絆が光る!仲間たちと冒険する映画10選

絆が光る!仲間たちと冒険する映画10選

映画と言えば冒険!冒険と言えば仲間ですよね。そんな定番ではずさない冒険映画を10本を紹介します。


『ホビット 思いがけない冒険』

© 2011 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

ホビット族のビルボ・バギンズは、ドラゴンに支配され失われてしまったエレボールのドワーフ王国の再建をかけ、冒険の旅へ出る。あるとき、魔法使いのガンダルフに突然声をかけられ、ビルボは、伝説的な戦士であるトーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフから成る一団に参加することになる。彼らは東を目指し、ゴブリン・トンネルを通り抜けなくてはならなかった。そこでビルボは自身の人生を変えてしまうとゴクリ(※「ロード・オブ・ザ・リング」3部作では、ゴラム)と出会うのだが…。
映像や音楽がとてもよく主人公たちの冒険にのめり込んでしまいます。原作が良いためファンタジー映画の中でもストーリーのクオリティが高いです。

『アイガー北壁』

© 2008 Dor Film-West, MedienKontor Movie, Dor Film, Triluna Film, Bayerischer Rundfunk, ARD/Degeto, Schweizer Fernsehen, SRG SSR idée suisse, Majestic Filmproduktion, Lunaris Film- und Fernsehproduktion All rights reserved

1936年夏、ナチス政府は国家の優越性を世界に誇示するため、ドイツ人がアルプスの名峰・アイガーの北壁を初登頂することを強く望んでいた。大いなる期待を背負って、トニーとアンディは恐るべき“殺人の壁”に挑む。だが、彼らの前にヴィリーとエディというオーストリアの強敵が立ちはだかる。さらに、トニーの元恋人でジャーナリストのルイーゼも、世紀の瞬間を見届けるために現地入り。だが、クライマーたちを待っていたのはあまりにも過酷な運命だった…。
ハリウッド映画とはまた違った派手ではないけど誠実で緻密な人間ドラマが物語の面白さを引き出しています。山の厳しさや運命の残酷さを痛感させられます。

『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』

© 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

1946年、ロンドン。幸せだが少し退屈な毎日を送っていたリック(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(マリア・ベロ)のオコーネル夫妻は、ある日外務省に依頼されて“シャングリラの目”と呼ばれる巨大なブルーダイヤを返還するべく上海へとやって来た。そこで彼らは、勝手に大学を辞めて遺跡の発掘にいそしんでいた息子・アレックス(ルーク・フォード)と思わぬ再会をする。その驚きに加え、アレックスの発掘した皇帝のミイラが、何と2000余年の時を超えて生き返ってしまった! またもミイラと戦う羽目になったコーネル一家は、皇帝の世界征服を阻止するべく、ヒマラヤから万里の長城へと冒険を始める――。
『ハムナプトラ』シリーズに通して言えることですが敵がとても魅力的で強い印象を受けます。それだけに物語の行方が分からなくなりストーリー展開にドキドキさせられます。

『ライフ・オブ・パイ』

© 2012 Twentieth Century Fox

家族とともに、経営する動物園の様々な動物たちを乗せた貨物船で航海に出たが嵐に見舞われ、ただひとり生き残った16歳の少年・パイ。パイが遭難した小さな救命ボートには、トラが隠れていた。このあまりにも巨大な試練に直面した少年は、どのようにトラとの共存関係を築き、希望をたぐり寄せていくのか。絶望的な現実の中でも前向きな気持ちを失わないパイの227日間を描く。
綺麗な映像から伝わる緊張感やストーリーによりすごくリアリティがあります。幻想的な島や荒れ狂う海が美しくて見入ってしまうような作品です。

『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

© 2011 Constantin Film Produktion GmbH, NEF Productions, S.A.S. and New Legacy Film Ltd. All rights reserved.

17世紀、フランス。 銃士に憧れパリに上京してきた、気が強く無鉄砲な青年ダルタニアン(ローガン・ラーマン)。成行きで三銃士の仲間入りを果たした彼は、フランス国王の側近の裏切りによって狙われた王妃の首飾りを取り返すため、イギリスへと向かうことに。そこに立ちはだかるのは、事件の鍵を握る2つの黒い影、バッキンガム公爵(オーランド・ブルーム)と正体不明の美女ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)だった…。
テンポがよく飽きさせないストーリー展開なので一気に時間が過ぎます。どのキャラクターも魅力的で観れば観るほど好きになっていく作品です。

『ウェイバック-脱出6500km-』

1940年、ソ連・スターリンの恐怖支配に巻き込まれ無実の罪で囚われたポーランド人兵士のヤヌシュ(ジム・スタージェス)は、極寒のシベリアにある矯正労働収容所へ護送された。20年の懲役という途方もない刑を言い渡されたヤヌシュは6人の仲間と共に収容所の脱出を決意。食糧も装備も殆どなく目指す方向も不確かな中、氷の森を抜け灼熱の大地をわたる旅。想像を絶する苦難に直面する彼らがした事はただひとつ。歩き続ける事だった。シベリアから、モンゴル、ゴビ砂漠、チベット、ヒマラヤを越えインドまで6500kmを生き抜いた男達の真実の物語。
登場人物の生命力がすごく、元気をもらえます。壮絶な旅の中にある感動な笑いがとてもいいスパイスになっていてとても面白いです。

『ジュラシック・パーク』

© MMVIII NEW LINE PRODUCTIONS,INC.AND WALDEN MEDIA,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

研究資金に苦しむ地質学者のトレバー(ブレンダン・フレイザー)は、10年前に失踪した兄・マックスが取り付けた地震調査装置の修理を命じられ、マックスの息子・ショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)と共にアイスランドに旅立った。2人はお互いの持っていたマックスの研究手帳の切れ端から、彼が“地底探検”に出発したことを知る。現地スタッフのジョアン(アニタ・ブリエム)を加えてマックスの消えた山脈にたどり着いた彼らを、激しい落雷が襲う。そして、避難した洞窟が塞がれたそのとき、突如地底世界への入口が目の前に現れる…。
ストーリーはいたってシンプルですが引き込まれてしまうような魅力を持っています。20年以上前の作品ですが現代の作品と比べても遜色ないほどの映像の完成度です。

『スパイキッズ4D:ワールドタイムミッション』

© SPY KIDS 4 SPV, LLC.

