【ネタバレあり】「ゲーム・オブ・スローンズ」の予備知識 シーズン1編

【ネタバレあり】「ゲーム・オブ・スローンズ」の予備知識 シーズン1編

「ゲーム・オブ・スローンズ」は圧倒的な予算とクオリティで展開される波瀾万丈のファンタジー群像劇。各種ドラマ賞を総なめにし、様々なメディアの海外ドラマランキングでも上位に君臨するなど、まさに海外ドラマ界の玉座についている作品です。2019年に最終章となるシーズン8の放映が予定されています。


シーズン1を満喫するためのキーワード

「ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記」 Game of Thrones (C) 2015 Home Box Office,Inc. All rights reserved. HBO(R) and related service marks are the property of Home Box Office, Inc. Distributed by Warner Home Video Inc.

2つの大陸

広大な海に浮かぶ2つの大陸が舞台。西方に位置するのがウェスタロス大陸で、ナローシーを挟んで東方に位置するのがエッソス大陸です。中世ヨーロッパを連想させる文化が花開いており、剣による武力での統治がなされています。スターク家やラニスタ-家などが監督する七王国はウェスタロスにあり、ターガリエン家の生き残りがいる商業都市ペントスはエッソスにあります。

物語の冒頭に登場する、ウェスタロス大陸の北の果てにある魔力と氷と石でできた巨大な建造物。世界を死で覆い尽くす魔物、ホワイトウォーカーを北の果てに閉じ込めておくため、数千年前にスターク家の祖先らによって建設されました。高さは200mを越え、480kmの長さを誇り、ウェスタロス大陸の北方を分断するようにそびえ立っています。壁の向こうは深い雪に覆われており、野人と呼ばれる人々が原始的な暮らしをしています。壁はナイツウォッチという組織によって保守と監視が行われています。

ホワイトウォーカー

異形と呼ばれる青白い人型の魔物。太古の昔に繰り広げられた森の子らと最初の人々との戦いの際に出現し、大きな脅威となりました。ホワイトウォーカーは恐ろしい寒さと一緒に到来し侵略してきますが、普通の鉄の武器では倒せず、ドラゴングラスかヴァリリア鋼の剣によってしか倒せません。またホワイトウォーカーに触れられた死体は蘇り、他者を襲う亡者となります。物語の冒頭に登場する野人たちはホワイト・ウォーカーに襲われ、亡者にされてしまいました。亡者を完全に倒すためには炎で焼くか、ドラゴングラスを使うしかありません。

野人

七王国の諸侯に支配されることを嫌い壁の向こう側で暮らす自由民のこと。もとは七王国で暮らしていた犯罪者や過酷な税から逃れることを選んだ者が海上ルートなどから壁の向こうに潜り込み野人となりました。七王国の民やナイツウォッチのメンバーから侮蔑をこめて野人と呼ばれています。巨人族など様々な種族が存在し独自の生活圏を築いており、しばしば壁に近づいたり登攀しようとするため、ナイツウォッチと敵対関係にあります。

ナイツウォッチ

物語の冒頭に登場する黒衣をまとった壁を守る集団。姿が黒いため野人からはカラスと呼ばれています。冥夜の狩人とも呼ばれ、壁に併設する砦で暮らし、壁を保守したり、周囲の警戒にあたります。ナイツウォッチに誓いを立てた人間は、土地を持たず、独身を貫き、終生を壁に捧げます。もしその誓いを破ったり逃亡した場合は、死罪となります。設立当初は誇り高き任務として名家出身の者も多数所属しましたが、近年は魔物の脅威も忘れ去られ、志願者が大幅に減っています。そのため恩赦を受けた罪人や食い詰めた者など、行き場のない人間の吹きだまりになっており、上層部は統制に苦慮しています。長い間魔物が現れなかったため、現在は壁に近づこうとする野人の監視が主な任務となっています。エダード・スターク(ショーン・ビーン)の弟ベンジェン(ジョゼフ・マウル)が所属しており、エダードの落とし子であるジョン・スノウ(キット・ハリントン)も名を連ねることになります。

七王国

かつてウェスタロス大陸では7つの国がそれぞれの王により支配されていました。しかし海を越えて西のエッソス大陸から渡来したターガリエン家がドラゴンの圧倒的な力で7つの国を制圧し、支配下に置きました。以来300年にわたりターガリエン家が王都のキングズランディングから中央集権的に7つの国を支配し、ターガリエン家の王から任命された諸侯が各地域を監督するかたちとなりました。ロバートの反乱によりターガリエン家による支配は終わりを告げましたが、ロバート・バラシオン王(マーク・アディ)による中央集権制度は続いています。

