【今週末公開の映画】5/11~『モリーズ・ゲーム』『孤狼の血』ほか!

【今週末公開の映画】5/11~『モリーズ・ゲーム』『孤狼の血』ほか!

5/11(金)、5/12(土)に公開される映画を一挙ご紹介。実在の元スポーツ選手から違法ポーカールームの経営者として名を馳せる『モリーズ・ゲーム』や、役所広司、松坂桃李主演で描く警察小説×『仁義なき戦い』的ハードな作品『孤狼の血』など、期待作が続々公開されます。


5月11日(金)公開

なぜ彼女は若くしてポーカールームの経営者になったのか?『モリーズ・ゲーム』

『モリーズ・ゲーム』 (C)2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な賭け金でポーカーに講じていた。やがて、彼女はその才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するのだが、10年後FBIに逮捕される。彼女を担当した弁護士は、打合せを重ねるうちに、目の前の女性がタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知るのだが──。

『モリーズ・ゲーム』 (C)2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

実在のポーカー経営者を、ジェシカ・チャスティンが熱演。
彼女の演技もさることながら、前回の主演作『女神の見えざる手』を彷彿とさせるような、スリリングなドラマが展開されています。

ジェイク・ギレンホールが実在の人物を熱演!『ボストン ストロング〜ダメな僕だから英雄になれた〜』

『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』(C) 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork (C) 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

2013年のボストンマラソン爆破テロ事件の被害にあった、ジェフ・ボーマンの実話を映画化。主人公のボーマンをジェイク・ギレンホールが演じ、プロデュースも手掛けている。ボストンに暮らすジェフ・ボーマンは元彼女のエリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付けるが、ゴール地点付近で爆弾テロが発生。巻き込まれたボーマンは爆発で両脚を失ってしまう。意識を取り戻したボーマンは爆弾テロリストを特定するために警察に協力。ボーマンの証言を基に犯人が特定されると、ボーマンは一躍、“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びるが、彼自身の再生への戦いはまだ始まったばかりだった――。

『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』 (C) 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork (C) 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

憑依型俳優として有名なジェイク・ギレンホール主演で描かれる、実在の人物をモデルにした今作。
事件の解決だけを描くのではなく、主人公ジェフ・ボーマンの人生の再生までを描いた力強いヒューマンドラマとなっています。

あの日本映画が帰ってくる!『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』

『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』(C) 2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.(C) 2017 OPEN ROAD FILMS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

「私はいま本気で恋をしているだろうか…?」そんな問いかけを自分自身に投げかけたくなるような、太陽の光のように眩しく、夜空の星のように輝く、フレッシュなラブストーリーが誕生。2006年に日本で生まれたYUI主演の大ヒット作『タイヨウのうた』がハリウッドで新たなラブストーリーとして生まれ変わる。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく。

『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』(C)2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED

日本で大ヒットした『タイヨウのうた』が、10年以上の時を経てハリウッド映画化。
当時リアルタイムでオリジナルの作品を見た人はもちろん、『タイヨウのうた』をまだ知らない人にも見て欲しいリメイク作です。
ヒロインの相手役は、シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーの息子である、パトリック・シュワルツェネッガーが演じています。

5月12日(土)

こんな役所広司を待っていた・・・!『孤狼の血』

『孤狼の血』製作現場レポ (C)2018「孤狼の血」製作委員会

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着をうわさされる刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し――。

松坂桃李/『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会

原作小説が警察もの×仁義亡き闘い的ノワール小説と名高い今作。
役所広司のはまり役もさることながら、彼に関わっていくことで操作する姿勢が大きく変化していく松坂桃李の豹変っぷりにも注目したい。
監督は『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌です。

5年ぶりの中山美穂主演作『蝶の眠り』

『蝶の眠り』(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS

50代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ、売れっ子の女流小説家・松村涼子。作家として成功し、満ち足りた生活を送る涼子だったが、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。“魂の死”を迎える前に、小説を書く以外に何かをやり遂げようと、大学で講師を務め始めた涼子。ある日、大学近くの居酒屋で、韓国人の留学生チャネと出会い、ひょんなことから涼子の執筆活動を手伝うことになる。作業を進めるうち、現実と小説の世界で交差していく2人は、次第に年齢の差を超えて互いに惹かれていくが、涼子のアルツハイマーは容赦なく進行していく――。

『蝶の眠り』(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS

中山美穂が5年ぶりに映画主演を務めており、韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」のキム・ジェウクと共演した大人のラブストーリーとなっています。
監督は「子猫をお願い」のチョン・ジェウン。フランスの女流作家マルグリット・デュラス晩年の恋を描いたジャンヌ・モロー主演の映画「デュラス 愛の最終章」がモチーフとなっています。

塚田僚一が映画初主演『ラスト・ホールド!』

『ラスト・ホールド!』 (C)松竹

大学4年生の岡島は部員が自分1人だけとなったボルダリング部存続の危機に直面していた。
彼はなんとか6人の新入生を勧誘することに成功するが、集まった6人は1人をのぞいてボルダリング初心者。
それでも失敗を繰り返しながら、次第にボルダリングの楽しさに目覚めていく新入部員たちに、部員同士の絆も生まれていった。
ところが、インカレ団体戦を目前に、ある事件が起こってしまう。

『ラスト・ホールド!』-(C) 松竹

イドルグループ「A.B.C-Z」の塚田僚一が映画初主演を務め、廃部寸前のボルダリング部を率いて、インカレ大会を目指す青春群像劇。
塚田が所属する事務所の後輩グループ「Snow Man」(ジャニーズJr.)の岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平が部員役で出演しているのもポイント。

とあるラジオ番組が希望と連帯感をもたらす『ラジオ・コバニ』

ラジオ・コバニ

トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、数か月にわたる戦闘で街の大半が廃墟と化してしまった。そんな中、20歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす。

ラジオ・コバニ

これまで幾度となく報道されてきたイスラム国(IS)による攻撃の悲惨さを捉えた映画は数多くありますが、今作のように町を再建し、未来を築こうとする人々の姿を描く作品は珍しいのではないでしょうか。
悲惨な現実があるからこそ、人々の温かみがより感じ取れる作品です。

カラフルな風景の広がるフロリダが魅力!『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』

ⓒ 2017 Florida Project 2016, LLC.

