映画『名探偵コナン』の作品一覧!歴代全部まとめて公開順に大紹介!

映画『名探偵コナン』の作品一覧!歴代全部まとめて公開順に大紹介!

漫画連載25年め、アニメ放送23年め。『名探偵コナン』という作品は、この世に登場してから生まれた人たちもすっかり成人してしまうほど長きに渡って愛され続けています。今回は映画『名探偵コナン』22作品を公開順にすべてご紹介します。あなたは何本観ましたか?


目次

映画『名探偵コナン』全タイトルを一気に見る!

『名探偵コナン』(C)1997 ~2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「小さくなっても頭脳は同じ! 迷宮なしの名探偵!」というフレーズもお馴染みの「名探偵コナン」。既にみなさんもご存じのことと思いますが、コナン映画では毎作の冒頭でしているように、少しだけストーリーのおさらいをします。

高校生探偵・工藤新一は幼馴染みの毛利蘭と遊園地に行き、黒ずくめの男の何やら怪しげな取り引き現場を目撃。現場に集中していた新一は背後に黒い影が近づくのに気付かず殴り倒され、口封じのために毒薬を飲まされました。

その後、生命は取りとめ意識を取り戻したものの、何故か身体は小学1年生の姿に! この姿で生きていることが黒ずくめの男たちに知られたら再び生命を狙われてしまい、周囲の人々にも危険が及びます。工藤新一であることを伏せて、別人として生活しながらもとの姿に戻る方法を探すことにした新一は、蘭に名前を聞かれてとっさに「江戸川コナン」と名乗りました。

蘭の父親で私立探偵の毛利小五郎の事務所に転がり込み、小五郎の許に届く事件の情報を頼りに、コナンは黒ずくめの男たちを調査し、近づいていきます。

これが「名探偵コナン」のだいたいのストーリーです。アニメ放送開始から映画は毎年、制作されていて、映画の中でもストーリーは大きく進行していきます。

ここでは一気に最新作『ゼロの執行人』までの映画23作のタイトルをずらっと並べてみます。各作品の内容についてはそれぞれに項目を立てて、劇場公開された順番にご紹介していきます。まずはタイトル一覧をごらんください!

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

第1作『時計じかけの摩天楼』(1997年4月19日公開)
第2作『14番目の標的(ターゲット)』(1998年4月18日公開)
第3作『世紀末の魔術師』(1999年4月17日公開)
第4作『瞳の中の暗殺者』(2000年4月22日公開)
第5作『天国へのカウントダウン』(2001年4月21日公開)
第6作『ベイカー街(ストリート)の亡霊』(2002年4月20日公開)
第7作『迷宮の十字路(クロスロード)』(2003年4月19日公開)
第8作『銀翼の奇術師(マジシャン)』(2004年4月17日公開)
第9作『水平線上の陰謀(ストラテジー)』(2005年4月9日公開)
第10作『探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』(2006年4月15日公開)
第11作『紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)』(2007年4月21日公開)
第12作『戦慄の楽譜(フルスコア)』(2008年4月19日公開)
第13作『漆黒の追跡者(チェイサー)』(2009年4月18日公開)
第14作『天空の難破船(ロスト・シップ)』(2010年4月17日公開)
第15作『沈黙の15分(クォーター)』(2011年4月16日公開)
第16作『11人目のストライカー』(2012年4月14日公開)
第17作『絶海の探偵(プライベート・アイ)』(2013年4月20日公開)
第18作『異次元の狙撃手(スナイパー)』(2014年4月19日公開)
第19作『業火の向日葵』(2015年4月18日公開)
第20作『純黒の悪夢(ナイトメア)』(2016年4月16日公開)
第21作『から紅の恋歌(ラブレター)』(2017年4月15日公開)
第22作『ゼロの執行人』(2018年4月13日公開)
※番外篇『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』(2013年12月7日公開)

漢字の単語にカタカナで外来語の読みがなをつける、コナン映画独特のタイトルは第2作『14番目の標的』からはじまりましたが、すべての作品がそのようなタイトルになっている訳ではありません。ときどき「そのまま」読むタイトルもあり、「どうやってそう読むの?!」と思うような読みがながついているタイトルもあり、注意が必要です。

映画『名探偵コナン』第1作「時計じかけの摩天楼」

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』 (C)1997 青山剛昌/小学館・読売テレビ・ユニバーサル ミュージック・小学館プロダクション・TMS

1997年4月19日公開、監督・こだま兼嗣、脚本・古内一成。記念すべき第1作です。この作品から毎年ゴールデンウィークにはコナン映画が公開される慣例となりました。また、ゴールデンウィーク終盤の5月4日が工藤新一の誕生日であることが、この作品で明らかになりました。

毛利蘭が新一の誕生日を祝うために映画に誘い、夜10時に待ち合わせるというエピソードがあります。これが誕生日前日の5月3日の夜のこと。この映画館がテナントとして入っている米花シティービルが連続爆破事件に巻き込まれ、爆破された建物に2人は閉じ込められてしまいます。

照明も消えてしまって暗い中、瓦礫越しに2人が話すシーンはコナン映画屈指の名場面。新一が爆弾を解体するシーンもあり、「赤いコードを切るか青いコードを切るか」という定番の問題に彼等も取り組んでいます。

設計図にない赤と青のコード。どちらを切るのか、最終的に新一は蘭に判断を任せます。蘭は青いコードを切るように新一に言いました。その理由を、ぜひ作品に触れて確かめてください。

映画『名探偵コナン』第2作「14番目の標的」

© 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

1998年4月18日公開、監督・こだま兼嗣、脚本・ 古内一成。名前に数字が入った人物が次々と狙われるという連続事件の物語です。毛利小五郎も標的の1人。事件に絡んで、もと警察官の小五郎がなぜ警察を辞めたのか、そして、別居中の妻・妃英理との別居の理由が語られます。

三枚目キャラクターですが、意外と名言が多い小五郎。本作でも、建物から落下しそうになりながら助けを拒む犯人を「死なせやしねえ! てめえに自分の犯した罪の重さをわからせてやる!」と一喝。罪の償いを放棄することを許しません。

