『PAN ネバーランド、夢のはじまり』をより楽しみたい!夢のはじまりのファンタジー

『PAN ネバーランド、夢のはじまり』をより楽しみたい!夢のはじまりのファンタジー

2月16日の金曜ロードショーにて放送された『PAN ネバーランド、夢のはじまり』はジェームス・マシュー・バリーによる戯曲『ピーター・パン』の物語をもとに作られた映画です。『PAN ネバーランド、夢のはじまり』のあらすじ、登場人物、キャストと魅力を一挙公開!


『PAN ネバーランド、夢のはじまり』

2018年2月16日の「金曜ロードショー」で『PAN ネバーランド、夢のはじまり』が放映されました。
ジェームズ・マシュー・バリーの戯曲『ピーター・パン』をもとに作られた新たなパンの物語を地上波で見られるのです。
そこで今回は、『PAN ネバーランド、夢のはじまり』に登場する主要キャラクターとストーリーを絡めて、ファンタジーの持つ力とリアリズムについて考えることで、より深くピーター・パンの物語を楽しめるようにしていきたいと思います。

『PAN ネバーランド、夢のはじまり』のあらすじ

『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』 (C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『PAN ネバーランド、夢のはじまり』の舞台は第二次政界大戦下のロンドン。母親であるメアリーに捨てられたピーターは孤児となってしまい、孤児院で幼年時代を過ごすことになります。
ピーターが住んでいる孤児院で、夜な夜な子供たちが失踪する事件が発生。そこで、ピーターは連続児童失踪事件を解決しようとするのです。
そんなある日、突然空飛ぶ海賊船が登場して、ピーターはネバーランドに連れていかれてしまいます。
ネバーランドは黒髭に支配されていました。連れ去った孤児を労働力として扱う黒髭と戦うため、フックと手を組むピーター。
そして、ティンカー・ベルの預言である「言い伝えの少年」であることを証明するために空を飛ぶピーター。
フックと手を組み、黒髭と戦い、空を飛ぶ力を手に入れることで、ピーターはティンカー・ベルから「パン」の称号を得て「ピーター・パン」と呼ばれるようになります。

日本語吹き替え版の主題歌は松田聖子さんの『永遠のもっと果てまで』

日本語吹き替え版の主題歌は松田聖子さんの『永遠のもっと果てまで』。作詞は松本隆さん、作曲は呉田軽穂(松任谷由美)さん、編曲は松任谷正隆さんです。
『永遠のもっと果てまで』は松田聖子さんが洋画の主題歌に初めて提供した楽曲でもあります。

日本語吹き替え版の担当は成宮寛貴さんと水川あさみさん

水川あさみ&成宮寛貴/『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』日本語版公開アフレコ

日本語吹き替え版の担当はそれぞれ、ピーター役は山田瑛瑠(やまだるい)さん、黒髭役に内田直哉さん、フック役に成宮寛貴さん、タイガー・リリー役には水川あさみさんになります。
その中でも、タイガー・リリーの声を担当した水川あさみさんは声優初挑戦だったそうで、「ふだんのお芝居とは全然違うので、緊張しましたね。自分の声の幅を知ることができて、勉強になりました。」とインタビューで答えていました。

主人公の「ピーター」役はリーヴァイ・ミラー!!

『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』リーヴァイ・ミラー/photo:Naoki Kurozu

『PAN ネバーランド、夢のはじまり』で主演のピーターを演じたのはリーヴァイ・ミラー。
リーヴァイ・ミラーの誕生日は2002年9月30日で、2018年現在は16歳になります。身長は160cm。
オーストラリアで生まれたリーヴァイ・ミラーは、子供の頃から子役として活躍をしていました。2010年にオーストラリア映画『Haertbeat Away』に出演。2011年にはFOX放送のTVシリーズ『Terra Nova ~未来創世記~』に出演をしています。
そして『PAN ネバーランド、夢のはじまり』のピーター役を募集するために、世界中で行われたオーディションでリーヴァイ・ミラーは見事にピーター役を射止めました。
現在ではレイチェル・パーキンズ監督が映画化したオーストラリア文学『Jasper Jones(ジャスパー・ジョーンズ)』に出演することが決定している他、ラルフ・ローレンの15年秋冬子供キャンペーンのグローバル大使も務めています。
とにかく美少年で、今後の活躍が期待される役者の1人に目されています。

2015年のラルフ・ローレンのアンバサダーに抜擢!!

