金曜ロードショー8/31放送!『メアリと魔女の花』みどころ

金曜ロードショー8/31放送!『メアリと魔女の花』みどころ

スタジオポノック第一作となる、米林宏昌監督作品。魔女の花「夜間飛行」と箒を手に入れた少女・メアリが、友人を救うため、魔法の世界で冒険を繰り広げます。 スタジオジブリ出身の製作スタッフがおくる、躍動感あふれる新しい魔女の物語。


『メアリと魔女の花』はどんな映画?

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

メアリー・スチュアートによる児童文学が原作。
田舎に越して来た少女メアリは、7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”という、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”をみつけます。
一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるものの、メアリがついた、たった1つの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていきます。

『メアリと魔女の花』はスタジオポノック長編映画第1作

『メアリと魔女の花』はスタジオジブリの制作部解散で退社することになった、西村義明プロデューサーと米村宏昌監督が立ち上げた、スタジオポノックの長編アニメ映画第1作です。
作画監督はスタジオジブリで、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』『風立ちぬ』などで原画を、『ハウルの動く城』『ゲド戦記』『コクリコ坂から』では作画監督を務めた稲村武志さん。
スタジオポノックの製作スタッフのほとんどがスタジオジブリ出身!ということで、スタジオジブリで培われた、手描きの背景での独自のアニメーションのスタイルが貫かれています。

『メアリと魔女の花』の主題歌

『メアリと魔女の花』の主題歌は、4人組のバンドSEKAI NO OWARIの「RAIN」。
「魔法は いつか解けると 僕らは知っている」という歌い出しから始まる、やさしく温かで懐かしさを感じるような、彼ら流の“王道ポップソング”です。

『メアリと魔女の花』の声のキャスト

スタジオジブリの路線を引き継ぎ、『メアリと魔女の花』の声のキャストも豪華!
実力派の役者や個性的なタレントの声が次々に登場します。

主人公・メアリの声は杉咲花さん

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会


赤毛で青い瞳、そばかすが特徴の天真爛漫な11歳の少女、メアリ・スミスの声を、杉咲花さんが演じています。
杉咲花さんは、『思い出のマーニー』で好奇心旺盛な少女・彩香を好演し、公開時には同作の“第3のヒロイン”として注目を集めました。

ピーターの声は神木隆之介さん

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

メアリの友人で、赤い館村で新聞配達をする12歳の少年のピーターの声を担当しているのは、神木隆介さん。
スタジオジブリの作品や『君の名は』でお馴染みの神木隆之介さんは、、米林監督の長編デビュー作『借りぐらしのアリエッティ』でアリエッティと出会う病弱な少年・翔を演じました。

マダム・マンブルチュークの声は天海祐希さん

メアリがもつ「夜間飛行」を追い求める、悪役・エンドア大学の校長のマダム・マンブルチュークの声を天海祐希さんが担当。
天海祐希さんはスタジオジブリの『崖の上のポニョ』でポニョの母親、グランマンマーレの役を演じています。

その他のキャスト

エンドア大学の魔法科科学者ドクター・デイを小日向文世さん、箒小屋の番人のフラナガンを佐藤二朗さん、メアリの大叔母シャーロットを大竹しのぶさん、シャーロットの「赤い館」の家政婦バンクスを渡辺えりさん、赤い館の庭師を遠藤憲一さんらが演じています。

『メアリと魔女の花』のあらすじ

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

「赤い館」への引っ越し

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

イントロダクション-昔、ある赤毛の魔女が魔女の国から「夜間飛行」という魔法の花の種を盗み出しました。
魔女は逃げる途中で力尽き、乗っていた箒と「夜間飛行」の種を森に落としてしまいます。

大叔母のシャーロットが住む「赤い館」に越して来た11歳の少女メアリ・スミス。
ある日、メアリは森の中で、「夜間飛行」の花とかつて赤毛の魔女が落とした箒をみつけます。

魔女の花「夜間飛行」

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

「夜間飛行」は森の中で咲いていた、スズランのようなかたちの青く光る神秘的な花。
うっかりメアリが「夜間飛行」の汁を箒につけてしまったところ、箒はメアリを乗せて舞い上がり、空の上にある魔女の国へと運んでいくのでした。

エンドア大学

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

魔女の国の魔法世界最大学府「エンドア大学」に運ばれたメアリは、校長のマダム・マンブルチュークや魔法科学者のドクター・デイらと出会います。
メアリは校長室で魔法の呪文が書かれた本「呪文の神髄」をみつけ持ち帰ることに。
ここで、メアリはマンブルチュークにある嘘をつき、友人ピーターの命をおびやかすことになってしまいます。
メアリはピーターを救うことができるのでしょうか…。

