新作『ヴェノム』が話題の大英帝国勲章俳優!イケメン♡トム・ハーディーを満喫できるおすすめ映画7選!

新作『ヴェノム』が話題の大英帝国勲章俳優!イケメン♡トム・ハーディーを満喫できるおすすめ映画7選!

インテリ育ちの実力派ながら、多感な青年時代には破天荒な問題児イメージが強かったトム・ハーディーも今や大英帝国勲章第三位 CBEを叙勲する紳士でワイルドな大人の魅力を纏う俳優に...。そんなスマートに躍進し続ける彼の演技を満喫する為のおすすめ映画作品を紹介します!


トム・ハーディーのプロフィール

トム・ハーディ-(C)Getty Images

1977年9月15日、イギリス・ロンドン生まれ。
コメディー作家の父、エドワード・ジョン・チップス・ハーディーと画家の母、エリザベス・アンの間の一人息子です。
24歳の時にリドリー・スコット監督作品『ブラックホーク・ダウン』のランス・トゥオンブリー特技下士官役でデビューしました。
そこから着々と、毎年コンスタントに多数の映画に出演。
2010年にはクリストファー・ノーラン監督『インセプション』に、レオナルド・ディカプリオと共に出演。
それが切っ掛けでキャリアが評価され、2011年には第64回英国アカデミー賞にてライジング・スター賞を受賞しています。
アクションからミステリー、文芸モノ、コメディー...と、幅広いキャラクターをこなす実力派俳優さんです。

トム・ハーディーがディカプリオと共演した『インセプション』

『インセプション』 -(C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

『インセプション』は、」脚本完成までに8年かけたSFアクション映画。
ロケも東京、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、タンジェ、カルガリーと広範囲に世界中様々な場所で決行されました。東京ロケの際、ノーラン好みの田園風景を写し込みたくて静岡でも撮影が行われたそうです。
トム・ハーディーは口達者な”なりすまし人”の偽装師イームスを演じています。

『インセプション』 -(C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

実際にオーディションの場でも、ノーラン監督の前で堂々と虚言を吐くなどと
役への入れ込みが激しく、彼の纏わりつくようなイヤラシイ表現や仕草にはグッと引き込まれます。
この作品を期に爆発的に名前が知れ渡ったのも納得です。

トム・ハーディー、再びクリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト ライジング』に出演

『ダークナイト ライジング』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

クリストファー・ノーラン監督『バットマン』シリーズの最終章『ダークナイト・ライジング』で、バットマンの兄弟子ベイン役をトム・ハーディーが演じています。

トム・ハーディ

トムが着けたインパクト大なこのマスクは、脱獄する可愛そうな少女タリア・アル・グールを助けた時に負った傷の鎮痛剤吸引装置です。クリストファー・ノーラン監督の為なら、数か月着け続ける事に苦痛は感じなかったようです。
マスクも強烈ですが、まるで別人のようなこのルックスを手に入れる為に体重を撮影前に15kgも増量したそうで、役作りに注ぐ彼のストイックな姿勢を感じます。
強烈な眼力の演技が見ものです。

トム・ハーディーが『マッドマックス』シリーズに登場!

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』キャスト

2015年、27年ぶりに製作された『マッドマックス』シリーズの第四弾『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でメル・ギブソンから引き継ぎ、トム・ハーディーが主役に大抜擢されました。
女戦士フュリオサ役で登場するシャーリーズ・セロンとの共演も話題に...。

シャーリーズ・セロン/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』-(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

監督・脚本・製作はジョージ・ミラー。
本来ジョージは1998年にはアイデアや構想が出来上がっていたらしいのですが、何故かテロや戦争・世界情勢の悪化に阻まれ2012年にやっと撮影が開始されるという...その事自体も何だか壮大なドラマのような感じです。

ジョージ・ミラー-(C)Getty Images

トムは元主役メル・ギブソン本人に自分がマックスを演じるという旨を伝え、激励を頂いたそうです。
練り上げられた重みのある物語に、激しいアクションや描写にファンならずとも大興奮の本作ですが
トム・ハーディー自ら危険なスタントに体当たりした迫真の演技は流石です。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (C) 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は第73回ゴールデングローブ賞で監督賞・作品賞、第69回英国アカデミー賞、第88回アカデミー賞、第21回エンパイア賞等多数のノミネート&受賞を会得しています。

トム・ハーディが『レジェンド 狂気の美学』で一人二役を演じる

トム・ハーディ(ロナルド・クレイ)/『レジェンド 狂気の美学』(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

