嵐・櫻井翔の出演映画作まとめ!『ラプラスの魔女』が待ち遠しい!

嵐・櫻井翔の出演映画作まとめ!『ラプラスの魔女』が待ち遠しい!

2018年初春に上映される『ラプラスの魔女』で広瀬すずさんや福士蒼汰さんと共に大学教授の青江俊介を演じた『嵐』のメンバーの1人、櫻井翔さんの主演作をまとめました。 2002年からアイドルとして俳優活動や歌手活動を続けてきたからこそ生まれたユーモアあふれる演技に注目をしてみたいと思います。


2018年初春の『ラプラスの魔女』に出演する櫻井翔

『ラプラスの魔女』(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会

2018年初春に上映予定の映画『ラプラスの魔女』に出演した櫻井翔さん。
この映画の中で櫻井翔さんは地球科学が専門の大学教授・青江修介を演じています。
そこで今回、櫻井翔さんの映画出演作を網羅しました。
ユーモアと機智溢れる演技と、ファンタジー的役柄を見ていきたいと思います。

ラプラスの魔女はどんな話?櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の魅力

https://pickup.cinemacafe.net/articles/20

大人気作家・東野圭吾のデビュー30周年記念作品「ラプラスの魔女」が映画化決定。主演には「嵐」の櫻井翔、共演に広瀬すずと福士蒼汰を迎え、世界でも高い評価を受ける異端の監督・三池崇史がメガホンをとる。今夏は、「ラプラスの魔女」のあらすじとキャストの魅力に迫る。

2002年に『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』で映画初出演

河原雅彦/『オー!ファーザー』舞台挨拶

『ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY』はアイドルグループ「嵐」の映画出演デビュー作。
東京・品川の陸の孤島のような団地に住む腐れ縁で出来ている五人組が高校最後の学年を迎えます。
ある日「原宿詣で」に出かけた五人はそれぞれ予期せぬ出来事に出会います。そのことで、卒業まであと少しののんびりした生活が一挙に加速していく青春を描いています。
彼らが住む団地は八塩団地と呼ばれていて、棟ごとにキャラクターがあります。八塩団地第九棟は危ない人ばかりが集まっています。
櫻井翔さんは、そんな八塩団地第九棟に住む鴨川忠(かもがわただし通称チュウ)を演じています。
実は鴨川忠は八塩限定老舗原付バイク暴走族「鮫洲一家」の第二十五代ヘッドを務めるヤンキーでもあります。
アイドルはグループに限らず、デビューをして映画に出演するのは付き物で、『ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY』もご多分に漏れないアイドル主演映画。
脚本を担当した河原雅彦さんの小説『ピカ☆ンチ』も発売されています。

2003年に『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』に「バンビ」役で出演

木更津キャッツアイ×資生堂「uno」コラボレーション開始 メイン

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』は余命半年と言われた岡田准一演じるぶっさんを巻き込んで起こる青春ストーリー。
脚本は才人、宮藤官九郎。もともとはテレビドラマ『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』から映画化された人気シリーズでもあり、現在も高い人気を誇っています。
『木更津キャッツアイ』自体死をテーマにした実験的なドラマながら、人生を重くとらえずに、死ぬことをちゃかしながらも、あくまでユーモアを持って描いています。
『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』では中込フトシ(通称バンビ)役で出演。

© 2011 IWC Productions,LLC

このようなテイストの映画に米映画『50/50 フィフティ・フィフティ』があります。癌になった主人公が死ぬ理由を突き止めて、抗うのではなく、どのように生活を送れば、死を回避できるのか、死を重くとらえずに向き合えるのか、がテーマになっています。
実際に期限付きの死に直面した時、人は本当の姿を露呈すると言いますが、実は本当の姿の後にも人生は続きます。なので人はもしかしたら最後本当の自分には出会えいないのではないでしょうか。
死を思うことは、人にはまだ困難なことなのです。

2004年に『ピカ★★ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』で暴走族のヘッド役で出演

河原雅彦/『オー! ファーザー』完成披露試写会

『ピカ★★ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY』は『ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY』の三年後を描いた映画。
脚本家は前作と同じ、河原雅彦さん。河原雅彦さんは「木更津キャッツアイシリーズ」の脚本を担当した宮藤官九郎さんと友人関係らしく、『河原官九郎』という著作を出しています。
この二人は「嵐」との相性が良いのでしょうか。
前作の後、それぞれの道を選んだ五人でしたが、カリフォルニアに旅立ったタクマ(二宮和也)が突然帰国したため、八塩団地を舞台に八塩ヒルズと八塩ピースの抗争を描いています。
非常に狭い世界の物語で、其々の道を選んでも結局「ピカイチでハレンチ」であるのは変わりがないそうです。
櫻井翔さん演じる鴨川忠は高校を退学させられて地元の弱小暴走族を続けているという体たらくですが、実際の櫻井翔さんは芸能活動を続けながらも慶応義塾大学に進学をしています。
この実際に櫻井さんとの差こそ、この映画の肝で、ヤンキーと櫻井翔さんをつなぎ合わせて考える人は今でもいないと思います。
ミスキャスティングながら、ファンにとっては、ほほえましい映画でもあります。

