『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


日本でも大きく取り上げられた、前代未聞の誘拐劇

『ゲティ家の身代金』(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1973年に世界中を震撼させた誘拐事件。
「世界一の大富豪」であるアメリカ人石油王ジャン・ポール・ゲティの孫、ジョン・ポール・ゲティ三世が誘拐され、その身代金は1,700万ドル。日本円にして約50億円という破格の金額でした。

『手紙は憶えている』(C)2014, Remember Productions Inc.

さらにこの事件を注目させたのが、50億ドル(1.4兆円)もの資産を持つゲティが、身代金の支払いを拒否したことでした。
この出来事は日本の週刊誌、新聞でも大きく報道されました。
今作『ゲティ家の誘拐』で取り上げるのは、その舞台裏で必死に戦い続けた、人質の母親。
離婚が原因で一族を離れた普通の母は、なんと誘拐犯と、ゲティ、二つの強敵に立ち向かうことになるのです。

あらすじ

-(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.『All the Money in the World/オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』(原題) (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。
ある日、彼の孫であるポールが誘拐されると、身代金として1700万ドルという破格の金額を要求されます。
ところがゲティは、その支払いを断固拒否します。
彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのです・・・。

クリストファー・プラマー Richard Harbaugh / -(C)A.M.P.A.S.

ポールの母ゲイルは、離婚によってゲティ家を離れていたため、とても身代金の支払いは不可能でした。
それにより彼女は、度々脅してくる誘拐犯だけでなく、断固として支払いに応じようとしないゲティとも戦うことになってしまいます。
さらには警察から狂言と疑われ、マスコミに執拗に追い回されるようになるゲイルは疲弊していきます。
誘拐犯は、痺れを切らしていき、ポールの身に危険が迫ってきます・・・。

ケヴィン・スペイシー降板でお蔵入りの危機に?

ケヴィン・スペイシー-(C) Getty Images

今作が日本公開する前に話題に上った理由。それは当初ジャン・ポール・ゲティ役にキャスティングされていた、大御所俳優ケヴィン・スペイシーがスキャンダルによって降板してしまったこと。

ケヴィン・スペイシー-(C) Getty Images

ハリウッド大物プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題以前に発覚したこともあり、ハリウッドで巻き起こるセクハラ問題の大元ともいえる人物になってしまったケヴィン・スペイシー。
彼の降板によって、製作サイドは出演シーンを全て削除。作品はお蔵入りされるのではとささやかれるほどでした。

代打を勤めたクリストファー・プラマーがゴールデングローブ賞にノミネート

クリストファー・プラマー-(C)Getty Images

そんな中、代役として抜擢されたのが『サウンド・オブ・ミュージック』や近年では『手紙は覚えている』で主演を務めたクリストファー・プラマー。
既に殆どの撮影が終えている中、監督のリドリー・スコットはクリストファーだけで再撮影をし、編集して本編を完成させました。

『手紙は憶えている』(C)2014,Remember Productions Inc.

そんなイレギュラーな撮影にも関わらず、クリストファーは今作の演技で、ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞に助演男優賞としてノミネートされるという離れ業を成し遂げました。
彼は2011年のアカデミー賞でも助演男優賞としてノミネートされ、当時82歳という史上最高齢でしたが、今作のノミネートで最高記録を88歳に塗り替えました。

世界一の大富豪にして守銭奴・ジャン・ポール・ゲティとはどんな人物か?

-(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.『All the Money in the World/オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』(原題) (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

弁護士ジョージ・ゲティとセアラの間に生まれたジャン・ポール・ゲティは裕福な幼少期を過ごします。
父とともにゲティはオクラホマで石油会社を設立して大成功を収めるだけでなく、大恐慌で石油メジャーが安全策を取る最中、ゲティは逆に勝負を仕掛けます。
その結果、大手の吸収により事業を拡大、中東への進出を図ります。

クリストファー・プラマー-(C)Getty Images

1957年、フォーチュン誌が初めて発表したアメリカ人長者番付でゲティは1位を獲得。
その後「世界一裕福な個人」として、ギネス認定もされました。
ところが私生活では生涯5度結婚し、5人の息子に恵まれるますが、それぞれの妻との離婚調停で多額の慰謝料を要求されることに。
子供達もストレスにより自殺したり、ドラッグ中毒になったり、若くして病死したりと、悲劇的な最期を遂げる者が多かったようです。
必ずしもお金があれば幸せというわけではないということがひしひしと伝わってきます。

