押井守監督渾身作!『スカイクロラ』で若者たちに伝えたかったこと

押井守監督渾身作!『スカイクロラ』で若者たちに伝えたかったこと

2008年に映画化された『スカイクロラ』。攻殻機動隊シリーズで世界中に名が知られ、熱狂的なファンをもつ押井守監督が『イノセンス』以来4年ぶりに手がけた本作品は、押井監督に「本作が成功しなかったら辞める」とまで言わせたくらい気合の入った作品。『スカイクロラ』で押井監督が伝えようとしたこととはいったい?


『スカイクロラ』ってどんな映画?

製作期間約1年半、総作画枚数5万枚の『スカイクロラ』。前作の『イノセンス』とは一転、「生きる」ということの実感に迫った本作品で、押井監督は現代に生きる若者たちに生き方への疑問を投げかけます。

『スカイクロラ』あらすじをご紹介

戦争がショーとして行われる世界

©森博嗣/「スカイ・クロラ」製作委員会

舞台となるのは、限りなく日本のようでありながらも日本ではないどこかの世界。そこでは平和が保たれ、人々の生活を脅かすものは何もありませんでした。
しかしながら主人公となるのは、戦闘機のパイロットとして働く函南優一(カンナミ ユウイチ)という青年。そう、そこではショーとしての戦争が行われていたのでした。どこかで悲惨な出来事が起こっていなければ自分の平和を実感できない人々のために、企業は代理戦争を請け負い人々に戦争という娯楽を提供するのです。

キルドレという存在

戦闘機を操縦するパイロットとして働くのは「キルドレ」と呼ばれる子供たち。主人公の函南と彼の上司である草薙水素、そして他のパイロットもみんなキルドレです。彼らは大人に成長することはなく、永遠に子供のままでいます。そして自殺や戦死しない限り死ぬことはない存在です。

©森博嗣/「スカイ・クロラ」製作委員会

永遠を生きる彼らにとって、生きることの実感を得られるのは空の上での戦闘だけ。死と隣り合わせの時間でしか、自分が何者として生きているのかに確信を得ることができません。そんな彼らの前に、「普通の大人の男」としてパイロットをしているティーチャという存在が姿を現します。

「空の上でティーチャに会うと、絶対に生きては帰ってこれない。」
ティーチャはキルドレのパイロットにとって絶対に勝つことのできない相手として君臨します。そしてティーチャはどうやら過去にエースパイロットとして活躍していた草薙水素とも関係があったよう。

ティーチャの存在、草薙水素の過去、そしてキルドレの歩む運命が絡み合い、函南はそれまで考えることもなかった自分の存在について漠然と考え始めます。そしてキルドレについての一つの事実を知ることとなるのです。

『スカイクロラ』原作は森博嗣先生のシリーズ作品

小説「すべてがFになる」でも有名な森博嗣さん原作の「スカイクロラ」シリーズを映像化したのが本作品。シリーズは全6作品となっており、シリーズの中では函南の物語だけでなく草薙水素が主人公の物語や、クリタという同じくキルドレの人物の物語もあります。

小説は疾走感と透明感に満ち、戦闘シーンの静かな迫力を感じさせる内容となっていますが、これを映像化するのはなかなかむずかしいと考えられていました。また、押井監督はこれまで自作の主人公は30代〜40代の人物が多かったため、最初はオファーを断ろうとしていたと言います。しかし途中で気が変わり、心機一転若者に向けた作品を作ろうと決心したといいます。

『スカイクロラ』独自の世界観を表現する豪華な声優陣

函南優一役 加瀬亮

主人公・函南優一役を演じたのは海外作品にも多数出演している加瀬亮さん。実はこれが声優初挑戦だったようで、収録が17時間にも及ぶことがあったそう。

掴みどころがなく、あどけなさが少し残る函南をうまく演じています。世界と自分にまるで興味がないようなときと、気持ちに力が入る瞬間の微妙な差を見事に表現していました。

草薙水素役 菊地凛子

函南の上官である草薙水素を演じたのは、ハリウッド映画にも起用され国際的に活躍している菊地凛子さん。押井監督がオーディションで適役を見つけることができずにいたときに別の現場で出会った菊池さんを見てオファーしたそう。

草薙水素のどこか破綻した雰囲気と、アンバランスな雰囲気を絶妙に表現していました。キルドレの曖昧な存在を常に感じさせ、考えさせる重要な役どころを見事に演じきっていました。

土岐野尚史役 谷原章介

函南の先輩にあたる土岐野を演じたのは谷原章介さん。土岐野のひょうきんな性格と、傍観者としてのある種の無関心さのようなものを絶妙なバランス感覚で演じています。

関連する投稿


映画『3月のライオン』あらすじやキャスト、魅力を紹介!

映画『3月のライオン』あらすじやキャスト、魅力を紹介!

『3月のライオン』は、数々の人気作を生み出している羽海野チカさんによるコミック作品を原作とした実写映画です。前編は2017年3月18日に、後編は同年の4月22日に公開。今回は大友啓史監督と主演の神木隆之介がタッグを組んだ『3月のライオン』について紹介します!


戦争映画おすすめランキングTOP25!

戦争映画おすすめランキングTOP25!

皆さんは生涯で戦争映画ってどれくらい見ましたか?残虐なシーンだったり、悲しい物語があって涙した人も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな戦争映画をランキング形式で紹介していきたいと思います。そして戦争についても知っていきましょう。


ギレルモ・デル・トロ監督の映画5選!無邪気さ溢れる "映画愛" に迫る!

ギレルモ・デル・トロ監督の映画5選!無邪気さ溢れる "映画愛" に迫る!

メキシコ出身、独創的な世界感が大旋風を巻き起こした映画界のヒットメイカー、ギレルモ・デル・トロ監督の作品はいくつご覧になってますか?日本のマンガや特撮映画に影響を受けた彼の作品から繰り出される映像美は官能的で素晴らしいですよね。ここでは彼が監督に携わった作品を紹介しています。是非ご覧ください。


『人魚の眠る家』あらすじ・キャスト&東野圭吾情報 [ネタバレあり]

『人魚の眠る家』あらすじ・キャスト&東野圭吾情報 [ネタバレあり]

「娘を殺したのは、私でしょうか。」という衝撃のキャッチコピーで話題となった『人魚の眠る家』。人気作家・東野圭吾さんのベストセラー小説を原作にした作品です。今月公開の『マスカレード・ホテル』といい東野圭吾ミステリーはとにかく大人気ですね!今回はそんな東野ミステリーの一つである『人魚の眠る家』のあらすじやキャスト、東野圭吾情報などをお伝えしていきます。


『アウトレイジ ビヨンド』あらすじ・ネタバレ・キャスト紹介!

『アウトレイジ ビヨンド』あらすじ・ネタバレ・キャスト紹介!

『アウトレイジ ビヨンド』は北野武さんによる「アウトレイジ」シリーズの第2作目となった映画作品です。2012年に公開された本作のキャストには、北野監督をはじめとして西田敏行さんや小日向文世さんなど豪華俳優陣が集結。今回はそんな本作について、徹底解説していきたいと思います!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。