スタジオジブリの名作『魔女の宅急便』に秘められたトリビアをご紹介!

スタジオジブリの名作『魔女の宅急便』に秘められたトリビアをご紹介!

角野栄子の児童文学を原作に、宮崎駿監督が劇場用アニメーションとして制作した『魔女の宅急便』。「アニメを見ない」と言われた女性や大人の層にまで広く受け容れられ、いまでは誰もが知る作品となりました。 ここでは誰もが知る『魔女の宅急便』の知られざるトリビアをご紹介します!


『魔女の宅急便』のあらすじ

魔女のキキは、13歳になる年のある満月の夜、魔女のしきたりで独り立ちするため、黒猫のジジと一緒に旅に出る。美しい大都会・コリコにたどり着いたキキは、心躍らせるが、初めて訪れる都会でトラブルの連続。そんな中出会ったパン屋のおかみさん・おソノの好意で、自宅に下宿することに。身重のおソノを手伝いながら、魔女としての唯一の能力=空を飛ぶ力を生かした「お届け屋さん」として働き始めたキキ。初仕事からピンチに立たされながらも、森で暮らす画学生・ウルスラや、街で初めて声をかけてくれた少年・トンボのお陰で、少しずつ新しい生活に慣れていく。しかし、当たり前に使えていた“魔女の力”が弱くなってしまい…!?

『魔女の宅急便』が人々に愛される理由とは⁉

鈴木敏夫プロデューサー

鈴木プロデューサーは「なんでうけるんだろう…。これは『魔女の宅急便』に限らず、宮崎駿にしろ、高畑勲にしろ、ジブリの作品が何故いろんな人に観てもらえるかっていうのはアナログ故だと思います。残念ながら人間の歴史って『人間なのに人間じゃなくなる』“非人間化”してきていると思うんです。そういうときに、ジブリの作品の芯にあるものは人間的であるということだと思います。人間ってそういうものが好きですよね。デジタルかアナログかっていったら、アナログが好きに決まっているんですよ」とコメントしています。

『魔女の宅急便』(C)1989 角野栄子・二馬力・GN

本作のテーマ“思春期”について、宮崎監督は最初このテーマに悩んだそう。「2人で吉祥寺の町や井の頭公園を歩いて、3時間ぐらい歩いて、疲れ切って、喫茶店に入ったんですね。席に着いた途端に宮崎駿が『この映画でなにやったらいいの?』と聞いてきたので、苦し紛れに『正面から思春期ってやったことないですよね』と答えたんです。そしたら『それだ!』って。宮崎駿という人は抽象的な概念で思考をしない人だから、すべてが具体化するんですね。(作中で主人公のキキが)パン屋へ行って次の日の朝起きてトイレに行くじゃないですか。あのシーンと、つまらなそうな顔をしながらパン屋でお留守番をする絵。宮崎駿がそういった形で思春期を表したんです」と明かしています。

『魔女の宅急便』(C)1989 角野栄子・二馬力・GN

また、当初予定になかったという“飛行船のクライマックスシーン”!
「やっぱりお客さんは娯楽として映画を観に来るわけだから、サービスは必要ですよね。それで、宮崎駿と話してあのシーンを付け加えることになったんです」と理由を述べ、「でも、メインのスタッフからは呼び出されて袋叩きにあいました。『あのシーン(本来ラストシーンとされていた老婦人からサプライズのプレゼントにケーキをもらうシーン)で終わればいい映画なのに、なんでそんな提案したんだ!?』って。そこで、『なんでもいいから付け足してやればいいシーンになるわけじゃない。宮崎駿がやるんだよ。面白くなるでしょ!』って…これが説得の言葉だったんです」と経緯を明かしてくれました。

『魔女の宅急便』に秘められた10のトリビア

1.『魔女の宅急便』はスタジオジブリ・宮崎作品初の原作もの

『魔女の宅急便』©1989 角野栄子・二馬力・GN

スタジオジブリは1985年に設立され、そこで宮崎駿監督は1986年に『天空の城ラピュタ』、1988年に『となりのトトロ』を制作しましたが、いずれも宮崎監督のオリジナルストーリーでした。

『魔女の宅急便』はスタジオジブリで宮崎監督がはじめて手掛けた「原作付き」の作品だったのです。ファンタジックな舞台での物語をたびたび手掛ける宮崎監督と魔女が登場する物語は、とても相性がよかったようですね。

2.キキの母コキリを頼ってきたのは「あの」豪快ばあさん!?

