天才・岡崎京子原作の映画『リバーズ・エッジ』の魅力についての考察

天才・岡崎京子原作の映画『リバーズ・エッジ』の魅力についての考察

2018年2月16日に、80年代に一世を風靡した天才漫画家・岡崎京子さんの傑作漫画『リバーズ・エッジ』が映像化された映画が上映されます。 今回は、祝映画化及び上映、それに加えてキャストや原作の魅力等について、お伝えいたします。


『リバーズ・エッジ』祝映画化!!

『リバーズ・エッジ』ティザー (C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

80年代を代表する漫画家、天才・岡崎京子の傑作漫画『リバーズ・エッジ』が映画化されました。
岡崎京子の原作の映画と言えば2012年に沢尻エリカを主演に迎えた蜷川実花監督の『へルター・スケルター』が知られていますが、今回の監督は『世界の中心で、愛を叫ぶ』等で知られている行定勲監督が担当しています。
そこで今回は気になるキャストから原作の『リバーズ・エッジ』が何故現代において映画化されるのか、について考察をすることで、2月16日に上映される映画『リバーズ・エッジ』の魅力に迫ってみたいと思います。

自由な高校生、若草ハルナ役に二階堂ふみ

『リバーズ・エッジ』 (C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

二階堂ふみ/『リバーズ・エッジ』完成披露試写会

自由に生きる高校生、若草ハルナ役は二階堂ふみさんが演じています。
2012年に少年と少女の孤独な戦いを描いた『ヒミズ』では茶沢景子役をビビッドに演じて最年少でマルチェロマストロヤンニ賞(第68回ヴェネツィア国際映画祭)を受賞することで、一躍知名度を上げました。
その後も『地獄でなぜ悪い』や『私の男』など話題作に出演。圧倒的な存在感と演技力を周囲に見せつける等、現代において才能と実力を備えている女優の一人と目されています。

孤独なゲイの少年、山田一郎役に吉沢亮

『リバーズ・エッジ』 (C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

『リバーズ・エッジ』(C)2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

執拗な虐めにあいながらも、自らの自尊心を保つため、河原の死体の存在を拠り所とする孤独なゲイの少年、山田一郎役を吉沢亮さんが演じています。
『オオカミ少女と黒王子』や『銀魂』など、話題作に次々と出演。独自の存在感を出しています。
今回の役柄では、謎めいたミステリアスな役柄であり、さらなる魅力を開花させています。

山田の後輩のモデルの吉沢こずえ役にSUMIRE

『リバーズ・エッジ』 (C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

SUMIRE/『リバーズ・エッジ』完成披露試写会

山田の一年後輩のモデルに吉沢こずえ役にファッションモデルとしても活躍しているSUMIREさんが演じています。
実は、SUMIREさんの父親はTVドラマ「刑事ゆがみ」に出演した浅野忠信さん、母親にミュージシャンのCHARAさんという二世タレントでもあります。
吉沢こずえは、ファッションモデルをしているのですが、摂食障害を患っています。母親はステージママであり、吉沢こずえは子供の頃から芸能活動をしていて、幾度の食べては吐き、食べては吐きを繰り返しているという複雑な役柄。
さらに、吉沢こずえは実はレズビアンでもあり、孤独な内面を隠しながら生きている少女でもあるのです。

ハルナの恋人であり横暴でナイーブな観音崎役に上杉柊平

上杉柊平/『リバーズ・エッジ』完成披露試写会

『リバーズ・エッジ』 (C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

若草ハルナの恋人であり、横暴かつナイーブな一面も持つ観音崎役には上杉柊平さんが演じています。
観音崎はイジメっ子な一面があり、いつもゲイの山田を虐めています。
周囲の人間も観音崎の「遊び」に付き合っているつもりで山田を虐めていましたが、だんだん観音崎の行動はエスカレート。
観音崎はただ、自分を受け入れてくれない周囲の存在に怒りを感じているだけでした。観音崎という一見強者の立場の存在が実は、弱者の要素を強く持っていることが『リバーズ・エッジ』の登場人物の特徴にもなっているのです。

