大人も楽しめる!『シュレック』シリーズ丸ごと紹介

大人も楽しめる!『シュレック』シリーズ丸ごと紹介

2001年にアカデミー長編アニメ映画賞を受賞した、大ヒットアニメーション映画『シュレック』。公開から10年以上経っているにもかかわらず、ずっと色あせない不朽の名作です。2019年に、続編映画の公開が決定とのことで『シュレック』を観たことがある人も、まったく知らない人も、いっしょにシリーズをおさらいしましょう!


『シュレック』はディズニー映画じゃない!

©BANG Media International.

『シュレック』はおとぎ話をモチーフにしたアニメーション映画です。
メルヘンチックな世界で、キャラクターたちが歌って踊り、最後には感動のハッピーエンド。

…なのでよく間違われるのですが、実はディズニー映画ではありません。
作ったのはドリームワークスという会社です。

ドリームワークスSKG

『ヒックとドラゴン』 © 2009 by PARAMOUNT PICTURES.

『戦火の馬』© Dream Works II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

ドリームワークスはアメリカの映画会社です。
『シュレック』のほかには『ヒックとドラゴン』、『戦火の馬』など数々のヒット作があります。

スティーブン・スピルバーグ © Getty Images

社名のSKGは3人の設立者の頭文字をとったもの。
Spielberg(スピルバーグ)、Katzenberg(カッツェンバーグ)、Geffen(ゲフィン)。
スピルバーグはもちろんあの映画監督のスティーヴン・スピルバーグ。
ゲフィンはゲフィン・レコードの創設者、デヴィッド・ゲフィン。

では間のカッツェンバーグとは誰でしょうか? 即答できる方はかなりの映画マニアです。

ジェフリー・カッツェンバーグ

ドリームワークスのジェフリー・カッツェンバーグ

アメリカの敏腕映画プロデューサーであり、現ドリームワークスSKGのCEO。
もともとはディズニーで働いており、アニメーション部門の責任者をしていました。
ディズニー映画の業績が低迷していた時代に『リトル・マーメイド』、『美女と野獣』、『アラジン』、『ライオン・キング』とヒット作をつづけて生み出し、第二次ディズニー映画黄金時代を築き上げた立役者です。

そんなすごい人がなぜ、ディズニーではなくドリームワークスに?と思いますよね。
答えは、当時のディズニーの最高責任者マイケル・アイズナーとの後釜争いに敗れたからです。

腹に据えかねたカッツェンバーグは、かねてから交友のあったスピルバーグとゲフィンの二人に声をかけ、新会社・ドリームワークスSKGを設立しました。

『シュレック』は子ども向けでもない!

『シュレック3』 SHREK THE THIRD TM & © 2007 DREAMWORKS ANIMATION LLC.

『シュレック』そのものは、子どもといっしょに楽しめるファミリー向けですが、けして子どもだけに向けた映画ではありません。
ディズニーを挑発するような過激なネタや、ブラックジョークが満載で、むしろ大人ほど内容に深みが出て、笑えるところが多いです。

それ以外でも『ジュラシック・パーク』や『エイリアン』、『ミッション・インポッシブル』といった名作映画のオマージュの宝庫。元ネタ探しをしてみるのもいいかもしれませんね。

『シュレック』のあらすじ

『シュレック3』 SHREK THE THIRD TM & © 2007 DREAMWORKS ANIMATION LLC.

おとぎ話の住人たちが暮らす国。
怪物のシュレックは、ひとり気ままに森での生活を楽しんでいた。
ところがある日、ファークアード卿によって追放されたおとぎ話のキャラクターたちが、シュレックの住む森に押し寄せてくる。
自分の平穏をとりもどすため、ファークアード卿に直談判しにいくシュレック。
そこでフォークアード卿は、自分のところへフィオナ姫を連れてくることを条件に、元の暮らしに戻すことを約束した。
そしてシュレックは、お調子者のロバ・ドンキーと共にフィオナを救いに行くことになる…。


『シュレック』の世界はおとぎ話がモチーフでも、一筋縄ではいきません。
実際、第2作目ではめでたしめでたしの先にある物語を描いており、シリーズを重ねるにつれて妙に現実味のある変化球をはなってきます。

『シュレック』のおもな登場人物

『シュレック3』 SHREK THE THIRD TM & © 2007 DREAMWORKS ANIMATION LLC.

