過去への旅で学んだこととは?『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

過去への旅で学んだこととは?『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

2010年の映画『アリス・イン・ワンダーランド』の続編となる『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』。本作では新たにジェームズ・ボビン監督を迎え、ファンタジ―作品でありながら“リアル”を意識して作られた作品となっています。前作同様ジョニー・デップなどお馴染みのキャストも登場します。アリスが過去への旅で学んだこととは?


『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の前作のおさらい!

『アリス・イン・ワンダーランド』-(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

2016年に公開された映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』。本作を紹介する前に、前作の『アリス・イン・ワンダーランド』について紹介したいと思います。『アリス・イン・ワンダーランド』は、2010年に公開された映画作品で、日本でも人気の高い『不思議の国のアリス』や『鏡の国のアリス』などの児童文学が原作となっています。

『アリス・イン・ワンダーランド』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

物語は、主人公のアリスが不思議の国から帰ってきて13年後。19歳になったアリスは、ある男からプロポーズされるも戸惑ってしまい、パーティから抜け出します。そこで白ウサギと出会い、再び不思議の国へと迷い込むことに。しかし、13年前の不思議の国とは変わっており、赤の女王によって世界が支配されているのでした。そしてアリスは、マッドハッターたちと共に赤の女王に挑むことになります。果たして、赤の女王に支配された不思議の国を取り戻すことができるのでしょうか。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』前作の監督はティム・バートン

ティム・バートン -(C) Getty Images

前作『アリス・イン・ワンダーランド』の監督を務めたのは、ハリウッドの鬼才ティム・バートン。『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』では製作として参加しています。監督を降りた理由として、本作の監督を務めるジェームズ・ボビンの熱意に心が動かされたからとのこと。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』とは?

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ここからは『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』について紹介していきます。本作は2016年に公開された映画です。前作の『アリス・イン・ワンダーランド』のはじまりを描いた作品となっています。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

本作のテーマは“時間”。24歳となった主人公のアリスが、不思議な国での旅を通して、時間の大切さを学ぶ物語となっています。“自分が持っている時間を大切に”という監督の思いが込められた作品です。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の監督はジェームズ・ボビン

そんな『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の監督を務めるのは、アリスの世界を愛するジェームズ・ボビン。過去には、人形たちが登場するミュージカル映画『ザ・マペッツ』などで監督を務めています。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

前作『アリス・イン・ワンダーランド』の監督であるティム・バートンは、ジェームズ・ボビンはポジティブで明確なアイデアを持っていると評しており、熱意溢れるその姿勢から本作の監督を依頼したとのこと。ジェームズは前作を越える世界観を作るにあたり、“リアル”を追求したそうです。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のあらすじは?

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は『アリス・イン・ワンダーランド』から3年後の世界が描かれています。大人の女性へと成長したアリスは、父の後を継ぎ、船のキャプテンとして生活を送っていました。そんなアリスが故郷のロンドンへと帰って来たとき、アリスの母が生活が苦しいことから、自宅の所有権を譲る契約を結んでいたのでした。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アリスの乗る船をを譲るのであれば自宅の権利は返すと告げられるも、父から譲られた船を手放したくないアリスは返答に困っていました。そんなとき、再び不思議の国へと誘われ、向かうアリス。そこには、悲劇的な過去に囚われて心を閉ざしているマッドハッターいました。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

そこでアリスは時間を司る番人であるタイムから、時間をさかのぼれるというクロスファイアを奪って、マッドハッターのために過去を変えようと試みます。襲い掛かってくる追手を振り切り、過去へと飛び立つアリス。そんな旅の中でアリスが学んだこととは…?

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』、圧巻の美術

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』には豪華キャストや製作陣といった魅力がありますが、美術の美しさも魅力の1つです。本作で美術を務めたのはファンタジー作品を得意とするダン・ヘナ。過去には『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』などの作品に参加しています。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』では、前作の製作時に使われたデジタル・オペレーションを参考にしつつ、さらに実際に入ることのできるセットや大道具を組み合わせたことで、従来のファンタジー作品から1歩踏み出したような美術になっているとのこと。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のキャストは?