山田に異常な愛情を持つ田島カンナ役に、森川葵

『リバーズ・エッジ』 (C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

森川葵/『リバーズ・エッジ』完成披露試写会

ゲイの山田に異常な愛情を持って接する田島カンナ役を森川葵さんが演じています。
田島カンナは自分の愛情を山田が受け入れられないことを理解できずに、山田の言葉を自分の内面で作り替えるように…。
結果的に、現実を受け入れることが出来なくなっていきます。過剰な愛情は他者には向かずに、自分自身を愛する行為を続けるため、自分の周りの現実も歪めていくのです。
田島カンナ役の森川葵さんは作品ごとの全く違う一面を見せる「憑依型女優」「カメレオン女優」と呼ばれている新進女優です。

監督は『セカチュー』の行定勲

行定勲監督/『リバーズ・エッジ』完成披露試写会

今回の映画『リバーズ・エッジ』は行定勲監督がメガホンを取りました。
実は原作の岡崎京子さんは自分の作品の映画化には反対をしていたそう。
しかしどうしても映画化することを望んでいた行定勲監督が岡崎京子さんを口説き落とすことで、映画化権を取得したのです。
岡崎京子さんの漫画が映画化されたのは『へルター・スケルター』以来の2作目。

脚本は『アズミ・ハルコは行方不明』の瀬戸山美咲

『アズミ・ハルコは行方不明』新ポスター (C)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

脚本を担当したのは『アズミ・ハルコは行方不明』の脚本を書いた瀬戸山美咲さん。
瀬戸山美咲さんは2001年にミナモザを立ち上げて現実の事象を通じて、社会と人間の関係を描いていました。
その後、2014年にパキスタンで起きた日本人大学生誘拐事件をもとに描いた『彼らの敵』で第58回岸田國士戯曲賞の最終候補に。2016年の同作の再演で第23回読売演劇大賞優秀賞を受賞しています。
また同年、ラジオドラマ『あいちゃんは幻』で第42回放送文化基金賞脚本賞受賞するなど、一躍脚光を浴びました。
それから、世田谷パブリックシアターのワークショップなどコミュニティの人々とつくる演劇にも継続的に参加。社会における演劇やアートの役割について、自覚的な作家として注目されています。
瀬戸山美咲さんが脚本を担当した『アズミ・ハルコは行方不明』は実在の安曇春子とグラフィティ・アートのモチーフになったアズミ・ハルコを描いています。現代におけるグラフィティ・アートの持つ公共性と女性が社会において、どのような生き方を強いられてきたのかを、明確にしながらガーリーな視点を失わず描いた先鋭的作品。
退屈な生活と青春がリンクせず、つねに飽き足らない子供たちといまだに子供になれない大人たちの日常生活の冒険と暴投が楽しめる青春映画です。
是非ともご覧ください…と『アズミ・ハルコは行方不明』の紹介になりました。

原作は90年代の名作コミック『リバーズ・エッジ』

『リバーズ・エッジ オリジナル復刻版』(宝島社)

今回の映画の原作、『リバーズ・エッジ』はもともとは岡崎京子さんの漫画作品。1993年から1994年まで『CUTiE』(宝島社)に連載された後、1994年6月に宝島社ワンダーランドコミックスから単行本が発売されています。
登場人物たちがリバーズ・エッジ(川辺)のある町に住みながら、過剰な欲望や愛情に翻弄され、狂気の淵に立たされる漫画。
原作者の岡在京子さんは80年代から活躍をしていた漫画家です。批評家の大塚英志さんに評価され『漫画ぶりっこ』でデビュー。
その後、サブカル誌、漫画誌、ファッション誌などに内田春菊や桜沢エリカなどど新しいタイプの女性漫画家として紹介され、少しずつ人気が上がってきました。
実は、『働きマン』や『ハッピーマニア』の作者、安野モヨコさんは岡崎京子さんの影響を強く受けています。
その後、1996年に交通事故にあい意識障害に。創作休止と長期療養を強いられることになってしまいます。
2003年には文化庁メディア芸術祭・漫画部門優秀賞。2004年には第8回手塚治虫文化賞・マンガ大賞を受賞するなど、漫画家としての功績を認められました。
2015年には世田谷文学館で初の大規模個展『戦場のガールズ・ライフ』展を開催されるなど、現在も多くの読者を持つ漫画家の一人です。

