【邦画】サスペンス映画おすすめ50選!この夏はこれを観よう!

【邦画】サスペンス映画おすすめ50選!この夏はこれを観よう!

日本の夏といえばサスペンス映画!ゾクゾクと身も凍るようなこわ~いサスペンス映画を50作品紹介します!


目次

サスペンス映画おすすめ1『祈りの幕が下りる時』親と子が互いを想う心に涙する

© 2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

この事件は俺の過去と関わりが強すぎる。事件の鍵は俺なのか…? 東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが、押谷道子と越川睦夫の接点が全く見つからず、捜査が難航する。滋賀在住の押谷が何故東京で殺されたのか。やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美。押谷は浅居博美を訪ねて東京に来たことがわかるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちにその遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎は激しく動揺する。 それは失踪した加賀の母に繋がっていた。

東野圭吾の人気ミステリー小説を映像化した『新参者』シリーズの完結編。
主人公・加賀の母が失踪した理由や父との不和、加賀自身の過去が明かされる一作。

サスペンス映画おすすめ2『キサラギ』繰り広げるハイテンションな会話劇が面白い

©『キサラギ』フィルムパートナーズ

自殺したアイドル“如月(キサラギ)ミキ”の一周忌に、とあるビルの一室に集まった5人の男たち。思い出話が次第にヒートアップしていき、そして誰かが呟いた――「彼女は殺されたんだ」。この発言が引き金になり、怒涛の議論、二転三転する推理。果たして彼らは真相にたどり着けるのか!? 『シムソンズ』の佐藤祐市が監督を務めるワンシチュエーション・サスペンス・ムービー。

ジャンルはサスペンスこんなに面白くて観やすいサスペンス映画は、初めて観たと思えるくらいの一作。
キャストがそれぞれ深い味を出しています。

サスペンス映画おすすめ3『容疑者xの献身』君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

© 2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

貝塚北警察署の女性刑事・内海薫(柴咲コウ)は、先輩・草薙(北村一輝)と顔が潰され、指を焼かれた絞殺死体が発見された事件の捜査に乗り出していた。だが、捜査していくうちに、この事件の被害者・富樫慎二(長塚圭史)の別れた妻・花岡靖子(松雪泰子)の隣人である石神(堤真一)が、“ガリレオ”こと物理学者・湯川学(福山雅治)の大学時代の友人であることが分かる。それを知った内海は、湯川に事件の相談をする。そして湯川は、“唯一の親友”である石神が、事件の裏にいるのではないかと推理する…。東野圭吾の直木賞受賞作の映画化。TVドラマ化に引き続き、天才ガリレオが完全犯罪に挑む!

ミステリー作家・東野圭吾の「探偵ガリレオ」シリーズ初の長編で、第134回直木賞に輝いた同名小説を映画化。
「献身」という意味がもたらす結果に、どうしても涙無しでは見られません。

サスペンス映画おすすめ4『犬神家の一族』豪華キャストをそろえあの恐怖が再来

©2006「犬神家の一族」製作委員会

犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛(仲代達矢)はある遺言状を残して永眠した。佐兵衛には腹違いの3人の娘がおり、それぞれに息子がいた。さらに犬神家屋敷には、佐兵衛が地盤を築く上で世話になった大恩人の孫娘・珠代(松嶋菜々子)も住んでいた。残された遺言状が一族の不吉な争いの元凶となることを予期し、遺言を管理する法律事務所の若林(嶋田豪)は金田一耕助(石坂浩二)に調査を依頼する。しかし若林は、金田一との対面の直前、何者かに殺されてしまう。やがて公開された遺言状をめぐり、凄惨な殺人事件が次々に発生する。名探偵・金田一耕助は、殺人事件の犯人を推理する過程で、犬神家の血の系譜の裏にある謎を解き明かしていく…。そしてある想像を絶する真相が暴かれることに! 1976年、横溝正史の名探偵推理小説を、大の横溝ファンである名匠・市川崑監督が、卓越した映像美とセンスで撮り上げた『犬神家の一族』は一大ブームを巻き起こした。2006年、日本映画界を代表する豪華キャストをそろえ、市川崑監督が再びメガホンをとった。

