『ヴェノム』まとめ!マーベル史上最も残虐な映画がついに日本公開!トリビアを紹介【ネタバレあり】

『ヴェノム』まとめ!マーベル史上最も残虐な映画がついに日本公開!トリビアを紹介【ネタバレあり】

スパイダーマンの宿敵として知られるダークヒーロー『ヴェノム』。その禍々しい姿と謎に満ちたキャラクターとして人気を誇る彼を主役に描いたマーベル映画が公開されます。破壊的な守護者という複雑な特性を持つヴェノムの、新たなるストーリーが刻まれます!


目次

豪華キャストがそろった『ヴェノム』

トム・ハーディ-(C)Getty Images

主人公ヴェノム=エディ・ブロックを演じるのは、『ダンケルク』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の大ヒットで知られ、また『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー賞助演男優賞に初ノミネートされたトム・ハーディ。『レジェンド 狂気の美学』『ブロンソン』などヒール役も様になるため、まさに本作の主人公はハマり役ではないでしょうか。

ミシェル・ウィリアムズ -(C) Getty Images

また、ヒロイン役として、同じくアカデミー賞ノミネート経験もある『グレイテスト・ショーマン』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『ゲティ家の身代金』の演技で知られるミシェル・ウィリアムズが抜擢。本作では黒幕的存在になる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『ナイトクローラー』で注目を集めたリズ・アーメッドも出演。アカデミー賞にノミネートされた『スリー・ビルボード』のウディ・ハレルソンほか、スコット・ヘイズ、リード・スコットらも出演します。

『ヴェノム』ストーリー

『ヴェノム』日本版ポスター(C)&TM 2018 MARVEL

“誰もが望む、歴史的偉業”を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロックは、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。

トム・ハーディ-(C)Getty Images

この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が体を蝕み、増殖していく。エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生のときがついに訪れた――!

『ヴェノム』監督の過去作は、まさかのゾンビ映画?

コミコン・インターナショナル・サンディエゴにて『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL

『ヴェノム』の監督を務めるのは、『L.A.ギャング・ストーリー』でハードボイルドな世界を描いたルーベン・フライシャー。じつは彼の長編デビュー作は『ゾンビランド』というゾンビによる世紀末を独特のトーンで描いた作品。あのクエンティン・タランティーノも高評価をし、『ヴェノム』にも出演しているウディ・ハレルソンをはじめ、ジェシー・アイゼンバーグやエマ・ストーンも出演!

トム・ハーディ-(C)Getty Images

そして脚本には『アメイジング・スパイダーマン2』の原案・脚本をつとめたジェフ・ピンクナーをはじめ、現在世界中で大ヒットを巻き起こしている『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でタッグを組んだスコット・ローゼンバーグらが手掛けています

アメコミ原作における『ヴェノム』の立ち位置は?

『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL

もともとは、マーベルのクロスオーバー作品「シークレット・ウォーズ」という作品にて、主人公のスパイダーマンが異世界でコスチュームを破損し、それを修復装置を使用した結果「エイリアン・コスチューム」と呼ばれる、黒いコスチューム(本来のスーツにある蜘蛛の巣の模様がなくなり、胸に巨大な蜘蛛のシルエットがデザインされている)を手に入れます。しかしこのコスチュームは既存の物を超える能力を持つと同時に、自我を持っていたため、エイリアン・コスチュームは危険視されます。

コミコン・インターナショナル・サンディエゴにて登壇するトム・ハーディ『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL

エイリアン・コスチュームは主人公のスパイダーマンとの共生を要求するも、相手は拒否し封印されてしまいます。しかし自我を持つコスチュームは逃亡を図り、再度スパイダーマンとの死闘の末、教会にて封印されます。そこへ映画『ヴェノム』の主人公でもあるエディ・ブロックが訪れることで、封印が説かれてしまいます。(映画『ヴェノム』では人体実験の調査でヴェノムに寄生されてしまいます)

『ヴェノム』は4代目まで存在する?