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』新ビジュアル (C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の原題『Alice Through the Looking Glass』であり、原作の児童小説『鏡の国のアリス』のタイトルと同じですが、『アリス・イン・ワンダーランド』で登場したお馴染みのキャラクターや原作には登場しないキャラクターも登場します。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の前作からのキャスト!

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』 USプレミア(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

そんな『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の中で、前作『アリス・イン・ワンダーランド』から引き続き登場する馴染み深いキャラクターを務めるキャストについて紹介します。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ジョニー・デップ

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

前作に引き続きジョニー・デップは、おしゃれな帽子がトレードマークの帽子屋マッドハッターを演じています。マッドハッターは家族全員を奪われてしまい、その過去に囚われ、帰らぬ家族を待ち続けていました。そんなマッドハッターを救おうとアリスが過去へ旅立つ物語であり、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の物語がはじまるきっかけとなるキャラクターです。

ジョニー・デップ-(C)Getty Images

そんなジョニー・デップは1963年6月9日生まれのアメリカ出身。1984年にニコラス・ケイジに勧められ、映画『エルム街の悪夢』にて俳優デビュー。その後は、『シザーハンズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『チャーリーとチョコレート工場』など数多くの人気作に出演されています。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ミア・ワシコウスカ

『アリス・イン・ワンダーランド』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

アリスを演じるのは前作に引き続き、ミア・ワシコウスカ。前作では19歳、本作では24歳のアリスを演じています。厳しい現実に直面して再び不思議な国へと誘われるアリスは、マッドハッターを救うために過去へ旅立ち、多くのことを学びます。そんなアリスが現実へと戻ったときに下す決断にも注目です。

ミア・ワシコウスカ-(C) Getty Images

ミア・ワシコウスカは1989年10月14日生まれ、オーストラリア出身の女優。元々はオーストラリアの映画作品に出演されていましたが、2008年以降はハリウッド作品にも出演。主な作品は、2014年にはフランス文学を原作とした『ボヴァリー夫人』やギレルモ・デル・トロ監督のゴシック作品『クリムゾン・ピーク』など。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ヘレナ・ボナム=カーター

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

赤の女王イラスベスを演じたのは、ヘレナ・ボナム=カーター。独特な髪型とメイクが印象に残るキャラクターです。『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』では、赤の女王の過去や妹である白の女王と不仲の理由なども明かされます。

ヘレナ・ボナム=カーター-(C) Getty Images

ヘレナ・ボナム=カーターは1966年5月26日生まれ、イギリス出身。1977年に映画『鳩の翼』にてアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされた経験も。出演作には、吃音に悩む王を描いた『英国王のスピーチ』や日本でも人気の高い『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』などがあります。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』アン・ハサウェイ

『アリス・イン・ワンダーランド』 -(C) Disney.

真っ白で美しい白の女王ミラーナ役は、アン・ハサウェイ。アリスがマッドハッターを救うために過去にさかのぼるのですが、そんな過去への旅を通して、常に完璧な印象強い白の女王の完璧でない姿なども描かれています。

アン・ハサウェイは1982年11月12日生まれ、アメリカ出身の女優です。女子高生役を演じた2001年の映画『プリティ・プリンセス』にてスクリーンデビュー。その後、『プラダを着た悪魔』や『レ・ミゼラブル』など数々の大ヒット作に出演されています。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』から登場するキーパーソン!

