恋愛映画洋画ランキング・ベスト20!あの有名作品から隠れた名作まで!【2018年版】

恋愛映画洋画ランキング・ベスト20!あの有名作品から隠れた名作まで!【2018年版】

2000年以降のロマンチックな海外恋愛映画をあつめてみました!恋がしたくなることまちがいなしの恋愛映画を、ランキング形式でご紹介します。


目次

1位『世界にひとつのプレイブック』人生の希望の光を取り戻す

『世界にひとつのプレイブック』 -(C) 2012 SLPTWC Films,LLC. All Rights Reserved.

妻の浮気が原因で心のバランスを崩したパットは、家も仕事も妻も、すべてを失くしてしまう。いまは実家で両親と暮らしながら、社会復帰を目指してリハビリ中だ。何とか妻とヨリを戻したいパットは、彼女の理想の夫になろうと努力するが、妻は接近禁止命令を解いてくれない。そんなとき近所に住むティファニーに出会う。愛らしい姿からは想像もつかない、過激な発言と突飛な行動を繰り出す彼女に振り回されるパット。実は彼女も事故で夫を亡くし、心に傷を抱えていた。ティファニーは立ち直るためにダンスコンテストへの出場を決意。パットを強引にパートナーに任命する。人生の希望の光を取り戻すための、ふたりの挑戦が始まった──。

恋人やパートナーと見たいロマンチックな映画ナンバーワンは『世界にひとつのプレイブック』。心を病んだ2人が出会い、コミュニケーションをとりながら立ち上がり、幸せになろうとする姿に共感します。おうちデートにぴったりです!

2位『her/世界でひとつの彼女』人工知能と恋に落ちる切ない物語

© 2013 Untitled Rick Howard Company LLC All rights reserved.

近未来のロサンゼルス。長年一緒に暮らした妻・キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れたセオドア(ホアキン・フェニックス)は、人工知能搭載OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に恋してしまう。そうはいっても、“彼女”は実体などなく、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる、ただ声だけの存在。けれど、“彼女”は驚くほど個性的で、繊細で、クレバー。それでいてセクシーだった。次第にセオドアは、“彼女”と一緒に過ごす時間だけを幸せに感じるようになり、“彼女“に魅了されていく――。

主人公セオドアを魅了し、ときに翻弄する “サマンサ”ことスカーレット・ヨハンソンは、人間よりも人間らしく、かつてない魅力を持ったガールフレンド=“彼女”を声だけで熱演。思わず恋に落ちてしまうセオドアの気持ちにリアリティが。2014年のアカデミー賞作品賞にノミネートした本作品は必見です。

3位『エターナル・サンシャイン』さかのぼっていく愛しい記憶

ジム・キャリー演じる主人公が、あることが原因で恋人と喧嘩してしまいます。仲直りしようと試みますが、恋人はなぜだか自分のことをすっかり忘れている様子。途方にくれた彼は、自分にとって都合の悪い記憶をまるごと消してくれる機関があることを知り…。

誰にでも消したい記憶はありますが、本当に記憶を消してしまうとどうなってしまうのでしょうか。本作ではコメディー俳優として世界的に有名なジム・キャリーが、心がちぎれそうになるほど切ない恋を演じ話題になりました。

4位『アメリ』ユニークな感性を持つ女の子の恋物語

『アメリ』 (C)2001 UGC IMAGES-TAPIOCA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-MMC INDEPENDENT-Tous droits reserves

両親にかまってもらえない幼少期を過ごした主人公のアメリ(オドレイ・トトゥ)。父親が心音器で診察してくれるときに唯一触れられて、心臓がどきどきしてしまいます。そのせいで心臓病と誤診され、家の中にこもって育ち、妄想力には長けています。

22歳になってパリ中心部のカフェでアルバイトをはじめますが、独特の感性でいつも妄想しているばかり。ある日、近所に住むひとの落とし物のなんとか持ち主を探し当て、返してあげるという経験をします。その経験がきっかけで、現実世界で生きるたのしみを見出すことに。

