シリーズ最新作『アントマン&ワスプ』まとめ!前作のおさらいも

シリーズ最新作『アントマン&ワスプ』まとめ!前作のおさらいも

8月31日(金)、ついに日本でも公開が始まるマーベルスタジオ最新作『アントマン&ワスプ』!あらすじやキャスト・プチトリビアなど、気になる情報をまとめました。前作のおさらいもあるので、映画を観る前にぜひチェックして!


目次

待望の続編!『アントマン&ワスプ』

©Marvel Studios 2018

『アベンジャーズ』シリーズのマーベルスタジオの最新作『アントマン&ワスプ』が、8月31日(金)から日本でも公開が始まります!MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品の記念すべき20作目であり、衝撃の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に続いて公開される作品なので、注目度もとても高い今作。すでにシリーズのファンの方はもちろん、これからマーベルに触れるという方も、知っているとより楽しめる作品やキャストの情報、トリビアなどをご紹介していきます。

新しい敵の姿も!?『アントマン&ワスプ』キャスト紹介

©Marvel Studios 2018

今作はアントマンのシリーズとしては2作目。もちろんメインのキャラクターたちは、前作『アントマン』から引き続き演じていますが、公開されたビジュアルの中には新しいキャラクターの姿も!一体彼らはどのように活躍するのでしょうか?『アントマン&ワスプ』に登場するキャラクターやキャストについてご紹介します。

アントマン/スコット・ラング(ポール・ラッド)

『アントマン』MovieNEX(C) 2017 MARVEL

前作に引き続きアントマン/スコット・ラングを演じるのは、もちろんポール・ラッド!成り行き(実際には巧妙な罠なのですが…)で手に入れてしまったアントマンのスーツで世界の危機を救った"最小のヒーロー"。原子間の距離を縮めて物体を小さくする「ピム粒子」により1.5cmほどの姿になり、敵地に潜入したり翻弄したりするのが得意。さらに、電子工学の修士号を持っていたり、軽々と屋敷に潜入する高い身体能力があったりと、アントマンになる前から持っていたスキルを活用して戦います。性格は朗らかでどこか楽天的な部分があるので、それが原因でトラブルを招いてしまうのですが、元妻との間の一人娘・キャシーへの愛情は本物。愛する娘のために、誇れる父親であろうと考え、ヒーロー・アントマンになります。

ポール・ラッド-(C)Getty Images

そんなスコットを演じるのは、ポール・ラッド。1969年生まれの49歳で、これまでに映画のみならず舞台やドラマでも活躍してきました。スコットの役柄と同じく、朗らかな笑顔が印象的で素敵!『アントマン』では世界の危機を救うという重大な任務の最中でも、どこか軽さやユーモアがあって楽しめるため、コメディ映画に多く出演してきたポールにはスコットはぴったりの役なのでしょう。『アントアマン』では脚本も手がけています。

ワスプ/ホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)

エヴァンジェリン・リリー-(C)Getty Images

ワスプを演じるエヴァンジェリン・リリーは1979年生まれの39歳。2004年のドラマ「LOST」のケイト役でブレイクしてから、『ハート・ロッカー』や『リアル・スティール』、『ホビット』のシリーズなどでも活躍してきました。前作『アントマン』では髪を黒髪のボブにしていましたが、今作では伸びた髪をポニーテールにしていることが多いようです。美人なので、どちらも似合っていますね!前作で「自分も戦いたい」と熱望していた彼女ですが、ついに"ワスプ"として参戦!彼女の活躍に期待大です。

アントマンとワスプ、能力の違いは?

『アントマン&ワスプ』(C)Marvel Studios 2018

アントマンとワスプ、どちらも「小さくなって」戦うのが共通した能力ですが、どういった違いがあるかご存知ですか?アントマンは"アリ"、ワスプは"ハチ"。小さくてわかりづらいですが、ワスプの姿には翼のようなものが見えます!アントマンは飛べるアリに乗って飛んでいましたが、ワスプは自分で飛べるのです。これに対して、スコットが羨ましがるようなコミカルなシーンも。スーツの違いはもちろん、本人たちの素質の差もあります。もちろんスコットも素質は十分なのですが、ホープは「完璧ヒロイン」と呼ばれるだけあって、ピム粒子を扱うことに長けています。

ハンク・ピム(マイケル・ダグラス)

