胸キュン必至♡恋愛映画名作50選!

胸キュン必至♡恋愛映画名作50選!

ドキドキすること間違いなしな恋愛映画名作だけ50作品集めてみました♪あなたは何作品観たことがありますか?


目次

『陽だまりの彼女』

© 2013『陽だまりの彼女』製作委員会

新人営業マンの浩介(松本潤)は、仕事の取引相手として中学時代の幼なじみ・真緒(上野樹里)と偶然再会する。かつて“学年有数のバカ”と呼ばれていた冴えないイジメられっ子だった彼女は、当時とは見違えるほど魅力的な女性に変身していた。十年ぶりの運命的な再会。幼いころの純粋な想いを取り戻した2人は、恋に落ち、やがて結婚を決心する。しかし真緒は、誰にも知られてはいけない、“ありえない秘密”を抱えていた…。

『花より男子ファイナル』

© 2008 映画「花より男子ファイナル」製作委員会

高校卒業のプロムで道明寺司(松本潤)からつくし(井上真央)へ感動的なプロポーズが贈られてから4年――司は全世界に向けてつくしとの婚約を発表、つくしは司の母・楓(加賀まりこ)から推定100億円のティアラ“ビーナスの微笑”を婚約の証として授かる。ところがその夜、ティアラが何者かに奪われたから大変! つくしと司は“永遠の愛を手にする”という言い伝えのある、そのティアラを取り戻すため、世界中を駆け巡ることに。一方、花の4人組“F4”のメンバーはそれぞれの道を歩み始めていた。人気ドラマ「花より男子」が遂に完結!

『ただ、君を愛してる』

© 2006「ただ、君を愛してる」製作委員会

大学入学式の日、誠人(玉木宏)は幼い容姿の個性的な女の子、静流(宮崎あおい)と出会う。人と接することが苦手な誠人だったが彼女とは自然に打ち解けることができた。同級生に片想いをする誠人とただ一緒にいたい一心でカメラを手にするようになる静流。ある日、コンクールの写真用に森で誠人とのキス写真が撮りたいと言う。2人にとっての初めてのキス。しかし、その日を境に静流は誠人の前から姿を消してしまう…。原作者は、小説・映画・ドラマにと社会現象ともなった『いま、会いにゆきます』の市川拓司。2003年、広末涼子と松田龍平主演で公開された『恋愛寫眞 Collage of Our life』のアナザーストーリーとして書き上げられた小説「恋愛寫眞 もうひとつの物語」の映画化。

『今夜、ロマンス劇場で』

© 2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

映画監督を夢見る青年・健司は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪だった。モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして、次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった…。

『俺物語!!』

© アルコ・河原和音/集英社 © 2015映画「俺物語!!」製作委員会

主人公・剛田猛男(鈴木亮平)は高校1年生。全く高校生には見えない顔面と巨体の持ち主 、かつ豪傑・硬派なまさに純日本男児。いかつい風貌と不器用さで女子から恐れられているが、情に厚くいつ何時も人助けをする包容力で男子からの信頼はアツい! これまで好きになった女の子はみんな、猛男のマンションの隣に住む 超イケメン・砂川誠(坂口健太郎)のことを好きになった。猛男も砂川のことを素晴らしい男だと認めていたので、そうなることも仕方のないことと思っている。タイプは違えど、猛男と砂川は親友なのだ。ある朝、猛男と砂川は街中でしつこくナンパされている女子高生・大和凛子(永野芽郁)を救い、猛男は大和に一目惚れをしてしまう。再び会うことになったある日、ふとした大和の言葉で「大和は砂川のことが好きなのだ」と猛男は気づく。落ち込みながらも大和のために一肌脱ぎ、仲を取り持とうとする切ない猛男だったが――。

『君の名は。』

© 2016「君の名は。」製作委員会

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(たき)も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ――。彼らが体験した夢の秘密とは?出会うことのない二人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語が、いま動き出す。

『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』

© 2009 フジテレビ・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社

プラティニ国際音楽コンクールで優勝した千秋(玉木宏)は、エリーゼ(吉瀬美智子)の差し金で、若き日のシュトレーゼマン(竹中直人)が指揮を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者となる。だが、大雑把すぎる演奏に全くやる気のないオケの態度を目の当たりにして、千秋は愕然とし、失意のどん底に…。一方、のだめ(上野樹里)は、コンセルヴァトワールの進級試験を終え、練習に励む毎日。そんな中、転入してきた孫Rui(山田優)が千秋の次の公演で一緒に手を組むことに。落ち込むのだめだったが、千秋を気遣い、健気に振舞う。そして準備不足の中、マルレ・オケの公演の日がやってくる――。二ノ宮知子の大ヒット漫画をドラマ化した、人気TVドラマ「のだめカンタービレ」を2部作で映画化。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

