【今週末公開の映画】4/13~『パシフィック・リム:アップライジング』『さよなら、僕のマンハッタン』

【今週末公開の映画】4/13~『パシフィック・リム:アップライジング』『さよなら、僕のマンハッタン』

4/13(金)、4/14(土)に公開される映画を一挙ご紹介。待望の続編が日本を舞台に描かれる『パシフィック・リム:アップライジング』をはじめ、マーク・ウェブ監督久々の青春映画の『さよなら、僕のマンハッタン』、さらにアニメではクレヨンしんちゃん、名探偵コナンの劇場版が公開されます!


4/13(金)公開

待望の新作がパワーアップして帰ってくる!『パシフィック・リム:アップライジング』

© Legendary Pictures/Universal Pictures.

戦いは終わりではなく、始まりだった――。前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から数年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちは、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で一躍スターとなったジョン・ボイエガを主演に向かえ、ギレルモ・デル・トロ監督が手がけた前作の続編。デル・トロは製作に回りましたが、決戦の地が日本を舞台にしていたり、キャストに菊地凛子、新田真剣佑など、日本文化へのリスペクトも充分に見て取れます。

人気キャラ安室にフォーカスを当てた『名探偵コナン ゼロの執行人』

© 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するという超巨大施設で、ある日突如大規模爆破事件が発生! そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動に違和感を禁じ得ないコナン。そのとき、現場の証拠物に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう。これは何かの陰謀なのか…。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

劇場版22作目となる今作では、原作でも人気の高い謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場します。
それだけに内容もアクション、サスペンスなど迫力満点!
ゲスト声優には上戸彩さん、博多大吉さんなど豪華な顔ぶれとなっています。

今度の主役はマサオ?『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』

『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・A DK 2018

シリーズ26作目となる映画クレヨンしんちゃんの最新作。主題歌にはももいろクローバーZ、ゲスト声優にはANZEN漫才&関根勤が決定。春日部にある中華街“アイヤータウン”が舞台。そこで突如巻き起こるラーメンパニック! 謎のラーメン“ブラックパンダラーメン”という一度食べるとヤミツキになるラーメンが大流行。でもそのラーメンは、食べた人を凶暴化させてしまう危険なラーメンだった。ピンチを救うのは、カスカベ防衛隊の足をいつもひっぱりがちな小心者のマサオ!? 兄弟子であるマサオとともに伝説のカンフー、ぷにぷに拳を習うしんのすけたちカスカベ防衛隊が、アイヤ―タウンを救うため立ち上がる!! ぷにぷに拳で敵と立ち回る姿、キレのある本格カンフーアクションも披露。そんな中、固く結ばれていたはずのカスカベ防衛隊の友情に亀裂が!? 全篇ノースタントで贈る、おバカンフーアクション!

これまで幾度となく劇場版が製作されましたが、ここで満を持して(?)マサオにフォーカスを当てた作品が誕生しました!
ゲスト声優のミヤゾンはギター拳法なるものを使ってカスカベ防衛隊の前に立ちふさがり、あらぽんは実験体にされるなど、コンビでおいしい役を演じています。

4/14(土)公開

イスラム国にSNSを駆使して立ち向かう、衝撃のドキュメンタリー『ラッカは静かに虐殺されている』

© 2017 A&E TELEVISION NETWORKS, LLC AND SUNSET PRODUCTIONS LLC

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014年、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国(IS)」が制圧したシリア北部の街ラッカ。かつて「天国」と呼ばれ、穏やかだった街はISの首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、匿名の市民ジャーナリスト集団“RBSS”( Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)は結成された。彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々とSNSに投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSSの発信力に脅威を感じたISは直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す――。

前作『カルテル・ランド』でも麻薬戦争が孕む底なしの闇を捉えたマシュー・ハイネマンが、イスラム国によって廃墟と化したラッカで育った若者の反抗を捉えます。
イスラム国が行う残忍な公開処刑を包み隠さず映し出す演出をはじめ、『ラッカは静かに虐殺されている』を暗殺しようとする、イスラム国の見えない魔の手が迫りくる恐怖をこれでもかと見せ付けてきます。
この作品が現実に起きていることだと、信じるのに時間が掛かるほどの衝撃があります。

マーク・ウェブ監督待望の新作!『さよなら、僕のマンハッタン』

© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

大学卒業を機にアッパー・ウエストサイドの親元からロウアー・イーストサイドに引っ越した主人公は、同じアパートに住む小説家の男と出会い、彼から人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せる女の子と行った店で、偶然に父とその愛人の密会を目撃したことから、思わぬ事態に展開していく――。

『(500)日のサマー』『gifted ギフテッド』のマーク・ウェブが青春映画を、サイモン&ガーファンクルの名曲「ニューヨークの少年(The Only Living Boy in New York)」に乗せて描きます。
今作の脚本は、未映像化で既に高い評価を得ている「ブラックリスト」に載っていたものを、10年の歳月にわたって映像化された、監督自身思い入れの強い作品となっています。

キム・スヒョンが、1人2役に挑戦!『リアル』

『リアル』(c) 2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED. 