リーヴァイ・ミラー/「ラルフ ローレン チルドレンズ Fall 2015」

リーヴァイ・ミラーはラルフ・ローレンの2015年秋のチルドレンズウェアのブレンドアンバサダーに大抜擢されました。
もともとラルフ・ローレン(RALPH LAUREN)は、アメリカ合衆国出身のデザイナーの名前であり、ブランド名。
ラルフ・ローレンの特徴は、高級スーツやポロシャツを主に手掛けていて、アメリカントラディショナルを代表と言われています。
オリンピック時のアメリカ合衆国チームのユニフォームもいくつか手掛けるなど世界的に知名度があるデザイナーです。
このデザイナーに指名されたことは、アメリカントラディショナル、つまりアメリカの伝統を備えたスタイルとして認知されたことを意味します。
もともと端正な顔立ちをしているリーヴァイ・ミラーが『PAN ネバーランド、夢のはじまり』の主演をして、アメリカ人として、認知されるのも皮肉なものがあります。
それは、リーヴァイ・ミラーがオーストラリア出身だからです。現代イギリスを代表するファンタジー『ハリーポッター』シリーズを手掛けたスタジオを映画の持つ独特のユーモアが多くの人に理解されたからこそ、リーヴァイ・ミラーがアメリカトラディショナルを代表するデザインのアンバサダーに就任したのではないでしょうか。

「黒髭」役はヒュー・ジャックマン

『 P A N ~ネバーランド、夢のはじまり~』 (C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ネバーランドの支配者、黒髭役を演じたのはヒュー・ジャックマン。
現代におけるオージー(オーストラリア産)俳優の代表と言えばヒュー・ジャックマンの名前をあげない人はいないでしょう。
また、アメコミを原作にした『X-MEN』シリーズで無敵の超人・ウルヴァリン役を担当して、すさまじい演技と共に高い評価を得ています。
ほぼ完全なる悪役の黒髭をヒュー・ジャックマンが担当するのは、かなりユニークで、今まではやはり『ニューヨークの恋人』ではタイムスリップした貴族を演じたり、前述した『X-MEN』では、無敵の死なない(まさに死にません)ウルヴァリンを演じたりなど、悪役を演じることは無かったようです。
そんな、正統的な二枚目であるヒュー・ジャックマンは少しひねったヒーローを今まで演じてきました。そんな俳優としてのキャリアの中で、黒髭を演じるのはかなり面白いと思います。
また、主役を演じたリーヴァイ・ミラーもオーストラリア出身の俳優なので、ヒュー・ジャックマンのような偉大な先輩と演じられるのは、とても得難い経験だと思えます。

『LOGAN/ローガン』(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

ヒュー・ジャックマンが死なない英雄ウルヴァリンを演じている『X-MEN』シリーズは、2000年の『X-MEN』からスピンオフを含めて『LOGAN/ローガン』まで、9作品撮影されていて、現在も撮影される予定があるそう。
ファンタジーの中にしかいないヒーローを演じられる身体性こそ現代の俳優が求められる資質の一つなのかもしれません。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』でジャック・スパロウを演じたジョニー・デップしかし、『マトリックス』で救世主ネオを演じたキアヌ・リーブスしかり。
今回の映画で主演を演じたリーヴァイ・ミラーもまたその候補に挙がるかもしれません。

「タイガー・リリー」役はルーニー・マーラ

『 P A N ~ネバーランド、夢のはじまり~』 (C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

タイガー・リリーを演じたのはルーニー・マーラです。
ルーニー・マーラは『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で孤高のハッカー、リズペット役を演じた女優。
また、『PAN ネバーランド、夢のはじまり』と同時期にパトリシア・ハイスミス原作のミステリー『キャロル』でテレーズ・ヴェルベット役を演じて、ケイト・ブランシェットと共演をしています。
タイガー・リリーは『キャロル』のテレーズ・ヴェルベットは全く正反対の役柄で、激しいアクションも行っています。
ファンタジー作品ならではの、絢爛豪華なファッションも魅力で、見ていて飽きることがありません。そしてやはりとても美しい女優です。

『 P A N ~ネバーランド、夢のはじまり~』 (C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

今回、ルーニー・マーラがタイガー・リリーを演じるにあたり、批判や不安があったそう。それは演じるタイガー・リリーがネイティブ・アメリカンという人種だからです。
タイガー・リリーは子供向けに書くとインディアンの酋長の娘。つまり一族の姫に当たるのです。
インディアンとはネイティブ・アメリカンとも呼び習わし、アメリカ合衆国が成り立つ前にアメリカ大陸に住んでいた民俗の総称。
何故インディアンとも呼ぶのかというと、始めにインドに行く予定の船に乗った人々が、たどり着いたのがアメリカ大陸であり、インドと誤解したため生まれた言葉なのです。
さて、タイガー・リリーについてですが、実は、ピーターが悪夢の世界に入ったときにしか存在しないキャラクター。つまりインディアンの酋長の娘なのですが、実際には存在しない架空のキャラクターとして成り立つという、とても不安定な存在なのです。
白人であるルーニー・マーラがネイティブ・アメリカンのタイガー・リリーを演じることに疑念が産まれたのは、もともとキャスティングの候補に黒色人種であるルピタ・ニョンゴと白色人種アデル・エグザルホプロスの名前も挙がっていたことに繋がります。
結局白色人種のルーニー・マーラがタイガー・リリー役を射止めてしまったので、やはりハリウッドでは白色人種の方が仕事が取りやすいことに対する批判が生まれ、尚且つ現代における仕事選択の自由が生まれ辛くなる、と人種差別撤廃運動の一助にもなったと言えるでしょう。
監督のジョー・ライトによると「国際性と人種性に富んだ世界を造ろうとした」そうで、キャストが白色人種しかいないこととは全く作品の質は関係ないそうです。
ただ、「ただしハリウッドに限る」の申し訳のキャプションがついてしまうことも疑えない事実です。