© 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)に一目見た瞬間、恋に落ちた。勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けようとした高寿だったが、それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。高寿と愛美の関係は誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた。しかし、高寿はある日、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる…。

『坂道のアポロン』

ⓒ 2018 小玉ユキ・小学館/映画『坂道のアポロン』製作委員会

医師として病院に勤める西見薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る3人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真…。あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。2人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎律子と3人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、2人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある日突然、千太郎は2人の前から姿を消してしまい――。

『君に届け』

© 2010映画「君に届け」製作委員会 © 椎名軽穂/集英社

黒沼爽子(多部未華子)はその暗い見た目から「貞子」と呼ばれ、クラスからは浮いた存在でいた。唯一同じクラスメイトの風早翔太(三浦春馬)だけは明るく接してくれ、爽子は尊敬の念を抱いていた。風早のおかげで、本当の友達とも出会い、初めて自分の気持ちを話せるようになる爽子。そして、風早に対しての“特別な気持ち”に気付いていく。そんな中、風早を中学時代から知る可愛らしい女の子・くるみが爽子(桐谷美玲)の前に現われ、風早への想いを告げられる――。1,000万部突破した椎名軽穂による人気コミックが『おと・な・り』の熊澤尚人監督によって映画化。

『青空エール』

©2016映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社

ブラスバンドの応援に憧れる小野つばさは、吹奏楽部の名門・白翔高校に入学する。だが、トランペット初心者のつばさ。レベルの高い猛練習についていけず、何度も挫折しそうになる。そんなつばさを勇気づけてくれたのが、クラスメートで野球部員の山田大介。お互い夢に向かって励まし合うふたりは、ある「約束」をかわす。それは、いつか甲子園に大介が出場し、アルプススタンドでつばさがトランペットで応援すること。いつの間にかつばさには、大介へのほのかな想いが芽生えていた。

『8年越しの花嫁〜奇跡の実話〜』

© 2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

結婚を約束したカップル、尚志と麻衣。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が2人を待ち受けていた。そして2人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる――。

『箱入り息子の恋』

© 2013「箱入り息子の恋」製作委員会

天雫健太郎は、独身男。煩わしいからと人付き合いもせず、黙々と職場と自宅を往復している。趣味はペットのカエルだけ。そんな健太郎を心配した両親が、本人の代わりに親同士が婚活する「代理見合い」に参加、そこで娘の代わりにやってきた今井夫婦と知り合う。彼らの娘、奈穂子は目のハンデを抱えており、溺愛する両親から独り立ち出来ないでいた。そして、張り合いもなく生きてきた男が、遅まきながら初めての恋に落ちる。「好き」という感情、相手に触れたいという衝動を初めて知った健太郎の中で、何かが爆発的に変わっていく。やがて周囲を巻き込んで燃え上がる、奈穂子への恋の暴走はもう止まらない――。

『ミックス。』

ⓒ 2017『ミックス。』製作委員会

母のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された28歳独身・多満子。母の死後、普通に青春を過ごし、普通に就職する平凡な日々を送っていたが、会社の卓球部のイケメンエース・江島に告白され付き合うことに。ついにバラ色の人生が! と思った矢先、新入社員の美人卓球選手・愛莉に江島を寝取られてしまう。人生のどん底に落ち、逃げるように田舎に戻った多満子だったが、亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、自分の青春を捧げた活気のある練習風景はそこにはなかった。クラブの部員も、暇を持て余した元ヤンキーのセレブ妻、試合になるといつも腹痛で不戦敗になる農家の夫婦、オタクの引きこもり高校生、さらにケガで引退した元日本ランカーのプロボクサーながら、妻の上司を不倫相手と勘違いして暴力事件を起こし、妻と娘に見捨てられた新入部員の萩原など、全く期待が持てない面々だった。しかし、江島と愛莉の幸せそうな姿を見た多満子は、クラブ再建と打倒江島・愛莉ペアを目標に、全日本卓球選手権の男女混合ダブルス(ミックス)部門への出場を決意。部員たちは戸惑いながらも、大会へ向け猛練習を開始する。多満子は萩原とペアを組むものの、全く反りが合わずケンカばかり。しかし、そんな2人の関係にも、やがて変化が訪れていく――。