『メアリと魔女の花』の関連作

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

『メアリと魔女の花』はスタジオジブリ出身の西村義明プロデューサーと米村宏昌監督が設立したスタジオポノックが制作。
やはりスタジオジブリ出身の稲村武志さんを作画監督に迎えて、20年かけてジブリで培ったものに、さらに躍動感と「別れ」ではないハッピーエンドを加えた第1作となりました。
スタジオポノックの作品と、西村義明プロデューサー、米村宏昌監督、稲村武志作画監督の作品をご紹介します。

ちいさな英雄

(C)2018 STUDIO PONOC

「スタジオポノック」の新プロジェクト「ポノック短編劇場」。
その第1弾作品の『ちいさな英雄ーカニとタマゴと透明人間ー』は、米林宏昌をはじめとするスタジオジブリ出身の3人の監督が手掛けた、3作品の短編アニメーションからなるプロジェクトです。

(C)2018 STUDIO PONOC

米林監督の『カニーニとカニーノ』、巨匠・高畑勲監督の右腕だった百瀬義行監督の『サムライエッグ』、そして宮崎駿監督作品の中心を担ったアニメーター・山下明彦監督による『透明人間』の3作品。
兄と弟の勇気、母と子の絆、そして、たったひとりの闘い。小さな“英雄たち”の3つの物語が描かれています。

(C)2018 STUDIO PONOC

『カニーニとカニーノ』はカニの兄弟の大冒険ファンタジー、『サムライエッグ』では実話を基に母と少年の愛の感動ドラマ、さらに『透明人間』では見えない男の孤独な闘いのスペクタクルアクション。
声のキャストは、木村文乃さん、尾野真千子さん、坂口健太郎さん他、エンディングテーマ「ちいさな英雄」は木村カエラさんが歌っています。

借りぐらしのアリエッティ

© 2010 GNDHDDTW

40年以上前に原作を読んだ宮崎駿監督が企画と脚本を担当。
宮崎駿監督が全幅の信頼を寄せ、鈴木敏夫プロデューサーも「スタジオジブリで最も上手いアニメーター」と太鼓判を押す米村宏昌さんが、ジブリ作品の最年少監督としてメガホンを握りました。

© 2010 GNDHDDTW

イギリスの児童文学「床下の小人たち」₍メアリー・ノートン作₎が原作。
人間の世界から少しずつ必要なものを“借りて”暮らす、床下の小人は、クギやクリップ、ホッチキスの芯などを生活に活用。
床下の小人たちには“人間に見られてはいけない”という掟がありました。

14歳の少女・アリエッティも床下の小人で、両親と古い家の台所の下で三人暮らし。
はじめてのひとりで「借り」に出かけたアリエッティは、しの古い家に病気療養に来ている少年・翔にみつかってしまいます。

© 2010 GNDHDDTW

アリエッティの声を志田未来、翔の声を神木さんがつとめたほか、大竹さん、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林と豪華なキャストが集結しています。

思い出のマーニー

(C)2014 Studio Ghibli・NDHDMTK

米林監督が脚本も手がけ、杏奈役を高月彩良さん、マーニー役を有村架純さん、さらに松嶋菜々子さんや黒木瞳さんらが声のキャストをつとめています。
第88回アカデミー賞長編アニメーション映画賞にノミネート。
やさしく包み込んでくれるような、あたたかい感動の物語です。

(C)2014 Studio Ghibli・NDHDMTK

北海道を舞台にしたファンタジー。
幼いころに両親を亡くし、周囲に対して心を閉ざしてしまった12歳の少女・杏奈は、喘息の療養のため、養母・頼子の親戚が暮らす海辺の村で過ごすことに…。
その村には入り江に面して建つ「湿っ地(しめっち)屋敷」と呼ばれる古い屋敷に心惹かれていきます。
夢の中にも出てくるようになった湿っ地屋敷には、何故か必ず金髪の不思議な少女・マーニーの姿があって…。

かぐや姫の物語

(C)2013 畑事務所・Studio Ghibli・NDHDMTK

高畑勲監督の最後の作品となった『かぐや姫の物語』は、西村義明プロデューサーがプロデュース。
日本最古の物語「竹取物語」を全く新しい解釈で映画化。
水彩画がそのまま動き出したような美しさとダイナミックさを併せ持ったその映像は日本のみならず、第87回アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされるなど、海外の多数の映画賞を席巻しました。

© 2013 畑事務所・GNDHDDTK

「かぐや姫」という一人の女性が誕生し、少女時代を経て美しい姫に成長していく物語を日本の原風景ともいえる美しい景色とともに描くことで、命の輝きと“生きる喜び”というテーマが表現されています。
感動のラストへとつながっていく超大作!

