『忍びの国』に出演!名優でんでんの出演作5選

『忍びの国』に出演!名優でんでんの出演作5選

近所に住んでいるおじさんのような雰囲気そのままの、自然体な演技が魅力。過去には日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞している名優でんでんの出演作5選をご紹介します。


愛した人が犯した罪【悪人】

原作は芥川賞作家で、『怒り』の原作者でもある吉田修一の同名小説。北九州の地方都市を舞台に、携帯電話の出会い系サイトで知り合った女性を殺してしまった孤独な若者(妻夫木聡)が、その後に同じサイトで知り合った女性(深津絵里)と愛し合い、罪の意識に苛まれながら逃避行する姿を描く物語。

でんでんはタクシードライバーとして出演。本筋には直接かかわらないものの、良識ある一般人として印象深いセリフを述べました。

人がいつ死ぬかどこで死ぬか、決めるのは俺だ【冷たい熱帯魚】

鬼才・園子温監督作品。制作陣によると、ここまでヒットするのは予想外だったそうです。妻と娘の3人で冷え切った体裁のみの家族生活を送る熱帯魚店の店主・社本は、娘の万引きをきっかけに同じく熱帯魚店を営む中年男性、村田に出会います。村田は、社本の娘を自分の店で住み込みの従業員として雇うことを提案。そこから社本の人生は目まぐるしく変化していきます。今までの自分を真っ向から否定し、崩壊させる観念。一度も足を踏み入れることのなかった世界。狂気、暴力、愛憎の果てに彼を待つものとは?

でんでんが演じたのは、一部で和製ジョーカー(『バットマン』シリーズに登場する主人公の宿敵)とも評される連続殺人鬼、村田。『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクターや、前述のジョーカーのように、人類を超越した存在でも、崇高な使命があるわけでもなく、金銭目的でひたすらに殺害を続けるという、日常生活の延長線上にある卑近な存在としての「悪」を体現したその姿は、多大なる恐怖を生みました。

この先に待っているのは、きっと希望【ヒミズ】

『ヒミズ』 -(C) 『ヒミズ』フィルムパートナーズ

「行け!稲中卓球部」で知られる古谷実の漫画を原作に、“普通の大人になること”を願う住田(染谷将太)と“愛する人と守り守られ生きること”を夢見る茶沢(二階堂ふみ)が、ある事件を発端に対面する出来事を描いた物語。監督は『冷たい熱帯魚』と同じく園子温。

『ヒミズ』 -(C) 「ヒミズ」フィルムパートナーズ

でんでんは借金取りのヤクザとして登場。暴力的ながらも一本気の通った漢を演じました。ちなみに、『冷たい熱帯魚』に引き続き吹越満、渡辺哲が登場。

破壊の申し子が本能のままに暴れまわる【ディストラクション・ベイビーズ】

『ディストラクション・ベイビーズ』(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

インディー映画界でカルト的な人気を誇る真利子監督が、当時最も注目されていた若手・新鋭俳優陣と共に商業映画デビューを果たした作品。理由も目的もなく、本能のおもむくままに相手を見つけてはストリートファイトを仕掛ける若者、泰良(柳楽優弥)と、彼の強さに目をつけ、行動をともにしようと目論む高校生(菅田将暉)、姿を消した兄の姿を追う泰良の弟らの姿を描いた群像劇。

池松壮亮/『ディストラクション・ベイビーズ』(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

でんでんが本作で扮したのは主人公兄弟の保護者代わりをしていた工場勤めの中年男性。口では突き放したことを言うものの、弟が襲われた際にはすぐに駆けつけ、相手に逆襲をしかけています。

昭和の面影と、下手くそな落語【の・ようなもの のようなもの】

『の・ようなもの のようなもの』 -(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

今は亡き森田芳光の監督作品、『の・ようなもの』の続編。彼の死後、長年森田組で助監督を務めた杉山泰一によって制作されました。主人公は生真面目でさえない落語家・出船亭志ん田(松山ケンイチ)。ある日、師匠の命令でかつての兄弟子(伊藤克信)を探しに出かけることに。何故、兄弟子は姿を消したのか?そして、志ん田の未来は?

でんでんが演じたのは落語家の一人、真打の出船亭志ん水。その風貌とあいまって、本物の落語家にしか見えませんでした。

存在するだけで映画全体に深みを醸し出す男、でんでん!

登場するだけで画面にリアリティを与える男、でんでん。暴力シーンが苦手な方は、まず『の・ようなもの のようなもの』から挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連する投稿


鉄コン筋クリートのスタッフ最新作『ムタフカズ』犯罪都市を舞台にした圧倒的なビジュアルの秘密

鉄コン筋クリートのスタッフ最新作『ムタフカズ』犯罪都市を舞台にした圧倒的なビジュアルの秘密

『鉄コン筋クリート』『マインド・ゲーム』など魅力的な世界観の映画を数多く生み出したSTUDIO4℃の最新作『ムタフカズ』がついに公開!日仏合作の今世界中で注目される本作のあらすじ、そして多彩なキャスト陣、本作の圧倒的なビジュアルの魅力を紹介!アニメ映画が数多く作られる昨今、今最も観るべき作品のひとつである本作の魅力に迫ります!