2006年に『ハチミツとクローバー』で純情で平凡な青年役で出演

『ハチミツとクローバー』メイン

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカさんの漫画を原作にした青春ラブストーリー。
美術系大学を舞台にして、主演の五人がほぼ片思いになってしまう、という身もふたもない物語が進行していきます。
友人関係が全員片思いの状態が続くなんて、常人の精神状態では耐えられないと思いますが、作者の羽海野チカさんが最後まで描ききったことこそ、このマンガの醍醐味であり、最後までやり抜いたからこそ生まれるカタルシスは、正しく「青春」の名前がふさわしいと思います。
櫻井翔さんは田舎から進学のために上京をしてきた純情な青年、竹本佑太役で出演。
演技者としての櫻井翔さんの特質はファンタジーの要素をリアリティを持ってキャラクターに投影することが出来るところです。
竹本佑太という平凡な青年の持つファンタジーを演じたことこそ、櫻井翔さんの本領発揮なのではないでしょうか。

同2006年に『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』でさらに「バンビ役」で出演

©2006映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』製作委員会

再び「木更津キャッツアイシリーズ」に出演をした櫻井翔さんですが、今作の『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』がラストになります。
この映画の特徴は前述をしたのですが、若すぎる死です。『17歳のエンディングノート』のように死に向き合うぶっさんの姿が時にリリカルに時にコミカルに描かれています。
その為セックスやお金などの即物的な欲望が強調されています。ぶっさんは死んだけれども、ぶっさんとチャンと別れを言えなかったことにこだわる遺された人々はゾンビを呼び出し、「フィールド・オブ・ドリームス」さながら野球場を作り出し、最後に「黄泉がえり」でぶっさんが登場するというサービスのフルコース。
遺された側の勝手な思い込みで呼びだされる死者の気持ちが理解できる(?)諧謔に満ちた一編です。

コメディ映画おすすめ55選!爆笑必須の面白い人気作品を紹介!【2020年最新版】

https://pickup.cinemacafe.net/articles/1878

爆笑して思いっきりハッピーになれる、コメディー映画。映画を観るならやっぱり笑えるコメディ映画がおすすめです!この記事では、爆笑必至のおすすめの名作・傑作コメディー55作品を紹介します。

2007年にTVドラマのリメイク映画『黄色い涙』で小説家役で出演

『のぼうの城』犬童一心監督インタビュー

『黄色い涙』は漫画家永島慎二の原作『若者たち』を映画化したものです。
この映画でも「嵐」の五人が主演を演じています。監督は犬童一心さん。中学生の頃にTVドラマ『若者たち』を見て感動していた犬童さんが是非とも映画化したいという願いが叶った映画です。
二宮和也演じる村岡栄介が母の「きぬ」が癌であることを知るところから物語は始まります。
アジア初のオリンピックに浮足立つ1963年という時代の変容を予感する中、夢を語らいながらも生活にはひっ迫していく姿をリリカルに描いています。
時代が変わろうとも、若者の心理や姿は変わらず、ましてや芸術家の姿さえも未だ変わらないのではないでしょうか。
櫻井翔さんは小説家の向井竜三を演じていて、『黄色い涙』ではウェイトレスに結婚を申し込んでフラれてしまいます。「芸術じゃメシは喰えない」を体現する姿は、若い作家の本領でありファンタジーではないでしょうか。

2009年にTVアニメ原作の映画『YATTERMAN~ヤッターマン~』に出演

© 2008 タツノコプロ/ ヤッターマン製作委員会

タツノコプロの「タイムボカンシリーズ」の一つ、「ヤッターマン」を映画化したのが『YATTERMAN~ヤッターマン~』。
70年代のアニメの持つスタイリッシュなデザインを映画化した作品の先駆けに『CASSHERN』があり『科学忍者隊ガッチャマン』があり海外でもイタリアの映画監督ガブリエーレ・マイネッティによって『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』の名前で『鋼鉄ジーグ』も映画化されています。
『YATTERMAN~ヤッターマン~』で櫻井翔さんはヤッターマン1号/高田ダンを演じています。
ドロンジョ役に深田恭子さんが演じたことで注目を浴びました。
アニメーションのキャラクター役はハマっていて、櫻井翔さんはやはり、ファンタジーが似合うようです。