全編iPhoneで撮影した『タンジェリン』が話題を呼んだショーン・ベイカー監督が、今度は35MMで撮影した最新作。6歳のムーニーと母親ヘイリーは定住する家を失い、世界屈指の観光地であるフロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテル「マジック・キャッスル」でその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子どもたちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子どもたちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、いつまでも続くと思っていた大好きなママや仲間たちと過ごす楽しくて夢のような日々が、ある出来事がきっかけとなり…。

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(C)2017 Florida Project 2016, LLC.

カラフルなフロリダを舞台にしつつも、隠れホームレスなどの貧困層の人々を6歳の少女の視点から描いた人間ドラマ。
安モーテルの管理人ボビー役を、名優ウィレム・デフォーが好演し、第90回アカデミー助演男優賞にノミネートされたことも話題となっています。

いかがでしたか?

『モリーズ・ゲーム』 (C)2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

今週末はヒューマンドラマが非常に充実しており、GWまでに多く公開された大味の作品とは、また違った良さが味わえること間違いない作品ばかりです。
さらに名演技を残すことでも知られるジェシカ・チャスティン、ジェイク・ギレンホールのそれぞれ主演作が公開されるため、こちらも期待したいです。
家族や友達と映画館に行ったGWとは別に、今度は一人でゆっくり見たい作品が揃っています!

この記事のライター

過去にレンタルビデオ店と映画館で働いていており、基本洋画邦画問わず見ます。18年目標は、たまっているネトフリマイリスト消化・・・

関連する投稿


7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

アニメ界の金字塔として、近年数々の名作を生みだしている細田守監督の最新作『未来のミライ』が、2018年7月20日より全国ロードショーが始まります。今回もまた「家族」をテーマとした作品で、多くの観客を魅了することでしょう。公開前に、あらすじなどチェックしてみましょう!


『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

1987年に公開されて一躍話題になり、1991年に続編が公開された『プレデター』。2010年にはリブート版も公開されました。そして、それでおしまいではなかったのです。シリーズを振り返りながら、2018年9月公開予定の新作『ザ・プレデター』に迫ります!


7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

細田守監督、スタジオ地図製作の長編アニメ映画『バケモノの子』。人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街】を舞台に、師弟関係となった少年・九太とバケモノの徹熊。「本物の強さ」を求めて修行した九太が徹熊らと、人間界とバケモノ界の危機に立ち向かう「新冒険活劇」です。


【今週末公開の映画】7/13~『ジュラシックワールド/炎の王国』『グッバイ・ゴダール!』ほか

【今週末公開の映画】7/13~『ジュラシックワールド/炎の王国』『グッバイ・ゴダール!』ほか

7/13(金)、7/14(土)に公開される映画を一挙ご紹介。第1作目から約18年に及ぶ大人気シリーズ『ジュラシック・ワールド』最新作をはじめ、20年以上続く人気アニメ『ポケットモンスター』からも新作が公開。 他にもドキュメンタリー作や、人気ホラー映画のリメイクなど続々公開!


金曜ロードショー7/20放送『時をかける少女』みどころ

金曜ロードショー7/20放送『時をかける少女』みどころ

『時をかける少女』はスタジオ地図の細田守監督作品。小説「時をかける少女」はじめての長編アニメ映画化です。原作のヒロイン・芳山和子の姪、紺野真琴を主人公に、タイムリープの能力を身につけた少女の青春のひとコマを描きます。声のキャストは仲里依紗さん、石田卓也さん、谷村美月さんほか。国内外で高い評価を受けた名作アニメ映画です。


最新の投稿


懐かしいアニメ映画50選!

懐かしいアニメ映画50選!

おすすめの懐かしのアニメを50作品集めました!


7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

アニメ界の金字塔として、近年数々の名作を生みだしている細田守監督の最新作『未来のミライ』が、2018年7月20日より全国ロードショーが始まります。今回もまた「家族」をテーマとした作品で、多くの観客を魅了することでしょう。公開前に、あらすじなどチェックしてみましょう!


大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

大ヒット中『焼肉ドラゴン』のあらすじ・キャスト・感想

毎日がうまくいかない。貧乏暇なしで働いて働いても二束三文。辛い事も多い。でも精一杯生きてるんだぁ!  1970年(昭和45年)、大阪万博が開催され、日本がどんどんと裕福になっていた頃、関西の片隅で辛くも精一杯生きてきた、そんな家族の物語です。


『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

『ザ・プレデター』!プレデターが進化して帰ってくる!公開前に全シリーズを振り返り!

1987年に公開されて一躍話題になり、1991年に続編が公開された『プレデター』。2010年にはリブート版も公開されました。そして、それでおしまいではなかったのです。シリーズを振り返りながら、2018年9月公開予定の新作『ザ・プレデター』に迫ります!


『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

旦那さん、奥さん亡くなられたらじっきだったよと井戸端会議から聞こえてきそうな程、よくある話ですよね。所詮、男は女が助けがないと何もできない生き物と言われたりするのも本当なのかもしれませんね。そんな夫婦の家族のドラマが詰まった映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』を紹介します。