『モテキ』

© 2011映画「モテキ」製作委員会

派遣社員を卒業し、晴れてニュースサイトのライター職として正社員になった藤本幸世(森山未來)。波乱の“モテキ”を経て成長したかに見えたが、結局未だ新しい出会いもないまま。しかし、ある日突然“第二のモテキ”が訪れる。年下の雑誌編集者・松尾美由紀(長澤まさみ)、美由紀の親友で清楚系OLの桝本留未子(麻生久美子)、ガールズバーの美人店員・愛(仲里依紗)、毒舌のSキャラ先輩・唐木素子(真木よう子)など全くタイプの異なる4人の美女の間で揺れ動く幸世。果たして、幸世はモテキの波を越えて本当の恋愛にたどり着けるのか…? 昨年、TVドラマとして放送され話題を呼んだ久保ミツロウ原作による人気漫画「モテキ」を映画化。

『ヒロイン失格』

©2015映画「ヒロイン失格」製作委員会 ©幸田もも子/集英社

主人公の松崎はとり(桐谷さん)は、クールな幼馴染の寺坂利太(山崎さん)にとって、自分だけが彼の“ヒロイン”だと信じ込んでいる。そんな中、利太がクラスでもイケてない“六角精児”似の女の子とつき合うことになり、学校イチのモテ男・弘光廣祐(坂口さん)がはとりに興味を持ち始めることに――!?

『ソラニン』

© 2010浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会 写真:太田好治

OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)。 音楽への夢をあきらめきれないフリーターの種田(高良健吾)。不確かな未来に不安を抱えながら、お互いに寄り添い、東京の片隅で暮らすふたり。だが、芽衣子の一言で、種田はあきらめかけた想いを繋ぐ。ある想いを込めて、仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田。ふたりはその曲をレコード会社に持ち込むが…。不確かな未来に揺れながらも、新しい一歩を踏み出していく若者たちを描き、絶大な人気を博した 浅野いにおの傑作コミック「ソラニン」を映画化。主人公・井上芽衣子を宮崎あおい、恋人の種田を高良健吾が演じる。

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』

© 2013青木琴美・小学館/「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会

「僕は妹に恋をする」、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の作者として知られる青木琴美の人気少女コミックを映画化。音楽業界を舞台に、25歳の天才サウンドクリエイター・小笠原秋と、普通の女子高校生・小枝理子との歳の差恋愛を描く。突如すたーの階段を駆け上がる天性の歌声を持つ理子を始め、華やかに活躍するクリエイターたちが、音楽作りの過程でどのように悩み、楽曲を生み出していくのか、“ビジネス”としての音楽をリアルに描く。

『イニシエーション・ラブ』

© 2015 K.I/I.L.F.P

<Side-A>1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木(松田翔太)は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユ(前田敦子)と運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。 <Side-B>二人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することに。それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。しかし、東京本社の同僚・美弥子(木村文乃)との出会いを経て、心が揺れ始める…。

『海月姫』

© 2014映画『海月姫』製作委員会 © 東村アキコ/講談社

月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼〜ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた。ゆるい日常は、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現によって揺るがされる。さらに、彼女たちの住まいであり心のより所でもある「天水館」=「聖地」が奪われる危機がぼっ発!!彼女たちは聖地を守れるのか?尼〜ずはバラバラになってしまうのか?そして、「男を必要としない人生」のゆくえは!?

『脳内ポイズンベリー』

© 水城せとな/集英社 © 2015フジテレビジョン 集英社 東宝

携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で一緒になって以来気になっていた年下男子・早乙女(古川雄輝)に、偶然遭遇する。「運命の再会」にときめくいちこのパニック状態の脳内では、5人のメンバー(西島秀俊・神木隆之介・吉田羊・桜田ひより・浅野和之)による脳内会議を繰り広げられていた。限界を迎えた5人のメンバーの元に、いちこと同じ風貌の黒ずくめの女性が現れ、5人は眠らされてしまう。その途端、いちこは大胆にも早乙女をベットに誘い、ベットイン。しかし、自分の軽率な行動を後悔し、いちこは連絡先も残さないままそっと帰宅する。後日、晴れて恋人同士になるも、早乙女の元カノジョの出現や、編集部の越智(成河)からは突如キスされ…!?はたして、いちこと脳内会議のメンバーは、幸せな道を選ぶことができるのか!?いちこ×早乙女×越智の三角関係のゆくえは――!?