2011年にベストセラー小説の映画化『神様のカルテ』で変人医者役で出演

『神様のカルテ』会見

関連する投稿


今最も女性を熱くする男!俳優・高橋一生の魅力

今最も女性を熱くする男!俳優・高橋一生の魅力

桜井ユキが主演を務める『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』。この映画に主役の恋人として出演するのは、大ブレイクを果たした俳優・高橋一生。ドラマ「民王」や「カルテット」などで多くの女性の心を掴み、今や人気俳優となった彼。今回はそんな彼の魅力やプロフィール、オススメ映画作品をご紹介します。


松本まりかの出演作まとめ!プロフィール&最新情報をご紹介![最新版]

松本まりかの出演作まとめ!プロフィール&最新情報をご紹介![最新版]

去年もっともブレイクした女優、松本まりかさん。現在彼女は36歳。女優さんが30過ぎてからブレイクするなんてとても珍しいことですよね。下積み時代も長い彼女は一癖も二癖もある役柄もお手の物。そのかわいらしい声と色っぽさで”あざとかわいい”と男女問わず大人気です。今回はそんな彼女のプロフィールや最新情報をお伝えしていきます。


ドラ泣き再び!『STAND BY ME ドラえもん2』の全容は!? ゲスト声優陣も続々決定!

ドラ泣き再び!『STAND BY ME ドラえもん2』の全容は!? ゲスト声優陣も続々決定!

世界中を感動の渦に巻き込んだ3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』から6年。いよいよ『STAND BY ME ドラえもん2』が公開されますね!ここでは公開前にチェックして頂くべく作品の全容や豪華ゲスト声優、主題歌を歌う人気俳優の情報などを紹介していきますので是非ご覧下さいね!


松田龍平出演作品18選!『舟を編む』『探偵はBARにいる』『影裏』ほか

松田龍平出演作品18選!『舟を編む』『探偵はBARにいる』『影裏』ほか

『まほろ駅前多田便利軒』『ジヌよさらば~かむろば村へ~』など、名優松田優作を父に、イケメン俳優松田翔太を弟に持つ俳優松田龍平の出演作品18選をまとめました。


『ルパン三世 THE FIRST』ネタバレ・あらすじ、評価を紹介

『ルパン三世 THE FIRST』ネタバレ・あらすじ、評価を紹介

『ルパン三世 THE FIRST』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『ルパン三世 THE FIRST』のみどころ、あらすじネタバレ、どんな評価なのかを紹介しています。この記事を読めば『ルパン三世 THE FIRST』をもっと楽しめますよ!


最新の投稿


「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

可愛らしいキャラクターデザインと、躍動感あふれる3Dアニメーションで大きな反響を呼んだアニメ「けものフレンズ」。しかし、その魅力は作画やキャラクターの可愛さだけではありません。このアニメにはさまざまな「謎」が隠されているのです。今回は本作のネタバレ考察、最終回の謎を解説します!


『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

死の運命に追い詰められる若者たちを描く人気ホラー『ファイナル・デスティネーション』シリーズ。姿なき殺人者“死”に立ち向かう若者たちの運命は?この記事では『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作のあらすじをネタバレありで解説。最新作となる6作目の情報も合わせてお伝えいたします。


『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』はどんな映画なのでしょうか?木村拓哉が声優をつとめたスタジオジブリの映画として話題になった、『ハウルの動く城』のみどころ、ネタバレあらすじ、キャスト、謎考察などを紹介します。この記事を読めば『ハウルの動く城』をもっと楽しめること間違いなしです!


あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

偶然出会った美少女女子高生・宇崎瞳(うざき ひとみ)はあまりにも危険な獣人だった。退屈な日々を過ごしていた気弱で平凡な大学生・野本裕也は先輩の誘いでとある事件に関わり蜜獾(ラーテル)の獣人である宇崎瞳と知り合った。 事件に巻き込まれた、ただそれだけだったのに流されるまま陰謀渦巻く危険なバトル「牙闘(キリングバイツ)」の世界に関わっていくことになる。 種族も体格差も性別も関係ない、ただ牙の鋭いほうが勝つ危険な闘いを描くバトルアニメ『キリングバイツ』の魅力について徹底解説する。