主題歌は小沢健二の書き下ろし

『リバーズ・エッジ』(C) 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

主題歌は小沢健二さんが『リバーズ・エッジ』のために書き下ろした『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』。
岡崎京子さんは小沢健二さんのLIVEの帰り道に交通事故にあっています。
それと反するかのように、小沢健二さんはミュージシャンとしての活動を続けていました。
今回の『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』の歌詞には僕と君の都市生活が描かれています。
小沢健二さんは間違いに気付き、やり直すことに自覚的な作家。
小沢健二さんの楽曲『流動体について』に「もし間違いに気が付くことがなかったのなら」という歌詞があります。
その歌詞のなかの「間違いに気付く」というのは「認識における間違い」です。
自分の認識の間違いに気がつき、その認識を改めながら、もう一度世界を捉えなおすことが「やり直す」ことにつながるはず。
小沢健二さんはTVでも、見る人によって美徳というものは違う、といった発言をされていました。
ただ、この発言を捉えている筆者自身の認識にも間違いが含まれているかもしれません。
小沢健二さんは、その部分に自覚的な作家ですので、彼の歌詞を読むとそのようにかんじられるのです。
その小沢健二さんは2015年に行われた『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』でシークレット・ライブを開催。そのときライブに来ていた岡崎京子さんのことを紹介していました。
このことからも小沢健二さんは岡崎京子さんを忘れることが無かったのでしょう。だからこそ岡崎京子さんのファンにも小沢健二さんの音楽を求める層(ニーズ)があるのではないでしょうか。
多分、岡崎京子さんの信者というよりも、ともに「平坦な戦場」を生きてきた”戦友”として、小沢健二さんの音楽を聴きたいと考えているはずです。

何故、今「岡崎京子」なのか。筆者の考える『リバーズ・エッジ』像

漫画『リバーズ・エッジ』の伝えようとしたこと

ヘルタースケルター 1枚目の写真・画像

『リバーズ・エッジ』ティザー (C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

岡崎京子さんは才能ある漫画家として時代の頂点にいました。
しかし、1996年に小沢健二さんのライブが終わった後の帰宅途中に交通事故に見舞われてしまいます。
そして、その後の20年間、漫画家としての活動はほぼ出来ない状態に。
この状態を見ると、まるで伝説的な漫画家のようですが、当然伝説上の漫画家となってしまっています。
しかし岡崎京子さんの残した漫画作品はいまだに多くの読者を獲得しています。また活動休止から20年以上たった現在では、彼女の作品が映画化される現象が。
このことより、漫画作品として『リバーズ・エッジ』や『へルター・スケルター』が優れているのと同時に、岡崎京子さんの作品をいまだに多くの人が求めていることが理解できるでしょう。
90年代に都会ではなく、田舎の高校生の生態を描いた岡崎京子さんの描いた世界だからこそ、20年以上たった今、多くの人に受け入れられようとしているのかもしれません。
彼女の描いた現象の底には、都会と田舎ではコミュニティの作られ方が違うので、都会に生まれ都会で育ち、都会で生きていく人間には田舎という現象は分かり辛いかもしれません。
土地や場所の問題を家庭の中で解決することを目指した岡崎京子さんの表現はいまだ色褪せません。それは日本人が社会においてしか情緒的な部分を求められなかったにも関わらずに、欲望や愛情自体の解決を資本においてしか解決しようとしない日本の資本主義構造の持つ奇妙な歪みを表しているからです。
ある種の「いなかのじけん」を描いた『リバーズ・エッジ』は狭い世界を描きながらも、日本人なら誰もが持ち得る「田舎」や「家庭」を関係性自体に持たせない精神構造は現代ではほとんど持ちえないことを捉えています。
川辺の橋を渡るとき、若草と山田の二人は互いにモノローグを湛えながら、無口にまま、歩むのです。