『orange-オレンジ-』

©2015「orange」製作委員会 ©高野苺/双葉社

高校2年生の春。10年後の未来の自分から、一通の手紙が届いた。そこに書かれていたのは、転校生の翔を好きになること。そして、翔が1年後には死んでしまっているということ。初めはイタズラかと思ったが書かれていることが次々と起こるので菜穂は次第に手紙を信じるようになっていく。なぜ翔を失ってしまったのか? 26歳の自分と同じ後悔を繰り返さないためにはどうすれば? 翔は、救えるはず。いま、後悔していることはきっとどれも「できたこと」のはず。10年後の想いを知った菜穂の運命を変えていく日々がいま、動き出す。

『PとJK』

© 2017「PとJK」製作委員会

女子高生(JK)で恋愛初心者のカコ(土屋太鳳)は、ある日、警察官の(Police)の功太(亀梨和也)と出会う。カコは男らしい功太に惹かれ、ふたりの恋愛がスタートするかに思えたが、功太は職務上、女子高生と軽々しく付き合うことはできない。そこで功太はいきなり「結婚しよう」とプロポーズ!!突然のことにカコはびっくりしたが、うれしくて功太との結婚を決める。そしてふたりの内緒の結婚生活が始まった。楽しくてラブラブな新婚生活を夢見るカコは、大人な功太にドキドキさせられっぱなし。しかし、警察官と女子高生という立場の違いから、気持ちのすれ違いも出てきてしまう…。そんななか、2人を巻き込む大事件が発生!

『僕の初恋をキミに捧ぐ』

© 2009「僕の初恋をキミに捧ぐ」製作委員会

医師を父に持つ少女・繭(井上真央)は、父の病院で入院生活を送る少年・逞(岡田将生)と出会う。互いに恋心を抱き始める2人だが、繭は逞が重い病気により“20歳まで生きられない”ことを知る。しかし幼い2人は儚い未来に向けて「大人になったら、結婚しよう」と約束をする。時が経ち、一途に逞を愛し続ける繭に対し、自らの余命を自覚した逞は恋心を封印し繭を遠ざけようとする。そしてその間にも、逞の病状は進行していく。運命のタイムリミットが近づく中、思いもよらぬ知らせが二人に届く――。

『潔く柔く きよくやわく』

© 2013「潔く柔く」製作委員会© いくえみ綾/集英社

大切な人を失った後、人はどう悲しみを乗り越え生きていくのか? 喪失感を抱える主人公たちの“その後”を描く純愛ストーリー――。原作の数あるエピソードの中でも圧倒的な人気を誇る、クライマックスを飾ったエピソード「瀬戸カンナ」、「赤沢禄」2人の恋模様を描く。

『ホットロード』

© 2014「ホットロード」製作委員会 © 紡木たく/集英社

14歳の少女・宮市和希(能年玲奈)は、万引きで警察に捕まった。その日はママの誕生日。でも、ママは迎えに来なかった。和希の家には亡きパパの写真がない。ママが好きなのは昔から別の男。自分が望まれて生まれてきたわけではないことに心を痛める和希は、学校にも馴染めずにいた。ある日、転校生・絵里に誘われるまま、夜の湘南で“Nights(ナイツ)”というチームの少年・春山洋志(登坂広臣)と出会う和希。最初の出会いは傷つけ合って散々だったが、春山が身を置く不良の世界に和希は自分の居場所を求め、戸惑いながらも次第に春山に惹かれ始める――。

『抱きしめたい -真実の物語-』

(C)2014映画「抱きしめたい」製作委員会

交通事故から奇跡的に生還したつかさ(北川さん)だったが、車いす生活に加え昨日のことも忘れてしまう記憶障害も負ってしまう。そんな中でも常に明るく前向きに生きる彼女は、やがて出会ったタクシードライバーの雅己(錦戸さん)と恋に落ちる。周囲の反対など多くの障壁を乗り越えやがて結ばれた二人は小さな命を授かる。しかし幸せの絶頂にいた二人を過酷な運命が待ち受けていた…というストーリー。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?』

© 2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

両親の離婚、母親の再婚相手とはギクシャク、そして入学したばかりの女子校では些細なことでハブられてしまった住友糸真。実の父親を頼りに東京から北海道・札幌へと引っ越しを決意する。新たな学校で彼女を待っていたのは学校イチの人気者でタイプが真逆のモテ男子・舘林弦と桜井和央だった。女子の間では「弦と和央はみんなのもの」というルールがあり、もし抜け駆けしようとするものがいればハブの対象になってしまう。そんなことを知りつつも、なぜか糸真は弦と和央との距離が縮まっていく。両親のこともあり恋愛には興味がなくなっていたのに、恋に落ちそう!このままでは、心機一転で新しい環境に飛び込んだにも関わらず、ここでもハブにされてしまうかも…。果たして、糸真は恋の主役になることができるのか―!?

