スピルバーグ最新作『レディ・プレイヤー1』ガンダムも登場するSF大作!

スピルバーグ最新作『レディ・プレイヤー1』ガンダムも登場するSF大作!

想像したことすべてが現実になるバーチャル世界「オアシス」。『レディ・プレイヤー1』は、そこで繰り広げられる壮大なアドベンチャーと、主人公の少年の成長を描いたストーリー。ガンダムや「ストリートファイター」シリーズの人気キャラクターが登場する、バーチャルリアリティ(VR)ワールドの本作ついてご紹介します!


日本生まれのキャラクターが登場!『レディ・プレイヤー1』

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

『レディ・プレイヤー1』は、全米で2011年に発売されたSF小説「ゲームウォーズ」(原題:READY PLAYER ONE)を原作としたSF作品です。原作者であるアーネスト・クラインは、日本のポップカルチャーの大ファンだそうで、日本生まれのキャラクターがたくさん登場するストーリーとなっています。

映画の台本を読んだSF映画監督の巨匠であるスティーブン・スピルバーグがとても気に入り、映画化となりました。今回は、スピルバーグ最新作となる、『レディ・プレイヤー1』について、あらすじやキャストを一挙ご紹介!

あらすじ&日本語版予告

舞台は、貧困の差がいっそう激しくなった西暦2045年。人類の歴史を変えた仮想ネットワークシステム「オアシス」に、世界へ向けてメッセージが突如発信されました。

この仮想世界を開発し、巨万の富を得たジェームズ・ハリデー(マーク・ライランス)が死去、「オアシス」に隠された謎を解き明かした者に、すべての遺産を譲り渡すと――。

かくして、その覇権を賭けた争奪戦が開始されました。オタクの高校生ウェイド(タイ・シェリダン)もその1人です。

彼の唯一の特技は、この「オアシス」に誰よりも精通していること。果たして、ウェイドはすべての秘密を解き明かすことが出来るのでしょうか!?

“三船敏郎”モチーフのアバター解禁!

『レディ・プレイヤー1』(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTSRESERVED

本作で壮絶な宝探しのアドベンチャーを繰り広げる、トレジャーハンターたちのキャラクターアートが公開されました!まず注目なのが右上の、日本人役のトシロウです。

赤い兜と赤い鎧姿が勇ましい彼のアバター”ダイトウ”は、日本の侍がモチーフ。原作者のアーネスト・クラインが、ダイトウの顔は三船敏郎をモチーフにしていることを明かし話題となりました。

『レディ・プレイヤー1』(C) 2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

そして左下中央、主人公ウェイド(タイ・シェリダン)のアバター“パーシヴァル”は、左の頬に印象的なマーキングを施している爽やかながらもワイルドなイケメン風です。

このアバターに関して、クライン氏は「パーシヴァルのイメージは、かなり日本のアニメなどから影響を受けているんだ」とコメント。

スティーブン・スピルバーグ-(C)Getty Images

スピルバーグ監督は三船さんの大ファン、そしてクライン氏も日本のポップカルチャーを愛していることを公言しており、パーシヴァルやダイトウから2人の日本愛が感じらます。

さらに、右下中央にはヒロインサマンサのアバター、大きな瞳が特徴的な“アルテミス”が!予告編では、「オアシス」内のバーと思われる所で大胆に迫ったり、現実の世界では陰謀を企む強大な敵にひるむことなく、ウェイドに「やるしかないよね!」と発破をかけたりと、可愛らしい容姿とは裏腹に血気盛んな様子です。

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

また、ウェイドの手をそっと握るその眼差しは、優しさに満ち溢れており、ただのハンター仲間では終わらなそうな気配がしますね。

ほかにも、左端には忍者風の“ショウ”、右下には怪力を活かしたバトルが得意そうな“エイチ”と、5人の個性的なトレジャーハンターたちが写し出されています。

『レディ・プレイヤー1』キャストをチェック

主役ウェイドは『X-MEN:アポカリプス』のタイ・シェリダン

タイ・シェリダン-(C)Getty Images

本作の主人公であるオタク高校生・ウェイドを演じるのはタイ・シェリダン。2014年に日本でも公開された『MUD -マッド-』での演技が評価され、出演作品を増やしている弱冠二十歳の若手俳優です。

ブラット・ピットが主演を飾った2011年の『ツリー・オブ・ライフ』で、テキサス州とオクラホマ州で行わた1万人以上が対象のオーディションで選ばれ、見事俳優デビューを飾りました。

『X-MAN:アポカリプス』(C)2016 MARVEL & Subs. (C)2016 Twentieth Century Fox

その後、タイ・シェリダンにとっておおきな転機となったのが、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011年)『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年)のストーリーを締めくくる集大成となった、2016年公開『X-MEN:アポカリプス』への出演です。

「サイクロップス」と呼ばれる、両目から破壊光線オプティック・ブラストを発射する能力を持つミュータント役を熱演。ジェニファー・ローレンスなどの大物俳優がたくさん出演した本作で、若手俳優として一躍有名になりました。

『レディ・プレイヤー1』のあとには、主演映画の『Friday's Child(原題)』や『X-MEN:ダーク・フェニックス』などへの出演が控えているタイ・シェリダン。今後のさらなる活躍に期待が高まります!