それ以来、まわりの人たちをほんの少しだけ幸せにするために、様々なことに妄想しながらも挑戦します。そんななか、人生ではじめて恋に落ちるアメリ。自分の感情が一体なんなのか、どう伝えればいいのかわからず、とまどってしまうアメリですが…。

パリの美しい街並みがたのしめる、ユニークな感性を持つ女の子のストーリー。恋に落ちたアメリは怖いものなしで、元気づけられます。ラストのキスシーンはどの映画にも勝るロマンチックさ。

5位『きみに読む物語』生涯をかけてひとりの女性を愛しぬく

とある療養施設に独り暮らす初老の女性(ジーナ・ローランズ)。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女の元へデュークと名乗る初老の男(ジェームズ・ガーナー)が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。1940年、ノース・カロライナ州シーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女・アリー(レイチェル・マクアダムス)は、そこで地元の青年・ノア(ライアン・ゴズリング)と出会う。そのとき、青年の方は彼女こそ運命の人と直感、一方のアリーもまたノアに強く惹かれていくのだった。こうして、2人の恋は次第に熱く燃え上がっていくのだが…。

長い年月の経過を描いたストーリーのため、重要な課題となったのが映画の前半と後半でのキャラクターの演じ分けだったそうです。肉体的にも変化を見せるため、先に後半のシーンを撮影しその後10キロほどの減量を経て前半のシーンを撮影したんだとか。

6位『ロスト・イン・トランスレーション』東京が舞台の孤独な男女の恋愛

主人公のボブ(ビル・マーレイ)が東京のホテルにあるバーで飲んでいると、アメリカ人女性のシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)に出会います。シャーロットは夫が日本でカメラマンの仕事をしているので、東京へ付いてきたものの、やることがなく手持ち無沙汰気味だと語ります。

バーで話して以来、ボブとシャーロットはお互いなじめない日本の東京という土地で、いっしょに生き抜く仲間のような存在に。お互い既婚者ということもあり、お互いに抱き始める微妙な感情が徐々に明らかになっていきます。

東京を舞台に、倦怠期のハリウッドスターと孤独な若妻との触れ合いをアートな映像とモダンな感性で魅せる人間ドラマ。いまやオスカー女優として知られるスカーレット・ヨハンソンの出世作のひとつでもある本作品は、大人の男女が他言語の国で孤独に生き延びるストーリーです。

7位『ブルックリン』なりたいと思う自分に成長していくストーリー

© 2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話 もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ユーモアとスイートな魅力にあふれ洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった…。

アイルランドからアメリカに単身で渡った女性が、こうなりたいと願った自分に成長していく姿と、タイプが異なるふたりの男性のあいだで揺れ動く気持ちが印象的な作品です。男性よりも女性が共感できる、ロマンチックストーリー。

8位『アバウト・タイム 愛おしい時間について』過去にタイムトラベル

© Universal Pictures

イギリス南西部に住む青年ティムは、自分に自信のなく年頃になっても彼女ができずにいた。迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに…さらにどんな家族にも起こる不幸や波風は、どんな能力でも回避することはでいないのだと知ったティム。時間旅行をしながら、本当の愛と幸せは見つかるのだろうか。

タイムトラベルができる主人公というどこか非現実的な設定でありながらも、ふいに出会って恋に落ちるふたりを純粋に描いている作品。今日という日をたいせつに生きようと思える、心があたたまるラブストーリーです。

9位『(500)日のサマー』正反対のふたりが恋に落ちる

© 2009 TWENTIETH CENTURY FOX

トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は建築家を夢見て、グリーティングカード会社で働く日々。ある日、秘書として入社してきたキュートなサマー(ズーイー・デシャネル)に一目惚れ。トムは運命の恋を夢見る草食系男子、しかしサマーは真実の愛なんて信じない女の子だった…。まったく正反対のふたりの500日の恋を描いたラブストーリー。

燃えるような熱い恋というよりは、リアルな若者の恋愛を描いています。恋をしているときは、世界がきらきらまぶしく見えるのに、歯車が狂うとすべてが灰色に見えてしまうような、若いころの恋愛を思わず思い起こしてしまうようなリアリティのあるロマンチックな映画です。

10位『ワン・デイ 23年のラブストーリー』男女の友情は成り立つ?