ただのクライムスリラーではない?お金に取り付かれた男を描ききる

リドリー・スコット-(C)Getty Images

今作の脚本は映画化されていない脚本を評価する制作サイドとのマッチングプロジェクト「ブラックリスト」にて好評価を得ていました。
というのも、今作は一見してクライムスリラーのようですが、実際はジャン・ポール・ゲティの強烈なキャラを上手く生かした構造になっています。

ジェシカ・チャステイン&リドリー・スコット監督/『オデッセイ』 ー(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

お金がゲティを呪縛し、その影響がゲイルや誘拐犯に及ぶという、その影響を検証するストーリーだと、脚本のデヴィット・スカルパは語ります。
今回の誘拐犯はテロリストということもあり、今のアメリカならテロには屈しない=身代金の交渉にも応じないという判断になるため、ある意味当時のゲティの判断は先進的だったともいえるようです。
それだけ、ゲティの振る舞いは、作中のあらゆる人物に何かしらの影響を及ぼし、ストーリーもこれまでにないテイストになっています。

ミシェル・ウィリアムズの限られた中での役作り

ミシェル・ウィリアムズ - Darren Decker / (C) A.M.P.A.S.

今回ミシェル・ウィリアムズが演じたゲイルは、当時の報道の中でも中心人物に居たわけではないため。彼女の資料は限られたものになっていました。
しかし監督は、ミシェルがマスコミの撮った写真を参考に、外見的な特徴を取り込んで言ったアプローチに、とても感動したそうです。

『マリリン 7日間の恋』 ミシェル・ウィリアムズ photo:Toru Hiraiwa

ミシェルは今作の出演を即決しており、やはり一番の決め手は監督がリドリー・スコットだったという点でした。
現場での監督は演出に無駄がなく、撮影もテキパキと進んでいく。テイクがマンネリ化すると、意外な演出を試みるので、演じる側も面白くなるとコメントしています。

どんな撮影にも打ち勝つマーク・ウォールバーグの役作り

『ザ・シューター/極大射程』 マーク・ウォルバーグ

ゲティのコンサルタント兼フィクサーのフレッチャー・チェイスを演じるのはマーク・ウォールバーグ。
彼のイメージといえば、『ザ・シューター』や『ローン・サバイバー』といった本格アクション映画や、『テッド』などのコミカルな役が目立つため、今作のような実話を基にしたサスペンスは少し珍しく感じます。

マーク・ウォールバーグ-(C)Getty Images

監督もマークのセンスの良さを把握しており、どんな役を演じさせても親近感を持たせる才能があると絶賛。
そんな監督と仕事をするにあたって、マークはどんな撮影にも対応できるように、脚本は一日4回も朗読し、徹底的に覚えこむことで、撮影中に余計なことを考えないように務めたそうです。

リドリー・スコット監督が今作に魅了されたわけ

リドリー・スコット -(C) Getty Images

監督は、今作の魅力を冷酷な金持ちを主人公にした点以外にもあるとコメント。
実際、ゲティの作中における判断は間違いではないこともあったからだそうです。
もちろん孫の身代金を拒否するなど、尊敬しがたい部分も有りますが、同時に決して身勝手ともいいがたい彼のキャラクターにも惹かれます。

リドリー・スコット-(C)Getty Images

世界一の大富豪は、自分のある意味での冨の貧しさや、それに伴って自分が傷つくことも理解していたのではないかと監督は考えます。
そしてこの人物を掘り下げることで、もうひとつの描くべきテーマが浮き彫りになってきます。

今作の本当の主人公とは?

『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ来日@ジャパンプレミア

ゲティの本質を描くことで、今作の猛一人の主人公、ゲイルの行動や活躍がより鮮明に描き出されます。
彼女はお金ではなく息子に対する愛情だけで戦い続け、その鋼鉄の意志の固さと、ゲティを交差させることで、作品がより魅力的になると、監督は考えていました。

ミシェル・ウィリアムズ - (C) Getty Images

ゲイルを演じたミシェル・ウィリアムズも、今作はサスペンス映画と同時に、フェミニズム映画の側面も持っていると語っており、ハリウッド映画では除外されがちな女性が軽んじられたり、過小評価されるような場面がそこかしこに見ることができると、隠すことなく実話を描ききった監督を評価していました。

リドリー・スコットのキャリアをおさらい

『エイリアン:コヴェナント』日本版ポスター (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

SFホラー『エイリアン』で一躍ブレイクすると、最近続編が公開された『ブレードランナー』を監督しSF映画の名匠として、その座に君臨します。
日本を舞台にし、高倉健と松田勇作らを起用した『ブラックレイン』も大きな話題を呼び、日本でも知られる監督として名を馳せます。
最近ではマット・デイモン主演の火星サバイブ映画『オデッセイ』や、『エイリアン:コヴェナント』などまだまだヒット作を作り続けています。

ここが変だよ、大富豪。同じく一味違う誘拐モノが存在した!