「フック」役はギャレット・ヘドランド

『 P A N ~ネバーランド、夢のはじまり~』 (C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

関連する投稿


『風の谷のナウシカ』あらすじ・登場人物・キャスト!ポストジブリの新作も紹介

『風の谷のナウシカ』あらすじ・登場人物・キャスト!ポストジブリの新作も紹介

宮崎駿監督とスタジオジブリにとって原点ともいえる作品『風の谷のナウシカ』。文明社会が戦争によって滅んだ1,000年後の地球を舞台に、強く優しいヒロインのナウシカが、人々を救うために奔走する物語。疾走感あふれる映像と印象的な音楽、心に残るメッセージ…忘れられない感動を味わえること間違いなしの日本アニメを代表する名作です。


『耳をすませば』宮崎駿監督ジブリ作品あらすじ・キャストまとめ【最新音楽アニメ映画も紹介】

『耳をすませば』宮崎駿監督ジブリ作品あらすじ・キャストまとめ【最新音楽アニメ映画も紹介】

『耳をすませば』は、スタジオジブリの宮崎駿が脚本を手がけた、近藤喜文監督作品。本が大好きな中学生の雫は、ヴァイオリン職人を夢見る天沢聖司との出会いをきっかけに、自分の生き方を考え始めます。進路問題、恋愛の悩み…誰もが通る思春期を繊細に描いた、どこか懐かしいスタジオジブリの青春物語です。


9/28放送!金曜ロードショー『海賊と呼ばれた男』岡田准一主演!百田尚樹原作&山崎貴監督

9/28放送!金曜ロードショー『海賊と呼ばれた男』岡田准一主演!百田尚樹原作&山崎貴監督

『海賊と呼ばれた男』は、岡田准一主演、百田尚樹原作、山崎貴監督の大ヒット作品。名もなき一青年から身を興し、やがて戦後の日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていく国岡鐡造の姿を、明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、描いた、実話を元にした壮大な大河エンターテインメントです。


コナンVSホームズ!『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』のみどころと筆者の推理

コナンVSホームズ!『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』のみどころと筆者の推理

2月9日に金曜ロードショーで『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』が放映されます!そこで『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』の粗筋から登場人物、ミステリー漫画やミステリーアニメ映画としての魅力を一挙紹介!「江戸川コナン」についてに筆者の推理も紹介します。


今週の金曜ロードSHOW!は!『魔女の宅急便』!冬もジブリ!

今週の金曜ロードSHOW!は!『魔女の宅急便』!冬もジブリ!

今年も「2週連続 冬もジブリ」と題し、『魔女の宅急便』が1/5、『ゲド戦記』が1/12に放送されます。この記事では、皆さんも大好きなジブリの名作『魔女の宅急便』のおさらいをしましょう!


最新の投稿


『アベンジャーズ』を見る順番はこれ!マーベル作品をフェーズごとに解説

『アベンジャーズ』を見る順番はこれ!マーベル作品をフェーズごとに解説

2018年4月に公開予定の『アベンジャーズ』第3弾となる作品『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』。スーパーヒーローたちが一堂に会するとあって、待ちきれない!というファンも多いのでは?今作に繋がるこれまでの作品の紹介や、見どころなどをご紹介していきます。


今更聞けない『プラダを着た悪魔』のあらすじ・魅力【ネタバレあり】

今更聞けない『プラダを着た悪魔』のあらすじ・魅力【ネタバレあり】

2006年に公開されてから、多くの女性たちの共感や憧れを集め評価された『プラダを着た悪魔』。観たことがなくても「タイトルは聞いたことがある」という方も多いはず。現代社会に生きる女性ならば必見!?そんな魅力たっぷりの本作をご紹介します。


アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!出演映画を紹介【北欧美人女優の圧巻の演技力】

アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!出演映画を紹介【北欧美人女優の圧巻の演技力】

ヴィトンのミューズ、そしてハリウッドのイットガール、アリシア・ヴィキャンデル。その美貌だけでなく、アカデミー賞受賞の演技力も兼ね揃えた、近年大注目の女優のひとりである彼女の魅力をご紹介します!


『ブレードランナー 2049』の魅力と世界観を初心者向けに徹底!

『ブレードランナー 2049』の魅力と世界観を初心者向けに徹底!

ようやく公開された『ブレードランナー2049』。強力ワカモトってなんだ⁉っていう初心者の方に向けて、この作品の原点となった80年代SF映画の金字塔『ブレードランナー』の魅力と世界観をさまざまな角度から紹介しましょう。


『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

SFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。ここでは、「ブレードランナー」のどのバージョンからみたらよいかわからない人への解説と、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。