サンセット・タワー・ホテルで行われた「the 2012 Vanity Fair Oscar Party」に出席したマイケル・ダグラス -(C) Visual Press Agency/AFLO

ワスプ/ホープの父であり、ピム粒子の生みの親である天才科学者ハンク・ピム博士を演じるのは、マイケル・ダグラス。1944年生まれの73歳です。俳優以外にもプロデューサーとしても名を馳せており、なんとあの『カッコーの巣の上で』も手がけています!2010年にはガンの治療中であることを発表しましたが、その後克服し、またスクリーン上で彼の活躍を目にできるようになりました。
MCU『アントマン』ではピム博士は、不器用ながらも妻や娘思いの父親ですが、天才故えか実はなかなかに個性の強い人物。しかしそこが彼の魅力の一つでもあるので、今作ではどのような姿を見せてくれるのか楽しみです!

ジャネット・ヴァン・ダイン(ミシェル・ファイファー)

ミシェル・ファイファー -(C) Getty Images/AFLO

ピム博士の妻で、ホープの母であるジャネットを演じるのは、ミシェル・ファイファー。1958年生まれの60歳。変わらず魅力的な美しさがありますね!1992年の『バットマン リターンズ』ではあのキャットウーマンを演じており、DCコミックスとマーベルの違いはあるものの、アメコミの実写映画への出演は2度目!『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』ではゴールデングローブ賞の主演女優賞も受賞しており、実力派女優さんです。豪華キャストがそろい踏みの2017年『オリエント急行殺人事件』でもひときわ存在感を放っていたのが記憶に新しいですね。

ミシェル・ファイファー&マイケル・ダグラス/『アントマン&ワスプ』ワールドプレミア(C)Marvel Studios 2018

マイケル・ダグラスとミシェル・ファイファーが夫婦役として並ぶとインパクトが強いですね!
ジャネットは初代ワスプとして、夫のピム博士と共に任務についていましたが、その最中に限界をこえて小さくなることで元に戻れなくなり、事実上「存在がなくなった」と前作で紹介されていました。結果として世界の危機は救えましたが、愛する妻の存在を見失い、戻してあげることもできなかったピム博士は激しく後悔し、このことから娘のホープには危険が伴う「ピム粒子」に関して全く触れさせないように…。愛情からの行動ですが、ピム博士とホープの親子としての溝は深まってしまい、『アントマン』ではそれを見かねたスコットが二人を何かと気にかけることも。
そんな事情のあるジャネットなので、今作ではどのように彼女が登場するのかとても気になりますよね!

ルイス(マイケル・ペーニャ)

マイケル・ペーニャ-(C)Getty Images

スコットの親友(悪友!?)のルイスを演じるのは、前作に引き続きマイケル・ペーニャ。1976年生まれの42歳です。スコットの泥棒仲間なのですが、こう見えてピンチの時にはかなり頼れる味方!泥棒時代も、スコットがアントマンになってからも、彼を受け入れてサポートし、力になってくれる友達の一人です。大事な話をする時に、余計な話が多すぎて本題に入るのが遅すぎるところは愛嬌。今作はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。
マイケルといえば、「主演ではないものの良作には必ず居て、良い仕事をする、安定感のあるバイプレイヤー=名脇役」であることで有名。2014年『フューリー』や2015年の『オデッセイ』、2018年公開でクリス・ヘムズワースが主演の『ホース・ソルジャー』など、『アントマン』のようなコミカルな役のみならず、シリアスな役もマルチに演じる俳優です。

新たに参加!ビル(ローレンス・フィッシュバーン)とゴースト(ハナ・ジョン=カーメン)

『アントマン&ワスプ』ワールドプレミア(C)Marvel Studios 2018

この記事のライター

関連する投稿


『アベンジャーズ』を見る順番はこれ!マーベル作品をフェーズごとに解説

『アベンジャーズ』を見る順番はこれ!マーベル作品をフェーズごとに解説

2018年4月に公開予定の『アベンジャーズ』第3弾となる作品『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』。スーパーヒーローたちが一堂に会するとあって、待ちきれない!というファンも多いのでは?今作に繋がるこれまでの作品の紹介や、見どころなどをご紹介していきます。


小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ15選!原作と比較しておもしろさ倍増!

小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ15選!原作と比較しておもしろさ倍増!