『魔女の宅急便』©1989 角野栄子・二馬力・GN

『魔女の宅急便』の物語序盤で、おばあさんがキキの母コキリに魔法の薬をもらいに来ていました。キキがこのおばあさんに挨拶をしたのですが、何と呼んでいたか覚えていますか?

なんとこの人はドーラばあさん。キキが母を訪れたおばあさんに「ドーラさん、こんにちは」と挨拶しています。『天空の城ラピュタ』に登場した空賊の頭領と同じ名なのです。

見かけは似ても似つかない感じで、もちろん同名異人です。

3.キキの親友、森の山小屋に住む画家の少女の名は……

©APOLLO

森の中の山小屋で一人、絵を描いて生活している少女。宅急便をはじめたばかりのキキが森の中に荷物を落としてしまったことが出会うきっかけとなりました。彼女はさっぱりした性格で、キキの無二の親友となります。

さて、彼女の名をみなさんはご存じでしょうか。もしご存じなら、どうやってその名を知りましたか?

実は、彼女は作中で一度も誰にも呼ばれることがなかったのです。だから映画本編を見ているだけだと彼女の名を知ることはできません。しかも、原作では「絵描きさん」と呼ばれるだけで本名は登場しないのです。

でも、映画好きのみなさんならご存じですね。エンドロールにはきちんと「ウルスラ」という名がクレジットされていますし、パンフレットにも掲載されています。

4.キキとあの人は同一人物?!

©APOLLO

少年役が多い声優の高山みなみが演じた女の子代表が『魔女の宅急便』のキキですが、実は高山は同作でもう一つ別の役を演じていることをご存じですか? もう一つの役も女性の役です。

前項の「彼女」の名を知っている人なら、きっとご存じのはず。エンドロールやパンフレットをきちんとご覧になった方はお分かりですね。高山みなみはキキのほかに、森の絵描き少女ウルスラも演じています。

つまり、キキが山小屋に泊まりに行った場面での二人の会話は、高山の一人芝居なのです。性格や話し方がまったく違うキキとウルスラですが、こんな風にきっぱりと演じ分けることができる高山みなみという人は、とてもすぐれた声優ですね。

5.『魔女の宅急便』の重要人物「コポリ」って誰?

『魔女の宅急便』©1989 角野栄子・二馬力・GN

『魔女の宅急便』の登場人物たちは、無国籍風の変わった響きの名を持つ人が多いです。その中に「コポリ」という名の人物がいることをご存じですか?とても重要な位置にいる人物です。

飛行クラブに所属して、人力飛行機づくりに励む、眼鏡をかけた男の子――そう、トンボです。トンボの本名が「コポリ」なのです。おソノさんがトンボ宛ての荷物の配達をキキに頼むときに「コポリさんに」と言っています。

原作では「とんぼさん」と呼ばれていて、前項に登場したウルスラ同様、本名が登場しません。

6.『魔女の宅急便』間に合わなかった主題歌

『魔女の宅急便』&『おもひでぽろぽろ』ブルーレイ発売記念トークショー(松任谷由実&鈴木敏夫プロデューサー)

意気揚々と故郷を旅立ったキキがほうきからぶら下げたラジオのスイッチを入れると流れ出す、ユーミンこと荒井由実の「ルージュの伝言」。

故郷を離れた町で心細いながらもいくつかの経験を重ねて、これからもなんとかがんばっていけそう、という希望を感じさせるエンディングに流れる「やさしさに包まれたなら」。

いずれもとても印象的でしたね。

「ルージュの伝言」は1975年に、「やさしさに包まれたなら」は1974年にリリースされた曲です。それが20年ののちに『魔女の宅急便』で使用されて、リバイバルヒットとなりました。『魔女の宅急便』をきっかけにユーミンを聴きはじめたという方も、もしかしたらおられるのでは?

『魔女の宅急便』©1989 角野栄子・二馬力・GN

関連する投稿


『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』ネタバレあらすじ、登場人物

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』ネタバレあらすじ、登場人物

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』はどんな映画なのでしょうか?この記事では『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』のみどころ、ネタバレあらすじ、登場人物などを紹介します。この記事を読めば『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』をもっと楽しめること間違いなしです!


夏に見たい映画25選!ホラーや冒険までよりどりみどり!