ブライアン・ヘルゲランドが監督・脚本を手掛け、2015年にイギリスで製作された一卵性双生児ギャングの物語。
トム・ハーディーが、レジナルド "レジー" クレイとロナルド "ロン" クレイの二人の双子を演じ分けています。
ポスターにトム・ハーディーの名前が二つ並んでクレジットされているのも、彼の表情も、とても妙でヒンヤリします。

『レジェンド 狂気の美学』(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

ギャングでありながらナイトクラブを経営し、経営力やカリスマ性に溢れたスタイリッシュな兄と
ポッチャリ体型でどこか野暮ったく、繊細なゲイだけどキレると恐ろしい弟は
1960年代、兄弟でロンドン全域の裏社会を牛耳って栄光を掴み猛威を奮っていたが、
兄の恋愛をキッカケに次第に2人が対立しあっていきます。

トム・ハーディ×エミリー・ブラウニング/『レジェンド 狂気の美学』 (C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

この相反する過激な双子を一人二役で演じるのはかなり難しいと思いますが、そこはトム・ハーディー。肉体も仕草も声色も、完全に使い分けて見事に体現しています。
衝突して殴り合いになるシーンには、リアル過ぎて思わず息を飲んでしまいます。
共演者たちもゾワっとした彼の演技は、是非チェックを。

トム・ハーディー、敬愛するクリストファー・ノーランと再タッグを組み『ダンケルク』に出演

『ダンケルク』(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

『ダンケルク』は、クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作で2017年公開、イギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国の4カ国合作の戦争映画です。
実話である第二次世界大戦中のダンケルクの戦いでの史上最大の救出作戦 ”ダイナモ作戦”を描いた大スペクタクル作品。
ノーランがド迫力の映像空間を臨場感たっぷりに演出しています。

クリストファー・ノーラン

トムが演じるのは英国空軍のパイロット、ファリア。
圧倒的不利な状況で兵士たちを助ける為最後の最後までドイツ軍を迎撃し続けるシーンでは、轟音と緊迫の音楽が響く中、生き残りを賭けた迫真の演技をしています。

© 2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

運命的にもトム・ハーディーの祖父はダンケルクの退役軍人だったそうで、敬愛するノーランが暖めた題材での再タッグ自体もまた奇跡に近い不思議な縁を感じます。

トム・ハーディー『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にカメオ出演していた

ⓒ 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』には、英国ロイヤル王室からウィリアム王子とヘンリー王子が銀河帝国軍の歩兵であるストームトルーパーとしてカメオ出演している事も話題に上がっていました。

ウィリアム王子&ヘンリー王子-(C)Getty Images

『LOOPER/ルーパー』ジョセフ・ゴードン=レヴィット in トロント国際映画祭

また人気俳優のジョゼフ・ゴードン=レヴィットがエイリアンの声でカメオ出演していたり、トム・ハーディーも、英歌手のゲイリー・バーロウやウィリアム王子とヘンリー王子同様にストームトルーパーとしてカメオ出演しています。
見つけてみて下さい。

トム・ハーディ -(C) Getty Images

本人のtwitterに証拠写真がありますよ。

トム・ハーディー主演最新作『ヴェノム』日本公開は11月

『ヴェノム』日本版ポスター(C)&TM 2018 MARVEL

トム・ハーディーの最新作はルーベン・フライシャー監督でマーベルコミックのキャラクター、エディ・ブロック "ヴェノム"が主人公のヒーロー映画。
フライシャー監督は暗いアンチヒーローに魅かれる傾向があり、ヴェノムの存在が取り上げられました。
エディ・ブロックは凄腕の記者で、ある時シンビオート(地球外生命体)が寄生...ヴェノムと合体させられます。

© &TM 2018 MARVEL

見た感じ、だいぶグロテスクなキャラクターです。
エディ・ブロックの人間臭さとシンビオートの邪悪さが混在した、これまた難しいキャラクターを演じるトムはとても恐い。
フライシャー監督もその演技を絶賛したそうです。

先日7月に米・サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナル・サンディエゴで『ヴェノム』のプレゼンテーションがあり、主演のトム・ハーディ、共演のリズ・アーメッド、監督のルーベン・フライシャーが登壇しました。

コミコン・インターナショナル・サンディエゴにて『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL

ファンコール飛び交う中、フライシャー監督はエディ・ブロック役はトム以外に考えられず夢が叶った!と喜びを口にし、トムも自身の中でヴェノムがマーベルの中で一番カッコいいヒーローであり
息子も大ファンだと告白するなど盛り上がったようです。