このシーンの直前には犯人を一本背負いで取り押さえるというダイナミックな技を決め、柔道の達人振りを見せています。「小五郎ってほんとうはかっこいい!」と再認識させてくれる作品。

映画『名探偵コナン』第3作「世紀末の魔術師」

『名探偵コナン 業火の向日葵』 (C)2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

1999年4月17日公開、監督・こだま兼嗣、脚本・古内一成。怪盗キッドがはじめて出演したコナン映画です。「まじっく快斗」からはほかに中森警部、茶木警視が、「名探偵コナン」からは灰原哀、服部平次、遠山和葉、高木刑事らが初登場というキャラクター盛りだくさんな一作。

また、実在の都市が舞台となったはじめての作品でもあります。大阪市内がストーリー序盤の舞台。大阪の玄関・新大阪駅や大阪城、通天閣など「大阪と言えばココ!」というスポットがそのままに背景に描かれていて、知っている人には「ここ、行ったことある!」、「あの店知ってる!」という施設を見つける楽しみも。本作以降の映画でも仔細に描かれた実在の都市が観光気分を味わわせてくれます。

物語は、鈴木財閥が新たに発見したロマノフ王朝の遺産「インペリアル・イースター・エッグ」を狙うという怪盗キッドからの予告状が届いたことからはじまります。これを盗まれないよう守るため、現在展示されている大阪へとコナン一行は向かいます。

「インペリアル・イースター・エッグ」を巡る謎解きや「インペリアル・イースター・エッグ」自体に施された細工などでワクワクできる本格ミステリであるとともに、キザな怪盗の月夜に映える姿や変装トリックも楽しめる、ちょっと贅沢な作品。

映画『名探偵コナン』第4作「瞳の中の暗殺者」

『名探偵コナン から紅の恋歌』(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2000年4月22日公開、監督・こだま兼嗣、脚本・古内一成。コナンと蘭が遊園地の中を縦横無尽に駆け抜けるという、工藤新一が江戸川コナンになったきっかけとなる事件を想起させるシーンがあります。

あるパーティ会場で蘭と佐藤刑事は行き合わせました。直後に停電があり、闇に乗じて何者かが佐藤を銃撃。その現場を目撃した蘭はショックのあまり記憶喪失に。

記憶を失いながらも、テレビでトロピカルランドを見て蘭は何かを思い出しそうな様子。記憶が戻ればとコナンたちは蘭と一緒にトロピカルランドに行きます。そこで迫る銃撃犯の影。蘭を守るため、コナンは蘭の手を取り、トロピカルランドの中を駆け巡ります。

トロピカルランドは本作のために志摩スペイン村パルケエスパーニャをモデルに園全体が設計され、アトラクションやパレードも華やかな遊園地として描かれています。このアトラクションが昨今のアニメーションにはめずらしいほどよく動きます。これらの動きも本作の見どころです。

また、記憶を失ってすっかりおとなしくなってしまい、怯えるばかりだった蘭があるきっかけで記憶を取り戻すと、その瞬間からパワフルなスーパーヒロインに大変身! 迫り来る犯人をあっという間にKOしてしまいます。その変化とカタルシスをぜひ味わってください。

映画『名探偵コナン』第5作「天国へのカウントダウン」

『名探偵コナン から紅の恋歌』(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2001年4月21日公開、監督・こだま兼嗣、脚本・古内一成。「コナン映画名物」とさえ言われる爆破シーンの爽快とさえ言える派手さが見どころのひとつです。冒頭から大きな爆破シーンで度肝を抜かれること間違いなし!

本作の舞台は第1作『時計じかけの摩天楼』と同じ西多摩市。阿笠博士と少年探偵団一行は西多摩市に新しくできたツインタワービルを見に行きます。名の通り、2棟が並んで一対となる高層ビルです。ビルのオープンに絡んで連続殺人事件が発生。オープンパーティの開催が危ぶまれましたが、何とか開催されることに。コナンや少年探偵団も出席します。

しかし、ビルには黒の組織がいくつもの爆弾を仕掛けており、次々と爆発していきます。殺人事件が解決しても、エレベーターは止まり階段も行き止まりになってしまったビルに取り残されてしまい、どうにか脱出する方法を考え出さなければなりません。ツインタワービルの背が高い方の棟にいるコナン、灰原、少年探偵団の面々は崩壊したビルの中で模索します。そこで目についたのが先ほどのパーティの景品として用意されたスポーツカーです。

© 2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

5人の小学1年生は仕掛けられた爆弾を集め、車の後部トランクに積み込み、発車。時限爆弾が爆発する瞬間に時速108kmを出していれば慣性と爆風によって、やや低い隣の棟の屋上に飛び移れると、一見めちゃくちゃに思える方法を、コナンと灰原が複雑な物理計算によって弾き出し、彼らは実行します。

このときに作中に出てくる計算式は、実際の物理学に則った正しいものなので、コナンたちの脱出も「理論上は」可能なのです。さて、この顛末はどうだったかは、みなさんの目で確かめてみてください。

映画『名探偵コナン』第6作「ベイカー街の亡霊」

『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』(c)2002 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・小学館プロダクション・東宝・TMS

2001年4月21日公開、監督・こだま兼嗣、脚本はこれまでの古内一成に代わり、「破線のマリス」で第43回江戸川乱歩賞を受賞した作家・野沢尚。前作とは打って変わって派手なシーンはなく、じっくりと腰を据えて楽しむミステリに仕上がっています。

本作ではコナン一行がシャーロック・ホームズの故郷ロンドンを舞台に謎を解き明かします。と言っても仮想空間でのお話。工藤新一の父で作家の優作がシナリオを提供した仮想体感ゲーム「コクーン」の完成披露パーティにコナンたちは招待されます。その最中、「コクーン」の開発責任者が殺害されました。

ダイイング・メッセージから「コクーン」のゲーム内容に事件の鍵があると踏んだコナンは蘭や灰原、少年探偵団の面々と警視総監の孫・諸星少年と一緒に「コクーン」に乗り込み、ホームズがいた時代のロンドンをモデルとした「オールドタイム・ロンドン」のステージを選びます。しかし、ゲームスタートとともに人工頭脳「ノアズ・アーク」によって「コクーン」が占拠され、コナンをはじめゲームに参加した50人が「ノアズ・アーク」に捕らわれてしまいました。