『クローバー』

(C)2014「クローバー」製作委員会 (C)稚野鳥子/集英社

初恋の人が忘れられない、恋愛オンチでピュアな新人OL・沙耶(武井咲)。華やかな女性遍歴を持つ将来有望なイケメンエリート・柘植(大倉忠義)。対照的な2人は職場の部下と上司。今日も沙耶は「バカッ!」「お前の脳ミソは犬以下だ!」とドSな柘植に叱られてばかり。落ち込む沙耶に、その柘植からいきなり交際の申し込みが。付き合い始めても柘植はちっとも優しくならないうえにS度は急上昇していき――。

『ピース オブ ケイク』

© 2015ジョージ朝倉/祥伝社 /「ピース オブ ケイク」製作委員会

流されやすく、恋愛ベタな梅宮志乃(多部未華子)。「仕事も恋愛もちゃんとしたい」と決心した矢先、目の前に現れたのは、隣人で彼女持ちのバイト先の店長・菅原京志郎(綾野剛)。前途多難な“本気”の恋に奮闘する志乃は、果たして幸せを手にいれることができるのか…!?

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんな中、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。「かけおち、しよ」なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。「もしも、あのとき俺が…」なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?花火があがるとき、恋の奇跡が起きる――。

『ひるなかの流星』

© 2017 フジテレビジョン 東宝 集英社© やまもり三香/集英社

田舎育ちでまだ恋を知らない女子高生・与謝野すずめ(永野芽郁)は、上京初日に迷子になっていたのを助けてくれた担任教師・獅子尾(三浦翔平)に、今までに経験したことのない想いを募らせていく…「わたし、先生のことが好きです」。 すずめの真っ直ぐな気持ちを受け止めながらも、教師という立場から素直になれない獅子尾。そんななか、すずめはクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”なはずの馬村(白濱亜嵐)から告白される。果たしてすずめの初恋の行方は…?

『世界から猫が消えたなら』

© 2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

僕は生きるために消すことを決めた。30歳郵便配達員、余命あとわずか。そんな僕の前に僕と同じ姿をした悪魔が現れた。大切なものと引き換えに1日の命を与えるという。何かを得るためには何かを失わなくてはならない。電話、映画、時計…そして猫。失われていく世界のなかで僕はかつての恋人に再会する。かつて愛し、別れた時を思い出していく。親友そして疎遠になってしまった父の想いに触れていく。果たして僕が見つけたのは亡き母が残した手紙だった。そして人生にとって最後の日、僕はある決断をする。

『先輩と彼女』

©「先輩と彼女」製作委員会 ©南波あつこ/講談社

都築りか。高校1年生。野望は「甘い恋」。だけど好きになったのは他の女の人に恋をしている、みの先輩……。先輩が好き―――。たとえ、あたしでない別の人が見つめても。初めておぼえた嫉妬と絶望。そして先輩の選択は?どんなにどんなに想っても届かない、甘くて苦い青春の恋物語。

『未成年だけどコドモじゃない』

©2017「みせコド」製作委員会 ©2012水波風南/小学館

何不自由なく育てられたお嬢様・折山香琳が16歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは“結婚”! しかも、親の決めた結婚相手は、香琳の初恋の相手で学校イチのモテ男・鶴木尚(18)だった! 香琳は幸せな結婚生活が始まるのだと信じて疑わなかった。しかし、現実は甘くない。結婚した途端に、学校では決して見せない冷たい表情で発せられた尚の「お前みたいな女、大っ嫌いなんだよな」という言葉。この結婚は尚にとって、折山家の経済力を目的とした“愛のない”結婚だったのだ。さらに、この結婚は学校では2人だけの秘密。“結婚したのに片想い”な香琳だが、尚への一途な想いと持ち前の天真爛漫な性格で、「香琳を好きにさせてみせるから!」と慣れない家事や勉強にも果敢に挑戦していく。そんなある日、絶対秘密の結婚が、香琳の幼馴染で同じ高校に通う超お金持ち・海老名五十鈴(16)に知られてしまう。五十鈴は香琳に想いを寄せており、海老名家の権力を使い、尚に離婚するように迫る。そして、五十鈴から香琳へのプロポーズ。更には、香琳の前に尚の元カノ・沙綾が現れ…。

