ピエール瀧ってどんな人?『アウトレイジ』最終章に出演!

ピエール瀧ってどんな人?『アウトレイジ』最終章に出演!

『凶悪』での迫力ある殺人鬼役から、ディズニー映画のコミカルな吹き替えまで、多彩な才能を発揮。『アウトレイジ』シリーズの最終章でも重要な役を担うピエール瀧について、デビュー作やアーティストとしての活動も含めてご紹介します。


強面でガタイがいい俳優、ピエール瀧

眼光が鋭く、屈強な体つきをしたピエール瀧。あまり主人公として登場することはないものの、『シン・ゴジラ』や『怒り』、『海賊とよばれた男』といった大規模なヒット作の数々に脇をかためる俳優陣の一人として出演。確固たる存在感を放っています。

元々はミュージシャンとしてメジャーデビュー

当初はアーティストとして活動。1989年、石野卓球とともに“電気グルーヴ”というバンドを結成します。同バンドは1991年、アルバム『FLASH PAPA』でメジャーデビュー。

「楽器が弾けないミュージシャン」を自称しており、そこまで有名でなかった時代から現在にいたるまで、電気グルーヴとしてライブに出演する際には、生き物を会場に放ったり、舞台上で食べ物をつくったり、ただ奇妙な踊りを披露するだけだったりと、突拍子もないパフォーマンスに徹しています。1995年の時点で自身が制作した映像作品「メカノ」を公開。映像へのこだわりと才能がうかがえます。

初出演作はサイコホラー

そんな彼が映画俳優としてデビューを果たすのは1997年。出演作品のタイトルは『HAPPY PEOPLE/ハッピー・ピープル』。身もすくむような狂気に満ちたサイコホラーです。彼が演じたのは名もなき青年。主人公に惨殺される悲惨な役です。

『HAPPY PEOPLE/ハッピー・ピープル』への出演を皮切りに、その後も徐々に俳優としてのキャリアを積み上げ、2005年には『ALWAYS 三丁目の夕日』、2006年には『日本沈没』など、公開規模の大きい映画にもどんどん出演するようになります。

ワルい男がハマり役

『凶悪』 -(C) 2013「凶悪」製作委員会

ピエール瀧が主人公をはるかにしのぐほどの強烈な印象を見るものに与え、映画を象徴するほどの活躍を見せたのが2013年に公開された『凶悪』です。彼がこの映画で演じたのはまさに「凶悪」という言葉を具現化したような武闘派ヤクザ、須藤純次。彼を裏で操る黒幕を演じたリリー・フランキーと一緒になって老人を虐待するシーンは、多くの観客の感情を揺さぶりました。実話をベースにした映画ですが、ピエール瀧が劇中で多用する口癖「ぶっこむ」は映画オリジナルのものです。

『凶悪』 -(C) 2013 「凶悪」製作委員会

ピエール瀧と個人的な親交のある映画評論家の宇多丸はこの映画を見て大興奮。自身が映画を評論するラジオ番組のコーナー「ムービーウォッチメン」のタイトルを、その週のみ「ムービーブッコメン」に変えて凶悪について熱く語りました。

『日本で一番悪い奴ら』(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

『凶悪』の監督でもある白石和彌監督作品『日本で一番悪い奴ら』で演じたのは、主人公(綾野剛)の先輩であるワルな刑事。酸いも甘いもかみ分けた男ならではの渋い雰囲気で、主人公に大切なことを教えました。物語の序盤で内通していたヤクザにはめられ、自分が刑事であるにもかかわらず逮捕され、退場の憂き目に。

ディズニー映画でも大活躍

“夏に憧れる雪だるま”のオラフ/『アナと雪の女王』 -(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ピエール瀧の才能はとどまるところを知らず、ディズニー映画『アナと雪の女王』の吹き替え声優を担当。

雪だるまのオラフをコミカルに演じ、アナ役の神田沙也加とともに劇中歌も見事に歌い上げました。

マルチな才能をもつピエール瀧の演技からにじみ出る人間力!