「オールドタイム・ロンドン」は殺人鬼ジャック・ザ・リッパーを追うステージ。しかし、怪我をしたり警察官に捕まったりするとゲームオーバー。プレイヤー全員がゲームオーバーになると全員の脳を破壊すると「ノアズ・アーク」は宣言しています。コナンたちは「オールドタイム・ロンドン」から生還できるでしょうか。そして、ゲームの外、現実世界で起きた殺人事件は解決されるのでしょうか。

『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』(c)2002 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・小学館プロダクション・東宝・TMS

ベイカーストリート・イレギュラーズよろしく仮想の19世紀末のロンドンを駆けるコナンたちと、現実世界で殺人事件の捜査に加わる優作。2つの世界が並行して展開するストーリーは見応え充分の、ちょっと大人向けの『名探偵コナン』です。

映画『名探偵コナン』第7作「迷宮の十字路」

『名探偵コナン から紅の恋歌』(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2003年4月19日公開、監督・こだま兼嗣、脚本・古内一成。こだま監督最後のコナン映画です。また、はじめて生身の工藤新一が劇中に登場した作品でもあります。これを受けてのラストシーンでの蘭の台詞がせつなく胸を締めつけます。

舞台は京都。京都タワーや清水寺、南禅寺などの実在の観光名所が丁寧に描かれていて、臨場感がある画面が構成されています。コナンよりも服部平次がメインの本作。平次の大活躍と和葉とのロマンスを堪能できます。

秘仏を盗まれたのち、その在処を示すという謎の絵が届いたという寺からの依頼で、小五郎は蘭とコナンを伴って京都に赴きます。一方、能面を被った者に窃盗団のメンバーが続けて殺害されるという事件が東京・大阪・京都のそれぞれの場所で起きていました。

謎解きの鍵を求めてコナンが京都を巡っていたところ、殺人事件を追っていた平次と遭遇。コナンの謎もどうやらそちらにつながりそうだと、一緒に捜査をはじめます。

謎を追ううち、事件の犯人によって和葉が誘拐されてしまいます。平次が救出に向かいますが、前日にも謎の男と戦って傷を負っていたため、倒れてしまいます。2人の窮地に現れたのは、何と工藤新一……!

京都のうつくしい風景と、平次と和葉、新一と蘭、それぞれのせつない恋心、事件の謎が交錯するサスペンスフルなストーリーです。

映画『名探偵コナン』第8作「銀翼の奇術師」

© 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2004年4月17日公開、監督・山本泰一郎、脚本・古内一成。山本泰一郎が初監督するのは、第3作『世紀末の魔術師』以来の怪盗キッド出演作です。

女優・牧樹里の許に、彼女が所有する宝石「スター・サファイア」を狙う怪盗キッドから予告状が届きました。小五郎は予告状の暗号を、牧の舞台上演中にキッドが来ると解読。コナンはそれが疑わしく、独自に捜査を開始。キッド専任刑事・中森警部もやってきて迎え撃とうとする中、工藤新一が現れ捜査協力すると言います。

もちろん、新一は怪盗キッドが変装した姿。コナンは「新一ではない」と主張しますが、誰も取り合いません。結局のところ「スター・サファイア」は持ち去られずにすみましたが、キッドも取り逃がしてしまいます。

後日、「スター・サファイア」を守った礼として牧が函館の別荘に招待してくれるとのことでコナンらは飛行機で旅立ちますが、機内で牧が何らかの手段で殺害されてしまいます。さらには機長と副機長も牧の死因に関連した理由で意識不明に陥ってしまいました。その頃、函館上空は嵐が来て不安定な状況で、あと15分で着陸予定。どうする、コナン……!

この上なく危険な状況ですが、この後さらに函館空港の滑走路が炎上して着陸できない状態になります。窮地を脱するため、着陸地点を崎守埠頭に変更し、何と蘭と園子が操縦桿を握って着陸に挑みます。親友同士が互いを信じて苦境に立ち向かいます。2人の活躍にご期待を!

また、このとき機内から見える崎守埠頭周辺の風景は、地元民も驚くほどの再現振り。ストーリーの展開とともに風景もしっかりごらんください。

映画『名探偵コナン』第9作「水平線上の陰謀」

© 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2005年4月9日公開、監督・山本泰一郎、脚本・古内一成。前作と同じ顔ぶれです。本作は最早や「主人公・毛利小五郎」。普段は自らミスリードに引っかかって正しい推理を導くコナンを引き立てる役になる小五郎ですが、本作ではコナンがミスリードに引っかかり、小五郎が犯人を追い詰めるという新鮮な展開の作品です。

鈴木財閥令嬢・園子の取り計らいでコナンと蘭、小五郎、少年探偵団の面々は豪華客船「アフロディーテ号」の処女航海に乗船します。船内でかくれんぼをして遊ぶことになった一行はしばらくは楽しんでいましたが、その最中に園子が何者かによって監禁されてしまいます。コナンの推理で園子は助かりましたが、他方で八代造船の貴江社長が殺害されてしまいます。

会長で貴江社長の夫・延太郎も行方不明となり、派遣されてきた目暮警部らが捜査に当たります。どうやら延太郎は地下マリーナから海に落とされたのだとコナンが推理して間もなく、海上保安庁が海上で延太郎の遺体を発見。事件の真相を掴んだコナンは船内パーティの場で犯人は乗客の日下ひろなりだと推理を披露しますが、このとき小五郎は日下ではなく、アフロディーテ号を設計した秋吉美波子が犯人であると発言します。

犯人と目された日下は機関室に爆弾を仕掛けており、それを爆発させて混乱に乗じて逃亡を図ります。日下は敢えなく少年探偵団の活躍で逮捕されましたが、爆発は次々と起こり続けます。船腹に穴が空き、沈没は免れないとのことで乗員乗客は避難しますが、蘭が船内に取り残されてしまいます。さらに、独自に捜査を展開していた小五郎は自ら船内に残り、真犯人と対峙していました……。

