『ペンギン・ハイウェイ』あらすじ・考察・まとめ!

『ペンギン・ハイウェイ』あらすじ・考察・まとめ!

森見登美彦の小説を原作とし、声優陣には「蒼井優」や「竹中直人」ら豪華なキャストがそろい踏み。また主題歌を担当するのは「宇多田ヒカル」と実力派で固められた本作品は公開前から注目を集めていました。様々な伏線が散りばめられ、最後の切ないラストに何度でも観たくなる珠玉の作品です。


『ペンギン・ハイウェイ』はどんな作品?

『ペンギン・ハイウェイ』(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

「ペンギンハイウェイとは海から陸にあがったペンギンたちが決まって通る道――」

小学4年生の少年アオヤマ君は勉強熱心で、様々なことに興味を示します。毎日努力を怠らず勉強するので、大人になるころには偉くなりすぎていろんな女性から結婚を申し込まれるはず。でも、アオヤマ君はすでに結婚相手を決めています。それは通っている歯科医院の“お姉さん”。おっぱいについても興味津々なアオヤマ君を、ちょっと生意気なところも含めお姉さんは可愛がっていました。そんなある日、アオヤマ君は空き地にたたずむペンギンを見つけます。ペンギンを生み出すお姉さんの秘密。森の奥で発見された「海」。様々な謎に直面した時、アオヤマ君の導き出す“答え”は――。

「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」
それは少し不思議で、一生忘れない、あの夏の物語。

『ペンギン・ハイウェイ』の原作を手掛けるのは森見登美彦!

『ペンギン・ハイウェイ』(c) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

2007年 に「夜は短し歩けよ乙女」で第20回山本周五郎賞受賞やテレビアニメ化された「有頂天家族」など、数々の作品を生み出してきた森見登美彦(もりみ とみひこ)さん。本作の原作は2010年日本SF大賞を受賞しています。

「子どもの頃を舞台にした作品で、一番根っこにある世界を描いているので、小説家としても特別な作品です。映像化は大変光栄ですが、(小説は)かわいい子どもであるので、最初は若干の抵抗と心配もありました。でも、絵コンテなどを拝見し、これなら大丈夫。すてきな作品になるだろうと思っています」と語りました。

制作は現在、若いクリエイターを中心とし注目を浴びている「スタジオコロリド」が担当ています。『ペンギン・ハイウェイ』で長編初挑戦とのことですが、繊細で、温かみのある表現が、原作の独特な世界観とうまくマッチし、より魅力的なものへとスケールアップしているにがみどころ!

『宇多田ヒカル』書き下ろし曲を主題歌に!

『ペンギン・ハイウェイ』宇多田ヒカル

デビュー20周年という記念すべき年を迎えました宇多田ヒカルさんが、『ペンギン・ハイウェイ』の主題歌を担当されます! アニメ映画の主題歌は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に提供した「桜流し」以来、およそ6年ぶりとのことです。

石田監督は「この曲には空間があります。それも、実家の陽に照らされて埃舞う小さな部屋の片隅から、宇宙的な遠い彼方にまで至るとても広いレンジを持って。それは『ペンギン・ハイウェイ』が持つ日常とSF、親近感とロマンが同居する姿と重なって聴こえるんです」と感激の様子。

今回書き下ろした「Good Night」は予告映像が公開された当初から高い評価を得ていました。その美しいメロディと透明感のある雰囲気はこの映画と見事にマッチしており、宇多田さんの本気が伺えます。

『ペンギン・ハイウェイ』を支える豪華な声優陣

“アオヤマ君”演じる北香那は声優初挑戦にして初主演!

