銀魂』と同じ監督とは思えない、ロマンティック・ラブコメディでありリメイクながらオリジナリティ溢れる期待作!


最新の投稿


ラブコメおすすめドラマ作品50選!笑ってキュンキュンしたいなら♪

ラブコメおすすめドラマ作品50選!笑ってキュンキュンしたいなら♪

ラブコメの邦モノ・洋モノ問わずにおすすめのドラマを50作品紹介します!観ていてドキドキ、いつの間にかハッピーな気持ちになれること間違いなし!あの人気作品から隠れた名作まで。シリーズ物なので、ハマりすぎ要注意です!


見応えがある!週末にみたい長編映画おすすめ50選

見応えがある!週末にみたい長編映画おすすめ50選

長い時間を潰したい人やがっつり映画を楽しみたい人におすすめなのが見応えある長い映画です。ここで紹介する作品はどれも2時間半を超える大作なので観る前に準備は整えてください。


『ちはやふる』『青空エール』部活・サークルを描いた青春映画おすすめ50作品!

『ちはやふる』『青空エール』部活・サークルを描いた青春映画おすすめ50作品!

部活といえば青春の代名詞ですよね。青春時代を部活に捧げたという人も少なくはないと思います。今回はそんな熱くて切ない部活を描いた映画を紹介します。


二宮和也主演『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』あらすじとキャスト

二宮和也主演『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』あらすじとキャスト

伝説のTV番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一の小説デビュー作『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』が「嵐」の二宮和也さん主演で実写映画化されることになりました!本作のあらすじとキャストをご紹介します。


長澤まさみ『嘘を愛する女』恋人は高橋一生、あらすじ&キャスト

長澤まさみ『嘘を愛する女』恋人は高橋一生、あらすじ&キャスト

長澤まさみと高橋一生、さらに人気実力派俳優の吉田鋼太郎も加わり、「嘘」に隠された真実と愛に迫る新感覚ラブストーリー『嘘を愛する女』が映画化。恋人の秘密を追うという、ミステリアスな要素も気になりますね。そのあらすじ&キャストをご紹介します!