© 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

第2作『14番目の標的』で活躍の上、名言を残した小五郎ですが、本作でも追い詰めた真犯人に「沈んでいく船の上でそんな推理、無意味だわ」などと言われ、こんな風に答えています。

「やめられるかよ、真相を解き明かすのが探偵の性なんでね」。なんてかっこいい台詞でしょう。毛利小五郎38歳のダンディズムが堪能できる一作です。

映画『名探偵コナン』第10作「探偵たちの鎮魂歌」

© 2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2006年4月15日公開、監督・山本泰一郎、脚本・柏原寛司。記念すべき第10作。コナン映画10周年です。脚本の柏原はテレビシリーズ第1話を担当した脚本家です。

10周年記念作品ということで、オールスター作品として仕立てられています。メインとして登場する者、背景のように台詞なしで登場する者とさまざまですが、ざっと30人は登場しています。その中で、メインキャラクタである光彦は本作のみ、大谷育江が体調不良で一時休業していたため、折笠愛が演じました。

本作の舞台は横浜市。馬車道がキーとなる謎解きも登場します。とある依頼を受けた小五郎と蘭・コナン・少年探偵団の一行は横浜に新しくできた遊園地「ミラクルランド」を訪れました。敷地内のホテルで依頼人とモニター越しに対面し、ミラクルランドのフリーパスを与えられます。腕時計のように手首に巻くかたちのそれを全員が腕につけました。

蘭と少年探偵団はすぐにミラクルランドに遊びに行きますが、小五郎とコナンは依頼人から脅迫めいた依頼を受けます。「私が出すヒントをもとに、12時間以内にある事件を解決してもらいたい。もしできなかったら、全員のフリーパスを爆破する」。フリーパスにはプラスチック爆弾が仕掛けられていたのです。

フリーパス無理にはずそうとしたり、ミラクルランドから出たりしても爆発する仕掛けになっています。小五郎とコナンは時間に追われながら操作をはじめます。その過程で同じ依頼を受け和葉をミラクルランドに残した平次とも合流し、事件解決に奔走するコナン。はたして爆発は免れるのでしょうか。また、コナンたちに直接対面しない依頼人の素性とは……。

本作には妃英理の飼い猫「ゴロ」も登場します。まさにオールスターです。ゴロの声は原作者・青山剛昌の飼い猫「カイト」の声が使用されています。これも本作の見どころと言えるでしょう。

映画『名探偵コナン』第11作「紺碧の棺」

© 2007 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・小学館プロダクション・東宝・TMS

2007年4月21日公開、監督・山本泰一郎、脚本は前作に続いて柏原寛司です。「棺」一文字で「ジョリー・ロジャー」と読ませるちょっと強引なタイトルです。「ジョリー・ロジャー」とは、もともとは海賊旗のことです。

神海島へバカンスに訪れたコナンたち一行は、財宝探しに集まったトレジャーハンターたちと出会います。神海島には海底の古代遺跡「海底宮殿」や、300年前に活躍した2人の女海賊アン・ボニーとメアリ・リードが遺したという財宝の伝説がありました。

コナンたちが出会ったトレジャーハンターたちにはどこか不審な影がありましたが、あるとき海底宮殿を探していた1人が鮫に襲われて死亡します。しかしコナンはこれを殺人と判断しました。さらには、東京からやってきた目暮警部から、トレジャーハンターたちには都内で起きた強盗事件の犯人とつながりがあると聞かされます。

海に眠る秘宝、トレジャーハンターたちの正体や狙われる理由、2人の女海賊の伝説など、いくつもの要素が絡み合って謎が謎を呼びます。太平洋に浮かぶ島を取り巻く謎をコナンは解けるでしょうか。

© 2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

紺碧の海にはためくジョリー・ロジャーが意味するのは、作中に登場する2人の女海賊の伝説のことでしょう。アン・ボニーとメアリ・リードはイギリス軍の攻撃を受けた際には互いに相手に背中を預けて戦ったというエピソードが作中に登場します。この2人の絆に照らし合わせて、蘭と園子の強い友情が描かれるのが本作です。

映画『名探偵コナン』第12作「戦慄の楽譜」

© 2008 名探偵コナン製作委員会

2008年4月19日公開、監督・山本泰一郎、脚本・古内一成。前作・前々作と大きく印象が変わる「古内節」が効いたストーリーが展開されます。

もとピアニストの堂本一揮が創設した堂本音楽アカデミーで爆破事件が起こりました。堂本の門下生2人が亡くなっています。事件の翌週、コナンたち一行は園子の紹介で堂本音楽ホール完成記念公演の練習を見学していました。練習だけでなく、初演も聴く予定になっています。

コナンらは公演に出演する天才ソプラノ歌手・秋庭怜子と対面します。コナンらが通う小学校の卒業生ということで怜子との交流がはじまりますが、あるときから怜子の周辺には不審なことがいくつも起きるようになります。飲みものに何らかの薬物が混入されていたり、ダンプカーで襲われたり、エアライフルで狙撃されたり……しかし身の危険はあるものの、致命的なまでの攻撃はないことに、コナンは引っかかりを覚えるのでした。

公演当日、開演前にコナンと怜子は何者かに襲われて気絶してしまいます。その間に公演ははじまり、しばらく後に会場の外で爆発がはじまります。爆発は次々と起こり周囲は炎上しますが、音楽ホールの中は完全防音のため、外の音が聞こえません。会場近くの湖に浮かぶボートの上で意識を取り戻し、その様子を目の辺りにしたコナンと怜子は一計を案じ、ある方法で警察に連絡を取ります。

© 2008 名探偵コナン製作委員会

警察からの通報で救助ヘリが来て、コナンと怜子はホールに行くことができます。事件の決め手を見つけ出し、コナンはいよいよ犯人と対峙することになるのですが……。

コナンと怜子が目覚めたボートにはオールがついておらず、移動が不可能でした。2人とも通信機器を持っておらず、連絡を取る手段がありません。そこで大変奇抜な方法で警察に連絡を取るのですが、この方法は「フィクションの中のもの」であって実際には不可能のように見えます。しかし、あるテレビ番組でこれを実際に行い、可能であることが実証されています。