ジェームズ・マカヴォイらが続投!シリーズ最新作『X-MEN: Dark Phoenix』のキャスト&監督情報

https://pickup.cinemacafe.net/articles/487

2018年に公開が予定されているX-MENシリーズの最新作『X-MEN: Dark Phoenix』。気になるキャストは前作からの続投がほとんど。『X-MEN アポカリプス』で契約が終了したと言われていたジェニファー・ローレンス、ジェームズ・マカヴォイらも出演します。そんなキャストを一挙紹介します。

サマンサ役に『シグナル』に出演したオリヴィア・クック

ブレントン・スウェイツ『シグナル』-(C) 2014 Signal Film Group LLC All Rights Reserved

主人公のウェイドとともに冒険に出ると予想される、サマンサというキャラクターをオリヴィア・クックが演じます。彼女はイギリス人女優で、14歳ごろからコマーシャルなどで活躍してきました。

2014年に全米で公開された『呪い襲い殺す』や、ブレントン・スウェイツが主演をつとめたSFスリラー映画『シグナル』などに出演しています。

『ブリッジ・オブ・スパイ』でオスカー受賞!マーク・ライランス

マーク・ライランス-(C)Getty Images

冷戦時代を描いた2015年のスピルバーグ作『ブリッジ・オブ・スパイ』でソ連のスパイ、ルドルフ・アベル役を演じてアカデミー賞助演男優賞に輝いたマーク・ライランス。

彼はイギリス生まれで、もともと舞台俳優として長年活躍していました。

この記事のライター

映画・ドラマ鑑賞、NBA観戦が趣味な20代です。しょっちゅうbinge-watchingしています。

関連する投稿


最高に笑えるパロディ映画9選!元ネタも徹底紹介!【腹筋崩壊注意】

最高に笑えるパロディ映画9選!元ネタも徹底紹介!【腹筋崩壊注意】

おバカで下ネタ満載のパロディ映画おすすめ9作品を元ネタとなった作品と合わせてご紹介します。パロディの元ネタを知っていれば、面白さが倍増すること間違いなし!『スターウォーズ』や90年代のあの名作もおバカにアレンジ?


『ブリッジ・オブ・スパイ』あらすじ・キャスト紹介!スピルバーグ監督作品

『ブリッジ・オブ・スパイ』あらすじ・キャスト紹介!スピルバーグ監督作品

『ブリッジ・オブ・スパイ』はスティーヴン・スピルバーグ監督×脚本コーエン兄弟×主演トム・ハンクスという、夢のような豪華スタッフとキャストで制作された映画作品です。今回はそんな本作のあらすじやキャストについて紹介します!


『スター・トレック』シリーズの登場人物・キャストまとめ【あの人気俳優まで!?】

『スター・トレック』シリーズの登場人物・キャストまとめ【あの人気俳優まで!?】

人気SFドラマシリーズ「宇宙大作戦」を知っていますか?そのリブート作品として2009年から展開されている『スター・トレック』シリーズ。オリジナルの外せない部分を踏襲しつつも、新しい切り口で描かれる魅力たっぷりのキャラクターたち、そして今後の続編情報などをご紹介していきます!


クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

名実ともにハリウッドを代表する俳優クリント・イーストウッド。193cmという高身長でスマートな体型とニヒルな表情、滲み出るカリスマ性が女性だけでなく男性たちをも惹きつけてきました。そして彼は俳優業に留まらず、映画監督、映画プロデューサー、作曲家、政治活動家としてもその手腕を発揮しています。若い頃から常に自分が実現したい物事を実行するためにアンテナを張り巡らし、必要な人材を引き寄せる事にも長けていました。そんなクリントが映画会社を設立し、俳優業と両立しながら作り上げてきた映画作品の数々...。往年の出演作は既に沢山紹介されてきているので、ここでは2000年代に手掛けた作品の中から最新作も含めての8作品を紹介していきたいと思います!


『レディ・プレイヤーワン』のネタバレあらすじやキャスト紹介

『レディ・プレイヤーワン』のネタバレあらすじやキャスト紹介

4月20日に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤーワン』。近未来を舞台にしており、映画やポップカルチャーのファンならば必ずドキドキする展開が待っているこの作品の魅力やあらすじ、キャスト情報、作中登場する小ネタなどをご紹介します。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。