『一週間フレンズ。』

© 2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

高校2年の長谷祐樹(山崎賢人)は、初めて会った日から惹かれていた同級生・藤宮香織(川口春奈)に、思い切って「友達になって下さい」と声をかける。が、香織は必死で祐樹を拒む。実は彼女には“友達のことを一週間で忘れてしまう”という記憶障害があった。それでも香織のそばにいたいと願い、毎週月曜日、記憶がリセットされるたびに、香織に会いに行く祐樹。2人は交換日記を始めて、少しずつ距離を縮めていく。そんなある日、香織の過去を知る転入生が現れて――。

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』

© 2016「植物図鑑」製作委員会

何のとりえもない普通の女の子・さやか(高畑充希)の目の前に、ある晩現れたのは行き倒れた青年・樹(岩田剛典)。思いもよらない出会いから突然始まった、2人の「半年」という期限付きの同居生活。しかし彼は、自身の名前と、野草に詳しいということ以外は、謎に包まれていた。 「彼氏じゃないんだよね…?」知らない世界を優しく教えてくれる樹と、毎日過ごすうちに、積もっていく「好き―」という気持ち。けれども、彼には、ある秘密があった―。

『ストロボ・エッジ』

© 2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 © 咲坂伊緒/集英社

恋をしたことのない、高校1年生の木下仁菜子(有村架純)。ある帰り道の電車の中で、学校中の女子から人気を集める同級生の一ノ瀬蓮(福士蒼汰)と出会う。少しずつ会話を交わすようになる蓮と仁菜子。クールに見える蓮の優しい言動、笑顔に今まで感じたことのない気持ちを感じる仁菜子は、自分が蓮に恋をしていると気付く。しかし、蓮には中学の時から付き合っている年上の彼女・麻由香(佐藤ありさ)がいた…。

『近キョリ恋愛』

© 「近キョリ恋愛」製作委員会 (c)みきもと凜/講談社

英語以外は何でもできる超クールな天才女子高生・枢木ゆに。4月から赴任してきた史上最高の男前、ツンデレ英語教師の櫻井ハルカから、特別補習を言い渡される。日々の補習が始まり、スマートで毒舌な櫻井に翻弄されながらも、不思議な感情が芽生え始めるゆに。それが“恋”だと知り、戸惑いながらも「私は先生が大嫌いで大好き!」と不器用に告白。最初は頑なに拒んでいたハルカも、ゆにのひたむきな姿に次第に心が傾いていく…。

『黒崎くんの言いなりになんてならない』

© 「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会 © マキノ/講談社

冴えない自分からの転校デビューを目指して1ヶ月、赤羽由宇(小松菜奈)は、友達ができたり、女子生徒の憧れ「白王子」こと白河タクミ(千葉雄大)とデートをしたり…だけど、「絶対服従」を命じられた黒崎くん(中島健人)のドSな無理難題に翻弄される毎日。壁ドン、顎クイ、さらには?台風で停電中に…″?遊園地の観覧車で…″黒崎くんは「躾だ」と超ドSに迫ってくる。由宇は、タクミの積極的なアプローチや、はじめての親友、芽衣子(高月彩良)の黒崎くんへの想いに揺れ動きながらも、黒崎くんにドキドキさせられっぱなし。次第に黒崎くんのことが頭から離れず、由宇は自分の本当の気持ちに気付いて…。

『僕等がいた・前篇』

© 2012「僕等がいた」製作委員会 &© 2002小畑友紀/小学館

北海道・釧路、春。高校2年生になった高橋七美(吉高由里子)は、クラスの3分の2の女子が好きになるという、矢野元晴(生田斗真)と同じクラスになる。はじめは意地悪でむかつくやつとしか思えなかったが、矢野の時折見せるに優しさに惹かれていく七美。天真爛漫に見えた矢野が、裏切られた元恋人との死別という過去を引きずっていることを知った七美は、しだいに矢野への気持ちを抑えきれなくなっていく…。高校から大学、そして社会へと激動する10年以上の時の流れの中、釧路、札幌、東京を舞台にくり広げられる純愛ストーリー。第50回小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞し、累計発行部数は1,000万部を突破する超ベストセラー・コミックスを実写映画化。