ミュージシャン、映像作家、俳優とマルチな活躍を見せるピエール瀧。悪人を演じるときにも子役への配慮を忘れなかったりと、人徳にあふれた好人物でもあるのです。過去の出演映画はどれも良作ぞろい。画面を通してにじみ出る彼の人間力を感じてください!

関連する投稿


映画『モテキ』とは一体?美女に翻弄される“モテキ”再来⁉長澤まさみ出演♡

映画『モテキ』とは一体?美女に翻弄される“モテキ”再来⁉長澤まさみ出演♡

豪華女優陣が集結したことで話題になった2011年の映画『モテキ』。テレビドラマとして放送されていた「モテキ」の1年後を描いたストーリーとなっており、主演は同じく森山未來が務めました。そんな『モテキ』のあらすじやキャストの豪華な女優たちについて紹介します。


イケメン俳優ランキングTOP20!日本で一番かっこいいのは誰?[2018年最新版]

イケメン俳優ランキングTOP20!日本で一番かっこいいのは誰?[2018年最新版]

日本には大御所から若手までかっこいい俳優さんがたくさんいますよね。今回はそんな中から2018年版、日本を代表する俳優の中で一番かっこいいのは誰?ということで、今年活躍されたイケメン俳優20人をランキングにしてご紹介していきます!ブレイクのきっかけになった作品や、最新出演作映画の情報も合わせてお伝えしていきます。


日本の綺麗な女優ランキングTOP20!美人女優といえば、あの人!【2018年最新版】

日本の綺麗な女優ランキングTOP20!美人女優といえば、あの人!【2018年最新版】

今年大活躍中の10代〜30代の女優さんを中心に、その中でもとびきりの美人20人をランキングにしてご紹介!私生活・出演映画作品などもお伝えしていきます。


池脇千鶴出演作品10選!『ジョゼと虎と魚たち』『凶悪』など!結婚や激太りの真相は…!?

池脇千鶴出演作品10選!『ジョゼと虎と魚たち』『凶悪』など!結婚や激太りの真相は…!?

最近ドラマ出演で話題の演技派女優池脇千鶴!巷では現在の様子に、太った⁉結婚は?などと騒がれています。『ストロベリーショートケイクス』や『そこのみにて光り輝く』など、映画、ドラマ、ナレーションなど幅広く活躍する池脇千鶴の出演作品10選をご紹介します。


ヒロインは乃木坂46の齋藤飛鳥!恋愛映画『あの頃、君を追いかけた』

ヒロインは乃木坂46の齋藤飛鳥!恋愛映画『あの頃、君を追いかけた』

2011年に公開された台湾の大人気映画作品『あの頃、君を追いかけた』のリメイクが決定。監督は長谷川康夫監督で、主演は山田裕貴さん、ヒロインは乃木坂46の齋藤飛鳥さんです。2000年代の日本が舞台となっています。


最新の投稿


『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン・ホームカミング』に出演して、日本でも大人気のトム・ホランド! 日本では”トムホ”の愛称で親しまれていますね!そんなイギリス出身の彼のプロフィールや出演作品、私生活などをまとめてみました。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

『謝罪の王様』は、『舞子Haaaan!』の宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演、水田伸生監督の最強タッグが再結集したヒット作品です。「謝罪」を題材に、大小さまざまな6つの物語で構成されている『謝罪の王様』。架空の職業である“謝罪師”を生業とする主人公・黒島譲のもとに、ひと癖もふた癖もある依頼が舞い込みます。


働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

シリーズはすでに完結済み、シーズン4までと比較的短くまとまった作品なので海外ドラマ入門にもおすすめ。NYの一流ファッション誌編集部が舞台になるだけあって、登場人物ほとんどの着こなしがファッショナブル。まっすぐで、なんにでも全力投球なベティに元気をもらえること間違いなし。きっと前向きな気持ちになれます。


常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

ビヨンセのいる所ではいつも何かしら事件やユニークな出来事、称賛が集まります。デビュー当時から一貫して飛び抜けた注目を集め続けて逞しく人生を謳歌している姿は、美しい容姿も相まって世の女性たちの憧れ。それは現在でも不変です。そんなビヨンセのトピックを最近の事も含めて紹介していきます。