ピエール瀧ってどんな人?『アウトレイジ』最終章に出演!

ピエール瀧ってどんな人?『アウトレイジ』最終章に出演!

『凶悪』での迫力ある殺人鬼役から、ディズニー映画のコミカルな吹き替えまで、多彩な才能を発揮。『アウトレイジ』シリーズの最終章でも重要な役を担うピエール瀧について、デビュー作やアーティストとしての活動も含めてご紹介します。


強面でガタイがいい俳優、ピエール瀧

眼光が鋭く、屈強な体つきをしたピエール瀧。あまり主人公として登場することはないものの、『シン・ゴジラ』や『怒り』、『海賊とよばれた男』といった大規模なヒット作の数々に脇をかためる俳優陣の一人として出演。確固たる存在感を放っています。

元々はミュージシャンとしてメジャーデビュー

当初はアーティストとして活動。1989年、石野卓球とともに“電気グルーヴ”というバンドを結成します。同バンドは1991年、アルバム『FLASH PAPA』でメジャーデビュー。

「楽器が弾けないミュージシャン」を自称しており、そこまで有名でなかった時代から現在にいたるまで、電気グルーヴとしてライブに出演する際には、生き物を会場に放ったり、舞台上で食べ物をつくったり、ただ奇妙な踊りを披露するだけだったりと、突拍子もないパフォーマンスに徹しています。1995年の時点で自身が制作した映像作品「メカノ」を公開。映像へのこだわりと才能がうかがえます。

初出演作はサイコホラー

そんな彼が映画俳優としてデビューを果たすのは1997年。出演作品のタイトルは『HAPPY PEOPLE/ハッピー・ピープル』。身もすくむような狂気に満ちたサイコホラーです。彼が演じたのは名もなき青年。主人公に惨殺される悲惨な役です。

『HAPPY PEOPLE/ハッピー・ピープル』への出演を皮切りに、その後も徐々に俳優としてのキャリアを積み上げ、2005年には『ALWAYS 三丁目の夕日』、2006年には『日本沈没』など、公開規模の大きい映画にもどんどん出演するようになります。

ワルい男がハマり役

『凶悪』 -(C) 2013「凶悪」製作委員会

ピエール瀧が主人公をはるかにしのぐほどの強烈な印象を見るものに与え、映画を象徴するほどの活躍を見せたのが2013年に公開された『凶悪』です。彼がこの映画で演じたのはまさに「凶悪」という言葉を具現化したような武闘派ヤクザ、須藤純次。彼を裏で操る黒幕を演じたリリー・フランキーと一緒になって老人を虐待するシーンは、多くの観客の感情を揺さぶりました。実話をベースにした映画ですが、ピエール瀧が劇中で多用する口癖「ぶっこむ」は映画オリジナルのものです。

『凶悪』 -(C) 2013 「凶悪」製作委員会

ピエール瀧と個人的な親交のある映画評論家の宇多丸はこの映画を見て大興奮。自身が映画を評論するラジオ番組のコーナー「ムービーウォッチメン」のタイトルを、その週のみ「ムービーブッコメン」に変えて凶悪について熱く語りました。

『日本で一番悪い奴ら』(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

『凶悪』の監督でもある白石和彌監督作品『日本で一番悪い奴ら』で演じたのは、主人公(綾野剛)の先輩であるワルな刑事。酸いも甘いもかみ分けた男ならではの渋い雰囲気で、主人公に大切なことを教えました。物語の序盤で内通していたヤクザにはめられ、自分が刑事であるにもかかわらず逮捕され、退場の憂き目に。

ディズニー映画でも大活躍

“夏に憧れる雪だるま”のオラフ/『アナと雪の女王』 -(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ピエール瀧の才能はとどまるところを知らず、ディズニー映画『アナと雪の女王』の吹き替え声優を担当。

雪だるまのオラフをコミカルに演じ、アナ役の神田沙也加とともに劇中歌も見事に歌い上げました。

マルチな才能をもつピエール瀧の演技からにじみ出る人間力!