その方法とはどんなものなのか、ぜひ『戦慄の楽譜』をごらんになって確かめてください。

映画『名探偵コナン』第13作「漆黒の追跡者」

© 2009 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2009年4月18日公開、監督・山本泰一郎、脚本・古内一成。黒の組織との対決をメインに描いた作品です。タイトルの「チェイサー」は漢字表記の通り「追跡者」であると同時に、酒を飲んだ後に続けて飲む口直しの水のことも意味しています。黒の組織の構成員のコードネームが酒の名前であることによるものです。

3県に跨がる広域連続殺人事件が発生。いずれの現場にもアルファベットが刻まれた麻雀牌が遺されており、同一犯による藩校と思われました。警視庁で合同捜査会議が行われ、小五郎も特別顧問として参加します。

会議終了後、小五郎に付き添って来ていたコナンは、山村警部から「七つの子」のメロディににたプッシュ音でメールを打つ刑事がいたと聞き、急いでその刑事を追いました。しかし刑事は、コナンの目の前で黒いポルシェ356Aに乗って走り去ってしまいます。黒いポルシェ356Aは、黒の組織のジンが乗るのと同じ車種です。

実は広域連続殺人事件の被害者の中には黒の組織の工作員がいて、犯人は被害者から黒の組織の重要なデータが入ったメモリカードを持ち去っていました。組織はこれを取り戻すため、捜査陣の中にコードネーム「アイリッシュ」を刑事として潜入させていたのです。アイリッシュは潜入中に警察内で聞き及んだ話から「江戸川コナン=工藤新一」を疑いはじめます。

「江戸川コナン=工藤新一」ということが黒の組織に知られてしまったら、コナン自身はもとより、周囲の者まで危険にさらしてしまいます。広域殺人事件犯と黒の組織を同時に追わなければならないコナンは、自身の秘密を守り、事件の犯人を捕らえることができるでしょうか。

© 2009 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

本作はタイトルに「漆黒」とある通り、黒の組織との真っ向対決の物語です。本作で初登場のアイリッシュの偉丈夫振りと、終盤で彼と対峙する蘭の戦い振りは本作の目玉と言えるでしょう。

なお、本作は神谷明が演じる毛利小五郎が登場する最後のコナン映画で、テレビシリーズも公開年のうちに降板しています。

映画『名探偵コナン』第14作「天空の難破船」

© 2010青山剛昌/「名探偵コナン」製作委員会

2010年4月17日公開、監督・山本泰一郎、脚本・古内一成。怪盗キッド出演第4作です。キッドが登場するということは、本作はタイトル通り空が舞台です。

鈴木財閥相談役・鈴木次郎吉がまたしても怪盗キッドに挑戦状を叩きつけます。鈴木財閥が建造した世界最大の飛行船「ベル・ツリーI世号」が東京から大阪に行くまでの間に、飛行船に積んだビッグジュエル「天空の貴婦人(レディー・スカイ)」を盗んでみせろと言うのです。キッドからは「大阪上空でいただく」との返事。

コナンや小五郎、蘭、少年探偵団に怪盗キッド専任の中森警部らを乗せたベル・ツリーI世号が離陸した矢先、先頃殺人バクテリアを強奪したテロ組織「赤いシャムネコ」から「船内に殺人バクテリアをまいた」と次郎吉に電話が入ります。直後、2人の感染者が現れ、赤いシャムネコによってベル・ツリーI世号はハイジャックされ、爆弾を仕掛けられてしまいます。

爆弾が爆発したら乗員・乗客のみならず、地上にもバクテリアが飛散してバイオハザードが発生する怖れがあります。どうする、コナン――!

『名探偵コナン 天空の難破船』アフレコ photo:Yoko Saito

非常に緊迫感に満ちたストーリーにハラハラしてしまう作品です。ベル・ツリーI世号の目的地・大阪ではもちろん平次が登場しますが、彼に大事なヒントを与える少年の役で大橋のぞみがゲスト出演しています。前作『漆黒の追跡者』以降の作品では、毎作このように有名人がゲスト声優として出演しています。

映画『名探偵コナン』第15作「沈黙の15分」

溝端淳平、忽那汐里、コナンくん登壇『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』プレミア試写会

2011年4月16日公開、監督・山本泰一郎、脚本・古内一成。第15作ということで、本作はコナン映画15周年記念作品、タイトルにも「15」と入っています。これは雪に埋もれた遭難者を発見するタイムリミット。15分以内に発見しなければ、遭難者の生存確率が急速に低下するのだそうです。雪山が舞台の本作に波乱を感じさせる数字です。

ストーリーのはじまりは爆破事件。朝倉都知事が開通式に出席する都営新地下鉄東都線のトンネルが爆破されました。コナンの機転で惨事は免れましたが、どうやら都知事を恨む者による犯行のようです。

事件の鍵となるのは都知事が国土交通大臣を務めていた頃に建設したダムだと睨んだコナンは、ダム建設のため湖に沈められ、移設された村・北ノ沢村に向かいます。そこでは崖からの転落事故により8年間意識を失っていたという少年・冬馬と出会います。

冬馬の転落事故と同じ日には、村内で死亡ひき逃げ事件が発生していました。この事件と冬馬の転落事故、地下鉄爆破事件との関係を解き明かす鍵を握るのは冬馬ですが、彼は身体は15歳に成長していますが精神は崖から落ちた当時の7歳のままで、その上、崖から落ちた日の記憶をなくしてしまっていました。

村では8年振りに集まったという幼馴染み5人組の1人が遺体となって発見され、事件は深い闇に入っていきます。事件の行方とラスト15分が見逃せないサスペンス作品です。

映画『名探偵コナン』第16作「11人目のストライカー」

© 2012 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2012年4月14日公開、監督・山本泰一郎、脚本・古内一成。小学館創業90周年記念作品であると同時に、Jリーグ20周年記念プロジェクトとのコラボレーション作品でもあります。

ある昼下がり、毛利探偵事務所に爆破予告の電話がかかってきます。小五郎はいたずら電話だと思っていましたが、事務所の前に停車していた車が爆発し、いたずらではないことが分かります。電話の主は「これから言う暗号を解いて爆弾を見つけないと、次は大勢の死傷者が出る」と2つの暗号を小五郎に言い渡します。

