『パシフィック・リム』まとめ!公開される続編の復習をしよう!

『パシフィック・リム』まとめ!公開される続編の復習をしよう!

4月13日より『パシフィック・リム:アップ・ライジング』が公開され、再び前作が注目を集めています。 ロボットVS怪獣と聞くと、日本の特撮やアニメを想像する方も多いと思いますが、何を隠そう今作を手がけた監督も大のオタク! 今回は続編に向けて復習できるよう、前作のポイントをまとめました!


日本のアニメや漫画の影響を受けたハリウッド製ロボットアクション

『パシフィック・リム』 -(C) 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

「日本の漫画、ロボット、怪獣映画の伝統を尊重している」とコメントされるほど、巨大ロボと怪獣との闘いを描く今作。
ド派手なロボアクションをはじめ、数多くの種類が登場する「KAIJU(カイジュー)」、ロボを操縦する多くのキャラクターのドラマなど、監督のこだわりが随所にちりばめられています。

『パシフィック・リム』 -(C) 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

監督のギレルモ・デル・トロは今作をただの怪獣ものオマージュとしてではなく、より新しいことができると可能性を感じて制作に挑んでいます。
「巨大怪獣への美しい詩」と語るだけあり、特に怪獣へのビジュアルに注目したい作品でもあります。

人類VS怪獣を描いた超大作!

© 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

2013年、太平洋(パシフィック)の深海から突如出現した未知なる巨大生命体に、世界中の大都市が次々と破壊され、人類は滅亡の危機に晒される。甚台な被害を受けた人類は、巨大生命体と戦うため、英知を結集して人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。“イェーガー”は次々と現れる巨大生命体の侵攻を食い止めることができるのか――?

『パシフィック・リム』 -(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞監督賞を受賞したギレルモ・デル・トロ監督が、自身の敬愛する日本映画の特撮に登場するような怪物にオマージュを捧げる、VFX超大作です!

晴れて2018年アカデミー賞を受賞した、ギレルモ・デル・トロ監督作!

ギレルモ・デル・トロ-(C) Getty Images

今年度アカデミー賞にて、『シェイプ・オブ・ウォーター』が作品賞と監督賞を受賞したギレルモ・デル・トロ監督。
日本文化オタクとしても有名で、来日した際にはそのお茶目なはしゃぎっぷりがお茶の間に流れました!

菊地凜子&芦田愛菜&ギレルモ・デル・トロ監督/『パシフィック・リム』来日会見

そんなデル・トロ監督の大好きな要素を詰め込んだと言っても過言ではない『パシフィック・リム』
その熱い思いは、観客以上に監督と同業者の人々にも絶賛され、世界中の映画オタクを唸らせました。
もちろん、日本人にも馴染み深い設定が随所に散りばめられているので、特撮好きな大人から、子供までも楽しめること間違いなし!
実際私は映画館で見ましたが、父子で鑑賞している方々も多くいました。

KAIJUと戦う巨大ロボ・イェーガー

ギレルモ・デル・トロ監督/、『パシフィック・リム』 -(C) 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

人類が世界各国で開発する、対KAIJU人型ロボット・イェーガー。
操縦はパイロット2名が搭乗し、パイロットスーツに組み込まれた伝達回路をイェーガーの動きにトレースして操縦します。
パイロットは意識を共有するために、右脳と左脳で同調させる仕組みです。
ちなみに名前の由来はドイツ語の「狩人」から来ているそうです。

菊地凜子&芦田愛菜&ケンドーコバヤシ/『パシフィック・リム』舞台挨拶

作中で搭乗するイェーガーは5体登場し、それぞれの制作国籍も異なる設定となっています。日本で作成されたイェーガー(コヨーテ・タンゴ)も登場します!
さらに過去存在したイェーガーを足すと、その数はさらに多いようです。

地球を襲う「KAIJU」(怪獣)

菊地凛子/『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア

2013年8月10日に初めてKAIJUが出演し、それらは太平洋グアム沖の深海にできた「ブリーチ」と呼ばれる割れ目から出現します。ちなみに英語圏でも「かいじゅう」と発音されます。

ギレルモ・デル・トロ監督&菊地凜子&芦田愛菜/『パシフィック・リム』ジャパン・プレミア

基本爬虫類、甲殻類、魚類を模った形状をしており、人口密集地帯を狙って襲撃してきます。
体液にも強い毒性を含んでおり、KAIJUの固体の強さや、毒性の高さなどを「セリザワ・スケール」と呼称してカテゴリー分けされます。
この「セリザワ」はおそらく『初代ゴジラ』に登場する重要キャラ芹沢大助からもじったものと思われます。

吹き替えには、人気声優も!

杉田智和

多くの津上人物が登場する中、今作の主人公ーリー・ベケット役の吹き替えを、人気アニメ「銀魂」の“銀さん”こと坂田銀時役を担当している実力派声優・杉田智和さんが担当。
菊地凛子も基本は英語の台詞ということもあり、こちらは『新世紀エヴァンゲリオン』で綾波レイを担当した林原めぐみさんが担当します。

ケンドーコバヤシ/『パシフィック・リム』舞台挨拶

他にも脇役ですが、怪獣の死骸を解体し、その臓器を万能薬として売りさばく闇商人のボス・ハンニバル・チャウの声を、お笑い芸人のケンドーコバヤシさんが担当!
俳優ロン・パールマンとのイメージと良く合っていますね。

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『疾風ロンド』あらすじ・キャストを紹介!東野圭吾原作、阿部寛主演!

『疾風ロンド』あらすじ・キャストを紹介!東野圭吾原作、阿部寛主演!

人気作家・東野圭吾さんの小説作品『疾風ロンド』を原作とした実写映画化作品が2016年に公開!監督は「あまちゃん」の吉田照幸さん、主演は『テルマエ・ロマエ』などで知られる阿部寛さんが務めました。今回は2016年公開の映画『疾風ロンド』のあらすじやキャストなど紹介!


映画『ライチ☆光クラブ』あらすじ・キャストは?美少年たちが集結!

映画『ライチ☆光クラブ』あらすじ・キャストは?美少年たちが集結!

『ライチ☆光クラブ』は、カリスマ的人気を誇る同名コミック作品を原作とした実写映画作品です。キャストには若手俳優が集結しており、野村周平さんや間宮祥太朗さん、中条あやみさんらが名を連ねています。今回はそんな本作のあらすじやキャストなど紹介!


映画『サスペリア』まとめ!リメイク版の見どころや、監督、キャストを紹介!

映画『サスペリア』まとめ!リメイク版の見どころや、監督、キャストを紹介!

1970年代に公開された伝説的ホラー映画『サスペリア』がリメイクされ、現代に蘇ります。『君の名前で僕を呼んで』の監督が大ファンだと語る本作を再構築氏ら結果、その衝撃のラストで、これまでにない賛否を受けたことでも注目を集めています。いったいどんなホラー映画なのか?こちらの記事ではキャストの証言や前作も踏まえて紹介します!


戦争映画おすすめランキングTOP25!

戦争映画おすすめランキングTOP25!

皆さんは生涯で戦争映画ってどれくらい見ましたか?残虐なシーンだったり、悲しい物語があって涙した人も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな戦争映画をランキング形式で紹介していきたいと思います。そして戦争についても知っていきましょう。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。