シリーズを通して活躍する、『シュレック』のメインキャラクターたちを紹介します。

シュレック/マイク・マイヤーズ

『シュレック フォーエバー』L.A.プレミア © 2010 DreamWorks Animation LLC.

人里はなれた沼のほとりに住む、醜くおそろしい怪物。
みんなから怖がられている存在だが、本来は陽気で心優しい。

『シュレック フォーエバー』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito

吹替版:浜田雅功

お笑いコンビ・ダウンタウンのツッコミ担当。
ゆえに、吹替版のシュレックは関西弁を喋ります。
字幕でも吹替でも、これはこれで違う楽しみ方ができるのでオススメです!

フィオナ/キャメロン・ディアス

『シュレック3』キャメロン・ディアス

幼いころ呪いにかけられ、高い塔に幽閉されていたお姫様。
プリンセスなら当然持っている美しい声の持ち主だが、歌うとたちまち小鳥が爆発する。
実は武術の達人で、自分の力で窮地を切り抜ける力をもった強い女性。
シリーズ1作目では、紆余曲折を経てシュレックと結ばれた。

『シュレック3』藤原紀香

関連する投稿


マーゴット・ロビー出演作品おすすめ10選!あの人気キャラの最新作が始動!

マーゴット・ロビー出演作品おすすめ10選!あの人気キャラの最新作が始動!

持ち前の美貌と確かな演技力で数々の作品に出演しているマーゴット・ロビー。今回はそんな彼女が出演している映画の中からおすすめ10作品をご紹介します。そしてあの人気キャラの最新作情報も合わせてお届けいたします。


ジェニファー・ロペス出演作品おすすめ13選!恋多き歌姫の新恋人は?

ジェニファー・ロペス出演作品おすすめ13選!恋多き歌姫の新恋人は?

世界の歌姫ジェニファー・ロペスが出演している映画・ドラマの中からおすすめ13作品をご紹介します。また、彼女の恋愛遍歴や歌手としての活動、ファッションまで幅広く触れていきます。気になる現在の恋人は?最新のゴシップも合わせてお届けします!


ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

少年のような若いルックスと、どこか危ない魅力を放つハリウッドのモテ男ジャレッド・レト。両親の離婚により方々を巡り、様々な環境で少年時代を過ごした彼は、俳優として活躍するだけに留まらず、全米チャート入りも果たしているロック・バンド "Thirty Second To Mars" のヴォーカリスト兼リズムギター担当でソングライティングまでこなしている。プライベートでもキャメロン・ディアスやアンジェリーナ・ジョリー等、ハリウッドを代表する美人女優たちとの浮名を流すモテっぷりが話題に..。そんなジャレッド・レトの生い立ちや華やかな歴代彼女たち、役に入り込んだ時のエピソード、キャリア、主な出演映画の紹介などを詰め込んで紹介します!


ハリウッドのモテ男ジェラルド・バトラーのお騒がせ経歴集!

ハリウッドのモテ男ジェラルド・バトラーのお騒がせ経歴集!

ハリウッドの超モテ男!ジェラルド・バトラー。頭脳明晰でインテリな一面がありながら、愛くるしいお茶目なキャラクターとギラギラした男臭さをも持ち合わせた彼の周囲はいつも騒がしい。女優・モデル・デザイナー・人の妻等と...ありとあらゆるタイプの女性を愛し、愛される色男は役作りにもかなりストイック!そんな彼の現在までに迫る!


レディー・ガガの現在は⁉結婚・病気・最新アルバムから映画出演まで!

レディー・ガガの現在は⁉結婚・病気・最新アルバムから映画出演まで!

2008年にセンセーショナルなデビューを果たした時から今までの10年間、常に世界から注目を浴び続けているレディー・ガガ。 類まれなる強烈な個性と、溢れ続ける才能、華やかな交友関係など...気になる事が有りすぎる。というわけで、レディー・ガガの気になるトピックを経歴と合わせて紹介したいと思います。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。