新作『ヴェノム』が話題の大英帝国勲章俳優!イケメン♡トム・ハーディーを満喫できるおすすめ映画7選!

新作『ヴェノム』が話題の大英帝国勲章俳優!イケメン♡トム・ハーディーを満喫できるおすすめ映画7選!

インテリ育ちの実力派ながら、多感な青年時代には破天荒な問題児イメージが強かったトム・ハーディーも今や大英帝国勲章第三位 CBEを叙勲する紳士でワイルドな大人の魅力を纏う俳優に...。そんなスマートに躍進し続ける彼の演技を満喫する為のおすすめ映画作品を紹介します!


トム・ハーディーのプロフィール

トム・ハーディ-(C)Getty Images

1977年9月15日、イギリス・ロンドン生まれ。
コメディー作家の父、エドワード・ジョン・チップス・ハーディーと画家の母、エリザベス・アンの間の一人息子です。
24歳の時にリドリー・スコット監督作品『ブラックホーク・ダウン』のランス・トゥオンブリー特技下士官役でデビューしました。
そこから着々と、毎年コンスタントに多数の映画に出演。
2010年にはクリストファー・ノーラン監督『インセプション』に、レオナルド・ディカプリオと共に出演。
それが切っ掛けでキャリアが評価され、2011年には第64回英国アカデミー賞にてライジング・スター賞を受賞しています。
アクションからミステリー、文芸モノ、コメディー...と、幅広いキャラクターをこなす実力派俳優さんです。

トム・ハーディーがディカプリオと共演した『インセプション』

『インセプション』 -(C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

『インセプション』は、」脚本完成までに8年かけたSFアクション映画。
ロケも東京、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、タンジェ、カルガリーと広範囲に世界中様々な場所で決行されました。東京ロケの際、ノーラン好みの田園風景を写し込みたくて静岡でも撮影が行われたそうです。
トム・ハーディーは口達者な”なりすまし人”の偽装師イームスを演じています。

『インセプション』 -(C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

実際にオーディションの場でも、ノーラン監督の前で堂々と虚言を吐くなどと
役への入れ込みが激しく、彼の纏わりつくようなイヤラシイ表現や仕草にはグッと引き込まれます。
この作品を期に爆発的に名前が知れ渡ったのも納得です。

トム・ハーディー、再びクリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト ライジング』に出演

『ダークナイト ライジング』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

クリストファー・ノーラン監督『バットマン』シリーズの最終章『ダークナイト・ライジング』で、バットマンの兄弟子ベイン役をトム・ハーディーが演じています。

トム・ハーディ

トムが着けたインパクト大なこのマスクは、脱獄する可愛そうな少女タリア・アル・グールを助けた時に負った傷の鎮痛剤吸引装置です。クリストファー・ノーラン監督の為なら、数か月着け続ける事に苦痛は感じなかったようです。
マスクも強烈ですが、まるで別人のようなこのルックスを手に入れる為に体重を撮影前に15kgも増量したそうで、役作りに注ぐ彼のストイックな姿勢を感じます。
強烈な眼力の演技が見ものです。

トム・ハーディーが『マッドマックス』シリーズに登場!

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』キャスト

2015年、27年ぶりに製作された『マッドマックス』シリーズの第四弾『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でメル・ギブソンから引き継ぎ、トム・ハーディーが主役に大抜擢されました。
女戦士フュリオサ役で登場するシャーリーズ・セロンとの共演も話題に...。

シャーリーズ・セロン/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』-(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

監督・脚本・製作はジョージ・ミラー。
本来ジョージは1998年にはアイデアや構想が出来上がっていたらしいのですが、何故かテロや戦争・世界情勢の悪化に阻まれ2012年にやっと撮影が開始されるという...その事自体も何だか壮大なドラマのような感じです。

ジョージ・ミラー-(C)Getty Images

トムは元主役メル・ギブソン本人に自分がマックスを演じるという旨を伝え、激励を頂いたそうです。
練り上げられた重みのある物語に、激しいアクションや描写にファンならずとも大興奮の本作ですが
トム・ハーディー自ら危険なスタントに体当たりした迫真の演技は流石です。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (C) 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は第73回ゴールデングローブ賞で監督賞・作品賞、第69回英国アカデミー賞、第88回アカデミー賞、第21回エンパイア賞等多数のノミネート&受賞を会得しています。

