是枝裕和監督が描く4姉妹とは?『海街diary』を紹介!

是枝裕和監督が描く4姉妹とは?『海街diary』を紹介!

『そして父になる』や『万引き家族』など数々の名作を撮り続ける是枝裕和監督が、原作に惚れ込み、念願叶って映画化となった作品『海街diary』(うみまちダイアリー)。キャストには綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずなどの豪華女優陣の名前が並んでいます。今回は『海街diary』のあらすじやキャストについて紹介します!


『海街diary』ってどんな映画?

『海街diary』本ポスター -(C) 2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

『海街diary』とは、家族の形について描き続けている是枝裕和監督の映画作品。本作も、家族について描かれた作品であり、キャッチフレーズは「家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。」です。

『海街diary』の主要人物となる4姉妹を演じるのは綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずと非常に豪華な女優陣。このキャスティングについて是枝裕和監督は、“今、誰を撮りたいか”を最優先に考えたとのことです。

『海街diary』の気になるあらすじは?

『海街diary』-(C) 2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

舞台となるのは、鎌倉。そこで暮らすのは幸(長女)、佳乃(次女)、千佳(三女)の3姉妹。ある日、その3姉妹の元に、15年前に出ていった父の訃報が届きます。

綾瀬はるか&長澤まさみ&夏帆/『海街diary』 -(C) 2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

その父は山形で再々婚をしていましたが、病を患った末に亡くなったとのこと。そして、父の葬儀のために山形へと向かう3姉妹。そこで初めて、異母妹であるすずと出会うことになります。

綾瀬はるか&広瀬すず/『海街diary』 -(C) 2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

父が亡くなったことで身寄りがなくなってしまったすずですが、それでも葬儀の場では毅然と振舞う姿が。それを見た幸はすずに、鎌倉で「一緒に暮らさない?」と提案します。それに対してすずは「行きます。」と即答しました。

綾瀬はるか&長澤まさみ&夏帆&広瀬すず/『海街diary』 -(C) 2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

そして、責任感のあるしっかり者の長女・幸と自由奔放な次女・佳乃、マイペースな三女・千佳と一緒に暮らし始めるすず。4人は、家族としての日常を過ごしていく中で悩みや喜びを分かち合っていくのでした。そんなある日、音信不通であった母が現れたことで、4姉妹の日常に変化が…。

『海街diary』原作は吉田秋生の人気漫画作品

「海街diary」表紙 -(C) 吉田秋生/小学館

『海街diary』の原作は、2006年から月刊フラワーズにて連載されていた吉田秋生のベストセラーコミックスです。これまでオリジナル作品を多く手掛けて来た是枝裕和監督ですが、今回はどうしても自分の手で映画化したかったとのこと。原作者の吉田も是枝監督のファンということもあり、どちらにとっても念願叶った作品となっているようです。

『海街diary』の舞台は神奈川県鎌倉市

「海街diary」表紙 -(C) 吉田秋生/小学館

『海街diary』は神奈川県にある鎌倉が舞台となっています。鎌倉は海に近い町であることもあって、本作のポスターなどでは海辺で撮影されたものが使われています。ぜひ鎌倉に行った際には、ロケ地巡りなどをしてみてください。

『海街diary』の監督は、世界で活躍する是枝裕和監督

監督・是枝裕和 -(C) 吉田秋生/小学館

鎌倉で暮らす4姉妹の物語『海街diary』の監督を務めたのは、是枝裕和監督。現在の邦画の中では数少ない、オリジナル脚本の映画化も許されるほどの実力を持っており、監督のみならず脚本家としても名を馳せています。

今回は吉田秋生の同名漫画作品『海街diary』という原作がある本作ですが、是枝裕和監督は原作漫画の第1話を読んだ時点で、映画化したいと強く思ったそうです。ただし、映画化を望んだそのとき、原作の映画権は別の方に押さえられていたので1度は諦めたとのこと。しかし、いち読者として漫画は読み続けており、権利を押さえていた人物が権利を手放したという連絡が入ってから、次こそはと手を挙げたそうです。

『海街diary』の是枝監督が描く様々な“家族”

『そして父になる』 -(C) 2013『そして父になる』製作委員会

これまでも“家族”について焦点を当てて映画を作ってきた是枝裕和監督。2013年の映画『そして父になる』では、子どもの取り違えについて描かれています。主演は福山雅治で、初めて父親役を演じたとのこと。この作品では、第37回日本アカデミー賞の最優秀作品賞や第66回カンヌ国際映画祭にて審査員賞などを受賞しています。

『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 

2018年の映画『万引き家族』では、万引きで生計を立てる家族について描かれています。キャストには、リリー・フランキーや安藤サクラ、樹木希林など実力派が勢ぞろい。この作品は、第71回カンヌ国際映画祭にて最高賞であるパルム・ドールを獲得しています。

この記事のライター

関連する投稿


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。


『劇場版 MOZU』あらすじ・キャスト紹介!「MOZU」シリーズの集大成!

『劇場版 MOZU』あらすじ・キャスト紹介!「MOZU」シリーズの集大成!

『劇場版 MOZU』は、TBSとWOWOWによって共同制作されたドラマ「MOZU」シリーズの劇場版作品です。原作は逢坂剛さんの小説作品であり、映画化にあたりメガホンを取ったのは羽住英一郎監督。主演は西島秀俊さんが務めています。今回は『劇場版 MOZU』について紹介します!


『藁の楯 わらのたて』あらすじ・キャスト紹介!藤原竜也のクズぶりに注目?

『藁の楯 わらのたて』あらすじ・キャスト紹介!藤原竜也のクズぶりに注目?

三池崇史監督作品『藁の楯 わらのたて』が2013年に公開されました。本作は、藤原竜也さん演じる“人間のクズ”を命がけで守る警察官の葛藤を描いたアクション・スリラー作品となっています。今回はそんな『藁の楯 わらのたて』のあらすじやキャストを紹介!


映画『ピンクとグレー』あらすじ・キャスト紹介!主演は中島裕翔さん

映画『ピンクとグレー』あらすじ・キャスト紹介!主演は中島裕翔さん

NEWSの加藤シゲアキさんによる小説『ピンクとグレー』を原作とした実写映画が2016年1月9日に公開されました。主演を務めたのは本作が映画初主演作品となったHey! Say! JUMPの中島裕翔さんです。今回は映画『ピンクとグレー』について紹介します!


映画『十二人の死にたい子どもたち』まとめ!若手キャスト・気になる原作者も!

映画『十二人の死にたい子どもたち』まとめ!若手キャスト・気になる原作者も!

未成年が「集団安楽死」をするために集まるというショッキングな内容の『十二人の死にたい子どもたち』今最もフレッシュな若手キャストだけを集めて、「闇」の深い密室サスペンス劇に挑んでいます。こちらの記事では、そんなキャストたちや、この衝撃的な作品の原作者などについてまとめました。映画を見る前にぜひチェックしてください!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。