『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


日本でも大きく取り上げられた、前代未聞の誘拐劇

『ゲティ家の身代金』(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1973年に世界中を震撼させた誘拐事件。
「世界一の大富豪」であるアメリカ人石油王ジャン・ポール・ゲティの孫、ジョン・ポール・ゲティ三世が誘拐され、その身代金は1,700万ドル。日本円にして約50億円という破格の金額でした。

『手紙は憶えている』(C)2014, Remember Productions Inc.

さらにこの事件を注目させたのが、50億ドル(1.4兆円)もの資産を持つゲティが、身代金の支払いを拒否したことでした。
この出来事は日本の週刊誌、新聞でも大きく報道されました。
今作『ゲティ家の誘拐』で取り上げるのは、その舞台裏で必死に戦い続けた、人質の母親。
離婚が原因で一族を離れた普通の母は、なんと誘拐犯と、ゲティ、二つの強敵に立ち向かうことになるのです。

あらすじ

-(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.『All the Money in the World/オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』(原題) (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。
ある日、彼の孫であるポールが誘拐されると、身代金として1700万ドルという破格の金額を要求されます。
ところがゲティは、その支払いを断固拒否します。
彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのです・・・。

クリストファー・プラマー Richard Harbaugh / -(C)A.M.P.A.S.

ポールの母ゲイルは、離婚によってゲティ家を離れていたため、とても身代金の支払いは不可能でした。
それにより彼女は、度々脅してくる誘拐犯だけでなく、断固として支払いに応じようとしないゲティとも戦うことになってしまいます。
さらには警察から狂言と疑われ、マスコミに執拗に追い回されるようになるゲイルは疲弊していきます。
誘拐犯は、痺れを切らしていき、ポールの身に危険が迫ってきます・・・。

ケヴィン・スペイシー降板でお蔵入りの危機に?

ケヴィン・スペイシー-(C) Getty Images

今作が日本公開する前に話題に上った理由。それは当初ジャン・ポール・ゲティ役にキャスティングされていた、大御所俳優ケヴィン・スペイシーがスキャンダルによって降板してしまったこと。

ケヴィン・スペイシー-(C) Getty Images

ハリウッド大物プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題以前に発覚したこともあり、ハリウッドで巻き起こるセクハラ問題の大元ともいえる人物になってしまったケヴィン・スペイシー。
彼の降板によって、製作サイドは出演シーンを全て削除。作品はお蔵入りされるのではとささやかれるほどでした。

代打を勤めたクリストファー・プラマーがゴールデングローブ賞にノミネート

クリストファー・プラマー-(C)Getty Images

そんな中、代役として抜擢されたのが『サウンド・オブ・ミュージック』や近年では『手紙は覚えている』で主演を務めたクリストファー・プラマー。
既に殆どの撮影が終えている中、監督のリドリー・スコットはクリストファーだけで再撮影をし、編集して本編を完成させました。

『手紙は憶えている』(C)2014,Remember Productions Inc.

そんなイレギュラーな撮影にも関わらず、クリストファーは今作の演技で、ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞に助演男優賞としてノミネートされるという離れ業を成し遂げました。
彼は2011年のアカデミー賞でも助演男優賞としてノミネートされ、当時82歳という史上最高齢でしたが、今作のノミネートで最高記録を88歳に塗り替えました。

世界一の大富豪にして守銭奴・ジャン・ポール・ゲティとはどんな人物か?

-(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.『All the Money in the World/オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』(原題) (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

弁護士ジョージ・ゲティとセアラの間に生まれたジャン・ポール・ゲティは裕福な幼少期を過ごします。
父とともにゲティはオクラホマで石油会社を設立して大成功を収めるだけでなく、大恐慌で石油メジャーが安全策を取る最中、ゲティは逆に勝負を仕掛けます。
その結果、大手の吸収により事業を拡大、中東への進出を図ります。

クリストファー・プラマー-(C)Getty Images

1957年、フォーチュン誌が初めて発表したアメリカ人長者番付でゲティは1位を獲得。
その後「世界一裕福な個人」として、ギネス認定もされました。
ところが私生活では生涯5度結婚し、5人の息子に恵まれるますが、それぞれの妻との離婚調停で多額の慰謝料を要求されることに。
子供達もストレスにより自殺したり、ドラッグ中毒になったり、若くして病死したりと、悲劇的な最期を遂げる者が多かったようです。
必ずしもお金があれば幸せというわけではないということがひしひしと伝わってきます。

ただのクライムスリラーではない?お金に取り付かれた男を描ききる

リドリー・スコット-(C)Getty Images

今作の脚本は映画化されていない脚本を評価する制作サイドとのマッチングプロジェクト「ブラックリスト」にて好評価を得ていました。
というのも、今作は一見してクライムスリラーのようですが、実際はジャン・ポール・ゲティの強烈なキャラを上手く生かした構造になっています。

ジェシカ・チャステイン&リドリー・スコット監督/『オデッセイ』 ー(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

お金がゲティを呪縛し、その影響がゲイルや誘拐犯に及ぶという、その影響を検証するストーリーだと、脚本のデヴィット・スカルパは語ります。
今回の誘拐犯はテロリストということもあり、今のアメリカならテロには屈しない=身代金の交渉にも応じないという判断になるため、ある意味当時のゲティの判断は先進的だったともいえるようです。
それだけ、ゲティの振る舞いは、作中のあらゆる人物に何かしらの影響を及ぼし、ストーリーもこれまでにないテイストになっています。