トム・ハーディが『レジェンド 狂気の美学』で一人二役を演じる

トム・ハーディ(ロナルド・クレイ)/『レジェンド 狂気の美学』(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

ブライアン・ヘルゲランドが監督・脚本を手掛け、2015年にイギリスで製作された一卵性双生児ギャングの物語。
トム・ハーディーが、レジナルド "レジー" クレイとロナルド "ロン" クレイの二人の双子を演じ分けています。
ポスターにトム・ハーディーの名前が二つ並んでクレジットされているのも、彼の表情も、とても妙でヒンヤリします。

『レジェンド 狂気の美学』(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

ギャングでありながらナイトクラブを経営し、経営力やカリスマ性に溢れたスタイリッシュな兄と
ポッチャリ体型でどこか野暮ったく、繊細なゲイだけどキレると恐ろしい弟は
1960年代、兄弟でロンドン全域の裏社会を牛耳って栄光を掴み猛威を奮っていたが、
兄の恋愛をキッカケに次第に2人が対立しあっていきます。

トム・ハーディ×エミリー・ブラウニング/『レジェンド 狂気の美学』 (C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

この相反する過激な双子を一人二役で演じるのはかなり難しいと思いますが、そこはトム・ハーディー。肉体も仕草も声色も、完全に使い分けて見事に体現しています。
衝突して殴り合いになるシーンには、リアル過ぎて思わず息を飲んでしまいます。
共演者たちもゾワっとした彼の演技は、是非チェックを。

トム・ハーディー、敬愛するクリストファー・ノーランと再タッグを組み『ダンケルク』に出演

この記事のライター

関連する投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。


映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

アメリカの大統領でブッシュを知っている人は多くても、副大統領であるチェイニーという人物を知る人は少ないのではないでしょうか?実はこのチェイニー副大統領こそ、影でブッシュ大統領を操るほどの実力を握り、今のアメリカを作り上げて"しまった"人物として知られているのです。そんな彼の半生を描いた映画『バイス』を紹介します!


ミシェル・ウィリアムズ出演映画おすすめ10選!ピクシーカットの美人女優♡

ミシェル・ウィリアムズ出演映画おすすめ10選!ピクシーカットの美人女優♡

『マリリン 7日間の恋』でマリリン・モンロー役を見事に演じきったミシェル・ウィリアムズ。今回はそんな彼女が出演する映画の中からおすすめ10作品をご紹介いたします。2019年公開予定の最新作情報も合わせてお伝えいたします。


この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

洋画が日本で公開される際に新たにつけられるタイトルである"邦題"。洋画の日本公開を楽しみに待っていたのに、思わず「どうしてこうなった」と言ってしまいたくなるような、あまりにひどい邦題がつけられてしまうというのは、映画ファンあるあるなのではないでしょうか?この邦題、アリ?ナシ?むしろ、ダサさに愛着さえ抱いてきてしまう!?そんな映画を独断と偏見でご紹介していきます。


最新の投稿


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

『旅猫リポート』は原作者・有川浩さんが“一生に一本しか書けない物語”と語るほど自信作を実写映画化した作品。主演は福士蒼汰さん、猫のナナの声は高畑充希さんが演じました。この記事では、映画『旅猫リポート』の基本情報について紹介します。


映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

『天の茶助』は、独特のスタイルで人気を博すSABU監督自身が書き下ろした小説の映画化作品。2015年に日本で公開された本作ですが第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて正式上映され、国外からも注目を集めました。今回は『天の茶助』のあらすじやキャストを紹介。


映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

『センセイ君主』は、幸田もも子さんの同名コミックを原作としたラブコメディ映画作品。ひねくれ者のイケメン教師・弘光役には竹内涼真さん、恋に恋する元気な女子高生・さまるん役には浜辺美波さんが抜擢され、他にもフレッシュで旬な俳優陣が揃っています。今回は『センセイ君主』のネタバレやキャストなど紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。