チャン・テヨンは新しくオープンしたラグジュアリーカジノ“シエスタ”のオーナーだ。富と知恵を持ち、野心家なチャンだが、医師から「解離性障害」の疑いがあると告げられる。さらにカジノがいよいよオープンとなった矢先、ギャンググループのチョ・ウングンから利益の半分をよこせと脅される。ギャングとの抗争が避けられない中、チャンの大ファンだという“仮面”を付けた投資家が現れる。同じチャン・テヨンと名乗るその男は、カジノに投資して、チャンを助けてくれると言う。仮面の男の顔が明らかになったとき、彼はまるでチャンそのものだった。その頃、カジノではドラッグが蔓延し、幻覚により現実と非現実の世界が混同していく。チャンは次第に仮面の男の存在に疑問を持ち始める――。

『10人の泥棒たち』などで活躍する人気若手俳優のキム・スヒョンが、1人2役という難役に挑んだ主演作です。
共演には『ミッド・ランナー』『殺人の輪廻』などに出演しているソン・ドンイルなどが出演しています。

伝説の音楽ドキュメンタリーが蘇る!『ラスト・ワルツ』

© 2018 Metro-Goldwyn-Meyer Studios Inc. All Rights reserved.

1978年に初めて日本公開された伝説の音楽ドキュメンタリー。当時、新進気鋭の監督だったマーティン・スコセッシが、ロック・バンド「ザ・バンド」のサンフランシスコのウィンターランドで行われる解散ライブのステージを演出。その熱狂と興奮を記録した画期的なライブ映画は、素晴らしい演奏と美しい映像が話題を呼び、ロック映画の金字塔として多くの人々に愛された。そして公開から40年、初めてデジタル・リマスターの鮮やかな映像でよみがえり、パワフルな大音量による公開も決定している。

バンドの中心人物、ロビー・ロバートソンが、スコセッシ作品の音楽センスに惚れ込んで監督を依頼したといわれる今作。
『タクシー・ドライバー』の名手マイケル・チャップマンを中心に、ラズロ・コヴァックス、ヴィルモス・ジグモンド等、7人の撮影監督を巻き込むことで、臨場感あふれるステージの映像化に成功。舞台美術と照明は『ウエストサイド物語』でオスカー受賞の大ベテラン、ボリス・レヴェンが担当するなど、超一流のスタッフで、ハイクオリティなライブドキュメンタリーが誕生したのです。

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


『君の名は。』【ネタバレ】あらすじ・考察・ハリウッド実写版情報!【2019年最新版】

『君の名は。』【ネタバレ】あらすじ・考察・ハリウッド実写版情報!【2019年最新版】

社会現象にまでなった映画『君の名は。』。世代を越え、国を越え、なぜ私たちはこんなにも熱狂するのか?本作を観た方もまだ観ていない方にも、いまさら聞けない本作のみどころと魅力をたっぷりご紹介していきたいと思います!


不倫がテーマの映画おすすめ10選!禁断の恋の結末は?[洋画・邦画]

不倫がテーマの映画おすすめ10選!禁断の恋の結末は?[洋画・邦画]

許されぬ恋だとわかっていても止められない不倫。美しく描かれた純愛なラブストーリーから悲劇が待ち受けるサスペンスまで、不倫をテーマにしたおすすめ映画を洋画・邦画の中から10作品ご紹介いたします。


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


人気映画監督ランキングTOP25!世界で最も高く評価されている監督たち<2019年版>

人気映画監督ランキングTOP25!世界で最も高く評価されている監督たち<2019年版>

毎年、心振るわす名作が続々と生まれてくる映画界。良いシナリオと監督のベースがあってこそ俳優たちも輝きます。今、世界ではどの映画監督が人気なのかって...やっぱり把握しておきたいですよね?ここではデータに基づいて、現在最も高く評価されている監督たちをランキングで紹介していますので、是非ご覧くださいね。


最新の投稿


ハンニバル・レクター博士のモデルとなった実在のシリアルキラー4人!

ハンニバル・レクター博士のモデルとなった実在のシリアルキラー4人!

『羊たちの沈黙』で一躍世界的に有名になったハンニバル・レクター博士は高名な精神科医かつ連続猟奇殺人犯。知的でありながら凶暴な殺人事件を何度も犯しているレクター博士には、モデルとなった人物がいます。どんな人物だったのか1人ずつ見ていきましょう。レクター博士の怖ろしさがさらに深くなるかも?


Netflix 海外ドラマ「ザ・ソサエティ」あらすじ、登場人物【ネタバレあり!】

Netflix 海外ドラマ「ザ・ソサエティ」あらすじ、登場人物【ネタバレあり!】

2019年春に配信が始まったネットフリックス・オリジナル海外ドラマシリーズ「ザ・ソサエティ」。配信と同時に話題になっているのは、ご存知のはず!アメリカ北東部の裕福な住民たちが暮らす美しい町で展開される、少年少女達の集団生活を描いたティーン・ミステリードラマを紹介します!


Netflix オリジナル海外ドラマ「マニアック」あらすじ、登場人物、キャスト&ネタバレ解説

Netflix オリジナル海外ドラマ「マニアック」あらすじ、登場人物、キャスト&ネタバレ解説

エマ・ストーンとジョナ・ヒルが主役を務めるNetflix オリジナルコメディドラマ「マニアック」。2018年より、全世界同時配信されている、このちょっと変わったファンタジードラマをご存知ですか?これを読めば、このシリーズの全てが、わかるはずです!


Netflix「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」海外ドラマ あらすじ、登場人物&ネタバレ

Netflix「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」海外ドラマ あらすじ、登場人物&ネタバレ

今年2月に配信された「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」は、アメリカのテレビ局SyfyとNetflixによっての共同製作。原作は、大ヒットドラマシリーズの「ゲーム・オブ・スローンズ」を執筆したジョージ・R・R・マーティン氏。この最新シリーズを紹介します。


Hulu/海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」あらすじ、キャスト&ネタバレ

Hulu/海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」あらすじ、キャスト&ネタバレ

シーズン3の配信が待ち遠しい話題の海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」を知っていますか?1985年のマーガレット・アトウッドの小説"侍女の物語"を原作として製作されているシリーズです。数多くの賞を受賞しているこの注目の作品をまとめました!