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


アカデミー賞受賞映画『レヴェナント: 蘇えりし者』のあらすじ、キャスト、魅力のすべて(ネタばれ有り)

アカデミー賞受賞映画『レヴェナント: 蘇えりし者』のあらすじ、キャスト、魅力のすべて(ネタばれ有り)

第88回アカデミー賞10部門のノミネート、監督・主演男優等4部門受賞の快挙を成した長編大作『レヴェナント: 蘇えりし者』。生きる事に執念を燃やす男たちの生々しい描写がとても強烈でしたね。今回はこの作品のもっとディープな魅力にハマってみましょう!様々なトリビアを盛り込みましたので是非ご覧くださいね。


『エイリアン:コヴェナント』リドリー・スコット監督のトリビア5選

『エイリアン:コヴェナント』リドリー・スコット監督のトリビア5選

2017年9月15日公開の『エイリアン:コヴェナント』。生みの親:リドリー・スコット監督のライフワークとも言うべきSFトリロジーの最新作です。今作は、実に第一作『エイリアン』以来の原点回帰と断言出来ます! それでは、リドリー・スコット監督にまつわるいくつかのエピソードを紹介しましょう。


サンドラ・ブロック出演映画おすすめ10選!ハリウッドを代表する実力派女優!

サンドラ・ブロック出演映画おすすめ10選!ハリウッドを代表する実力派女優!

1994年公開の『スピード』で一躍有名女優となったサンドラ・ブロック。今回は、数々の映画賞を受賞してきた彼女が出演する映画おすすめ10作品をご紹介いたします。あらすじ、キャスト情報も合わせてお伝えいたします。


【洋画】サスペンス映画おすすめ25選!スリリングな洋画特集!

【洋画】サスペンス映画おすすめ25選!スリリングな洋画特集!

サスペンス映画は好きですか?間に合うのか?助かるのか?真実は?と心を煽られて主人公と共にヒリヒリさせられる感覚はタマらなく癖になってしまいますよね?ここではアメリカ・イギリス・フランスなどの様々な国から作品をチョイスして25作紹介させて頂いてます。是非ご覧くださり、チョイスの参考にしてみてください。


猫の映画おすすめ15選!かわいいあの猫から、自由な猫まで大集合?

猫の映画おすすめ15選!かわいいあの猫から、自由な猫まで大集合?

現在空前の猫ブームということもあり、映画界でも猫を主人公やテーマにした作品がぞくぞく作られているのをご存知でしょうか?自由気ままな猫の姿から、人と触れ合う愛らしい猫までと、映画ではいろんな猫を見ることができるのです。ここでは2匹の猫を飼っている筆者が、邦洋画問わず、内容も猫の魅力も申し分ない作品をご紹介します!


最新の投稿


アカデミー賞受賞映画『レヴェナント: 蘇えりし者』のあらすじ、キャスト、魅力のすべて(ネタばれ有り)

アカデミー賞受賞映画『レヴェナント: 蘇えりし者』のあらすじ、キャスト、魅力のすべて(ネタばれ有り)

第88回アカデミー賞10部門のノミネート、監督・主演男優等4部門受賞の快挙を成した長編大作『レヴェナント: 蘇えりし者』。生きる事に執念を燃やす男たちの生々しい描写がとても強烈でしたね。今回はこの作品のもっとディープな魅力にハマってみましょう!様々なトリビアを盛り込みましたので是非ご覧くださいね。


映画『名探偵コナン』興行収入ランキングをカウントダウンで紹介!

映画『名探偵コナン』興行収入ランキングをカウントダウンで紹介!

シリーズ20作品を越えた『名探偵コナン』の劇場版映画。どの作品が一番たくさんの観客の目にふれたか、お分かりでしょうか。それとも、予想がつかない? 2018年公開の第22作までを興行収入順にランキング形式でご紹介します!


福田雄一作品で内臓崩壊!笑えて心温まるおすすめドラマ・映画14選

福田雄一作品で内臓崩壊!笑えて心温まるおすすめドラマ・映画14選

「勇者ヨシヒコシリーズ」とか「今日から俺は!!」は見ましたか?笑えましたよねぇ~。そして心が温まり、また時に心が燃え上がります。そんな内臓崩壊なコメディーを制作する福田雄一さんの作品に注目して見たいと思います。この記事ではそんな福田雄一さん制作のおすすめのドラマ・映画をご紹介したいと思います。


映画『古都』のあらすじ・キャスト・見どころ・伝統の美!

映画『古都』のあらすじ・キャスト・見どころ・伝統の美!

川端康成原作の古都は皆さんご存知だと思いますが、その原作を元に現在風にして作られたのが、松雪泰子さん主演の『古都』です。そんな映画のあらすじ・キャスト・みどころ、そして日本の伝統の美についても紹介していきたいと思います。


スネイプ先生を徹底考察!「ハリーポッター」シリーズの人気者として知っておくべきな10のこと

スネイプ先生を徹底考察!「ハリーポッター」シリーズの人気者として知っておくべきな10のこと

大人気シリーズ「ハリー・ポッター」に登場する、スリザリン寮監のスネイプ先生。本作の「影の主人公」と作者が語るほど、物語のカギを握る重要な人物です。ハリポタファンからも絶大な人気を誇っています。彼の知られざる謎を知りたくはありませんか?今回は、人気者のスネイプ先生にまつわる10のトリビアを紹介します!