舞台は函館!綾野剛主演の映画『そこのみにて光輝く』とは?あらすじ・キャスト・内容について!

舞台は函館!綾野剛主演の映画『そこのみにて光輝く』とは?あらすじ・キャスト・内容について!

『そこのみにて光輝く』は、佐藤泰志による同名小説作品を原作とした映画作品で、アカデミー賞の外国語映画賞部門などにも出品されたことで話題になりました。そんな本作の出演者には綾野剛や池脇千鶴などが名を連ねています。今回は映画『そこのみにて光輝く』について紹介します。


小栗旬主演!殺人犯はカエル男?スリラー映画『ミュージアム』を紹介

小栗旬主演!殺人犯はカエル男?スリラー映画『ミュージアム』を紹介

2016年に公開された『ミュージアム』は、巴亮介の同名漫画作品を基に作られた映画作品です。主演は小栗旬が務め、『るろうに剣心』などで知られる大友啓史監督とタッグを組んだ本作。殺人犯はカエルのマスクを被った“カエル男”とのことで、そのインパクトのあるビジュアルが話題となりました。今回はそんな映画『ミュージアム』について紹介します。


『溺れるナイフ』のあらすじ・キャスト・本気で溺れる見どころ!

『溺れるナイフ』のあらすじ・キャスト・本気で溺れる見どころ!

10代という微妙な青春時期を浮雲町という神信仰がある小さな田舎町で描かれる本作。小松菜奈さんや菅田将暉さんを始めとする今日本映画会を代表する若手キャストに、10代の心理を描かしたら右に出るものはいないであろう、若き天才山戸結希監督がメガホンを撮ります。絶対的な美しいローケションも併さって、この世界に溺れることは間違いありません。そんな『溺れるナイフ』のあらすじやキャストや見どころについてまとめてみました。


10代の人気女優ランキング!【2018年版】出演映画もあわせて紹介!

10代の人気女優ランキング!【2018年版】出演映画もあわせて紹介!

今、次世代が熱い⁉ 30代の黄金期世代には映画会のトップを走る女優がいて、そして20代には今の時代を彩る女優がいる。そして10代は今、新たな新風を巻き起こそうとしているのです。もう活躍している女優から、これからを担う女優まで紹介していきたいと思います。


最新の投稿


映画『天使のいる図書館』あらすじ・キャスト・見どころを紹介してあなたにレファレンス?

映画『天使のいる図書館』あらすじ・キャスト・見どころを紹介してあなたにレファレンス?

地域観光の活性化の為に、観光庁や市町村が取り組む、外国人観光客を取り込むためのスクリーンツーリズムなどがあります。この『天使のいる図書館』も地域観光の活性化の為に作られた映画ですので、魅力的なロケーションが数多く見られます。そんな『天使のいる図書館』のあらすじやキャスト、見どころを紹介していきたいと思います。


デンゼル・ワシントン出演のおすすめ映画9選!『デンジャランス・ラン』『フライト』など

デンゼル・ワシントン出演のおすすめ映画9選!『デンジャランス・ラン』『フライト』など

アカデミー賞を2度受賞した黒人俳優デンゼル・ワシントン。彼が主演を務めるおすすめ作品9選をあらすじと見どころを合わせて紹介します。


クリスマスに観たいおすすめ映画50選!コメディーから恋愛モノまで♪

クリスマスに観たいおすすめ映画50選!コメディーから恋愛モノまで♪

家族で過ごすクリスマス、恋人同士で過ごすクリスマス、友達とホームパーティーなクリスマス♪どんなシチュエーションにもおすすめなクリスマスに観たいおすすめの映画を50作品紹介します!


『ラン・オールナイト』キャスト・あらすじ リーアム・ニーソン主演

『ラン・オールナイト』キャスト・あらすじ リーアム・ニーソン主演

リーアム・ニーソンが息子のために奔走する殺し屋役を演じた映画『ラン・オールナイト』。監督は『フライト・ゲーム』などで知られるジャウム・コレット=セラ。そんな本作は2015年に公開され、思わず手に汗を握る逃走劇が話題となりました。今回は『ラン・オールナイト』について紹介します。


『孤狼の血』あらすじ・キャスト・ネタバレ!東映なりのヤクザ映画

『孤狼の血』あらすじ・キャスト・ネタバレ!東映なりのヤクザ映画

柚月裕子の小説を原作とした映画『孤狼の血』。主演は役所広司が務めました。他に出演者として松坂桃李や江口洋介などの名だたる俳優陣が名を連ねています。そんな本作は警察小説と『仁義なき戦い』が組み合わさったような作品であると話題になりました。今回は映画『孤狼の血』について紹介します。