『ハイネケン誘拐の代償』ポスタービジュアル (c)2014 Informant Europe SPRL, Heineken Finance, LLC

人は皆同じ事を考えているもので、オランダでも大富豪を誘拐する事件が起きています。
その事件を映画化した『ハイネケン 誘拐の代償』という作品が存在します。
誘拐されたのは、世界的ビール会社「ハイネケン」の経営者フレディ・ハイネケン。
犯人グループは親友同士で構成されるもズブの素人。
誘拐自体は成功するも、いかんせんこのフレディが被害者にも関わらず、終始へらへらしっぱなし。

身代金の交渉は、フレディの老獪かつ傲慢な態度のおかげで全く進まず、苛立つ犯行グループの絆にも暗い影が差し込んで・・・という、誘拐モノにはあまりない、スタートから形勢逆転しているユニークな作品です。でも実話です。

実際の人物を演じきったキャストを紹介

リドリー・スコット

今作では巨匠リドリースコットの作品なら出演したいと言うキャストが、即決で出演を決めるなど、それだけ作品としての魅力に惹かれた俳優達が揃っています。

ミシェル・ウィリアムズ/アビ“ゲイル”・ハリス

昨年10月に撮影されたミシェル・ウィリアムズと娘のマチルダ -(C) Splash/AFLO

幼い頃から演劇を学び、過去に出演した『ブルーバレンタイン』『マリリン 7日間の恋』でアカデミー主演女優賞、『ブロークバック・マウンテン』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で助演女優賞にノミネートされるなど、その実力派は一目瞭然。
今作の本当の主人公で、人質となったポールの母を熱演しています。

マーク・ウォールバーグ/フレッチャー・チェイス

マーク・ウォールバーグ-(C) Getty Images

2017年に「最も稼いだ俳優」1位を獲得するなど、ブロックバスターの出演も目立つ中、ポルノ男優としてサクセスする『ブギーナイツ』や、ピーター・バーグとタッグを組む『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』など武骨な役柄もこなします。
今作ではアクション要素こそないものの、元CIA人質交渉人を演じており、これまでにない役に挑んでいます。

クリストファー・プラマー/ジャン・ポール・ゲティ

『手紙は憶えている』 (C)2014, Remember Productions Inc.

1929年生まれ。
『サウンド・オブ・ミュージック』ではゲオルク・トラップ大佐など当たり役を得ます。
『終着駅 トルストイ最後の旅』ではアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、『人生はビギナーズ』では念願の受賞を果たします。
今作では急遽、降板したケヴィン・スペイシーに代わって、石油王ケディを演じ、またも当たり役となり、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。

ロマン・デュリス/チンクアンタ

『真夜中のピアニスト』ロマン・デュリス

フランス人俳優であり、今作で誘拐犯グループのリーダー、チンクアンタを演じるロマン・デユリス。
『真夜中のピアニスト』でその存在感を示し、日本では『タイピスト!』や『彼は秘密の女ともだち』などで知られるようになります。
因みにキャスティング・ディレクターにスカウトされるまでは演技未経験だったそうです。

チャーリー・プラマー/ジャン・ポール・ゲティ三世

クリストファー・プラマー Michael Yada / -(C) A.M.P.A.S.

1999年5月24日生まれで、2011年、HBOのTVシリーズ「ボードウォーク・エンパイア」で俳優デビューをします。
その後、日本未公開の”King Jack”で映画デビューを果たすと、2017年にはリチャード・ギア、ローラー・リニーらと共演。
次回作ではマリサ・トメイと共演する”Behold My Heart”が待機中です。

※クリストファー・プラマーとの血縁関係はありません。

ティモシー・ハットン/オズワルド・ヒンジ

2018年5月25日公開の映画『ゲティ家の身代金』関連本

10代で俳優業を始めると、映画デビュー作となった『普通の人々』(1980)で一躍注目を浴びるようになります。
同作でティモシーはアカデミー賞と、ゴールデン・グローブ賞の助演男優賞を受賞しました。
今作ではゲティの秘書役として登場します。