『L・DK』

(C)2014「L・DK」製作委員会

『L・DK』、それは“ラブ同居”の略。ボヤ騒ぎを起こしたことをきっかけに、学校一のイケメン・久我山柊聖(山崎さん)と同居することになった女子高生・西森葵(剛力さん)。同居という2人だけのヒミツを守ろうと必死な葵とは反対に、柊聖はあくまでマイペース。しかも、柊聖は、葵の親友・萌の好きな人だった…。

『ホタルノヒカリ』

© 2012「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

いろんな波を乗り越え、無事結婚を果たしたホタル(綾瀬はるか)と高野部長(藤木直人)。部長の夢が「愛する人とローマの休日」と聞いたホタルは新婚旅行先をローマにすることを決意するのだが…。干物女の恋模様をふんわり描き、人気を博したTVドラマが映画化。

『アオハライド』

(C)2014映画「アオハライド」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

中学の頃、お互いに淡い想いを抱きつつ、離ればなれになってしまった双葉と洸。2人は高2で再会するも、どこか変わってしまった洸に双葉は戸惑う。だが、そっけない言動に隠された洸のやさしさは昔のまま。双葉はふたたび、洸に惹かれていくのだが…。

『四月は君の嘘』

© 2016フジテレビジョン 講談社 東宝 © 新川直司/講談社

完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山崎賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会う。勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格―そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏をきっかけに公生はピアノと“母との思い出”に再び向き合い始める。一方、かをりが抱える秘密にも大きな変化が訪れて…。

『今日、恋をはじめます』

© 2012映画「今日、恋をはじめます」製作委員会 © 水波風南/小学館

結婚するまで処女であるべきと古風な信念を持つガリ勉の高校1年生・日比野つばき。そして、チャラ男・椿京汰はそんな彼女のファーストキスを奪い、“昭和女”とバカにしながらもつばきが徐々に気になり始め…。

『娚の一生』

© 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会

東京で忙しくキャリアを積み、辛い恋愛をしていた堂どう薗ぞのつぐみは本当の幸せと恋愛に臆病になっていた。なにもかもに疲れ、仕事を辞めて、祖母が暮らす田舎の一軒家でゆっくりと自分の人生を見つめなおすことを決意する。そんな中、期せずして迎えた祖母の死をきっかけにそこで52歳独身の大学教授・海江田かいえだ醇じゅんに出会う。生前祖母から鍵を預かっていたと言う海江田との奇妙な同居生活が始まった。つぐみに好意を抱いたという海江田の求愛に戸惑いを感じるつぐみだったが、次第に心を開いてゆく。

『好きっていいなよ。』

© 2014「好きっていいなよ。」製作委員会

16歳の橘めい(川口春奈)は友達も彼氏もつくらず、学校ではいつも独り。だが、学校一のイケメン黒沢大和(福士蒼汰)から突然、一方的に“友だち宣言”をされる。優しく一途な想いを秘めた大和とたくさんの“初めて”を経験して、色づき始めるめいの世界。やがて、初めての友達、初めての恋のライバルの出現で、いままで感じたことのなかった喜びを実感し、悩み、気持ちをぶつけ合い、傷つきながら、めいは、ある決心をするのだが…。

『恋空』

© 2007映画「恋空」製作委員会

美嘉(新垣結衣)は成績優秀な普通の高校生。長身でイケメンのヒロ(三浦春馬)とひょんなことから出会い、付き合うことになる。しかし、2人の前には、ヒロの元彼女の嫌がらせなど様々な障害が立ちはだかり、楽しいときは長くは続かなかった…。ケータイ小説「恋空」を実写映画化。著者の実体験を基に、恋愛や友情、家族と、様々な関係、事件を通じて、主人公の美嘉が成長していく過程が綴られている。

『砂時計』

© 2008 芦原妃名子/映画「砂時計」製作委員会

14歳の水瀬杏(夏帆)は、両親の離婚により、東京から母・美和子(戸田菜穂)の実家である島根県にやって来た。田舎独特の雰囲気や祖母(藤村志保)に馴染めずにいた杏は、近所に住む同い年の大悟(池松壮亮)や藤(塚田健太)、椎香(岡本杏理)と出会い、徐々に自分の居場所を見つけていく。そんな中、母が自殺…。悲しみの中にいた杏を大悟は「俺が、ずっと一緒におっちゃるけん」と力強く抱きしめる…。あれから12年が経ち、26歳になった杏(松下奈緒)は、婚約者の佐倉と東京で暮らしていた。そして、同窓会に出席するため、数年ぶりにあの懐かしい街を訪れる――。

