『忠臣蔵』がベース!モーガン・フリーマン出演作『ラスト・ナイツ』とは?

『忠臣蔵』がベース!モーガン・フリーマン出演作『ラスト・ナイツ』とは?

『忠臣蔵』を基に作られた映画『ラスト・ナイツ』。日本人監督の紀里谷和明がハリウッドへ初進出した作品としても有名です。キャストにはモーガン・フリーマンや日本人では伊原剛志が参加しています。今回は『ラスト・ナイツ』のあらすじやキャストなど紹介していきたいと思います。


『ラスト・ナイツ』とは?

『ラスト・ナイツ』ティザーポスター - (C) 2015 Luka Productions.

日本に馴染み深い『忠臣蔵』を基に作られた映画『ラスト・ナイツ』。舞台は封建的な帝国、忠誠を誓った気高き騎士たちの物語となっています。そんな『ラスト・ナイツ』のあらすじやキャストなど紹介していきたいと思います。

『ラスト・ナイツ』の原案は、日本で馴染み深い『忠臣蔵』

『ラスト・ナイツ』 - (C) 2015 Luka Productions.

今作はなんといっても、『忠臣蔵』を基に作られていることで話題になりました。脚本を手掛けたのはマイケル・コニーベスとドブ・サスマンの2人のカナダ人。時代考証も徹底的に行われており、さらに『忠臣蔵』の魂がしっかりと受け継がれていたその脚本を読み、監督である紀里谷和明は世界に向けて映画化することを決意したそうです。

『ラスト・ナイツ』の監督は日本人!紀里谷和明監督

『ラスト・ナイツ』の監督を務めるのは、日本人の紀里谷和明。2004年にタツノコプロのテレビアニメを原作とした映画『CASSHERN』にて監督デビュー。他には、2009年の映画『GOEMON』ではCGをふんだんに盛り込み、その映像美が話題となりました。

『GOEMON』 -(C) 2009「GOEMON」パートナーズ

本作『ラスト・ナイツ』が3作目となる紀里谷和明ですが、写真家やMVの監督としても活動されています。MVの監督を務めた作品には、元妻であるシンガーソングライターの宇多田ヒカルの『光』やロック・バンドTHE BACK HORNの『空、星、海の夜』などがあります。

『ラスト・ナイツ』の監督の挑戦

紀里谷和明は『ラスト・ナイツ』のプロモーション活動の1つとして、全国各地約110ヶ所をまわりながら、約4万枚のものぼる名刺を配り歩いたとのこと。映画は自分の子どものように思っており、映画に対する熱意や愛情が強い監督です。

今回『ラスト・ナイツ』を作る際には、スタッフもキャストも国籍問わず採用しており、ワールドワイドな作品を作り上げました。なぜなら、監督の紀里谷和明は国籍や人種で線引きされる現代に疑問を持っているからとのこと。本作の製作には5年もの歳月を費やしたそうです。さらに、見るからに寒さを感じるシーンなどでもCGを使わず、極寒のチェコで撮影を行いました。

『ラスト・ナイツ』出し惜しみをしないメイキングシリーズ

『ラスト・ナイツ』 - (C) 2015 Luka Productions.

『ラスト・ナイツ』では、公式Youtubeにて数々のメイキング動画を見ることができます。キャストが本作について語るメイキングには、クリフ・カーティス、クライヴ・オーウェン、伊原剛志、さらにモーガン・フリーマンまで登場します。

『ラスト・ナイツ』 - (C) 2015 Luka Productions.

他にも美術や撮影についてのこだわりや、翻訳家として有名な戸田奈津子さんが感じた『ラスト・ナイツ』の印象など様々です。本作を鑑賞する前に見ることでさらに作品を楽しむことができるのではないかと思われます。

『ラスト・ナイツ』の日本版CMテーマソングはX JAPAN

X JAPANとTVCMでコラボ『ラスト・ナイツ』 - (C) 2015 Luka Productions.

『ラスト・ナイツ』の日本版CMソングを務めるのは、世界的に人気のあるバンド、X JAPAN。2016年に、約20年ぶりにリリースされたニューアルバムの先行ファーストシングルとして発売される『Born To Be Free』が採用されました。

『ラスト・ナイツ』の美しき景観と美術

『ラスト・ナイツ』 - (C) 2015 Luka Productions.