ミュージシャン、映像作家、俳優とマルチな活躍を見せるピエール瀧。悪人を演じるときにも子役への配慮を忘れなかったりと、人徳にあふれた好人物でもあるのです。過去の出演映画はどれも良作ぞろい。画面を通してにじみ出る彼の人間力を感じてください!

関連する投稿


『愛のむきだし』のあらすじ・キャスト、そして実話なのか?そして愛とは?

『愛のむきだし』のあらすじ・キャスト、そして実話なのか?そして愛とは?

『愛のむきだし』という映画、覚えていますか?『ヒミズ』や『新宿スワン』や『リアル鬼ごっこ』の園子温監督がメガホンを握り、AAAの西島隆弘さんと満島ひかりさん主演によって放映された映画です。この記事では『愛のむきだし』のあらすじ・キャスト・実話なのかについても触れていき、『愛のむきだし』の愛にも迫って行きたいと思います。


この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

洋画が日本で公開される際に新たにつけられるタイトルである"邦題"。洋画の日本公開を楽しみに待っていたのに、思わず「どうしてこうなった」と言ってしまいたくなるような、あまりにひどい邦題がつけられてしまうというのは、映画ファンあるあるなのではないでしょうか?この邦題、アリ?ナシ?むしろ、ダサさに愛着さえ抱いてきてしまう!?そんな映画を独断と偏見でご紹介していきます。


『この国の空』あらすじ・キャスト紹介!原作は谷崎潤一郎賞を受賞

『この国の空』あらすじ・キャスト紹介!原作は谷崎潤一郎賞を受賞

『この国の空』は、芥川賞作家・高井有一さんによる同名小説作品を原作とした映画作品。本作はこれまで脚本家としてさまざまな作品に参加していた荒井晴彦さんによって映像化され、主演は二階堂ふみさんと長谷川博己さんが務めました。今回は映画『この国の空』について紹介します。


「アウトレイジ」シリーズ、キャストや主要登場人物のまとめ!

「アウトレイジ」シリーズ、キャストや主要登場人物のまとめ!

北野武監督「アウトレイジ」シリーズのキャストについて紹介!“世界のキタノ”が初となるシリーズプロジェクトに挑んだ「アウトレイジ」シリーズ。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開。そして2017年の『アウトレイジ 最終章』にてついにシリーズ最終章を迎えました。今回は「アウトレイジ」シリーズに登場する主要キャストについて紹介します。


映画『杉原千畝 スギハラチウネ』あらすじ・キャストまとめ紹介!撮影裏話も

映画『杉原千畝 スギハラチウネ』あらすじ・キャストまとめ紹介!撮影裏話も

映画『杉原千畝 スギハラチウネ』は“日本のシンドラー”と呼ばれた実在する人物・杉原千畝について描いた人間ドラマ作品。杉原千畝を演じたのは唐沢寿明、千畝の妻役は小雪が務めました。今回は映画『杉原千畝 スギハラチウネ』の基本情報について紹介します!


最新の投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。


映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

アメリカの大統領でブッシュを知っている人は多くても、副大統領であるチェイニーという人物を知る人は少ないのではないでしょうか?実はこのチェイニー副大統領こそ、影でブッシュ大統領を操るほどの実力を握り、今のアメリカを作り上げて"しまった"人物として知られているのです。そんな彼の半生を描いた映画『バイス』を紹介します!


秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭とは、“アキバ”に来る人の“大好き”を集めた映画祭。アニメ作品をメインとしてコミックやライトノベル、ゲームが原作の作品からアイドルが主演の作品など、ポップカルチャーに分類される作品を対象として上映されます。今回はそんな秋葉原映画祭2018で上映された作品について紹介します。


ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

日本のみならず、世界的に注目されているジブリ作品。その大きな特徴は、魅力的なキャラクターたちです。どのキャラクターも個性的で魅力的ですが、中でも人気が高いのは誰なのでしょうか?今回は、ジブリのキャラクターランキングを大公開します。はたして、ランキング1位に選ばれたのは…?