爆弾を見つけるため、蘭と小五郎は目暮警部らとともに米花町を奔走しますが、手掛かりすら掴めません。困り果てた蘭が新一に連絡をします。新一の携帯電話を持つコナンはその頃、少年探偵団の面々と一緒に東都スタジアムでJリーグの試合を観戦中でした。

蘭からの電話で爆破予告と暗号を知ったコナンは暗号解読に乗り出します。その結果、爆弾が仕掛けられているのは自分がいる東都スタジアムであることが分かります。満員のスタジアムで爆発が起きたら大惨事です。爆弾を見つけ出して起爆装置を解除することはできるでしょうか……。

「コナンが行くところ、殺人事件が起きる」とはよく言われますが、「名探偵コナン」に登場する事件は殺人事件だけではありません。本作のように、謎解き中心の事件も決して少なくないのです。本作ではコナンと一緒に暗号を解読してみてください。

『名探偵コナン 11人目のストライカー』/左から中村憲剛(川崎フロンターレ)、今野泰幸(FC東京)、コナン(名探偵)、遠藤保仁(ガンバ大阪)、楢?正剛(名古屋グランパス)

本作はJリーグ20周年記念プロジェクトとのコラボレーション作品ということで、ガンバ大阪の遠藤保仁、FC東京の今野泰幸、川崎フロンターレの中村憲剛、名古屋グランパスの楢崎正剛の各選手が本人役として出演しています。

Jリーグチェアマンは「この映画を通じて、サッカーの素晴らしさ、仲間との絆、そしてスポーツが持つ力を感じていただきたいと思います」とコメントを寄せていました。

映画『名探偵コナン』第17作「絶海の探偵」

『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』 -(C) 2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2013年4月20日公開、監督・静野孔文、脚本・櫻井武晴。監督には前作で副監督を務めた静野が就任。脚本の櫻井はテレビドラマ「相棒」を手掛ける脚本家で、アニメに携わるのは本作がはじめてです。

京都・舞鶴港沖では海上自衛隊のイージス艦体験航海が行われていました。コナンや蘭、小五郎、少年探偵団らも乗艦中です。対空対潜戦の訓練展示が終了する直前に未確認物体が艦体へ接近し、ものものしい雰囲気にはなりましたが、ことなきを得ます。

その後、艦内では自衛官・笹浦の左腕のみが発見された現場に蘭が遭遇し、小五郎による捜査協力を申し出ていました。事件を知ったコナンは平次に連絡して捜査協力を依頼。その通信が勤務中の自衛官に咎められそうになりながら、艦内に某国からのスパイ「X」が潜んでいることを知ります。

スパイ「X」は名も年令も国籍も何もかもが不明。変装の達人らしく、誰がスパイ「X」なのか分かりません。笹浦はイージス艦の機密を盗み出そうとしているらしいスパイ「X」に殺害されたのでしょうか。スパイの謎にコナンが挑みます。

柴咲コウ&江戸川コナン&女性自衛官たち/『名探偵コナン 絶海の探偵』@海上自衛隊横須賀地方総監部

体験航海中のイージス艦「ほたか」に乗艦していた謎めいた女性自衛官・藤井七海の役を柴咲コウが演じます。柴咲は「名探偵コナン」の大ファンだとか。

本作はイージス艦が舞台ということで、海上自衛隊が全面協力しています。エンドロールの実写パートにはイージス艦「あたご」と「きりしま」、SH-60K哨戒ヘリコプターなど海上自衛隊の装備が登場します。

映画『名探偵コナン』第18作「異次元の狙撃手」

『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』ティザービジュアル - (C) 2014 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2014年4月19日公開、監督・静野孔文、脚本・古内一成。脚本の古内は2016年に逝去したため、本作が最後の古内作品となります。

高さ635メートルを誇る「東都ベルツリータワー」のオープニングセレモニーに出席したコナンと蘭、少年探偵団たち。展望台からの景色に楽しむ彼らの目前で客の1人が何者かに狙撃されます。銃弾の軌道の先、遙か彼方のビルに黒い人影を見つけたコナンは、何故か現場に居合わせた女子高生探偵・世良真純とともに狙撃犯を追いますが、あと一歩のところで取り逃がしてしまいます。

後日、FBIと警視庁の合同捜査会議が開かれ、容疑者として浮上した男は米海軍特殊部隊ネイビーシールズのもと隊員であることが分かりました。米海軍に謀略が? さらには正体が明らかではない大学院生・沖矢昴の暗躍も……狙うのは誰か、狙うのは何故か。コナンの推理よ冴え渡れ!

原作漫画「名探偵コナン」連載20周年記念作品です。ティザービジュアルに姿が見える「あの人」はほんとうに作中に登場するのか!? ぜひ本編で確かめてください。

映画『名探偵コナン』第19作「業火の向日葵」

© 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2015年4月18日公開、監督・静野孔文、脚本は2年振り2度目の櫻井武晴。タイトルは難しい漢字が使われていますが、いつもの外来語の読みがなはなく、そのまま「ごうかのひまわり」と読みます。ゲストが主人公(?!)というめずらしい構成の作品です。

ニューヨークのオークション会場に、第二次世界大戦時に焼失したとされているゴッホの「ひまわり」の模写が落札されました。落札主は鈴木財閥相談役・鈴木次郎吉。次郎吉は、世界に散らばる7枚の「ひまわり」をすべて集め「日本に憧れたひまわり展」を開催すると宣言、「ひまわり」を守る7人の専門家「7人のサムライ」を紹介します。

次郎吉は「ひまわり」と7人のサムライを専用ジェット機「サンフラワージェット」に乗せて羽田空港へと向かいます。しかし羽田到着直前に貨物室が爆破され、同時にエンジンが損傷して火災が発生、機内はパニックに陥ります。その機に乗じて怪盗キッドが「ひまわり」を盗み出していました。しかしキッドはその後「ひまわり」をビルの屋上に置き去ってしまいました。

コナンは普段のキッドならしない「人命を奪いかねない手口」を訝り、宝石しか狙わないはずのキッドが何故「ひまわり」を狙うのかを考えます。この謎が解けるか、キッドを捕まえることができるか、「ひまわり」を守り通すことができるのか。意外な人物の愛の物語をご覧ください。