コミコン・インターナショナル・サンディエゴにて登壇するトム・ハーディ『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL

とってもキュートで子供のような笑顔をしています。

コミコン・インターナショナル・サンディエゴにて『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL

ヴェノム仕様のマスクを装着したコスプレーヤーで埋め尽くされた会場のファン達も大満足だったでしょう。

トム・ハーディー2018年6月に大英帝国勲章第三位 CBEを叙勲

トム・ハーディ - (C) Getty Images

トム・ハーディーのこれまでの俳優としての活動が評価され今年、大英帝国三等勲爵士、司令官を意味する大英帝国勲章第三位 CBEを叙勲しました。
過去の受賞者の中にはケイト・ウィンスレット、デボラ・カー、ベネディクト・カンバーバッチ、エリック・クラプトン、マイケル・ケイン、アンソニー・ホプキンス等もいました。

トム・ハーディーを満喫できるオススメ作品のまとめ

トム・ハーディ-(C)Getty Images

トム・ハーディーの魅力を堪能したい時にオススメしたい作品について触れ、紹介してきましたが
これら代表作以外にも興味深い役どころを沢山演じているので、是非鑑賞してみてください。
『007』最新作のボンドを演じるのでは?との噂もあり、これからまだまだ楽しみです。

この記事のライター

関連する投稿


ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

幼い頃から俳優業に憧れ、若くして脚本と俳優を掛けもつ偉業を成し遂げたベン・アフレック。アルコール依存症と戦いながらも、才能溢れる彼の人生!そんなベンアフレックの恋愛、苦悩等を追ってみました。おすすめ映画も含めて紹介していきます!


2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年も終わりに近づき、そろそろ旬なスター達を飾ったドレスの数々をまとめてみようと思います。アカデミー賞やゴールデングローブ賞等もありますが、今回は各映画やドラマのプレミアイベントで盛り上げてくれたスター達のドレスをピックアップしてみたいと思います。


ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

『チャーリーとチョコレート工場』などの独特のファンタジー作品で有名なティム・バートン監督が、奇妙で可愛らしいこどもたちを描いた映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』。日本では2017年に公開されました。そんな『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のあらすじやキャストについて紹介します。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


10月13日公開アンドリューガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』そのカルトな世界の魅力を紹介

10月13日公開アンドリューガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』そのカルトな世界の魅力を紹介

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどで人気を博した人気俳優アンドリュー・ガーフィールドが主演する映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』が10月13日ついに公開!『イット・フォローズ』の監督が描く全く新しいサスペンス映画となった本作。カルト的人気を博す事間違いないあらすじ、キャストをはじめカルトな魅力をご紹介!


最新の投稿


ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

オーストラリア出身の実力派女優ミア・ワシコウスカ。可愛いベリーショートヘアがよく似合っていて印象的な彼女。私生活はとてもミステリアスだけど、映画の中での彼女は多彩で様々な顔を魅せてくれます。その中でもおすすめの映画を紹介していきたいと思います。


圧巻の演技力!北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!

圧巻の演技力!北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!

ヴィトンのミューズ、そしてハリウッドのイットガール、アリシア・ヴィキャンデル。その美貌だけでなく、アカデミー賞受賞の演技力も兼ね揃えた、近年大注目の女優のひとりである彼女の魅力をご紹介します!


面白い邦画おすすめ作品ベスト100‼なんの映画を観ようか迷ったら♪

面白い邦画おすすめ作品ベスト100‼なんの映画を観ようか迷ったら♪

邦画でズバリおすすめなのはこの映画‼映画選びに迷ったら、この記事を読むべし!面白い邦画を100作品集めました。あなたはこの中から何作品観たことがありますか?


ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

幼い頃から俳優業に憧れ、若くして脚本と俳優を掛けもつ偉業を成し遂げたベン・アフレック。アルコール依存症と戦いながらも、才能溢れる彼の人生!そんなベンアフレックの恋愛、苦悩等を追ってみました。おすすめ映画も含めて紹介していきます!


はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

「名探偵コナン」のだいたいのストーリーは知っているけど、いまから読むのは大変そう……と思っている人は案外多いのではないでしょうか。そんなみなさんのために、サイドストーリーは一切除外、原作単行本を基礎にメインストーリーだけを、「これから『名探偵コナン』に触れる人」向けにご紹介します!