母親が元敏腕スパイという秘密を知った双子は、普通の生活から一転、新スパイキッズとして立ち上がる。敵は、世界の時間を止め過去に遡り、世界征服をたくらむ史上最強の悪党タイムキーパー。果たして、新スパイキッズの双子姉弟と元敏腕スパイのママは、敵の手に落ちた超時空を操る秘石クロノスサファイアを取り戻し、超時空崩壊を阻止することができるのか?そして、タイムキーパーの本当の狙いとは?
アクションと笑いのドタバタとしたエンターテイメント作品です。軽い気持ちで観ることをおすすめします。

『スタンド・バイ・ミー』

© 1986 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED

オレゴン州のキャッスルロックという田舎町に住む12歳の少年ゴーディ。性格も個性も異なっていたがクリス、テディ、バーンとは強い仲間意識で堅く結ばれていた。ある日、少し遠くの森に列車にはねられたまま放置されている死体があるという噂を耳にした4人は、早速死体探しの旅に出かける――。
大人になると味わえない子供だからこその興奮や感動でキラキラしていた毎日を思い出させてくれるようなとても良い映画です。

『ライトスタッフ』

© 1982 The Ladd Company. All Rights Reserved

ロケットの弾道飛行に成功したアメリカは、有人宇宙ロケットを新たな目標として掲げ、空軍パイロットの中でも特に優れた資質“ライトスタッフ”を持つ男たちを選出する。ソ連との技術競争の中、過酷な訓練に従事するパイロットたちであったが、仲間たちが英雄となる中、宇宙飛行士に選ばれなかったチャック・イエーガー(サム・シェパード)は飛行機による音速飛行の限界にひとり挑み続けていた…。
壮大なドキュメンタリー映画です。ダイナミックな演出で宇宙での冒険のワクワク感が増し、とても楽しく観ることができます。

まとめ

関連する投稿


『レディ・プレイヤーワン』のネタバレあらすじやキャスト紹介

『レディ・プレイヤーワン』のネタバレあらすじやキャスト紹介

4月20日に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤーワン』。近未来を舞台にしており、映画やポップカルチャーのファンならば必ずドキドキする展開が待っているこの作品の魅力やあらすじ、キャスト情報、作中登場する小ネタなどをご紹介します。


長編映画おすすめ50選!週末に観たい見応えある長い映画はコレ!

長編映画おすすめ50選!週末に観たい見応えある長い映画はコレ!

長い時間を潰したい人やがっつり映画を楽しみたい人におすすめなのが見応えある長い映画です。ここで紹介する作品はどれも2時間半を超える大作なので観る前に準備は整えてください。


ロード・オブ・ザ・リングの前日譚『ホビット』まとめ

ロード・オブ・ザ・リングの前日譚『ホビット』まとめ

ロード・オブ・ザ・リングの前日譚となる『ホビット』は3部作として構成され、それぞれ「思いがけない冒険」「竜に奪われた王国」「決戦のゆくえ」という邦題となっています。ロード・オブ・ザ・リングとの繋がりも深い作品となっているため、ロード・オブ・ザ・リングを見終わった方に見てほしい作品です。


アカデミー賞最多賞獲得した『ロード・オブ・ザ・リング』のまとめ

アカデミー賞最多賞獲得した『ロード・オブ・ザ・リング』のまとめ

アカデミー賞で最多賞を獲得している作品は『タイタニック』『ベン・ハー』の他、『ロード・オブ・ザ・リング(王の帰還)』です。いずれもアカデミー賞11部門受賞作品というだけあり、現在でも根強いファンがいるようです。今回はその中でもファンタジー大作と呼び声高い、ロード・オブ・ザ・リング三部作のまとめを行っていきます。


おもしろいファンタジー映画おすすめ50選!

おもしろいファンタジー映画おすすめ50選!

おとぎ話や宇宙の彼方、未来など空想上の世界を舞台としたファンタジー映画ってとてもワクワクしますよね。そんなファンタジー映画のおすすめを紹介します。


最新の投稿


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

『旅猫リポート』は原作者・有川浩さんが“一生に一本しか書けない物語”と語るほど自信作を実写映画化した作品。主演は福士蒼汰さん、猫のナナの声は高畑充希さんが演じました。この記事では、映画『旅猫リポート』の基本情報について紹介します。


映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

『天の茶助』は、独特のスタイルで人気を博すSABU監督自身が書き下ろした小説の映画化作品。2015年に日本で公開された本作ですが第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて正式上映され、国外からも注目を集めました。今回は『天の茶助』のあらすじやキャストを紹介。


映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

『センセイ君主』は、幸田もも子さんの同名コミックを原作としたラブコメディ映画作品。ひねくれ者のイケメン教師・弘光役には竹内涼真さん、恋に恋する元気な女子高生・さまるん役には浜辺美波さんが抜擢され、他にもフレッシュで旬な俳優陣が揃っています。今回は『センセイ君主』のネタバレやキャストなど紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。