書き下ろされた本作メインビジュアルの模写(C)2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

本作は「アートミステリー」と銘打たれていることから、アートの巨匠と名高い「画伯」田辺誠一とのコラボレーションがありました。田辺が独特の画風で本作メインビジュアルの模写を描き下ろしています。「ほぼ忠実に再現できたのではと自負しています」と田辺自身がコメントしたアートの再現度をお楽しみください。

映画『名探偵コナン』第20作「純黒の悪夢」

© 2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2016年4月16日公開、監督・静野孔文、脚本・櫻井武晴。映画『名探偵コナン』20周年記念作品です。

ある夜、警察庁に何者かが侵入し、機密データを閲覧していました。英MI6や米FBIのデータを持ち出そうとしますが失敗。車で逃走しますが、安室透ら公安が追走します。高速道路で激しいデッドヒートを繰り広げ、一般の車まで巻き込みあわや大惨事というところ、スパイの車はFBIの赤井秀一に狙撃され、道路の外へ転落してしまいました。

翌日、コナンと少年探偵団一行はリニューアルオープンした東都水族館に遊びに来ていました。コナンたちはそこで、怪我をしたオッドアイの女性を見かけます。彼女は自分の名前も分からないという記憶喪失の状態。記憶が戻るよう手助けをすることをコナンたちは約束します。

その頃、黒の組織のベルモットが同じく東都水族館で人を探していました。ベルモットが探していたのは、コナンたちが出会ったオッドアイの女性でした。

謎の女性とベルモットはどのような関係なのでしょうか。黒の組織は今度は何を目論んでいるのでしょうか。タイトルの「純黒」が不吉を予感させます。

『名探偵コナン 純黒の悪夢』(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 

本編で複雑になってきた黒の組織・FBI・公安警察の関係が映画に持ち込まれたはじめての作品です。また、映画初登場の降谷零(安室透)が警察庁警備局警備企画課(ゼロ)に所属していることが原作よりも早く本作で明言されています。

本作公開直前には原作掲載誌「週刊少年サンデー」では『純黒の悪夢』というタイトルにちなみ、真っ黒な表紙デザインの号が発売されました。刷り色はほぼ黒のみ、背景も誌名も真っ黒の、まさに「純黒」です。

映画『名探偵コナン』第21作「から紅の恋歌」

『名探偵コナン から紅の恋歌』(c)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2017年4月15日公開、監督・静野孔文、脚本は「このミステリーがすごい!」や「本格ミステリ・ベスト10」にたびたび名を連ねる推理作家・大倉崇裕。京都を舞台に平次と和葉の恋の行方を描くという、第7作『迷宮の十字路』を想起させるストーリーです。

コナンと蘭、少年探偵団一行は、日本の百人一首界を牽引する「皐月会」会長・阿知波研介との対談を行う小五郎に付き添って日売テレビを訪れます。そこでコナンは平次や和葉と合流し、百人一首の高校生チャンピオンの大岡紅葉と対面します。紅葉は平次を見るなり「ウチの未来の旦那さん」と呼びました。

その頃、大阪府警に「日売テレビを爆破する」というメールが届き、大阪府警から日売テレビに避難要請が出ます。要請を受けた日売テレビによる避難勧告に戸惑いながらもコナンたちは屋外へ避難しますが、まだ平次らが残っているところに爆発が起きます。

この爆発がきっかけで、皐月会が主催する大会「高校生皐月杯」で大岡紅葉と対決することになる和葉。同じ頃、京都では「皐月杯」の優勝者が殺害される事件が発生。大阪と京都で発生した2つの事件、そして和葉の「高校生皐月杯」と恋の行方は……?

『名探偵コナン から紅の恋歌』(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

タイトルの「から紅」とは濃い紅色または深紅のことです。ちょうど紅葉のような色を表す言葉がタイトルに入った本作は、コナン映画初の「秋」が舞台の作品です。

本作の主題歌は『迷宮の十字路』同様、倉木麻衣。『迷宮の十字路』では作品に描かれた平次と和葉の恋心と相まってせつない曲調の主題歌「Time after time~花舞う街で~」が観る者の胸を打ちました。本作でも「渡月橋~君想ふ~」は作品世界を見事に表現し、盛り上げています。

「名探偵コナン」の主題歌を手掛けると、ジャケットアートとして原作者・青山剛昌に似顔絵を描いて貰えるという特典(?)があります。「渡月橋~君想ふ~」では倉木とコナンがコラボレーションしています。

映画『名探偵コナン』第22作「ゼロの執行人」

© 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2018年4月13日公開。監督はシリーズ最年少の立川譲。脚本は第19作『業火の向日葵』、第20作『純黒の悪夢』の櫻井武晴です。タイトルは外来語の読みがながなく、そのまま読むパターン。

東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」は、東京サミットが開催される日には2万2千人もの警察官が出動するという超巨大施設。そこで突然、大規模な爆破事件が発生。そこには警察庁警備局警備企画課、通称「ゼロ」に所属する安室透の姿がありました。サミット当日ではなく事前に発生した爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動。コナンは不審に思います。

爆破現場の証拠物に遺された指紋が、何故か警視庁在籍時の小五郎の指紋と一致して、小五郎は逮捕されてしまいます。もちろん、小五郎はエッジ・オブ・オーシャンの爆破などしていません。小五郎の身柄を巡って対立するコナンと安室。真実を追い求めるコナンと正義を守る安室がぶつかり合います。

『名探偵コナン ゼロの執行人』 (C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「安室の女」を自称する安室ファンを急増させた本作は、2018年9月18日までに興行収入が86.7億円を突破。過去最高額の前作『から紅の恋歌』の68.9億円を大幅に上まわり、コナン映画史上最もヒットした作品となりました。

番外編『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』

『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』 (C)2013 モンキー・パンチ 青山剛昌/「ルパン三世vs名探偵コナン」製作委員会

「番外編」としてタイトルを挙げました『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』は、別々の漫画作品のクロスオーバー作品第2作めです。通称「ルパコナ」。