© 2011 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウェイ)と、自由奔放で恋多き男・デクスター(ジム・スタージェス)。初めて会話を交わした2人は、惹かれあうものを感じながら、恋人ではなく友達の関係を選ぶ。エマは心の奥にデクスターへの想いを秘めて、親友として毎年“7月15日”を過ごしていく。一緒に旅行に行ってみたり、恋の悩みを相談したり、大喧嘩したり。そんなある年の“7月15日”、エマはデクスターから違う相手との結婚を告げられ――。

永遠のテーマである「男女間の友情」は成立するのかどうかがテーマの作品。どきどきのロマンスと、涙なしでは見られないアン・ハサウェイ出演作のひとつ。

11位『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩』純愛の伝記ドラマ

© 2009 Apparition, All Rights Reserved

1818年、ロンドン郊外のハムステッド。詩人としての才能を世に知られ始めたジョン・キーツ(ベン・ウィショー)は、親友であり編集者のチャールズ・ブラウン(ポール・シュナイダー)の家に居候していた。そこで出会った隣人・ファニー(アビー・コーニッシュ)の美しさに次第に惹かれていく。弟の死や、評論家からの詩への酷評に傷つくキーツを優しく包みこんでくれるファニーとの“恋”はキーツを詩人として成長させ、英国文壇から少しずつ評価されるようになる。そんな幸せを噛み締めていた矢先、キーツは結核を患ってしまう――。

25歳という若さでこの世を去った、イギリス人の詩人ジョン・キーツの生涯と彼が愛した女性の悲哀を描いたストーリー。甘く切ない詩に乗せた愛の言葉が、あまりに短すぎる彼の人生を際立てています。

12位『50回目のファースト・キス』

『靴職人と魔法のミシン』-(C) 2014 COBBLER NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ハワイの水族館で働くヘンリー(アダム・サンドラー)はプレイボーイ。ある日カフェで出会ったルーシー(ドリュー・バリモア)と意気投合するものの、翌日会った彼女はヘンリーのことを覚えていない様子。どうやら、彼女は交通事故のせいで記憶生涯を患っていた。それを知ったその日から、ヘンリーは毎日初対面を装って、毎日告白し、毎日ファーストキスをする。それが何回目だろうと、記憶が翌日消えてしまう彼女にとってはファーストキスなのでした。

記憶障害の女性と出会い、一途でロマンチックな恋愛に目覚める主人公。山田孝之と長澤まさみでリメイクされた日本版がもうすうぐ公開予定なので、こちらも要チェックです!

山田孝之と長澤まさみのダブル主演!日本版『50回目のファーストキス』の紹介

https://pickup.cinemacafe.net/articles/1653

2018年6月1日に公開される福田雄一監督による山田孝之と長澤まさみによるダブル主演による『50回目のファーストキス』をご紹介いたします。 『斉木楠男のΨ難』や『銀魂』と同じ監督とは思えない、ロマンティック・ラブコメディでありリメイクながらオリジナリティ溢れる期待作!

13位『ブルーバレンタイン』結婚生活の理想と現実

© 2010 HAMILTON FILM PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

結婚7年目のディーン(ライアン・ゴズリング)と、シンディ(ミシェル・ウィリアムズ)は、娘のフランキーと3人で暮らしている。長年の努力の末、資格を取得し、病院で忙しく働いてるシンディに比べ、ディーンの仕事は上手くいっていない。お互いが相手に不満を抱えているが、口に出すことで平和な生活の崩壊することを恐れている。出会った頃の2人は、いまとは比べ物にならないくらい夢と幸せに満ち溢れていたのにもかかわらず…。夫婦の過去と現在が交差しながら、愛の終わりと始まりが重なり合っていく――。

結婚したてのラブラブな二人と、いわゆる倦怠期に突入している二人の映像を交互に流すスタイルで、結婚における理想と現実が描かれています。あの頃は毎日がロマンチックでラブラブだったのに、いまやお互いの顔を見るのも嫌になってくる…そんなリアルな男女を描いていて、誰もが共感できる作品。

14位『ラブ・アゲイン』不器用な大人のラブストーリー

© 2011 - Warner Bros.

