新作『ヴェノム』が話題の大英帝国勲章俳優!イケメン♡トム・ハーディーを満喫できるおすすめ映画7選!

新作『ヴェノム』が話題の大英帝国勲章俳優!イケメン♡トム・ハーディーを満喫できるおすすめ映画7選!

インテリ育ちの実力派ながら、多感な青年時代には破天荒な問題児イメージが強かったトム・ハーディーも今や大英帝国勲章第三位 CBEを叙勲する紳士でワイルドな大人の魅力を纏う俳優に...。そんなスマートに躍進し続ける彼の演技を満喫する為のおすすめ映画作品を紹介します!


トム・ハーディーのプロフィール

トム・ハーディ-(C)Getty Images

1977年9月15日、イギリス・ロンドン生まれ。
コメディー作家の父、エドワード・ジョン・チップス・ハーディーと画家の母、エリザベス・アンの間の一人息子です。
24歳の時にリドリー・スコット監督作品『ブラックホーク・ダウン』のランス・トゥオンブリー特技下士官役でデビューしました。
そこから着々と、毎年コンスタントに多数の映画に出演。
2010年にはクリストファー・ノーラン監督『インセプション』に、レオナルド・ディカプリオと共に出演。
それが切っ掛けでキャリアが評価され、2011年には第64回英国アカデミー賞にてライジング・スター賞を受賞しています。
アクションからミステリー、文芸モノ、コメディー...と、幅広いキャラクターをこなす実力派俳優さんです。

トム・ハーディーがディカプリオと共演した『インセプション』

『インセプション』 -(C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

『インセプション』は、」脚本完成までに8年かけたSFアクション映画。
ロケも東京、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、タンジェ、カルガリーと広範囲に世界中様々な場所で決行されました。東京ロケの際、ノーラン好みの田園風景を写し込みたくて静岡でも撮影が行われたそうです。
トム・ハーディーは口達者な”なりすまし人”の偽装師イームスを演じています。

『インセプション』 -(C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

実際にオーディションの場でも、ノーラン監督の前で堂々と虚言を吐くなどと
役への入れ込みが激しく、彼の纏わりつくようなイヤラシイ表現や仕草にはグッと引き込まれます。
この作品を期に爆発的に名前が知れ渡ったのも納得です。

トム・ハーディー、再びクリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト ライジング』に出演

『ダークナイト ライジング』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

クリストファー・ノーラン監督『バットマン』シリーズの最終章『ダークナイト・ライジング』で、バットマンの兄弟子ベイン役をトム・ハーディーが演じています。

トム・ハーディ

トムが着けたインパクト大なこのマスクは、脱獄する可愛そうな少女タリア・アル・グールを助けた時に負った傷の鎮痛剤吸引装置です。クリストファー・ノーラン監督の為なら、数か月着け続ける事に苦痛は感じなかったようです。
マスクも強烈ですが、まるで別人のようなこのルックスを手に入れる為に体重を撮影前に15kgも増量したそうで、役作りに注ぐ彼のストイックな姿勢を感じます。
強烈な眼力の演技が見ものです。

トム・ハーディーが『マッドマックス』シリーズに登場!

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』キャスト

2015年、27年ぶりに製作された『マッドマックス』シリーズの第四弾『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でメル・ギブソンから引き継ぎ、トム・ハーディーが主役に大抜擢されました。
女戦士フュリオサ役で登場するシャーリーズ・セロンとの共演も話題に...。

シャーリーズ・セロン/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』-(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

監督・脚本・製作はジョージ・ミラー。
本来ジョージは1998年にはアイデアや構想が出来上がっていたらしいのですが、何故かテロや戦争・世界情勢の悪化に阻まれ2012年にやっと撮影が開始されるという...その事自体も何だか壮大なドラマのような感じです。

ジョージ・ミラー-(C)Getty Images

トムは元主役メル・ギブソン本人に自分がマックスを演じるという旨を伝え、激励を頂いたそうです。
練り上げられた重みのある物語に、激しいアクションや描写にファンならずとも大興奮の本作ですが
トム・ハーディー自ら危険なスタントに体当たりした迫真の演技は流石です。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (C) 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は第73回ゴールデングローブ賞で監督賞・作品賞、第69回英国アカデミー賞、第88回アカデミー賞、第21回エンパイア賞等多数のノミネート&受賞を会得しています。

トム・ハーディが『レジェンド 狂気の美学』で一人二役を演じる

トム・ハーディ(ロナルド・クレイ)/『レジェンド 狂気の美学』(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

ブライアン・ヘルゲランドが監督・脚本を手掛け、2015年にイギリスで製作された一卵性双生児ギャングの物語。
トム・ハーディーが、レジナルド "レジー" クレイとロナルド "ロン" クレイの二人の双子を演じ分けています。
ポスターにトム・ハーディーの名前が二つ並んでクレジットされているのも、彼の表情も、とても妙でヒンヤリします。

『レジェンド 狂気の美学』(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

ギャングでありながらナイトクラブを経営し、経営力やカリスマ性に溢れたスタイリッシュな兄と
ポッチャリ体型でどこか野暮ったく、繊細なゲイだけどキレると恐ろしい弟は
1960年代、兄弟でロンドン全域の裏社会を牛耳って栄光を掴み猛威を奮っていたが、
兄の恋愛をキッカケに次第に2人が対立しあっていきます。

トム・ハーディ×エミリー・ブラウニング/『レジェンド 狂気の美学』 (C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

この相反する過激な双子を一人二役で演じるのはかなり難しいと思いますが、そこはトム・ハーディー。肉体も仕草も声色も、完全に使い分けて見事に体現しています。
衝突して殴り合いになるシーンには、リアル過ぎて思わず息を飲んでしまいます。
共演者たちもゾワっとした彼の演技は、是非チェックを。

トム・ハーディー、敬愛するクリストファー・ノーランと再タッグを組み『ダンケルク』に出演

この記事のライター

関連する投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


シャーリーズ・セロン出演映画おすすめ15選!ブラッド・ピットと熱愛中!?

シャーリーズ・セロン出演映画おすすめ15選!ブラッド・ピットと熱愛中!?

ハリウッド女優のなかでも軍を抜いた美しさを誇るシャーリーズ・セロン。様々な役柄に果敢に挑み数々の映画賞を受賞してきました。今回はそんな彼女が出演している映画の中からおすすめ15作品をご紹介します。気になるブラッド・ピットとの恋は?最新情報も合わせてお伝えします。


マーゴット・ロビー出演作品おすすめ10選!あの人気キャラの最新作が始動!

マーゴット・ロビー出演作品おすすめ10選!あの人気キャラの最新作が始動!

持ち前の美貌と確かな演技力で数々の作品に出演しているマーゴット・ロビー。今回はそんな彼女が出演している映画の中からおすすめ10作品をご紹介します。そしてあの人気キャラの最新作情報も合わせてお届けいたします。


最高に笑えるパロディ映画9選!元ネタも徹底紹介!【腹筋崩壊注意】

最高に笑えるパロディ映画9選!元ネタも徹底紹介!【腹筋崩壊注意】

おバカで下ネタ満載のパロディ映画おすすめ9作品を元ネタとなった作品と合わせてご紹介します。パロディの元ネタを知っていれば、面白さが倍増すること間違いなし!『スターウォーズ』や90年代のあの名作もおバカにアレンジ?


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。