絶対に面白い邦画おすすめ100選‼一生のうちに見るべき映画厳選【2019年最新版】

絶対に面白い邦画おすすめ100選‼一生のうちに見るべき映画厳選【2019年最新版】


実際に日本にゴジラが現れたら、こうなるのでは?『シン・ゴジラ』

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

東京湾・羽田沖――。突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ、崩落する原因不明の事故が発生した。首相官邸では総理大臣以下、閣僚が参集されて緊急会議が開かれ、「崩落の原因は地震や海底火山」という意見が大勢を占める中、内閣官房副長官・矢口蘭堂だけが、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘。内閣総理大臣補佐官の赤坂秀樹をはじめ、周囲は矢口の意見を一笑に付すものの、直後、海上に巨大不明生物の姿が露わになった。慌てふためく政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は鎌倉に上陸。普段と何も変わらない生活を送っていた人々の前に突然現れ、次々と街を破壊し、止まること無く進んでいく…。

『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明と『進撃の巨人』シリーズなどの樋口真嗣が総監督と監督を務めたゴジラ映画。ゴジラに立ち向かう人々がとてもリアルなタッチで描かれています。

納棺師の姿を丁寧に描く『おくりびと』

© 2008 映画「おくりびと」製作委員会

リストラされたチェロ奏者・大悟(本木雅弘)は、故郷に戻り、求人広告を手にNKエージェントを訪れる。しかし、そこの社長・佐々木(山崎努)から思いもよらない業務内容を告げられる。それは、遺体を棺に納める“納棺師(のうかんし)”の仕事。妻の美香(広末涼子)には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、見習いとして働き出す大悟。だがそこには、様々な境遇のお別れが待っていた…。新人納棺師の日々と、葬儀に集まる多彩な人々を描く、ユーモアあふれる感動作。

第81回アカデミー賞外国語映画賞を筆頭に数々の賞にも輝きました。死を扱いながらも、どこか面白く、そして生死について考えさせてくれる作品です。

ゼロ戦はかっこよくて、そして哀しい『永遠の0』

© 2013「永遠の0」製作委員会

佐伯健太郎は司法試験合格を目指していた。だが司法浪人が長く続き、本来の目的を見失っていた折、祖母の葬儀の日に、いままで知らなかったある事実を知らされる。それは、いままで祖父と思っていた賢一郎は自分とは血がつながっておらず、特攻で死んだ宮部久蔵という本当のおじいちゃんがいたという驚くべき内容だった。姉の誘いによりわずかな手掛かりの中から宮部久蔵という人物を解き明かしていく健太郎。健太郎にとって、この取材はいつしか自身のルーツを探る旅となってゆく――。

百田尚樹の同名小説を映画かした作品です。宮部久蔵のことが解き明かされ、当時の特攻隊員がどのような想いを持っていたかを考えさせ、思わず感涙してしまいます。

失明した武士が勝負を挑む『武士の一分(いちぶん)』

© 2006「武士の一分」製作委員会

最愛の妻・加世(檀れい)とつつましく暮らす下級武士の三村新之丞(木村拓哉)の平穏な日々は、藩主の毒味役をつとめて失明した日から暗転する。役目を果たすこともできず、絶望し、自害しようとする新之丞を加世は必死で思いとどまらせるが、愛する夫のため、罠にはまって番頭の島田藤弥(坂東三津五郎)に身を捧げてしまう。島田に復讐を誓った新之丞だったが、仇敵・島田は藩内きっての剣の使い手。無謀な果たし合いに新之丞に勝機はあるのか? そして失われた夫婦の情愛は取り戻せるのか…? 山田洋次監督の時代劇3部作の最後を飾る作品であるとともに木村拓哉を主演に迎えた話題作。

藤沢周平の時代劇の映画化作品です。不幸が重なる新之丞ですが、妻のために果たし合いに挑む姿にハッとさせられます。

笑いの耐えない貧しい家族の秘密とは『万引き家族』

© 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

再開発が進むなか、ポツンと残された古い住宅街。日雇い仕事の父・治と息子の祥太“親子”ならではの連携プレーで万引きに精を出している。その帰り道、団地の廊下で凍えている幼い女の子を目にした治は思わず家に連れて帰ってしまう。突然、子どもを連れてきた夫に腹をたてる信代だったが、体じゅう傷だらけのじゅりの境遇を察し、面倒をみることにした。祖母・初枝の年金を頼りに暮らすその一家は、風俗のバイトをしている信代の妹・亜紀、そして新しい家族のじゅりも加わり、貧しいながらも幸せに暮らしていた。しかし、ある事件をきっかけに家族の隠された秘密が明らかになっていく――。