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

そして『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』から登場する新しいキャラクター、半身人間で半身が機械という不思議な存在のタイム。誰もが敵にしたくないと思っているキャラクターであり、万物にパワーをもたらす万物の大時計を守る番人です。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』サシャ・バロン・コーエン

サシャ・バロン・コーエン -(C) Getty Images

タイムを演じるのは、『マダガスカル』などで知られるサシャ・バロン・コーエンです。1971年10月13日生まれ、イギリス出身。2006年の映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』では原案から脚本、製作まで務めており、アカデミー賞の脚本賞にノミネートされた経験も。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のまとめ

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

いかがでしたか?2016年の映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』について紹介しました。視覚だけでも楽しめるような独特な世界が構築されており、さらにキャスト陣も豪華で、何度観ても楽しめる作品になっています。過去との向き合い方に悩んでいるときなどにもおすすめの作品です。

この記事のライター

関連する投稿


ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

オーストラリア出身の実力派女優ミア・ワシコウスカ。可愛いベリーショートヘアがよく似合っていて印象的な彼女。私生活はとてもミステリアスだけど、映画の中での彼女は多彩で様々な顔を魅せてくれます。その中でもおすすめの映画を紹介していきたいと思います。


2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年も終わりに近づき、そろそろ旬なスター達を飾ったドレスの数々をまとめてみようと思います。アカデミー賞やゴールデングローブ賞等もありますが、今回は各映画やドラマのプレミアイベントで盛り上げてくれたスター達のドレスをピックアップしてみたいと思います。


本当の自分とは?究極のラブ・ストーリー『リリーのすべて』

本当の自分とは?究極のラブ・ストーリー『リリーのすべて』

実力派俳優のエディ・レッドメインが主演を務めた映画『リリーのすべて』。世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベについて描かれた作品となっています。今回は映画『リリーのすべて』のあらすじやキャストについて紹介します。


ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

ティム・バートン監督作品『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を紹介!

『チャーリーとチョコレート工場』などの独特のファンタジー作品で有名なティム・バートン監督が、奇妙で可愛らしいこどもたちを描いた映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』。日本では2017年に公開されました。そんな『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のあらすじやキャストについて紹介します。


イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

イギリスの国民的イケメン俳優♡コリン・ファースの魅力とおすすめ作品!

1990年代、『高慢と偏見』で見せた "濡れシャツ" シーンでの姿が、イギリステレビ史上に残るセンセーションを巻き起こした国民的イケメン俳優、国民的セックスシンボルのコリン・ファース。また英国紳士らしくソフィスティケイトされた彼からは今も目が離せない!彼の魅力と出演作品について紹介したいと思います。


最新の投稿


ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

オーストラリア出身の実力派女優ミア・ワシコウスカ。可愛いベリーショートヘアがよく似合っていて印象的な彼女。私生活はとてもミステリアスだけど、映画の中での彼女は多彩で様々な顔を魅せてくれます。その中でもおすすめの映画を紹介していきたいと思います。


圧巻の演技力!北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!

圧巻の演技力!北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!

ヴィトンのミューズ、そしてハリウッドのイットガール、アリシア・ヴィキャンデル。その美貌だけでなく、アカデミー賞受賞の演技力も兼ね揃えた、近年大注目の女優のひとりである彼女の魅力をご紹介します!


面白い邦画おすすめ作品ベスト100‼なんの映画を観ようか迷ったら♪

面白い邦画おすすめ作品ベスト100‼なんの映画を観ようか迷ったら♪

邦画でズバリおすすめなのはこの映画‼映画選びに迷ったら、この記事を読むべし!面白い邦画を100作品集めました。あなたはこの中から何作品観たことがありますか?


ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

幼い頃から俳優業に憧れ、若くして脚本と俳優を掛けもつ偉業を成し遂げたベン・アフレック。アルコール依存症と戦いながらも、才能溢れる彼の人生!そんなベンアフレックの恋愛、苦悩等を追ってみました。おすすめ映画も含めて紹介していきます!


はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

「名探偵コナン」のだいたいのストーリーは知っているけど、いまから読むのは大変そう……と思っている人は案外多いのではないでしょうか。そんなみなさんのために、サイドストーリーは一切除外、原作単行本を基礎にメインストーリーだけを、「これから『名探偵コナン』に触れる人」向けにご紹介します!