北香那/『ペンギン・ハイウェイ』製作発表会見

主人公である小学4年生の“アオヤマ君”を演じるのは、声優初挑戦にして初主演を務める女優の北香那さん。最後までブレることなく役を演じ切る姿に、作品の視聴者だけでなくプロデューサーなど制作サイドからも評価されています。

制作発表会見では「声のお仕事は憧れであり、夢だったので、(合格を知り)感極まって、泣いてしまいました。脚本を読み、柔らかくてかわいらしい作品だと感じましたし、それだけじゃなくて、生きるとは何かを考えさせる物語だと思いました。キャラクターの表情や口の形で(声を)合わせるのは、本当に難しかったです。私にはアオヤマ君と同世代の妹がいるので、授業参加に行って、小学4年生の男子の動きみたいなものを参考にしました」と語りました。

”お姉さん”を演じる蒼井優「新しいチャレンジをさせていただきました」

蒼井優/『ペンギン・ハイウェイ』製作発表会見

『 彼女がその名を知らない鳥たち』や『龍馬伝』など、数々の映画やドラマに出演している蒼井優さん。そんな彼女が今回演じるのは、主人公が通う歯科医院で働く謎多き”お姉さん”。アニメーションの声優は『花とアリス殺人事件』(岩井俊二監督)以来3年ぶりとなります。

会見では「かわいらしいペンギンも出てきますし、お子さんに見てもらいたいのはもちろん、お父さん、お母さん世代にも見てほしいですね。今回“お姉さん”を演じて、自分にはあまり“お姉さん”要素がないことに気づいて、(演じるのが)難しいなと…。その分、新しいチャレンジをさせていただきました。アフレコは残り半分残っていて、やっと(役を)つかめてきました」と、アフレコ時の苦労など語りました。

アオヤマ君のお父さん役には西島秀俊

西島秀俊『ペンギン・ハイウェイ』(c) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

息子の研究を程よい距離感で見守り、いつも的確なアドバイスを与えるお父さん役を務めるのは、『風立ちぬ』以来5年ぶりに声優に挑戦する西島秀俊さん。落ち着いた演技でアオヤマ君にアドバイスするシーンなど、その存在感を放っています。

同級生のお父さん役に竹中直人!

竹中直人『ペンギン・ハイウェイ』(c) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

映画の中盤から登場し、研究所の調査員として活躍した「ハマモトさんのお父さん」。熱中すると甘いものばかり食べてしまうというチャーミングな一面を持つ彼を演じるのは竹中直人さんです。ドラマや映画だけでなく、「ONE PIECE」や「ポケットモンスター」など様々なアニメ作品で声を演じております。

釘宮理恵などアニメファンも必見の声優陣

『ペンギン・ハイウェイ』(c) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

アオヤマ君の友人で序盤から彼の研究を共にする「ウチダ君」を演じるのは、アイドルマスターや銀魂など様々なアニメに出演している釘宮理恵さん。アオヤマ君の妹とペンギンの2役を演じ分けた久野美咲さん。その他にも能登麻美子さんや潘めぐみさんなど、アニメファンなら誰でも耳にしたことのある声優陣のそろい踏みです。

『ペンギン・ハイウェイ』が初の長編アニメとなる石田祐康監督

石田祐康/『ペンギン・ハイウェイ』製作発表会見

第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞など数々の賞を受賞した自主制作作品「フミコの告白」や第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で審査委員会推薦作品に選ばれた『陽なたのアオシグレ』などを代表作にもつ弱冠29歳の新鋭・石田監督。『ペンギン・ハイウェイ』でファン待望の長編デビューを飾りました。

会見では「これまで小さなスタジオで、短編やCMなど小規模の作品を自分なりに作ってきましたが、今回、このような大きな舞台を用意していただき、大変うれしいです。と同時に、ちょっとおっかない気持ちも…。緊張してばかりもいられないので、吹っ切れて、やるだけやろうと思います。完成したら、早くご覧になる皆さんの反応を見てみたいです。(劇中の)アオヤマ君が楽しそうに探検しているので、作り手としても少年の気持ちになって、(気分が)乗っています」と語りました。

彼のブログでは『ペンギン・ハイウェイ』に関する話も掲載されており、その内容はファンは必見のものとなっております。

『ペンギン・ハイウェイ』の魅力とは!