君の名は

(C) 2016「君の名は。」製作委員会

次世代の宮崎駿監督と称される、気鋭のアニメーション映画監督・新海誠さんの『君の名は。』
稲村武志さんが原画を担当しています。

精緻な風景描写とすれ違う男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉によって紡ぎ出す“新海ワールド”。
夢の中で“入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語。世界の違う2人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」のドラマが、圧倒的な映像美とスケールで描かれています。

(C) 2016「君の名は。」製作委員会

千年ぶりとなる彗星の来訪を1か月後に控えた日本。
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習にうんざりし、都会への憧れを強くするばかり。

そんなある日、三葉は自分が男子高校生になって、東京で暮らす夢を見ます。
一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も奇妙な夢を見ていました。
行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのです。

彼らが体験した夢の秘密とは。出会うことのない2人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語がいま動き出します――。

(C) 2016「君の名は。」製作委員会

『君の名は』の声のキャストをつとめるのは、神木隆之介さん、上白石萌音さん、長澤まさみさん、市原悦子さんら豪華俳優陣と、島崎信長さん、石川界人さん、悠木碧さんと最旬若手声優たち!
「俳優だから…声優だから…」そんな概念を吹き飛ばす個々の演技力が、本作にさらなる個性とリアリティーを与えています。

バケモノの子

© 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

スタジオジブリ出身でスタジオ地図を立ち上げた細田守監督作品『バケモノの子』で、稲村武志さんが原画を担当しています。
第39回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめ、第25回日本映画批評家大賞アニメーション部門でも作品賞を受賞するなど各賞を受賞しました。

© 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

現代の東京・渋谷と、そこからほんの少しだけズレた場所にあるバケモノが暮らす異世界「渋天街」が舞台。
母親を亡くしひとりぼっちとなってしまった少年・九太が「強さ」を求めて、バケモノたちが住む渋天街に迷い込み、乱暴者のバケモノ・熊徹と出会い共に暮らすことになります。
「強くなりたい」一心で熊徹の真似をし続ける九太は、徐々にたくましさを身につけ、一方の熊徹も九太との生活の中で自らの技と心を成長させていき、二人はいつしか本当の父子のような関係に変わっていく…という物語です。

© 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

九太の少年期を宮崎あおいさんが、青年期を染谷将太さんがそれぞれ演じ、クマ顔のバケモノ熊徹には役所広司さんが声優初挑戦。
ヒロインの楓は広瀬すずさん、猿顔のバケモノ・多々良に大泉洋さん、豚顔の僧侶・百秋坊にリリー・フランキーさん、さらに津川雅彦さん、黒木華さんらが声のキャストをつとめています。

新しい魔女のストーリー『メアリと魔女の花』

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

スタジオジブリを長年支えて来た、製作部出身の米村監督、西村プロデューサーによるスタジオポノック。
手描きの美しい背景やていねいなアニメーションを、ジブリから引き継ぎ、さらに躍動感とアクションが充実!
「素直でのびのび」とした作品と鈴木プロデューサーからのコメントされたとおり、主人公のメアリに素直に感情移入して、魔法の世界での冒険を楽しめる作品です。

この記事のライター

関連する投稿


40代イケメン俳優20人!渋くてかっこいい40代俳優総まとめ[2018年最新版]

40代イケメン俳優20人!渋くてかっこいい40代俳優総まとめ[2018年最新版]

経験と実力を兼ね備えた40代イケメン俳優たち。主役だけでなく脇役もこなせる彼らは、映画やドラマに引っ張りだこですよね。今回はそんな40代イケメン俳優の中から、とびきり渋くてかっこいい20人をご紹介!代表作や私生活の情報も合わせてお伝えしていきます。お気に入りのイケメン俳優は入っているのか?ぜひチェックしてみて!


 黒木華出演作品11選!『母と暮せば』『リップヴァンウィンクルの花嫁』

黒木華出演作品11選!『母と暮せば』『リップヴァンウィンクルの花嫁』

『永い言い訳』や『ちょっと今から仕事やめてくる』など、山田洋次監督に「割烹着が日本一似合う」と称された女優、黒木華の主演作品11選をご紹介します。


金曜ロードショー11/2放送『紅の豚』をもう一度おさらい!

金曜ロードショー11/2放送『紅の豚』をもう一度おさらい!

『紅の豚』は、スタジオジブリの第6作目の作品。金曜ロードショーでの、放送回数は今回で12回目、歴代最高視聴率はテレビ初放送時に20.9%を記録した名作アニメ映画です。青い空を自由に飛び回る紅い飛行艇…宮崎駿監督の夢とロマンが詰め込まれた、ちょっぴりビターでクールな大人のファンタジー。


女優浜辺美波の魅力!可愛すぎると話題に!