『ラスト・ナイツ』は『忠臣蔵』を基にした脚本や豪華キャスト陣が魅力ですが、チェコの美しい景観や細部にまでこだわりが見える美術もまた魅力となっている作品です。チェコは、ゴシックやローマ的な雰囲気を持ちながら、インドっぽさもあるとのこと。

『ラスト・ナイツ』 - (C) 2015 Luka Productions.

スケールは大きいにもかかわらず、小道具などの細部にまでこだわったとのこと。『ラスト・ナイツ』を鑑賞するときにはストーリーのみならず、その背景や細かな部分にまで注目してみてください。

『ラスト・ナイツ』と似ている作品は?

この記事のライター

関連する投稿


この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

洋画が日本で公開される際に新たにつけられるタイトルである"邦題"。洋画の日本公開を楽しみに待っていたのに、思わず「どうしてこうなった」と言ってしまいたくなるような、あまりにひどい邦題がつけられてしまうというのは、映画ファンあるあるなのではないでしょうか?この邦題、アリ?ナシ?むしろ、ダサさに愛着さえ抱いてきてしまう!?そんな映画を独断と偏見でご紹介していきます。


人気映画監督ランキング - TOP25!世界で最も高く評価されている監督たち<2019年版>

人気映画監督ランキング - TOP25!世界で最も高く評価されている監督たち<2019年版>

毎年、心振るわす名作が続々と生まれてくる映画界。良いシナリオと監督のベースがあってこそ俳優たちも輝きます。今、世界ではどの映画監督が人気なのかって...やっぱり把握しておきたいですよね?ここではデータに基づいて、現在最も高く評価されている監督たちをランキングで紹介していますので、是非ご覧くださいね。


映画『運び屋』まとめ!クリント・イーストウッドが主演を務めた実話とは?

映画『運び屋』まとめ!クリント・イーストウッドが主演を務めた実話とは?

これまで多くの作品に出演し、『アメリカン・スナイパー』などの英雄を監督としても描いてきたクリント・イーストウッド。この度、ある老人の衝撃的実話を『運び屋』として実写化し、『グラン・トリノ』以来の監督・脚本作として話題を集めています。こちらでは、そんな驚きの実話や、クリント・イーストウッド監督についてもまとめました。


マイケル・ペーニャ出演映画おすすめ10選!名脇役として大活躍!

マイケル・ペーニャ出演映画おすすめ10選!名脇役として大活躍!

『オデッセイ』や『アントマン&ワスプ』など数多くのヒット作に出演しているマイケル・ペーニャ。今回はそんな彼が出演する映画の中からおすすめ10作品をご紹介いたします。あらすじとキャスト情報も合わせてお伝えいたします。


グウィネス・パルトロー出演映画おすすめ14選!アイアンマンの美人秘書♡

グウィネス・パルトロー出演映画おすすめ14選!アイアンマンの美人秘書♡

『アイアンマン』の美人秘書ペッパー・ポッツ役で知られるグウィネス・パルトロー。数々の映画賞を獲得した名女優としても知られています。今回はそんな彼女が出演した映画の中からおすすめ14作品をご紹介いたします。


最新の投稿


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

『旅猫リポート』は原作者・有川浩さんが“一生に一本しか書けない物語”と語るほど自信作を実写映画化した作品。主演は福士蒼汰さん、猫のナナの声は高畑充希さんが演じました。この記事では、映画『旅猫リポート』の基本情報について紹介します。


映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

『天の茶助』は、独特のスタイルで人気を博すSABU監督自身が書き下ろした小説の映画化作品。2015年に日本で公開された本作ですが第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて正式上映され、国外からも注目を集めました。今回は『天の茶助』のあらすじやキャストを紹介。


映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

『センセイ君主』は、幸田もも子さんの同名コミックを原作としたラブコメディ映画作品。ひねくれ者のイケメン教師・弘光役には竹内涼真さん、恋に恋する元気な女子高生・さまるん役には浜辺美波さんが抜擢され、他にもフレッシュで旬な俳優陣が揃っています。今回は『センセイ君主』のネタバレやキャストなど紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。