40代の生真面目な男・キャルは、妻・エミリーに浮気をされ離婚を切り出される。高校時代から付き合っていたエミリー以外の女性とデートもしたことがないキャルだったが、ある夜、バーでプレイボーイのジェイコブと知り合う。ジェイコブの助言でファッションや髪型を磨いて新しい人生を歩もうとする――。スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング主演で描くロマンティックストーリー。

原題の「Crazy, Stupid, Love」のとおり大人の苦く難しい恋愛を描いています。なかなか自分の気持ちを素直に伝えようとしない、不器用な大人たち。熟年離婚を意識しはじめる年頃になった中年のおとなたちが、あらためて自分たちを見直していきます。

15位『セレンディピティ』素敵な「偶然」に出会う男女の物語

『セレンディピティ』-(C) APOLLO

クリスマス直前の百貨店で、偶然に同じ手袋を手にしたことで出会うジョナサン(ジョン・キューザック)とサラ(ケイト・ベッキンセール)。その出会いをお互い“運命”なんじゃないか…と感じたからこそ、2人はセレンディピティというカフェで話をしてデートをするわけですが、その後、2人が選択する別れ方が運命的でロマンチック! 本当の運命の相手なら必ずもういちど“出逢える”はずだと、ジョナサンは5ドル札に、サラは持っていた本に、お互いの連絡先を書き手放す──。

素敵な偶然に出会ったり、予想していなかったものを発見することを意味する「serendipity」。ふたりがデートするカフェの名前であるだけでなく、本作そのものを象徴していることばです。おもわず「運命」を信じてしまうような、ロマンチックな作品。

16位『そんな彼なら捨てちゃえば?』微妙に繋がり合う恋愛

© MMVIII IFP BLACKSWAN GMBH & CO. KG TM NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

いつも自分が空周りして、一向に運命の相手に出会えないジジ(ジニファー・グッドウィン)、同棲して7年になるのに結婚する気のないニール(ベン・アフレック)と、本音を隠しているけど本当は結婚したいベス(ジェニファー・アニストン)。幸せな結婚をしたものの、いまや家のリフォームに夢中なジャニーン(ジェニファー・コネリー)と魅力的なアンナ(スカーレット・ヨハンソン)と浮気する夫・ベン(ブラッドリー・クーパー)。メリーランド州ボルチモアを舞台に、20〜30代の男女が織りなす恋愛ドラマの交錯を描いていく。お互いの心を読もうとする男と女は、例外はないという恋愛のルールを前にしても、自分だけは相手にとって“例外”と信じて疑わない――。

ベン・アフレックやジェニファー・アニストンなど、豪華ハリウッドキャストが集結した本作品。くすっと笑えるだけでなく、恋愛においてほんとうに大切なものとは何なのかを考えさせられるラブコメディーです。

17位『ベガスの恋に勝つルール』笑って泣ける!

©2008 Twentieth Century Fox Film Corporation

N.Y.でバリバリ働くキャリアウーマンのジョイ(キャメロン・ディアス)は、「プランを立てるためのプランを立てる」ほどのお固い女性。しかし、待ちに待ったフィアンセの誕生日パーティで、こっぴどく振られてしまった。落ち込んだ気分を晴らすため、親友とラスベガスへと繰り出した彼女は、同じく仕事をクビになってやって来たジャック(アシュトン・カッチャー)と出会う。ここで意気投合した2人は派手に飲み明かし、朝目覚めると、なんと結婚していたのだ! 正気に戻った2人は白紙に戻そうとするが、ジャックがジョイのコインを投入したジャックポットで300万ドルが大当たり。賞金に目のくらんだ2人はその所有権を主張し、有利な離婚をしようとあらゆるプランを画策するのだが…。キャメロン・ディアスとアシュトン・カッチャーが贈る、ラブコメディ。

ラスベガスでギャンブル、お酒、そして日帰り結婚式。これぞアメリカなジェットコースターのようなラブストーリーで、お腹の底から笑ってあたたかくなれます。

18位『エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方』大爆笑のラブコメ!