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞しました。仲良しな家族が、だんだんとそれぞれの秘密が現れ、目が離せなくなります。実力派のキャストにも注目です。

事件か事故か、大企業との戦いが描かれる『空飛ぶタイヤ』

ⓒ 2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

よく晴れた日の午後。1台のトレーラーが起こした事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎は警察で信じられないことを聞く。突然タイヤが外れた、と。整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、彼は車両の構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太は、赤松の要求を疎ましく思いながらも、真実を突き止めるために、また同じころ、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査をそれぞれ開始していく。突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”――。過去にも行われていたそれは、2度とあってはならないことだった。果たしてそれは事故なのか事件なのか。男たちは大企業にどう立ち向かっていくのかー正義とはなにか、守るべきものはなにか。日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転劇が始まる!

人気ドラマ「半沢直樹」の原作者、池井戸潤の小説を映画化した作品です。最後まで息をつく暇がない展開で見入ってしまいます。

暑くるしいほどの青春を描く『ROOKIES−卒業−』

© 2009 映画「ROOKIES」製作委員会

野球部の面々が3年に進級し、川藤(佐藤隆太)が二子玉川学園高校の教師に戻ってきた2009年春――。野球部には、中学時代から名を轟かしている赤星(山本裕典)と平塚(桐谷健太)をヒーローと崇める濱中(石田卓也)の2人が新入生としてやって来た。横柄で反抗的な赤星に、頼りない平塚の実態を知り唖然とする濱中。さらには、御子柴(小出恵介)のアクシデントをきっかけに部員たちは窮地に追い込まれる。だが、彼らは結束を固め大会での活躍を誓う。彼らの決意は、2人の心をも溶かしていく。ついに迎えた予選大会! 順調に駒を進め、決勝へとたどり着いたニコガク野球部。だが対戦相手は中学時代、安仁屋(市原隼人)を追い込んだピッチャー・川上のいる笹崎高校。果たして、彼らは甲子園に行くことができるのか…!? 熱血教師・川藤が野球部に所属する不良高校生を更生させ、甲子園を目指す、森田まさのり原作の青春スポーツTVドラマ「ROOKIES」の映画化。

熱血教師と不良学生たちが、甲子園という目標に向かっていく姿に感動させられます。生徒役のイケメン俳優にも注目です。

人気漫画の映画化『NANA』

東京に住む彼氏と同居するため上京する小松奈々(宮崎あおい)。ミュージシャンとして成功するため上京する大崎ナナ(中島美嘉)。2人のNANAは新幹線の中で出会った。東京に着き一度は別れるものの、引越し先のアパートで偶然再会し共同生活を始めることに。性格、服装、趣味などは正反対だが、意外と充実した日々を送る2人。そんなときに奈々と彼氏に危機が訪れる――。

矢沢あいの人気漫画を映画化した作品です。大島ナナ率いるBLACK STONESのライブシーンは何度見ても鳥肌ものです。

平成から見たバブルはこんなにも可笑しい『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』

©2006 フジテレビジョン/電通/東宝/小学館

2007年、現在。800兆円の借金をかかえ破綻の危機に瀕した日本を救うため、財務省特別緊急対策室の下川路(阿部寛)は、ある計画を進めていた。それは1990年にタイムスリップし、"バブル崩壊"を止め、歴史を作り変えるという仰天プラン! その極秘プロジェクトが白羽の矢を立てたのは借金返済に追われるフリーター真弓(広末涼子)だった。真弓はタイムマシンの開発者であった真理子(薬師丸ひろ子)の一人娘。一足先にタイムスリップした母親の真理子が90年の東京で失踪したことを知った真弓は、借金から逃れるため、そして母親を救うためドラム式洗濯機に乗り込み、タイムスリップを決行する! 果たして、下川路と真弓は真理子を無事救出することができるのか!? 下川路と真弓が繰り広げる恋のゲームの行方は!? バブル崩壊は食い止められるのか!? そして日本の未来は!?