夏に見たい映画25選!ホラーや冒険までよりどりみどり!

暑い夏がもうすぐやってきます。そんな夏におすすめの映画を25選紹介します。暑さをゾクッとした寒さに変えるホラーや青春、ワクワクするような冒険ものまで様々なジャンルを集めました。新作映画も気にはなりますが、今年の夏はお家でこれらの映画を観て過ごしてみませんか?きっと気に入る作品が見つかります。


『となりのトトロ』都市伝説の真実を検証!トリビア13選

『となりのトトロ』都市伝説の真実を検証!トリビア13選

『となりのトトロ』の都市伝説はご存知ですか?定期的にテレビで上映され、その度に高い視聴率を記録するジブリ映画ですが、都市伝説にまつわる話が豊富にあります。そこで今回は、都市伝説の紹介と真実について考察!この記事を読めば、『となりのトトロ』に関する知識が更に深まります。


映画ジャンルって意外と多い!?全32種類の”各特徴”と代表作をマルっとおさらい!

映画ジャンルって意外と多い!?全32種類の”各特徴”と代表作をマルっとおさらい!

観たい映画を探す時、意外と "ジャンル検索" に戸惑う事ってありませんか?そんな時、どんなジャンルがあるのか知ってるだけでも便利かもしれません。ここでは洋画を中心に、映画ジャンル32種類とそれぞれの特徴・代表作をいくつか紹介していきたいと思います。豆知識程度に、気軽にチェックしてみてくださいね!


『ルパン三世 カリオストロの城』伏線・ネタバレ・あらすじを紹介

『ルパン三世 カリオストロの城』伏線・ネタバレ・あらすじを紹介

『ルパン三世 カリオストロの城』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『ルパン三世 カリオストロの城』のみどころ、ネタバレあらすじ、名言の紹介やスタジオジブリとの関係、伏線の解説もします。この記事を読めば『ルパン三世 カリオストロの城』をもっと楽しめますよ!


最新の投稿


『バタフライ・エフェクト』【ネタバレ】結末・トリビアまとめ!

『バタフライ・エフェクト』【ネタバレ】結末・トリビアまとめ!

2005年公開のタイムスリップ系サスペンス『バタフライ・エフェクト』。愛する人のために何度も過去へ戻り、未来を変えようとする主人公を描いた切ない愛の物語は、日本でも話題となりましたね。この記事では『バタフライ・エフェクト』のネタバレ・結末を解説。合わせてトリビアもご紹介いたします。


今最も女性を熱くする男!俳優・高橋一生の魅力

今最も女性を熱くする男!俳優・高橋一生の魅力

桜井ユキが主演を務める『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』。この映画に主役の恋人として出演するのは、大ブレイクを果たした俳優・高橋一生。ドラマ「民王」や「カルテット」などで多くの女性の心を掴み、今や人気俳優となった彼。今回はそんな彼の魅力やプロフィール、オススメ映画作品をご紹介します。


極限状態!サバイバル映画おすすめ55選

極限状態!サバイバル映画おすすめ55選

現在、飽食の時代を生きている私たち。狩猟の時代が過去にはありました。こんな暮らしを続けているとありがたみを忘れてしまうこともありますよね。そんなありがたみを思い出せさせてくれる過酷な状況でのサバイバルを描いた映画を紹介します。


『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』杜王町に登場する全キャラクターとスタンド敵味方時系列で総まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』杜王町に登場する全キャラクターとスタンド敵味方時系列で総まとめ

連載開始から今年35周年を迎える荒木飛呂彦著の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険 』シリーズはコミックスから小説、映画などにも展開されており、2016年4月から12月まで全39話でアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 』が制作された。 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』では、1999年の杜王町で起こる奇妙な殺人事件をめぐる冒険譚となっているが、第4部で登場するスタンド能力を持つ魅力的なキャラクターたちとともに、スタンド一覧をコミックス登場時系列でまとめ紹介する。


エバン・ピーターズの出演ドラマ・映画おすすめ8選!X−MEN最速の男!

エバン・ピーターズの出演ドラマ・映画おすすめ8選!X−MEN最速の男!

『X-MEN』シリーズで最速の男クイックシルバー演じ一躍有名となったエバン・ピーターズ。そんな彼が他にどんな作品に出演しているか気になりませんか?この記事ではエバン・ピーターズが出演するドラマ・映画の中からおすすめ8作品をご紹介いたします。