© 2015 UNIVERSAL STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.

幼い頃に離婚した父親から、「一夫一婦なんて悪だ!」と教えられたエイミー(エイミー・シューマー)。その影響で恋愛はせず男性とは一夜限りの関係と割り切り自由奔放に生きていた。そんな生活にマンネリ間を持ち始めた頃、仕事でスポーツ外科医のアーロン(ビル・ヘイダー)の記事を執筆することになり彼を取材する。アーロンとの出会いをきっかけにエイミーは自身の恋愛観や人生を見つめなおし生きて行こうと決心するが、いままでの自分が邪魔をしてアーロンとの関係にも亀裂が…。いまさら自分を変えることも出来ずあきらめかけたエイミーだったが、ある行動に出る。

アメリカで活躍するコメディアンが集結し、仕事もプライベートも充実している女性が中心の赤裸々な恋愛を描いた本作品。ちょっと下品で大笑いできるラブコメディーが見たいひとには特におすすめです!

19位『ホリデー』ホーム・エクスチェンジから生まれる恋

©2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

アイリス(ケイト・ウィンスレット)はロンドン郊外に住む女性記者、アマンダ(キャメロン・ディアス)はハリウッドの映画予告編制作会社の女社長。ハタから見れば充実した毎日を送っている2人。しかし今年のクリスマス、アイリスは恋に破れ、アマンダは同棲生活に終わりを告げて、それぞれ人生最悪のホリデイとなる模様。気分転換が必要な2人はインターネットの“ホーム・エクスチェンジ”(条件の合致するもの同士が、バケーションの間互いの家に住むこと)に申し込み、いつもとは違った環境に身を置くことに…。

失恋した大人が集まって、休暇中だけ家や車などを交換する「ホーム・エクスチェンジ」。偶然知り合うこととなる男女が、ロマンチックな恋に落ちていきます。タイトルどおり、大切なひとといっしょにクリスマスシーズンに見てほしい映画です。

20位『トワイライト』イケメンヴァンパイアと恋に落ちる!

© 2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

フェニックス高校に通うベラ・スワン(クリステン・スチュワート)は、変わり者のため学校では孤立してた。だがある日、母親が再婚するため、ワシントン州にある小さな町・フォークスで父親と暮らすことになる。そこでベラは、謎めいた美少年、エドワード・カレン(ロバート・パティンソン)と出会う。やがて2人は、恋に激しく燃える。エドワードには、ある秘密があった。彼は、1918年から年をとっておらず、不死のヴァンパイアだった。だがエドワードには牙がなく、人間の血は飲まない。彼の家族は、ヴァンパイアの中でも変わった生き方をしていた。そしてエドワードにとって、ベラは90年間待ち続けた“魂の友(ソウルメイト)”だった。やがて、エドワード家の敵ともいえるヴァンパイアたちがベラを探し出し、この町へとやって来た。いったい、エドワードとベラの運命は――? ステファニー・メイヤーの原作を、『ロード・オブ・ドッグタウン』('05)のキャサリン・ハードウィックが映画化。

いまやティーンにとって恋愛映画の代名詞ともなった、『トワイライト』シリーズ。人間の女子高生と、ヴァンパイアが許されない恋に落ちるという設定で、究極のロマンチック・ストーリーです。

まとめ

『世界にひとつのプレイブック』 -(C) 2012 SLPTWC Films,LLC. All Rights Reserved.

