『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健×土屋太鳳2度目の共演は、これまでにない感動作!

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健×土屋太鳳2度目の共演は、これまでにない感動作!

YouTube動画をきっかけに、国内外でも話題となり、「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」のタイトルで書籍化もされた実話を、佐藤健&土屋太鳳の主演で映画化された今作。 佐藤さんと土屋さんは『るろうに剣心』以降、2度目の共演ということもあり、お2人の共演エピソードを中心にまとめました。


実話を元にした、これまでにない感動物語

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

プロポーズをし、挙式の準備をしているという幸せの真っ只中に、「抗NMDA受容体脳炎」という、発症率が300万人に1人とされる難病と診断された女性と、彼女を8年にもわたって支え続けた男性、岡山県在住の中原尚志さん・麻衣さん夫婦がモデルとなっている今作。

佐藤健&土屋太鳳/『8年越しの花嫁』初日舞台挨拶

長い昏睡状態とその後のリハビリを経て、晴れて挙式をした2人。
式場の運営会社が撮影したそのときの映像が「8年越しの結婚式」として「YouTube」に投稿されると、瞬く間に口コミで広がり話題になりました。
TVや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられ、ついに満を持しての映画化となります!

その壮絶なストーリーとは・・・?

『8年越しの花嫁』(C)2017「8年越しの花嫁」製作委員会

結婚を約束したカップル、尚志と麻衣。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意識不明となってしまいます。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」とも言われてしまいます。

土屋太鳳/『8年越しの花嫁 奇跡の実話』完成披露試写会

それでも尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続けます。
長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が2人を待ち受けていました。そして2人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる――。

実写版『るろうに剣心』で共演した過去が!

土屋太鳳/『8年越しの花嫁 奇跡の実話』完成披露試写会

佐藤さんと土屋さんは今回が初共演ではなく、過去に『るろうに剣心 京都大火編』と『伝説の最期編』で共演しています。
原作のラストにあたり、ファンの人気も高いエピソード「京都編」を描いた2部作となっています。

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

土屋さんは御庭番衆先代御頭の孫娘・巻町操役を演じています。
蒼紫と4人の御庭番衆とともに旅をし、幼い彼女は別の人物へ預けられますが、剣心が蒼紫らと面識があることを知り、共に行動をします。
こうした形で2人は初共演をしていたのです。

back numberが書き下ろしの曲が主題歌に!

『8年越しの花嫁』主題歌を務める「back number」

この度、今作の主題歌として書き下ろされた「瞬き」。
iTunesアルバムランキング1位を獲得したシングル「ハッピーエンド」以来、約1年ぶりの新曲となります。
今作の監督を務める瀬々氏は、かねてから「back number」の曲を聴いていたとか。

佐藤健/『8年越しの花嫁 奇跡の実話』完成披露試写会

瀬々監督は、大好きな楽曲の一つに『スーパースターになったら』という曲があり、今回書き下ろされた新曲「瞬き」も、近いものを感じたとの事。
麻衣を待ち続けた尚志は、普通の男性だけど、彼女を待ち続けたという1点では、既にスーパースターそのものだと、力強く語りました。

監督は『64 ロクヨン』の瀬々敬久

杉本哲太/『8年越しの花嫁』初日舞台挨拶

1990年代は、ピンク映画界で名を馳せていた瀬々監督。
2000年代では一般作も手がけるようになり、中でも4時間38分という『ヘヴンズストーリー』ではベルリン国際映画祭では批評家連盟賞とNETPAC(最優秀アジア映画)賞を受賞しました。

佐藤健&土屋太鳳/『8年越しの花嫁 奇跡の実話』完成披露試写会

他にもさだまさしさん原作の『アントキノイノチ』でモントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門のイノベーションアワードを獲得しました。
最近では『64 ロクヨン』2部作の前編で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞したり、紗倉まな原作の『最低。』を手がけるなど、非情に幅広い作品を手がけています。

『いま、会いにゆきます』の脚本を手がけた岡田惠和

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』完成披露試写会

脚本はこれまでに『いま、会いにゆきます』『阪急電車 片道15分の奇跡』『天国は待ってくれる』を執筆した岡田惠和さん。
中でも『天国は待ってくれる』では書き下ろし小説と脚本の両方を手がけています。

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

さらに『8年越しの花嫁』の前作でも、佐藤さん主演『世界から猫が消えたなら』の脚本を担当しており、実は2度目のタッグとなります。

関連する投稿


堺雅人×高畑充希W主演『DESTINY 鎌倉ものがたり』のネタバレあらすじ、みどころ、キャストまとめ

堺雅人×高畑充希W主演『DESTINY 鎌倉ものがたり』のネタバレあらすじ、みどころ、キャストまとめ

『DESTINY 鎌倉ものがたり』はどんな映画なのでしょうか?この記事では『DESTINY 鎌倉ものがたり』のみどころ、あらすじネタバレ、キャスト、原作や感想も紹介します。この記事を読めば『DESTINY 鎌倉ものがたり』をもっと楽しめますよ!