『ヘルタースケルター』 -(C) 2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会

青春漫画としての『リバーズ・エッジ』

吉沢亮「ボクの秘密の宝物 教えてあげる」…『リバーズ・エッジ』初映像 6枚目の写真・画像

漫画『リバーズ・エッジ』は青春漫画として描かれています。弱さ故周囲を傷つける少年。自分の妄想を現実のものとするため自殺をする少女。死体をみることで自分の存在を保つ少年。嘔吐を繰り返すことで過食を維持する少女。
その中で、彼らに全く染まらないやり方で、周囲の人間を受け入れる少女がいます。その少女が語り部となるのですが、彼女は彼らの気持ちを最後まで理解することが出来ないままその土地から離れることになります。
彼女の死を悲しむこともできるし、自分がレイプをされることで相手を受け入れることもできる、そんな暴力のさなかにおいても少女は涙を流すことはありませんでした。
だけれども、物語の終わりに、自分自身をそのまま受け入れてくれる少年と出会います。そのとき、少女は涙を流すのです。
実は、少女は容器(うつわ)としての自分ではなく、どのような生き方をしていても自分でしかありえない少女自身を受け入れてもらうことを欲していたのです。
承認欲求の焦燥は相手を自分の欲望に対象化します。その妄想は相手を自分の妄想通りの存在にするため、暴力によって行われることが起こりえます。
2018年、LGBTやレイプに対する理解が深まった現在だからこそ、セックスと暴力を介しない若草ハルナと山田一郎の関係は単なる承認以上の新しい人間関係への希望を持ち得えることを筆者は予想します。

漫画『リバーズ・エッジ』のから考える「他者からの暴力」

『リバーズ・エッジ』 (C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

漫画『リバーズ・エッジ』の物語の底には「他者からの暴力」のイメージが流れています。
『リバーズ・エッジ』は直訳するとリバーズは河、エッジは淵になり、川辺と翻訳できます。川辺の物語、というより河原にある死体への欲求が感じられます。
死体≒死のモチーフと捉えられがちですが、死体があること自体がファンタジーである可能性が描かれているのが、『リバーズ・エッジ』の特徴。
若草、山田、吉川の三人が共有したのは死であり、そこには性は介入することはありませんでした。
そして、あったはず死体がなくなることで、共有していたファンタジーは壊れるのです。
そこに残ったのは、あったはずの関係性でした。
『リバーズ・エッジ』は山田と吉川、二人の社会的弱者による復讐劇。その結果、観音崎は若草をレイプし、田島カンナは自殺をしていしまいます。
観音崎は同性愛に対して強い嫌悪感を山田に表し、暴力をふるいますが、観音崎自身が自分を受け入れることが故に他者に暴力をふるってしまう弱さを抱えていました。
河原にある死体は、誰にも知られない死体でした。山田と吉川は、自分たちを暴力によって支配している相手に復讐を行います。そして若草自身にも「自分が傷ついている」ことを伝えようとするのです。
しかし、結局「そちら側」ではなかった若草は、「普通の人」として土地から離れて暮らすことを選びます。
それは90年代に『リバーズ・エッジ』を描いた岡崎京子さんの一つの回答であると同時に、同時代に岡崎京子さんの漫画を読んでいた読者たちの一つの共通認識でした。
2018年現在、『リバーズ・エッジ』から四半世紀以上たった今、当時の読者たちは40歳前後半代になっています。
今だからこそ、多くの人に「マイノリティと普通の人の違い」自体がテーマとして届くだろうこと、そして当時の時代が描かれうるものであることを、監督の行定勲さんは考えて映画化なされたのでしょう。
大きな川を渡りながら、泣くのはとても気持ちがいい。そしてその感情がある限り、少女は常に普通の感性を持ち続けられるのです。

2月16日に上映する『リバーズ・エッジ』をお楽しみに

『リバーズ・エッジ』 (C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

いかがでしたでしょうか。今回は2月16日に上映される映画『リバーズ・エッジ』の紹介と、漫画の紹介から、考察まですることで、より映画を楽しんで欲しいと思い、書かせていただきました。
岡崎京子さんの漫画の映画化であることでも話題作ですが、演者も魅力的な俳優がそろっています。
是非とも映画館に足をのばし、鑑賞されることを勧めます。

関連するキーワード


岡崎京子 リバーズ・エッジ

関連する投稿


ハイテンション・ロック・コメディ『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』まとめ

ハイテンション・ロック・コメディ『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』まとめ

声域(オクターブ)とは”聖域”である。なぜなら一番きれいで、人が発信できる音だからだ。だからあなたの想いを言えるのはその”聖域”だけ。 ”聖域”を犯したシンガーは声がしだいに出なくなる。そこに現れる歌声が小さすぎるストリートミュージシャン。どうなる『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。


吉沢亮の主演作まとめ! 『銀魂』ではドS王子熱演!