昨今、映画作品はオリジナル作品が少なくなってきて久しいですが、そんな賛否両論ある「原作もの」も、監督独自の脚色によって、生まれ変わるケースは多くあります。ラストを変更するだけでなく、作品全体のトーンを変えたり、登場人物を新たに加えたりと、その方法は様々。こちらのまとめでは、原作と映画の比較や、作者の背景にも迫りました。


アバンギャルドな悪女キャラ、ヘレナ・ボナム=カーターの魅力に迫る!

アバンギャルドな悪女キャラ、ヘレナ・ボナム=カーターの魅力に迫る!

映画業界がメチャクチャ元気だった80年代から、その美貌とアバンギャルドなカッコよさで人気者だったヘレナ・ボナム=カーター。彼女は若い頃から頭脳明晰で生きるための判断能力に長け、迷いなく名門ケンブリッジ大学を蹴って演技の世界に没頭します。生まれ持った行動力も手伝って、早くに成功を収めて世界中の注目を浴びた彼女は、その独特な雰囲気を活かして精力的に映画出演をし続けてきました!イカれた悪女キャラが定着している彼女ですが、私生活、オフィシャルの両方で、事実婚している映画監督ティム・バートンに13年もの間ずっと尽くして共に戦い映画界の一時代を作り上げた、強くて健気な女性。そんな彼女の生き様や趣向、代表的な出演作品にフォーカスしてみました。


ハル・ベリーの現在!スタイル抜群元ミスUSAのボンドガールは苦労のオスカー女優!

ハル・ベリーの現在!スタイル抜群元ミスUSAのボンドガールは苦労のオスカー女優!

実力派性格女優ハル・ベリーはデビュー8年目でテレビ映画「アカデミー 栄光と悲劇」でエミー賞、11年目で007のボンドガールに抜擢されるまでは、仕事面でもプライベートな面でもキツい不遇に見舞われつつ強いプライドで打ち勝ってきました。私生活では恵まれないままでも女優としては2007年から快進撃を繰り広げる彼女の魅力に迫る!


シャイア・ラブーフ主演映画おすすめ15選!『トランスフォーマー』ほか!

シャイア・ラブーフ主演映画おすすめ15選!『トランスフォーマー』ほか!

大人気作『トランスフォーマー』シリーズのサム・ウィットキー役で知られる俳優シャイア・ラブーフ。「サムのイメージが強く、ほかの映画は実はよく知らない…」という方に、シャイア・ラブーフ出演のおすすめ15作品をピックアップしました。


最新の投稿


『アベンジャーズ』を見る順番はこれ!マーベル作品をフェーズごとに解説

『アベンジャーズ』を見る順番はこれ!マーベル作品をフェーズごとに解説

2018年4月に公開予定の『アベンジャーズ』第3弾となる作品『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』。スーパーヒーローたちが一堂に会するとあって、待ちきれない!というファンも多いのでは?今作に繋がるこれまでの作品の紹介や、見どころなどをご紹介していきます。


今更聞けない『プラダを着た悪魔』のあらすじ・魅力【ネタバレあり】

今更聞けない『プラダを着た悪魔』のあらすじ・魅力【ネタバレあり】

2006年に公開されてから、多くの女性たちの共感や憧れを集め評価された『プラダを着た悪魔』。観たことがなくても「タイトルは聞いたことがある」という方も多いはず。現代社会に生きる女性ならば必見!?そんな魅力たっぷりの本作をご紹介します。


アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!出演映画を紹介【北欧美人女優の圧巻の演技力】

アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!出演映画を紹介【北欧美人女優の圧巻の演技力】

ヴィトンのミューズ、そしてハリウッドのイットガール、アリシア・ヴィキャンデル。その美貌だけでなく、アカデミー賞受賞の演技力も兼ね揃えた、近年大注目の女優のひとりである彼女の魅力をご紹介します!


『ブレードランナー 2049』の魅力と世界観を初心者向けに徹底!

『ブレードランナー 2049』の魅力と世界観を初心者向けに徹底!

ようやく公開された『ブレードランナー2049』。強力ワカモトってなんだ⁉っていう初心者の方に向けて、この作品の原点となった80年代SF映画の金字塔『ブレードランナー』の魅力と世界観をさまざまな角度から紹介しましょう。


『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

SFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。ここでは、「ブレードランナー」のどのバージョンからみたらよいかわからない人への解説と、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。