第1作はTVスペシャル版として「金曜ロードショー」枠で放送されました。第1作は『ルパン三世』の世界観の中にコナンたちが、本作(第2作)は『名探偵コナン』の世界観の中にルパンたちが登場するストーリー立てになっています。

「ルパン三世」連載45周年・「名探偵コナン」連載20周年をそれぞれ記念して制作されたこの作品は、モンキー・パンチの絵柄と青山剛昌の絵柄が同じ画面に配されるに当たり、違和感がないように実に巧妙にキャラクターデザインがされています。キャラクターデザイン担当は『ルパン三世』班から平山智、『名探偵コナン』班から須藤昌朋。

『ルパン三世』の映画としては1996年の『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』以来17年ぶりの作品にして、『名探偵コナン』としては映画第17作『絶海の探偵』と第18作『異次元の狙撃手』の間に起こったできごととして描かれています。『名探偵コナン』という作品の時間軸の中に存在する物語なのです。

©2013 モンキー・パンチ 青山剛昌/「ルパン三世vs名探偵コナン」製作委員会

同じ時間軸の話だと分かりやすいのが、作中で小五郎が見せる金ピカの名刺。キンキラキンの、お世辞にも趣味がいいとは言いがたい名刺は、実は本作が初登場ではありません。本作と同年に公開されたコナン映画第17作『絶海の探偵』の序盤で派手にバラまいています。本作の公開が2013年12月7日、『絶海の探偵』は2013年4月20日です。

小五郎の金ピカ名刺は本作の後も『名探偵コナン』本編にたびたび登場することになります。テレビや劇場で見かけたら「ルパコナに出てきたやつだ」と思い出してください。

映画『名探偵コナン』まとめ

「名探偵コナン」原作者:青山剛昌氏

映画『名探偵コナン』全22作(2018年現在)を一気にご紹介しました。22本のコナン映画はそれぞれに違う色を持っていて、作品ごとのおもしろみがあります。まだまだポテンシャルを失わない『名探偵コナン』は、来年もきっと胸躍るストーリーを見せてくれるでしょう。

既にご覧になった作品、まだご覧でない作品があると思います。本記事を見て気になる作品があれば、それはごらんになるチャンスです。一度観たものも未見のものでも、ごらんになればきっと新しい想いが生まれますよ。

この記事のライター

関連する投稿


はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

「名探偵コナン」のだいたいのストーリーは知っているけど、いまから読むのは大変そう……と思っている人は案外多いのではないでしょうか。そんなみなさんのために、サイドストーリーは一切除外、原作単行本を基礎にメインストーリーだけを、「これから『名探偵コナン』に触れる人」向けにご紹介します!


金曜ロードショー8/24放送!スタジオジブリ『猫の恩返し』みどころ紹介!

金曜ロードショー8/24放送!スタジオジブリ『猫の恩返し』みどころ紹介!

ひょんなことから猫の国に行くことになった女子高生・ハルの冒険を描いた『猫の恩返し』は、『耳をすませば』の主人公・月島雫が書いた物語という設定で、同作にも登場した猫の男爵バロンとムーンも登場する、『耳をすませば』のスピンオフ的な作品。宮崎駿監督が企画、森田宏幸監督のスタジオジブリ制作の冒険ファンタジーです。


Huluで観られるアニメ漫画おすすめ20選!どれも面白い名作揃い!

Huluで観られるアニメ漫画おすすめ20選!どれも面白い名作揃い!

数あるビデオ・オンデマンド・サービスの中でも、アニメや漫画作品が豊富なHulu(フールー)。国民的名作から、最新の話題作まで、見はじめたら止まらない中毒必須の傑作が満載です!


『名探偵コナン ゼロの執行人』まとめ!過去作も一挙おさらい!

『名探偵コナン ゼロの執行人』まとめ!過去作も一挙おさらい!

毎回劇場版が上映されると、大きな話題となる名探偵コナンシリーズ。 前作は邦画アニメNo.1ヒットを記録するなど、その勢いは一目瞭然! 最新作では、原作でも人気のあるキャラにフォーカスを当てており、既に注目が集まっています。 今回は新作『ゼロの執行人』の見どころを始め、これまで上映された過去作を一挙まとめました。


コナンVSホームズ!『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』のみどころと筆者の推理

コナンVSホームズ!『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』のみどころと筆者の推理

2月9日に金曜ロードショーで『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』が放映されます!そこで『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』の粗筋から登場人物、ミステリー漫画やミステリーアニメ映画としての魅力を一挙紹介!「江戸川コナン」についてに筆者の推理も紹介します。


最新の投稿


ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

オーストラリア出身の実力派女優ミア・ワシコウスカ。可愛いベリーショートヘアがよく似合っていて印象的な彼女。私生活はとてもミステリアスだけど、映画の中での彼女は多彩で様々な顔を魅せてくれます。その中でもおすすめの映画を紹介していきたいと思います。


圧巻の演技力!北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!

圧巻の演技力!北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!

ヴィトンのミューズ、そしてハリウッドのイットガール、アリシア・ヴィキャンデル。その美貌だけでなく、アカデミー賞受賞の演技力も兼ね揃えた、近年大注目の女優のひとりである彼女の魅力をご紹介します!


面白い邦画おすすめ作品ベスト100‼なんの映画を観ようか迷ったら♪

面白い邦画おすすめ作品ベスト100‼なんの映画を観ようか迷ったら♪

邦画でズバリおすすめなのはこの映画‼映画選びに迷ったら、この記事を読むべし!面白い邦画を100作品集めました。あなたはこの中から何作品観たことがありますか?


ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

幼い頃から俳優業に憧れ、若くして脚本と俳優を掛けもつ偉業を成し遂げたベン・アフレック。アルコール依存症と戦いながらも、才能溢れる彼の人生!そんなベンアフレックの恋愛、苦悩等を追ってみました。おすすめ映画も含めて紹介していきます!


はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

「名探偵コナン」のだいたいのストーリーは知っているけど、いまから読むのは大変そう……と思っている人は案外多いのではないでしょうか。そんなみなさんのために、サイドストーリーは一切除外、原作単行本を基礎にメインストーリーだけを、「これから『名探偵コナン』に触れる人」向けにご紹介します!