マーベルヒーロー最強決定戦!(筆者の独断と偏見による)

マーベルヒーロー最強決定戦!(筆者の独断と偏見による)

色々な危機的状況から幾度となく人類を救ってきたマーベルヒーロー達ですが、結局誰が強いの?という疑問がちらほら聞こえてきます。今回はそんな疑問に応えるべく筆者の独断と偏見によるマーベルヒーロー最強決定戦を開催します。


エントリーNo1.「自由・平等・博愛」に忠誠を誓う愛国者【キャプテン・アメリカ】

キャプテン・アメリカ

元々軍の徴兵基準を満たせないほどの虚弱体質だったが超人血清により肉体を人類の極限値まで高めた男。

戦闘:ボクシング、合気道、柔術、柔道を習得しておりそれらと自分の体術を組み合わせたオリジナルのバトルスタイルを使う近接戦闘の達人。

装備:地球上最高位の硬度を誇る「ヴィブラニウム」と鉄の合金でできた円形のシールドを持つ。敵の攻撃を打ち据えたり、投擲武器として使用する。

エントリーNo2.天才的な頭脳を持つ社長【アイアンマン】

『アイアンマン3』 -(C) 2012 MVLFFLLC. TM & -(C) 2012 Marvel. All Rights Reserved.

天才社長トニー・スタークが自身の開発したアーマーを着ることにより実現した世界最高の戦闘兵器。

戦闘:スーツに搭載された武器での攻撃が主となる。基本的に遠距離戦が得意。

装備:特殊スーツに搭載されたミサイル、レーザーなどの多種多様な武器。彼が研究し続ける限りアップデートにより増え続ける。

エントリーNo3.親愛なる隣人【スパイダーマン】

『アメイジング・スパイダーマン2』-(C) 2013 CTMG. All Rights Reserved.

見学に来た研究所で実験中の蜘蛛に噛まれたことで蜘蛛の能力を得た男。自身で作った蜘蛛のコスチュームに身を包んでいる。

戦闘:危険を察知する第六感のスパイダーセンス、クモの吸着力、人間離れした運動能力を駆使して素手とクモ糸で戦う。

装備:手首にクモ糸発射装置ウェブ・シューターを装着している。

エントリーNo4.不死身の傭兵【デッドプール】

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

末期ガンの治療のためウルヴァリン由来のヒーリング・ファクターを注入し、超人的な回復能力を得たが副作用で全身がガン細胞と化し、醜い姿となってしまったため常にマスクを被っている。その後サノスにより絶対に死なない呪いをかけられたため不死身となった。自身がコミック内の存在だと認識している。

戦闘:特に決まったスタイルはなく白兵戦、射撃の技術が高く職業から人を殺すのに躊躇しない。

装備:小型装置を身につけておりそれによって短距離のテレポーテーションが可能。しかし電池切れなどのトラブルが多く基本的に使い物にはならない。

エントリーNo5.心優しいゼン・ラ星人【シルバーサーファー】

©2006 TWENTIETH CENTURY FOX

自分の星を守るためにギャラクタスの下僕になるにあたりギャラクタスから超人的な力を与えられた男。

戦闘:大宇宙に物質ならおおよそ何でもを自分の意思で操作できるため様々なことが可能。光線などを放って攻撃する。

装備:なし。

エントリーNo6.神の子【マイティ・ソー】

クリス・ヘムズワース/『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 -(C) 2013 MVLFFLLC. TM & (C) 2013 Marvel. All Rights Reserved.

ゆうに1000歳を超えるアスガルド人。身体の作りが人間と違い能力が桁外れなため普段は本気を出すことがない。高潔な心を持つ者のみが扱えるムジョルニアを自在に操る。

戦闘:ムジョルニアによる破壊光線などの遠距離攻撃に加え並外れた身体能力による近接攻撃もできる。

装備:ムジョルニアを武器として扱う。

エントリーNo7.燃え盛るバイク乗り【ゴーストライダー】

『ゴーストライダー2』 -(C) 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

人間と悪魔の融合により生まれた怪人。物理的攻撃はきかない。罪なき命から血が流れた時のみ変身が可能なため被害者が救えないがその代わり加害者をボコボコにする。

戦闘:贖罪の目によりゴーストライダーの目が合った者は自信がこれまで犯してきた罪によって他者に与えた苦痛が全てその身に降りかかってくるという攻撃が可能。パワーもトップクラスで近接戦闘でもハルクを凌ぐ実力の持ち主。

装備:主に鎖を武器として使う。

結果発表!マーベルヒーロー最強は◯◯!