女優浜辺美波の魅力!可愛すぎると話題に!

可愛すぎ!と話題を集めている若手女優の浜辺美波さんをご存じですか?『君の膵臓をたべたい』ではヒロインを演じるなど、映画やテレビドラマ、CMにも出演し、多方面で活躍しています。本記事では可憐な浜辺美波さんの魅力をご紹介します。


金曜ロードショー10/26放送!『もののけ姫』おさらい2019年公開新作アニメ映画も!

金曜ロードショー10/26放送!『もののけ姫』おさらい2019年公開新作アニメ映画も!

宮崎駿監督が構想16年、製作3年を費やして作り上げた長編映画7作目となる、スタジオジブリの代表作『もののけ姫』。呪いを解く旅に出た主人公・アシタカが、犬神に育てられた少女・サンと出会い、森と人が争わずに済む道を探り戦います。世界中で高い評価を受けたスタジオジブリ制作の名作アニメ映画。


最新の投稿


Netflix 海外ドラマ「サンタクラリータ・ダイエット」あらすじ、キャスト&ネタバレ

Netflix 海外ドラマ「サンタクラリータ・ダイエット」あらすじ、キャスト&ネタバレ

Netflixオリジナルドラマ「サンタクラリータ・ダイエット」は、シリーズ3の製作/配信も決定したダークコメディシリーズ!あまりの残虐な映像に批判を浴びるも、豪華なキャストとその意外性の物語の展開に人気が集まっています。主役の夫婦を演じるのは、超ベテラン女優ドリュー・バリモアと定評のあるティモシー・オリファント。2人とも、プロデューサーも兼任しています。ゲスト、脇役共に大物俳優が登場し、豪華なキャスティングにも注目です。テンポの良いセリフ、絶妙なコミックタイミング、流血のシーンでも、コメディ要素を決して失わない新しいタイプのゾンビ/不死者テレビシリーズに注目してみましょう!


Netflix 海外ドラマ「13の理由」あらすじ、キャスト&ネタバレ

Netflix 海外ドラマ「13の理由」あらすじ、キャスト&ネタバレ

2017年から配信が開始された、 Netflixオリジナル海外ドラマ「13の理由」。世界で様々な話題になりました。多くの精神科のプロが、自殺を応援するような内容に批判を寄せましが、シリーズ1は、多くのファンを集め、今年のシーズン2の配信、来年のシーズン3の配信決定へとつながっています。ディズニースターで歌手のセレーナ・ゴメスが原作を読んで、実写化を熱望。プロデューサーとして参加しています。現代のアメリカ人学生の深刻で精神的な葛藤、実際に起きた問題を思い起こさせる内容に、”精神的に病んでいる人は、専門家に連絡しましょう。”というキャストのメッセージで幕をあける事になった話題のミステリードラマシリーズ。


『名探偵コナン』の秘密道具を大解剖!便利もトホホもまとめて紹介!

『名探偵コナン』の秘密道具を大解剖!便利もトホホもまとめて紹介!

『名探偵コナン』の主人公は小さな名探偵。年令も身体も小さく、大人ならできることも子供の姿ではできなくて、くやしい思いをする場面に出くわすこともあります。その不便さを解消する阿笠博士の発明品を紹介します。


映画監督と結婚!かわいい系女優フェリシティ・ジョーンズの出演映画作品を紹介!

映画監督と結婚!かわいい系女優フェリシティ・ジョーンズの出演映画作品を紹介!

スパイダーマンに出演の美女!笑顔が印象的でどこか儚げ、コケティッシュな雰囲気が特徴的なフェリシティ・ジョーンズ。でも実はそれとは裏腹に頭脳明晰で、名門オックスフォード大学に通い、しかもそれと並行して自分の夢を叶える為に舞台に立つなど、若い頃から物事にとても意欲的で自立心旺盛。叔父が俳優のマイケル・ハドリーで、母親も映画や舞台に興味があったこともあり幼いころから演技していました。本格的に知られるようになったのは24歳以降。主役級の役を掴むまでコンスタントに映画やドラマに出演し続けて、どんどん注目を浴びます。私生活も、有名人にありがちな派手な交際なんかは無く、堅実な人間性が垣間見えます。今年結婚した彼女の可愛らしさの内面に迫ります!


ブラッド・ピット主演のラブストーリー!映画『マリアンヌ』あらすじやキャストを紹介

ブラッド・ピット主演のラブストーリー!映画『マリアンヌ』あらすじやキャストを紹介

『マリアンヌ』は日本では2017年に公開されたラブストーリー映画作品。主演はプロデューサーとしても活躍するブラッド・ピット、監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで知られるロバート・ゼメキスです。今回は『マリアンヌ』について紹介します。


今週のおすすめPickup