鉄の玉座

最初の征服王であるエイゴン・ターガリエンが設置した七王国の王が座する椅子。王都であるキングズランディングに設置されています。エイゴン征服王が討ち倒した敵の剣を集めて作られており、血なまぐさい七王国の歴史と王の絶対的権威を象徴する造形物です。

王の手

王の右腕となり補佐する宰相。王に任命され、大臣らが集う小評議会をとりまとめます。王が不在のときには王に代わって政治を行います。王の手であったジョン・アリンが急死したため、ロバート王は旧知の間柄であるエダード・スタークに王の手となることを要請します。

小評議会

王に政策を助言する大臣たちからなる集団で、王都キングズランディングで会合します。王の手を始めとする少数のメンバーで構成され、軍事や政治はもちろん、経済や諜報活動などが話し合われ、王へと進言します。シーズン1では王の手であるエダード、宦官で諜報活動をするヴァリス(コンリース・ヒル)、大蔵大臣であるリトルフィンガーことピーター・ベイリッシュ(エイダン・ギレン)、王の弟で法務大臣のレンリー・バラシオン(ゲシン・アンソニー)、知識を司るグランド・メイスターのパイセル(ジュリアン・グローヴァー)で構成されています。

王の盾

キングズガードと呼ばれる七王国の王を守る護衛騎士団。常に王の側に仕え、護衛します。また王に身を捧げる誓いをたてるため、結婚できません。王妃サーセイ・バラシオン(レナ・ヘディ)の双子の弟であるジェイミー・ラニスタ-(ニコライ・コスター=ワルドー)も王の盾の1人です。

落とし子

貴族の私生児のこと。それぞれの家で決まった姓が与えられ、スターク家ではスノウと名乗ることになっています。そのためエダードの落とし子であるジョンは、ジョン・スノウと呼ばれています。

ロバートの反乱

別名を簒奪者の戦争と言います。七王国ではターガリエン家による治世が300年ほど続いていましたが、物語の冒頭から遡ること17年前に事件が起こります。
ターガリエン家のエイリス王の長男レイガーがスターク家の長女リアナを誘拐して失踪してしまいます。レイガーはマーテル家から妻を娶った既婚者な上に、リアナはバラシオン家のロバートの婚約者であったために大騒動となりました。
レイガーの行いに抗議したスターク家の主リカードと長男ブランドンはエイリス王によって処刑されてしまい、これに義憤を感じたロバートとスターク家の次男でありリアナの兄であるエダードは共闘することを誓います。ロバートとエダードの里親であり高巣城の主であるジョン・アリンも加勢し、ブランドンと婚約していたタリー家のキャトリン(ミシェル・フェアリー)を妻に迎えたエダードはタリー家とも連合し、レイガー・ターガリエンが率いる王国軍と相まみえます。
ロバート率いる連合軍はレイガーを討ち取ると王都に迫り、これに反発したエイリス王はラニスタ-家のタイウィン(チャールズ・ダンス)にロバートを討ち取るように命じます。しかしエイリス王との間に確執のあったタイウィンはエイリス王に背き、王都に侵攻します。エイリス王はタイウィンの裏切りに怒りタイウィンの息子で王の盾であるジェイミー・ラニスタ-にタイウィンの討伐を命じますが、王と父親の間で板挟みとなったジェイミーは、結局エイリス王を刺殺します。
ターガリエン家を根絶やしにしようとするタイウィンの命によりレイガーの妻子は殺害されますが、エイリス王の身重の妻レイラと次男のヴィセーリスはドラゴンストーンへと逃れます。レイラはデナーリスを出産後に死亡し、ヴィセーリスとデナーリスは豪商イリリオ・モパティスの計らいにより、海を渡りエッソス大陸の都市ペントスへと逃れます。また混乱の中でリアナ・スタークも命を落とします。
連合軍を率いレイガーを討ち取ったロバートが新たな王となり、ジョン・アリンを王の手に迎えて新たな治世が始まりました。財政を安定させるためにロバートはラニスタ-家のサーセイを妻に娶り、王殺し(キングスレイヤー)と呼ばれるジェイミーをそのまま王の盾に任命しました。
戦いを終えたエダードは旅籠の女とのあいだにもうけたというジョン・スノウを連れてウィンターフェルに戻り、リアナを地下墓地に葬りました。