「マーベル・スタジオ」ロゴ

これまで様々な最強候補と言えるマーベルヒーローを挙げてきました。その中から1人を選ぶのはとても難しいですがキャラクターの全盛期の強さで優勝者を決めたいと思います。勘のいい方ならもう予想がついてるのではないでしょうか。今回のマーベルヒーロー最強決定戦優勝者はこのヒーロー。

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

はい。デッドプールです。納得のいかない方もいるでしょう。確かに単純な戦闘の強さで言えばシルバーサーファーやゴーストライダーの方が強いと思います。ですがデッドプールは不死身なので負けることはありません。それに加えて彼には『デッドプール キルズ・マーベルユニバース』の過去があります。この作品について簡単に説明すると、デッドプールがヒーロー、ヴィランに関わらずマーベルキャラクターを皆殺しにするというものです。そこではゴーストライダーもシルバーサーファーも他に挙げたヒーローもデッドプールによって簡単に殺されてしまいます。以上の理由からマーベルヒーロー最強決定戦を制したのはデッドプールでした。
*あくまで筆者の独断と偏見による結果です。

まとめ

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

マーベルヒーロー最強決定戦はいかがだったでしょうか。これは筆者の独断と偏見によるものなので飽くまでエンターテイメントとしてお楽しみください。このテーマはよく議題に挙げられますが大事なのは結果を出すことより議論や考えを巡らせることを楽しむことだと思います。今回は筆者が好きということが大きく加味されてデッドプールの優勝となりましたが、みなさんも自分の好きなヒーローを応援し、ぜひコミックや映画をチェックしましょう。

関連する投稿


シリーズ第三弾!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』あらすじ・キャスト・見どころまとめ

シリーズ第三弾!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』あらすじ・キャスト・見どころまとめ

全世界同日公開を4月27日(金)に控えた『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。今までのヒーローたちが総結集する期待度120%な超話題作!あらすじやキャスト、さらには今作に関する考察や噂話などをまとめました。


『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

第90回アカデミー賞にて助演女優賞を受賞し、そのスキャンダラスな題材と相まって話題沸騰中の『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 スキャンダルと、その事件を起こした主人公・トーニャの半生に迫る内容でありながら、独特のポップな演出が見どころの作品となっています。 今回は、トーニャと彼女が起こした事件もまとめました!


『アベンジャーズ』待望の第3弾!全作総まとめ!

『アベンジャーズ』待望の第3弾!全作総まとめ!

2018年4月に公開予定の『アベンジャーズ』第3弾となる作品『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』。スーパーヒーローたちが一堂に会するとあって、待ちきれない!というファンも多いのでは?今作に繋がるこれまでの作品の紹介や、見どころなどをご紹介していきます。


『ボス・ベイビー』まとめ!気になる日本吹き替えキャストは?【ネタバレ注意】

『ボス・ベイビー』まとめ!気になる日本吹き替えキャストは?【ネタバレ注意】

全米で公開されると、なんとあの『美女と野獣』を抑えて2週連続第1位を獲得するという大ヒットを記録したアニメ映画『ボス・ベイビー』。 見た目は赤ちゃん、中身はおっさんというシュールな設定ですが、一体どんな作品なのかをまとめてみました!※あらすじにはネタバレが含まれているので要注意!


アベンジャーズの新星『ブラック・パンサー』を見逃すな!エンディングのネタバレあり!

アベンジャーズの新星『ブラック・パンサー』を見逃すな!エンディングのネタバレあり!

2018年3月1日から公開の『ブラック・パンサー』。マーベルの『アベンジャーズ』に加わる新たなヒーローが登場です。今回はぜったいに見逃せない新ヒーロー『ブラック・パンサー』のエンディングのネタバレや、次回作の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』についてまとめてみました。


最新の投稿


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


『2012』『TSUNAMI』ほか・自然災害を描いたおすすめ映画50作品まとめ

『2012』『TSUNAMI』ほか・自然災害を描いたおすすめ映画50作品まとめ

自然災害を描いた映画を紹介します。天変地異を思わせるような大規模災害に圧倒されるような作品です。


【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

4/20(金)、4/21(土)に公開される映画を一挙ご紹介。巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督のオタク心が詰まったSF映画『レディ・プレイヤー1』不可能と思われていた大人気コミックの実写映画化『いぬやしき』、『聲の形』のスタッフが再集結し、美しい世界観を出した『リズと青い鳥』などが公開されます!


『パシフィック・リム』まとめ!公開される続編の復習をしよう!

『パシフィック・リム』まとめ!公開される続編の復習をしよう!

4月13日より『パシフィック・リム:アップ・ライジング』が公開され、再び前作が注目を集めています。 ロボットVS怪獣と聞くと、日本の特撮やアニメを想像する方も多いと思いますが、何を隠そう今作を手がけた監督も大のオタク! 今回は続編に向けて復習できるよう、前作のポイントをまとめました!


『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健×土屋太鳳2度目の共演は、これまでにない感動作!

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健×土屋太鳳2度目の共演は、これまでにない感動作!

YouTube動画をきっかけに、国内外でも話題となり、「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」のタイトルで書籍化もされた実話を、佐藤健&土屋太鳳の主演で映画化された今作。 佐藤さんと土屋さんは『るろうに剣心』以降、2度目の共演ということもあり、お2人の共演エピソードを中心にまとめました。