バブル時代のファッションや流行などが面白おかしく描かれています。ドラム式の洗濯機に乗り込む姿もシュールです。

辞書はこうして作られる『舟を編む』

© 2013「舟を編む」製作委員会

玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、新しい辞書『大渡海』を編む仲間として辞書編集部に迎えられる。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、徐々に辞書に愛情を持ち始めるチャラ男、そして出会った運命の女性。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく――。

2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの同名小説を映画化した作品です。地味な仕事の集積から、辞書という大作ができあがる様に静かに感動します。

この記事のライター

関連するキーワード


50選 邦画

関連する投稿


本当に怖いホラー映画おすすめランキング50選(邦画・洋画)!背筋が凍りつく絶叫系厳選まとめ【2019年最新版】

本当に怖いホラー映画おすすめランキング50選(邦画・洋画)!背筋が凍りつく絶叫系厳選まとめ【2019年最新版】

ホラー映画はなんといっても、恐怖感を味わうのが醍醐味!あなたが人生で観た中でいちばん怖かったホラー映画はなんですか?洋画、邦画とそれぞれ好みもわかれるところ。この記事では、『サイコ』、『シャイニング』、『リング』など、映画史に名を残す傑作ホラー映画をランキング形式でご紹介します。


ジャンル別おすすめ恋愛映画100選!邦画・洋画人気ランキング【2019年最新版】

ジャンル別おすすめ恋愛映画100選!邦画・洋画人気ランキング【2019年最新版】

ドキドキすること間違いなし!思わず恋がしたくなる恋愛映画の名作だけ100作品集めてみました♪あなたは何作品観たことがありますか?邦画50作品と洋画50作品を厳選して紹介します!女子会でや、カップルのお家デートにもってこいな映画ばかりです♡


SF名作映画おすすめ60選!超面白い傑作が集結!【2019年最新版】

SF名作映画おすすめ60選!超面白い傑作が集結!【2019年最新版】

洋画も邦画問わずSF作品好きのあなた!ドキドキハラハラ、未来のことをとにかく面白く描いたSF映画!おすすめの名作・傑作を50作品集めました。


英語が身につくおすすめ海外ドラマ35選

英語が身につくおすすめ海外ドラマ35選

英語が身につく海外ドラマを集めてみました!海外ドラマを楽しみながら、自然な英語の日常会話やビジネス英会話を身につけたい人におすすめな作品をご紹介します!


アニソンがいいアニメランキングTOP50

アニソンがいいアニメランキングTOP50

おすすめのアニソンがいいアニメを50作品ピックアップ。アニソンを聞いて、アニメの名シーンを思い出すこと、よくありませんか?この記事で、お気に入りのアニソンがランクインされているか、是非チェックしてくだい!


最新の投稿


トム・クルーズ出演映画15選!新作『トップガン:マーヴェリック』【2019年最新】

トム・クルーズ出演映画15選!新作『トップガン:マーヴェリック』【2019年最新】

『ミッション・インポッシブル』シリーズのイーサン・ハントや『オブリビオン』のジャック・ハーパーを演じるトム・クルーズ。日本でも大人気な彼の出演作品を紹介します。2020年公開『トップガン:マーヴェリック』の最新情報も合わせてお届けします。


アカデミー賞最多賞獲得した『ロード・オブ・ザ・リング』のキャスト&トリビアまとめ【2019年更新】

アカデミー賞最多賞獲得した『ロード・オブ・ザ・リング』のキャスト&トリビアまとめ【2019年更新】

アカデミー賞で最多賞を獲得した作品『ロード・オブ・ザ・リング』は、3部作完結後の現在でも根強い人気の冒険活劇巨編!深みのあるストーリーと美しい映像、繊細に描かれたキャラクター達の運命はダイナミックで、本当にマニア心をくすぐりますよね?ここでは今一度この壮大な物語を振り返って、深掘りしていきたいと思います!


映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ 【2019年更新】

映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ 【2019年更新】

『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』のネタバレあらすじやキャスト、みどころと、藤原竜也さん主演作品『億男』を紹介します。この記事を読めば『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』をもっと楽しめますよ!


『アンダー・ユア・ベッド』まとめ!ベッドの下から女を覗く男の末路は?

『アンダー・ユア・ベッド』まとめ!ベッドの下から女を覗く男の末路は?

家の中に見知らぬ人が隠れていて、自分の生活を覗き見していたら…そんな、考えるだけでもゾッとする人物を主人公にした邦画『アンダー・ユア・ベッド』が公開されます。「誰からも名前を呼ばれない」孤独な男が、唯一名前を読んでくれた女性に、狂気に似た愛情を見せる本作。あなたは、この男の愛をどこまで理解することができますか…?


リリー・ジェームズの魅力とその活躍!映画でも現実でもシンデレラ!【2019年更新】

リリー・ジェームズの魅力とその活躍!映画でも現実でもシンデレラ!【2019年更新】

2015年ディズニーが総力を結集し『シンデレラ』を実写化し、その主役に大抜擢され、世界一有名なプリンセスを演じたことで世界から注目される存在となったリリー・ジェームズ。チャーミングな彼女の人柄とその後の活躍を追ってみました。