亀梨和也主演!ホラー映画『事故物件 恐い間取り』のネタバレあらすじ

亀梨和也主演!ホラー映画『事故物件 恐い間取り』のネタバレあらすじ

ホラー映画『事故物件 恐い間取り』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『事故物件 恐い間取り』のみどころ、ネタバレあらすじ、KAT-TUNの亀梨和也ほかキャスト、原作や感想も紹介します。この記事を読めば『事故物件 恐い間取り』をもっと楽しめますよ!


話題沸騰中!浜辺美波の魅力をご紹介!映画にCMに大活躍中!

話題沸騰中!浜辺美波の魅力をご紹介!映画にCMに大活躍中!

WEB動画シリーズ『カスミナミ』で、話題を集めている若手女優の浜辺美波さんをご存じですか?『君の膵臓をたべたい』ではヒロインを演じるなど、映画やテレビドラマ、CMにも出演し、多方面で活躍しています。最新作は実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』で、北村匠海と初キスシーンを披露。本記事では可憐な浜辺美波さんの魅力をご紹介します。


最も怖い映画のシーン15選!あなたは最後まで観ることができる?【一部ネタバレあり】

最も怖い映画のシーン15選!あなたは最後まで観ることができる?【一部ネタバレあり】

HMVオンラインが2000人を対象に過去60年間で最も怖い映画のシーンを調査したところ、18パーセントの票を集めて1973年作『エクソシスト』が1位に選ばれました。他に『サイコ』や『羊たちの沈黙』などがランクインしています。最も怖い映画のシーン15選をご紹介します。


【2020年最新版】ハリウッド人気若手女優20人!注目の20代実力派女優!

【2020年最新版】ハリウッド人気若手女優20人!注目の20代実力派女優!

ハリウッドでは次世代を担う若き女優が次々に誕生しています。この記事ではそんな彼女達にスポットを当て「2020年もっとも注目されている20代人気女優」20人をご紹介いたします。最新映画情報やゴシップ、彼女達のメイクやファッションにも注目してください。


最新の投稿


堺雅人×高畑充希W主演『DESTINY 鎌倉ものがたり』のネタバレあらすじ、みどころ、キャストまとめ

堺雅人×高畑充希W主演『DESTINY 鎌倉ものがたり』のネタバレあらすじ、みどころ、キャストまとめ

『DESTINY 鎌倉ものがたり』はどんな映画なのでしょうか?この記事では『DESTINY 鎌倉ものがたり』のみどころ、あらすじネタバレ、キャスト、原作や感想も紹介します。この記事を読めば『DESTINY 鎌倉ものがたり』をもっと楽しめますよ!


映画『ミスト』濃霧に閉ざされた世界の謎とは?ネタバレありのあらすじと考察

映画『ミスト』濃霧に閉ざされた世界の謎とは?ネタバレありのあらすじと考察

田舎町に暮らす画家一家デイビッドの町が突如濃い霧に覆われ、白い霧の中から現れる怪物に襲われ次々姿を消す人々の恐怖と混乱の数日を描いたSFパニックホラー『ミスト』の世界をネタバレありで解説する。


失恋した時は…泣ける映画のおすすめ50選!

失恋した時は…泣ける映画のおすすめ50選!

辛い失恋を乗り切るには、とにかく涙が枯れるまで泣くしかない⁉失恋しても立ち直る勇気をもらえるのも映画の魅力!そんな時にぴったりのおすすめの映画名作・傑作の感動作品を集めました。


亀梨和也主演!ホラー映画『事故物件 恐い間取り』のネタバレあらすじ

亀梨和也主演!ホラー映画『事故物件 恐い間取り』のネタバレあらすじ

ホラー映画『事故物件 恐い間取り』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『事故物件 恐い間取り』のみどころ、ネタバレあらすじ、KAT-TUNの亀梨和也ほかキャスト、原作や感想も紹介します。この記事を読めば『事故物件 恐い間取り』をもっと楽しめますよ!


人生はこれから!敬老の日に観る、高齢者を描いた映画10選!おじいちゃんおばあちゃんが大活躍!

人生はこれから!敬老の日に観る、高齢者を描いた映画10選!おじいちゃんおばあちゃんが大活躍!

「敬老」とは文字通り、お年寄りを敬うという意味ですが、「敬ってもらうまでもなくまだまだ人生これから!」というアグレッシブなお年寄りの皆さんも多いですよね! 今回は、そんな素敵なおじいちゃんおばあちゃんを描いた作品を、いくつかご紹介致します。