吉沢亮の主演作まとめ! 『銀魂』ではドS王子熱演!

『銀魂』にて人気キャラ・沖田総悟を演じ話題になり、以降数々の原作者に出演し、既に来年度2018年公開作にも多数出演が決まっている吉沢亮さん。 現在までに演じて気や様々な役柄や、今後出演が決まっている話題作とあわせてまとめてみました。


窪塚洋介主演作品15選!『凶気の桜』『同じ月を見ている』ほか!

窪塚洋介主演作品15選!『凶気の桜』『同じ月を見ている』ほか!

『UGLY』や『ジ、エクストリーム、スキヤキ』など、2017年に公開予定の『アリーキャット』で主人公を演じる窪塚洋介の過去主演作品15選をご紹介します。


『ヒミズ』『SCOOP!』『何者』二階堂ふみが出演している映画10選

『ヒミズ』『SCOOP!』『何者』二階堂ふみが出演している映画10選

『地獄でなぜ悪い』『この国の空』など、印象に残る可愛らしい顔立ちと高い演技力が持ち味の二階堂ふみが出演している作品10選をご紹介します。


最新の投稿


『ファースト・マン』あらすじ・キャスト・評価・トリビアまとめ!日本公開はいつ⁉

『ファースト・マン』あらすじ・キャスト・評価・トリビアまとめ!日本公開はいつ⁉

月面着陸に成功したアポロ11号のドキュメンタリーや伝記映画はこれまで多く制作されてきました。しかし今回公開されるライアン・ゴズリング主演作『ファースト・マン』では、アポロ11号やその船長であるニール・アームストロングを称えるだけでなく、彼が月に行くまでの過酷な試練を徹底的に描き出し、月面着陸の新たな一面を見せつけます。


『アリー/スター誕生』レディーガガ主演!あらすじ・キャスト・主題歌などまとめ

『アリー/スター誕生』レディーガガ主演!あらすじ・キャスト・主題歌などまとめ

濃いメイクに奇抜な衣装。レディー・ガガと言えば、そんなイメージが真っ先に浮かびます。しかしは、映画『アリー/スター誕生』で、これまでにない自分に自信のない歌手の役に挑戦しています。そんなガガ自身も、デビューするまではこの役のようだと言答えました。そんな知られざるガガの魅力が詰まった『アリー/スター誕生』をまとめました。メイクなし!衣装なし!レディー・ガガが素の自分で挑んだ『アリー/スター誕生』の魅力に迫ります!


千葉雄大の出演映画まとめ!ツイッター・ブログ・インスタ・プロフィール・身長は?

千葉雄大の出演映画まとめ!ツイッター・ブログ・インスタ・プロフィール・身長は?

大ヒット映画『帝一の國』や『アオハライド』など数々の映画に出演している千葉雄大さん。その甘いマスクとルックスで若い世代のみならず、幅広い世代の女性を虜にしていますね。温もり男子「ヌクメン」とも呼ばれている千葉さんの魅力に迫っていきたいと思います!


アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

今世界中のアメコミブームを牽引しているマーベル・シネマティック・ユニバースの2大ヒーロー、アイアンマンとキャプテン・アメリカ!ヒーロチーム・アベンジャーズの主なメンバーである2人ですが、この2人が戦ったらどっちが強いの?そんな疑問を抱いたことがある方もいるのでは?気になる成り立ちやスペックを徹底比較していきます!


フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

冬は暖かい部屋で趣味に没頭したりして、芸術的な感性も研ぎ澄まされてきやすい時期。普段置きっぱなしの雑誌や画集なんかを手に取ってみたり、映画を観ながらゆっくり過ごしたい...。という事で2010年代のフランス映画をいくつか紹介していきたいと思います。フランス映画は、活発に動き回っている時にサラっと観れる作品が少ないですが、個人的には涼しくなってくる秋頃から冬、外の震える寒さから逃れて家にいる時、映画館でのんびり休日を楽しみたい時期にピッタリだと感じます。ポートレートのように美しい風景や、芸術的なインテリアや食器コーディネート、凛とした女優さんの輝き、ウィットに富んだ会話の心地よさ、見終わった後の何とも言えない独特な余韻に浸りましょう!