恐ろしい雰囲気や緊張感、しっかりとしたシナリオ、卓越したカメラワークなど、以前の作品を超えた素晴らしいものとなっています。

サスペンス映画おすすめ5『ヒメアノ~ル』欲望のままに殺人を重ねるサイコキラーの心の闇

© 2016「ヒメアノ〜ル」製作委員会

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田。同僚の安藤に、想いを寄せるユカとの恋のキューピッド役を頼まれて、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一と出会う。ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが…。岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。いま、2つの物語が危険に交錯する――。

過激な内容で話題になった古谷実の人気コミックを、V6の森田剛を主演に迎えて実写映画化。
表情、声のトーン、間の取り方、動き、どれもが目を見張るようなリアルさを持って演出されています。
殺人ほかシリアスなシーンと、ラブコメのようなコミカルなシーンとの対比にも注目です。

サスペンス映画おすすめ6『悪人』男女が繰り広げる逃避行と愛

© 2010「悪人」製作委員会

保険外交員の女性の遺体が発見される。事件当初、捜査線上に浮かび上がったのは地元の裕福な大学生だったが、当人の供述と新たな目撃者の証言から、やがて容疑の焦点は土木作業員・清水祐一(妻夫木聡)へと絞られる。しかし警察の目を逃れ、彼は別の女性・馬込光代(深津絵里)を連れ、逃避行に及ぶ。吉田修一の同名小説を映画化した、殺人犯の青年と共に逃げる女の切ないラブストーリー。

朝日新聞夕刊に連載され、毎日出版文化賞と大佛次郎賞を受賞した吉田修一の話題作を映画化した犯罪ドラマ。
誰が本当の「悪人」なのかを考えさせられる深く苦しい作品です。

サスペンス映画おすすめ7『22年目の告白―私が殺人犯です―』印象と存在感に騙される

© 2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会

かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な微笑みを浮かべる曾根崎雅人(藤原竜也)という男だった。顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂!賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。それは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった…。

未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。
韓国映画『殺人の告白』をベースに、日本ならではの時事性を加えてアレンジした作品です。
原作は韓国ですが未読、前知識ゼロでも、藤原竜也の存在感とラストシーンで見ごたえのあるものとなっています。
ミステリー好きなら是非!

サスペンス映画おすすめ8『紙の月』年下の恋人との快楽におぼれ転落

© 2014「紙の月」製作委員会

バブル崩壊直後の1994年。わかば銀行の契約社員として働く、平凡な主婦・梅澤梨花。上司や顧客からの信頼も厚く、何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には見えない溝ができ始めていた。そんなある日、梨花は年下の大学生・光太と出会い、やがて2人は男女の関係になる。光太と過ごすうち、ついに顧客のお金に手をつけてしまう梨花。高価な買い物や高級な食事、ホテルのスイートでの連泊を重ねるうち、やがて金銭感覚と日常が少しずつ歪み出し、最初は1万円に過ぎなかった横領が、次第にエスカレートしていく…。

まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めていく様子が、手に取るように、毎日の生活に飽き飽きしている人にとっても感情移入しながら鑑賞できます。

サスペンス映画おすすめ9『怒り』疑念と信頼のはざま

©2016「怒り」製作委員会

八王子で起こった夫婦殺人事件。現場に“怒”の血文字を残し、顔を整形し、全国に逃亡を続ける犯人の行方は知れず。事件から1年後。千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺謙)・愛子(宮崎あおい)親子の前に現れた田代(松山ケンイチ)。東京の大手企業に勤める優馬(妻夫木聡)が街で偶然出会った直人(綾野剛)。沖縄の女子高生・泉(広瀬すず)が無人島で遭遇した田中(森山未來)。前歴不詳の3人の男の中に、あの殺人犯がいるのか? あなたを信じたい。そう願う我々に驚愕の結末が突きつけられる――。

現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に交わる事はない3展開をうまく織り交ぜ進んでいくストーリー。
三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描いています。
タイトルの「怒り」が、誰に対して思うものなのか…それを汲み取る面白さも感じてください。

サスペンス映画おすすめ10『八日目の蝉』血の繋がりは子供への愛に関係あるのか

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

不倫相手の赤ん坊を誘拐した希和子(永作博美)。警察から逃亡する生活を続けながらも子供に愛情を注ぐが、4年の逃亡の末に逮捕される。そして希和子に育てられた娘の恵理菜(井上真央)は、本当の家庭に戻るが彼女には居場所がなかった。そして大人になった彼女は皮肉にも不倫相手の子供を身籠ってしまう――。原作は第2回中央公論文芸賞を受賞した女流作家・角田光代の同名小説。

誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、ベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。
確かに誘拐は立派な犯罪です。ですが、子供が受け取っていた愛は確かにそこにあった。愛とはなんだろう、そう自分自身に問いかけてみてください。

この記事のライター

関連する投稿


映画名作ランキング☆ベスト100!おすすめの絶対に見たい邦画・洋画

映画名作ランキング☆ベスト100!おすすめの絶対に見たい邦画・洋画

映画をどうせ観るなら名作を観たい!映画の名作をランキング形式で、あらすじとともに100作品ご紹介いたします!感動必至の名作傑作のみ集めましたので、要チェックです!


ロボットアニメおすすめ人気の30作品を紹介!

ロボットアニメおすすめ人気の30作品を紹介!

ロボアニメの好き集まれ!かっこいいロボットアニメのおすすめ人気作品を30選紹介します。観ていてハラハラドキドキしてしまう展開に釘付けになること間違いなし!


面白いアニメ映画ランキング100!劇場版アニメのおすすめから人気作品、名作、傑作を紹介!

面白いアニメ映画ランキング100!劇場版アニメのおすすめから人気作品、名作、傑作を紹介!

本当に面白いアニメ映画を100作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼劇場版アニメのおすすめはもちろん、原作の漫画を読んでいる方は更に楽しめることでしょう。懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


U-NEXTのおすすめ韓国ドラマ&アジアドラマ50選!【韓流】

U-NEXTのおすすめ韓国ドラマ&アジアドラマ50選!【韓流】

U-NEXTで見れるおすすめの韓国ドラマとアジアドラマを50作品紹介します!どれも面白い名作ばかりで、どれを観ようか迷ってしまいますが、今U-NEXTに登録すれば見放題作品80,000本を31日間無料で観れちゃいます!8万作品もあって、どれを観ていいかわからないなら、こちらのおすすめ記事をまずチェックしてみてくださいね♪


コメディ映画おすすめ50選!爆笑間違いなしの人気作品を紹介!

コメディ映画おすすめ50選!爆笑間違いなしの人気作品を紹介!

爆笑して思いっきりハッピーになれる、コメディー映画。映画を観るならやっぱり笑えるコメディ映画がおすすめです!この記事では、爆笑必至のおすすめの名作・傑作コメディー50作品を紹介します。


最新の投稿


『アベンジャーズ』を見る順番はこれ!マーベル作品をフェーズごとに解説

『アベンジャーズ』を見る順番はこれ!マーベル作品をフェーズごとに解説

2018年4月に公開予定の『アベンジャーズ』第3弾となる作品『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』。スーパーヒーローたちが一堂に会するとあって、待ちきれない!というファンも多いのでは?今作に繋がるこれまでの作品の紹介や、見どころなどをご紹介していきます。


今更聞けない『プラダを着た悪魔』のあらすじ・魅力【ネタバレあり】

今更聞けない『プラダを着た悪魔』のあらすじ・魅力【ネタバレあり】

2006年に公開されてから、多くの女性たちの共感や憧れを集め評価された『プラダを着た悪魔』。観たことがなくても「タイトルは聞いたことがある」という方も多いはず。現代社会に生きる女性ならば必見!?そんな魅力たっぷりの本作をご紹介します。


アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!出演映画を紹介【北欧美人女優の圧巻の演技力】

アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!出演映画を紹介【北欧美人女優の圧巻の演技力】

ヴィトンのミューズ、そしてハリウッドのイットガール、アリシア・ヴィキャンデル。その美貌だけでなく、アカデミー賞受賞の演技力も兼ね揃えた、近年大注目の女優のひとりである彼女の魅力をご紹介します!


『ブレードランナー 2049』の魅力と世界観を初心者向けに徹底!

『ブレードランナー 2049』の魅力と世界観を初心者向けに徹底!

ようやく公開された『ブレードランナー2049』。強力ワカモトってなんだ⁉っていう初心者の方に向けて、この作品の原点となった80年代SF映画の金字塔『ブレードランナー』の魅力と世界観をさまざまな角度から紹介しましょう。


『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

SFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。ここでは、「ブレードランナー」のどのバージョンからみたらよいかわからない人への解説と、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。