『ペンギン・ハイウェイ』(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

作りこまれたストーリーや美麗な映像、そしてその魅力を支える音楽などに夢中になり、映画観た後に原作を購入したとの声が多数上がるほど高い評価を得ています。また"お姉さん"や"海"などに関する考察も、今なおネット上では議論されるほど、公開から今日までファンの熱は高い模様です。

どこにでもあるような場所で、どこにでもいるような人々なのに、どこか不思議な雰囲気が漂う『ペンギン・ハイウェイ』。それぞれ個性豊かなキャラクター達や衝撃の結末を目の当たりにしたとき、きっとあなたはもう一度この作品を観たくなることでしょう。

関連する投稿


押井守監督渾身作!『スカイクロラ』で若者たちに伝えたかったこと

押井守監督渾身作!『スカイクロラ』で若者たちに伝えたかったこと

2008年に映画化された『スカイクロラ』。攻殻機動隊シリーズで世界中に名が知られ、熱狂的なファンをもつ押井守監督が『イノセンス』以来4年ぶりに手がけた本作品は、押井監督に「本作が成功しなかったら辞める」とまで言わせたくらい気合の入った作品。『スカイクロラ』で押井監督が伝えようとしたこととはいったい?


10月13日公開アンドリューガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』そのカルトな世界の魅力を紹介

10月13日公開アンドリューガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』そのカルトな世界の魅力を紹介

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどで人気を博した人気俳優アンドリュー・ガーフィールドが主演する映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』が10月13日ついに公開!『イット・フォローズ』の監督が描く全く新しいサスペンス映画となった本作。カルト的人気を博す事間違いないあらすじ、キャストをはじめカルトな魅力をご紹介!


20代の女優人気ランキング!【2018年版】出演映画もあわせて紹介!

20代の女優人気ランキング!【2018年版】出演映画もあわせて紹介!

綾瀬はるか、上戸彩、石原さとみ、蒼井優、宮崎あおい、沢尻エリカ、上野樹里、北川景子、長澤まさみ、榮倉奈々など、名前を聞くだけですごい女優さんばかりですが、1985年~1988年生まれの女優は女優黄金期と言われておりました。その下の世代の女優は谷間の世代なのでしょうか。そんな現在20代の女優をランキング形式で公開します。


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。


『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

『妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ』巨匠山田洋次監督が贈るクスっと笑えるホームドラマ

旦那さん、奥さん亡くなられたらじっきだったよと井戸端会議から聞こえてきそうな程、よくある話ですよね。所詮、男は女が助けがないと何もできない生き物と言われたりするのも本当なのかもしれませんね。そんな夫婦の家族のドラマが詰まった映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』を紹介します。


最新の投稿


ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

オーストラリア出身の実力派女優ミア・ワシコウスカ。可愛いベリーショートヘアがよく似合っていて印象的な彼女。私生活はとてもミステリアスだけど、映画の中での彼女は多彩で様々な顔を魅せてくれます。その中でもおすすめの映画を紹介していきたいと思います。


圧巻の演技力!北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!

圧巻の演技力!北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!

ヴィトンのミューズ、そしてハリウッドのイットガール、アリシア・ヴィキャンデル。その美貌だけでなく、アカデミー賞受賞の演技力も兼ね揃えた、近年大注目の女優のひとりである彼女の魅力をご紹介します!


面白い邦画おすすめ作品ベスト100‼なんの映画を観ようか迷ったら♪

面白い邦画おすすめ作品ベスト100‼なんの映画を観ようか迷ったら♪

邦画でズバリおすすめなのはこの映画‼映画選びに迷ったら、この記事を読むべし!面白い邦画を100作品集めました。あなたはこの中から何作品観たことがありますか?


ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

幼い頃から俳優業に憧れ、若くして脚本と俳優を掛けもつ偉業を成し遂げたベン・アフレック。アルコール依存症と戦いながらも、才能溢れる彼の人生!そんなベンアフレックの恋愛、苦悩等を追ってみました。おすすめ映画も含めて紹介していきます!


はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

「名探偵コナン」のだいたいのストーリーは知っているけど、いまから読むのは大変そう……と思っている人は案外多いのではないでしょうか。そんなみなさんのために、サイドストーリーは一切除外、原作単行本を基礎にメインストーリーだけを、「これから『名探偵コナン』に触れる人」向けにご紹介します!