スパイダーマン-(C) Getty Images

シンビオートと呼ばれる地球外生命体によって寄生されることでヴェノムが誕生するため、アメコミ版では、4代目まで母体を移り替えヴェノムが誕生します。エディ・ブロックはアメコミ版でも初代ヴェノムにあたり、映画『ヴェノム』同様、記者として登場し、過去にスパイダーマンに誤報記事を暴かれ逆恨みをし、その感情を受信したシンビオートに規制されてしまいます。

トム・ハーディ-(C)Getty Images

映画版でのエディは熱心な記者として登場。本作ではスパイダーマンとの共演がないため、シンビオートとの接触も、ライフ財団が甚大実験をしているという情報を得たエディが調査をしている際、寄生されてしまうというストーリーとなっています。

ヒーローが登場しないマーベル映画『ヴェノム』が完成

トム・ハーディ -(C) Getty Images

「この映画は、情熱を共有する皆さんのために作りました。ヴェノムはほかのマーベル作品とは違い、とてもダークで複雑なキャラクターなんです」とファンに向けて説明する監督。 ヴェノムを複雑的かつ凶暴なキャラクターと語る監督は、本国でのR指定は確実だろうと語るほど、徹底した世界観が作られたことを明かしました。

ミシェル・ウィリアムズ - (C) Getty Images

主演のトムについて「彼以外に、だれが(主人公の)エディ・ブロック役をやることが考えられる? 夢がかなったよ!」と興奮気味にコメント。「エディはヴェノムとの相対関係がある複雑なキャラクター。その演技を見事にこなすのを見るのは素晴らしい喜びだった」と、トムについてはとにかく絶賛の嵐でした。

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。


ミシェル・ウィリアムズ出演映画おすすめ10選!ピクシーカットの美人女優♡

ミシェル・ウィリアムズ出演映画おすすめ10選!ピクシーカットの美人女優♡

『マリリン 7日間の恋』でマリリン・モンロー役を見事に演じきったミシェル・ウィリアムズ。今回はそんな彼女が出演する映画の中からおすすめ10作品をご紹介いたします。2019年公開予定の最新作情報も合わせてお伝えいたします。


エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

1999年公開の『ファイト・クラブ』で知られるエドワード・ノートン。今回はそんな彼が出演している映画の中からおすすめ8作品をご紹介します。日本の漫画が原作の最新作『アリータ: バトルエンジェル』にも出演!


エリザベス・オルセン出演映画おすすめ12選!美しい双子の姉にも注目♡

エリザベス・オルセン出演映画おすすめ12選!美しい双子の姉にも注目♡

『アベンジャーズ』シリーズのワンダ・マキシモフ役で知られるエリザベス・オルセン。今回は彼女が出演している映画の中からおすすめ12作品をご紹介します。「フルハウス」で活躍した美しい双子の姉についても触れたい思います。


最新の投稿


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

『旅猫リポート』は原作者・有川浩さんが“一生に一本しか書けない物語”と語るほど自信作を実写映画化した作品。主演は福士蒼汰さん、猫のナナの声は高畑充希さんが演じました。この記事では、映画『旅猫リポート』の基本情報について紹介します。


映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

『天の茶助』は、独特のスタイルで人気を博すSABU監督自身が書き下ろした小説の映画化作品。2015年に日本で公開された本作ですが第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて正式上映され、国外からも注目を集めました。今回は『天の茶助』のあらすじやキャストを紹介。


映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

『センセイ君主』は、幸田もも子さんの同名コミックを原作としたラブコメディ映画作品。ひねくれ者のイケメン教師・弘光役には竹内涼真さん、恋に恋する元気な女子高生・さまるん役には浜辺美波さんが抜擢され、他にもフレッシュで旬な俳優陣が揃っています。今回は『センセイ君主』のネタバレやキャストなど紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。