まとめ

© 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

いかがでしたか?
主演俳優の降板から、アカデミー賞ノミネートという起死回生を成し遂げた今作。
それはやはり監督やキャストの作品に対する強い思いがあってのこと。
実話をベースにしていますが、当時報道された部分とは別のアプローチをしかけることで、当時のことを知らなくてもグッと引き込まれる作品になっています。
『ゲティ家の誘拐』は5月25日(金)より公開です。

この記事のライター

過去にレンタルビデオ店と映画館で働いていており、基本洋画邦画問わず見ます。18年目標は、たまっているネトフリマイリスト消化・・・

関連する投稿


エマ・ストーン主演『バトル・オブ・セクシーズ』男性至上主義のブタ対フェミニスト!世紀の男女テニス戦とは?

エマ・ストーン主演『バトル・オブ・セクシーズ』男性至上主義のブタ対フェミニスト!世紀の男女テニス戦とは?

『ラ・ラ・ランド』以後、新作の出演に注目が集まるエマ・ストーンが、実在のテニスプレイヤー、ビリー・ジーンに扮した注目作。 実際に世界中が注目した「性差を超えた戦い」にはどんなドラマがあったのか? 今回は作中に登場する実在の選手や、今もなお見られ男女格差についても、作品を通してまとめました。


Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

現在ネットフリックスで配信中のオリジナル作品「ブラッドライン」に出演中のリンダ・カーデリーニ。ドラマから大ヒット映画にも出演するなど実力派女優として知られています。今回はそんな彼女についてまとめてみました。


【今週末公開の映画】6/1~『デッドプール2』『ビューティフル・デイ』ほか!

【今週末公開の映画】6/1~『デッドプール2』『ビューティフル・デイ』ほか!

6/1(金)、6/2(土)に公開される映画を一挙ご紹介。あのクソ無責任ヒーローが、今度はまさかのファミリー映画でカムバック?『デッドプール2』や、カンヌ国際映画祭で、脚本賞と主演男優賞をW受賞した異色作『ビューティフル・デイ』など、期待作が続々公開されます。


【今週末公開の映画】5/25~『犬ヶ島』『ファントム・スレッド』ほか!

【今週末公開の映画】5/25~『犬ヶ島』『ファントム・スレッド』ほか!

5/25(金)、5/26(土)に公開される映画を一挙ご紹介。ウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に描いたストップ・モーションアニメ『犬ヶ島』や、名優ダニエル・デイ=ルイス引退作『ファントム・スレッド』など、期待作が続々公開されます。


同性愛・LGBT映画のおすすめ作品50選!

同性愛・LGBT映画のおすすめ作品50選!

LGBTとは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)の人たちのことを意味します。最近は同性愛者であることを公言する有名人も増え、昔に比べると同性愛に対しての偏見は減ってきました。しかし、まだまだ理解の及ばないところが多いと思います。今回はそんな同性愛を描いた映画を紹介します。


最新の投稿


懐かしいアニメ映画50選!

懐かしいアニメ映画50選!

おすすめの懐かしのアニメを50作品集めました!


7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

アニメ界の金字塔として、近年数々の名作を生みだしている細田守監督の最新作『未来のミライ』が、2018年7月20日より全国ロードショーが始まります。今回もまた「家族」をテーマとした作品で、多くの観客を魅了することでしょう。公開前に、あらすじなどチェックしてみましょう!


大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

毎日がうまくいかない。貧乏暇なしで働いて働いても二束三文。辛い事も多い。でも精一杯生きてるんだぁ!  1970年(昭和45年)、大阪万博が開催され、日本がどんどんと裕福になっていた頃、関西の片隅で辛くも精一杯生きてきた、そんな家族の物語です。


『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

1987年に公開されて一躍話題になり、1991年に続編が公開された『プレデター』。2010年にはリブート版も公開されました。そして、それでおしまいではなかったのです。シリーズを振り返りながら、2018年9月公開予定の新作『ザ・プレデター』に迫ります!


『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

旦那さん、奥さん亡くなられたらじっきだったよと井戸端会議から聞こえてきそうな程、よくある話ですよね。所詮、男は女が助けがないと何もできない生き物と言われたりするのも本当なのかもしれませんね。そんな夫婦の家族のドラマが詰まった映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』を紹介します。