この記事のライター

関連する投稿


英語学習におすすめの洋画15選!英語学習ポイントも教えちゃいます☆

英語学習におすすめの洋画15選!英語学習ポイントも教えちゃいます☆

洋画を字幕で観ていると、英語がネイティブのようにわかれば、もっと映画が楽しめるのに!と思ったりしたことありませんか?しかも実は字幕では伝えきれてないセリフが沢山あって、英語が理解出来ればもっともっと洋画を楽しめることが出来ちゃうんです。そこで今回は英語の勉強になる洋画と映画での英語学習のポイントを一緒にご紹介します!


純愛♡恋愛映画おすすめ50選【洋画・邦画】

純愛♡恋愛映画おすすめ50選【洋画・邦画】

熱く燃え上がる恋、切ない青春を描いた恋、キュンキュンしたい時にみたいのはやっぱり恋愛映画!洋画・邦画問わずにおすすめの恋愛映画を50作品紹介します。


神木隆之介出演映画おすすめ25選!『るろうに剣心』『バクマン』と変幻自在の演技派人気俳優!

神木隆之介出演映画おすすめ25選!『るろうに剣心』『バクマン』と変幻自在の演技派人気俳優!

マンガの実写化や大ヒット邦画にひっぱりだこの神木隆之介。役柄によって印象が全く違う変幻自在の神木隆之介の魅力が伝わる25作をご紹介します。


洋画ラブストーリーなら!恋愛映画おすすめ50選♪

洋画ラブストーリーなら!恋愛映画おすすめ50選♪

恋愛映画を観てキュンキュンしたい人必見!おすすめの恋愛モノを洋画だけ50作品ピックアップしました。


『サイコ』『シャイニング』『リング』おすすめホラー映画50選!背筋が凍りつく絶叫系厳選まとめ

『サイコ』『シャイニング』『リング』おすすめホラー映画50選!背筋が凍りつく絶叫系厳選まとめ

暑い日にはピッタリ。『サイコ』、『シャイニング』、『リング』など、映画史に名を残す傑作ホラー映画をご紹介します。


最新の投稿


『かぐや姫の物語』まとめ!高畑監督の遺作となった、制作8年の超大作の魅力とは?

『かぐや姫の物語』まとめ!高畑監督の遺作となった、制作8年の超大作の魅力とは?

2018年4月5日に亡くなった巨匠・高畑勲監督の遺作となった『かぐや姫の物語』。「竹取物語」を、監督が抱いた3つの疑問をテーマに、壮大なスケールと、情緒豊かなキャラクターによって現代の観客の前に蘇りました。ここではそんな本作の制作秘話や、出演者についてもまとめました。


8月24日公開『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』のあらすじ&キャスト紹介!

8月24日公開『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』のあらすじ&キャスト紹介!

あの大ヒットミュージカル映画『マンマ・ミーア!』の続編が今年の夏に帰ってくる!前作のおさらいから、今作のあらすじ、続投キャストに新キャスト情報まで、今作の見所を一挙にご紹介していきます!


『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』涙なしではみれないドラマがついに映画化!

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』涙なしではみれないドラマがついに映画化!

人の命とはロウソクの灯のように簡単に吹き消せるものかもしれない。でもその灯をどんな強風からも守ろうとする人たちがいます。それが『コード・ブルー』です。


俳優・女優が監督した映画まとめ!多彩な才能に嫉妬しちゃう!

俳優・女優が監督した映画まとめ!多彩な才能に嫉妬しちゃう!

日本の映画シーンをけん引する俳優の皆さん。実は、監督業としての才能を開花させている人もたくさんいるんです。そこで今回は、そんな人気俳優が監督した作品を集めてみました。


ジャスティン・ビーバー祝・婚約!気になるお相手は⁉全裸写真がセレーナ・ゴメスのインスタで?!

ジャスティン・ビーバー祝・婚約!気になるお相手は⁉全裸写真がセレーナ・ゴメスのインスタで?!

ジャスティン・ビーバーが交際中のヘイリー・ボールドウィンにプロポーズし、「イエス!」の返事をもらったとのニュースが!真面目に音楽活動に勤しんでいるかと思えば、いきなりツアーをキャンセルしたりと話題に事欠くことがないジャスティン。しかし、最近関わった音楽たちの評価はどれも高くポップスターとしてのジャスティンは健在です。