スターク家

北部を統括する歴史ある名家。大狼(ダイアウルフ)が旗印で、ウィンターフェル城に居を構えています。最初の人々の血を引いていると言われており、祖先は壁を建設しました。城主であるエダードと妻キャトリンとのあいだには、長男ロブ(リチャード・マッデン)、長女サンサ(ソフィー・ターナー)、次女アリア(メイジー・ウィリアムズ)、次男ブラン(アイザック・ヘンプステッド=ライト)、三男リコンの5人の子どもがいます。ジョン・スノウはエダードの私生児であるため、キャトリンはジョンに冷たくあたっています。またロバート王に反乱を起こし平定されたグレイジョイ家の末子シオン(アルフィー・アレン)を人質として預かっていますが、エダードは里親のように接して育てています。エダードの弟でナイツウォッチに所属するベンジェンはジョンのことを気に掛けており、ジョンをナイツウォッチへと導きます。

ターガリエン家

300年にわたり七王国を統治してきたかつての王家。ロバートの反乱により血縁者の多くは殺害され、残ったのはエッソスの都市ペントスに身を潜めるヴィセーリス(ハリー・ロイド)とデナーリス(エミリア・クラーク)の二人と思われています。近親婚の風習があり、プラチナブランドの髪に白い肌が特徴。またドラゴンの血をひく末裔と言われ、ドラゴンを操ることができ、その背中に乗ることができると言われています。ペントスに逃れたヴィセーリスはデナーリスをドスラク人の族長カール・ドロゴ(ジェイソン・モモア)に嫁がせ、その軍隊を手に入れ、七王国を再び統治することを目論んでいます。

関連する投稿


映画『シャーロック 忌まわしき花嫁』あらすじ・キャスト紹介!

映画『シャーロック 忌まわしき花嫁』あらすじ・キャスト紹介!

映画『シャーロック 忌まわしき花嫁』は、現代のホームズとワトソンコンビを描いた大人気海外ドラマ「SHERLOCK」の劇場版作品です。英国アカデミー賞やエミー賞など数々の賞で注目を集めたドラマの待望の特別編とのことで話題を呼んだ本作。その魅力について紹介します!


エヴァ・グリーン出演映画10選!ミステリアスなボンドガールの魅力に迫る!

エヴァ・グリーン出演映画10選!ミステリアスなボンドガールの魅力に迫る!

ミステリアスな演技派美人女優エヴァ・グリーン。『007 カジノ・ロワイヤル』での彼女の"挑戦的な女" と "弱い少女"の2面性でギャップ萌えしたファンも多いのではないでしょうか?ここでは、そんな魅惑的なボンドガールを演じた彼女のこれまでの出演映画を辿りながらその魅力に迫ります。是非ご覧くださいね。


映画『ピクセル』懐かしのキャラクターやあらすじ、キャストや吹き替え声優を紹介!

映画『ピクセル』懐かしのキャラクターやあらすじ、キャストや吹き替え声優を紹介!

日本生まれのゲームキャラクターが多数登場する映画『ピクセル』。パックマンやドンキーコングなど世界で人気のキャラクターが次々と登場する本作は公開前から注目を集め、公開後には各国で大きな話題を呼びました。今回はそんな注目作『ピクセル』について紹介!


映画『アクアマン』のあらすじ・キャスト 観る前に知っておきたい予備知識!

映画『アクアマン』のあらすじ・キャスト 観る前に知っておきたい予備知識!

2019年2月8日に全国ロードショーされる、DC史上最高のマーベル映画とも言われている映画『アクアマン』。アクアマンは、YouTubeでパロディ作品が作られたりサタデー・ナイト・ライブのコントのネタにされたりして、時には政治家などが海洋汚染の話を若者に訴える時に引用されたりと、アメリカでは70年以上も愛されている有名なキャラクター。満を持して、実写版映画としての登場です!そして北米映画興行収入ランキング初登場1位となったくらいの話題作。日本では2019年2月公開という事で、期待が膨らみます!出演キャストも旬の俳優から80年代映画ファンにも嬉しいキャストまで勢ぞろい!そんな『アクアマン』の予備知識を紹介していきたいと思います!


マイケル・ベイ監督映画おすすめ12選!『バッドボーイズ』『トランスフォーマー』など

マイケル・ベイ監督映画おすすめ12選!『バッドボーイズ』『トランスフォーマー』など

『トランスフォーマー』など数々のヒット作を生み出したマイケル・ベイ監督。「破壊王」の異名を持つ彼が使用する火薬の量は、ハリウッド史上最大級と言われています。今回はそんなマイケル・ベイ監督が手掛けたおすすめ12作品をご紹介します。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。