いかがでしたか?ジェニファー・ローレンスがアカデミー賞主演女優賞を受賞した『世界にひとつのプレイブック』(2013年)や、アカデミー賞脚本賞を受賞した『her/世界でひとつの彼女』(2014年)などをはじめとする、数々の名作恋愛映画をご紹介しました。

ぜひ、たいせつな恋人やパートナーとロマンチックな映画をたのしんでくださいね。

この記事のライター

映画・ドラマ鑑賞、NBA観戦が趣味な20代です。しょっちゅうbinge-watchingしています。

関連する投稿


2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年も終わりに近づき、そろそろ旬なスター達を飾ったドレスの数々をまとめてみようと思います。アカデミー賞やゴールデングローブ賞等もありますが、今回は各映画やドラマのプレミアイベントで盛り上げてくれたスター達のドレスをピックアップしてみたいと思います。


日本版ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』主演は大泉洋!

日本版ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』主演は大泉洋!

『アイアムアヒーロー』は、現代の日本でゾンビによるパニックが起きたらどうなるのかを描いた同名漫画作品を原作とした実写映画作品です。主演は、俳優の大泉洋、監督は『GANTZ』で知られる佐藤信介です。そんな本作のあらすじやキャストについて紹介します。 675


007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

007のボンドガール、レア・セドゥ!フランス出身のかわいい彼女の魅力に迫る!

ミステリアスでアンニュイな美貌を持つレア・セドゥ。その堂々とした佇まいやスタイリッシュな感性で老舗ブランドのイメージモデルとしても引っ張りだこで、女優なら誰もが憧れる「007」シリーズのボンドガールにも抜擢される等華々しい躍進を続ける彼女にスポットを当ててみました。彼女の私生活や結婚・夫・子供についても触れていきます!


ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

ラ・ラ・ランドの主役♡エマ・ストーンの映画出演作品!『女王陛下のお気に入り』の公開が待ち遠しい!

コメディ・ホラー・娯楽大作...等、数々の映画で人気を呼び、『ラ・ラ・ランド』でオスカー女優の仲間入りを果たしたエマ・ストーン。人気の秘密は親しみやすくて可愛い容姿だけではない。いつも自分と向き合い、努力を惜しまない彼女の魅力に迫ります。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


最新の投稿


2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年も終わりに近づき、そろそろ旬なスター達を飾ったドレスの数々をまとめてみようと思います。アカデミー賞やゴールデングローブ賞等もありますが、今回は各映画やドラマのプレミアイベントで盛り上げてくれたスター達のドレスをピックアップしてみたいと思います。


あまちゃん松岡茉優のプロフィール、出演ドラマ&映画について!

あまちゃん松岡茉優のプロフィール、出演ドラマ&映画について!

いまもっとも注目されている若手女優、松岡茉優。ドラマや映画だけにとどまらず、その器用なトーク力でナレーションやバラエティ番組にまで活躍の場をひろげています。ここでは彼女の経歴に少しだけ触れながら、出演した作品を紹介したいと思います。彼女の名を世間に知らしめた「あまちゃん」から、カンヌ最高賞受賞の『万引き家族』まで。


【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

ダークな世界観と「THE FLASH/フラッシュ」「レジェンド・オブ・トゥモロー」などとのクロスオーバーで人気を集めるヒーロー・ドラマ「ARROW/アロー」。ドラマをもっと楽しめるトリビアや、これまでのあらすじや登場人物などをおさらいできる基本情報を改めて整理してみました。※ネタバレ内容が含まれています


本当の自分とは?究極のラブ・ストーリー『リリーのすべて』

本当の自分とは?究極のラブ・ストーリー『リリーのすべて』

実力派俳優のエディ・レッドメインが主演を務めた映画『リリーのすべて』。世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベについて描かれた作品となっています。今回は映画『リリーのすべて』のあらすじやキャストについて紹介します。


【ネタバレ注意】話題のホラー映画『クワイエット・プレイス』のあらすじ・キャストを紹介!

【ネタバレ注意】話題のホラー映画『クワイエット・プレイス』のあらすじ・キャストを紹介!

ホラー映画史上No.1『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』に続く大ヒットを記録した『クワイエット・プレイス』が9月28日から公開されています。 「音を立てたら、即死。」全米初登場No.1を記録した新体感サバイバルホラー!監督、キャスト、あらすじを紹介します!