『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじ・キャストを紹介!余命わずかの母がやり残したこととは?

『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじ・キャストを紹介!余命わずかの母がやり残したこととは?

主演を宮沢りえが務めた映画『湯を沸かすほどの熱い愛』。日本アカデミー賞をはじめとする数々の映画賞を受賞し話題になりました。キャストとして宮沢りえの他に、杉咲花やオダギリジョー、松坂桃李などが出演しています。今回は映画『湯を沸かすほどの熱い愛』について紹介します。


『湯を沸かすほどの熱い愛』ってどんな映画?

『湯を沸かすほどの熱い愛』ティザーポスター (C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

『湯を沸かすほどの熱い愛』は、2016年に公開された宮沢りえ主演の映画作品です。他にもオダギリジョーや松坂桃李らがキャストとして名を連ねています。今回は『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじやキャストについて紹介していきたいと思います。

『湯を沸かすほどの熱い愛』の監督・脚本は、中野量太

『湯を沸かすほどの熱い愛』(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

『湯を沸かすほどの熱い愛』の監督・脚本を務めたのは、本作が初の商業映画作品となる中野量太監督。本作のテーマは“死にゆく母と、遺された家族が紡ぎだす愛”となっています。

中野量太監督は2013年の自主製作映画『チチを撮りに』で、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012にて日本人監督初となる監督賞を受賞。さらにベルリン国際映画祭など国内外の映画祭で話題になりました。

『湯を沸かすほどの熱い愛』の主題歌はきのこ帝国の『愛のゆくえ』

『湯を沸かすほどの熱い愛』主題歌を担当する「きのこ帝国」 (C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

中野量太監督が熱烈なオファーをしたことで『湯を沸かすほどの熱い愛』の主題歌を担当することになったのは、ロックバンド・きのこ帝国。本作のために書き下ろされたその曲のタイトルは『愛のゆくえ』です。劇中の最も重要なシーンで流れることもあり、何度もミーティングが行われ、さらに曲が流れる瞬間を秒単位でこだわったとのこと。

『湯を沸かすほどの熱い愛』の評判は?

『湯を沸かすほどの熱い愛』(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

主題歌にも強いこだわりが込められている『湯を沸かすほどの熱い愛』は、モントリオール世界映画祭や釜山国際映画祭など海外の映画祭にも出品されるほどの注目を集めました。他にも、東京国際映画祭では、Japan Now部門に正式出品されました。

『湯を沸かすほどの熱い愛』(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

『湯を沸かすほどの熱い愛』は国内の映画祭でも、報知新聞社が主催する報知映画賞や神奈川県横浜市で開催されるヨコハマ映画祭など数多の映画賞を受賞。

『湯を沸かすほどの熱い愛』各界の著名人から絶賛の声

ヤマザキマリ×『湯を沸かすほどの熱い愛』(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

『湯を沸かすほどの熱い愛』には、鑑賞した各界の著名人からコメントが多く寄せられています。漫画『テルマエ・ロマエ』の原作者であるヤマザキマリからはイラスト付きのコメントも。他にも、小説家の辻村深月や漫画家の安彦麻理絵などから絶賛のコメントが寄せられました。

『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじは?

『湯を沸かすほどの熱い愛』(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

銭湯「幸の湯」を営む幸野家は、父・幸野一浩(オダギリジョー)は1年前に蒸発したため休業中。幸野家の母・幸野双葉(宮沢りえ)はパートの仕事をこなしながら娘・幸野安澄(杉咲花)を育てていました。

『湯を沸かすほどの熱い愛』(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

そんなある日、職場で倒れる双葉。病院で診察を受けたところ、末期ガンとのこと。双葉は“余命わずか”との宣告を受けたのでした。

オダギリジョーのエプロン姿/『湯を沸かすほどの熱い愛』(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

幸の湯で泣き崩れている双葉。そんなとき安澄から「お腹すいた」電話を受け、残された仕事ややるべきことを思い、立ち上がります。そして、安澄には病気のことを告げず、死ぬまでにやっておくべきことを決め、遂行していくことを決意。

オダギリジョー/『湯を沸かすほどの熱い愛』(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

双葉はまず、蒸発した一浩の行方を突き止めようと探偵に依頼。あっさりと見つかった一浩とその浮気相手との子ども・片瀬鮎子を家へと招き入れ、共に銭湯を再開させるのでした。

『湯を沸かすほどの熱い愛』(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

さらに、いじめに悩む安澄を独り立ちさせ、鮎子も加わった4人でぶつかり合いながらも家族の絆で強く結ばれていく幸野家。双葉からの愛情を受けた3人は、究極の愛を込めて双葉を送ると心に決めるのでした。

関連する投稿


コスパ抜群のdTVで見れる映画・アニメそれぞれおすすめランキング

コスパ抜群のdTVで見れる映画・アニメそれぞれおすすめランキング

「いま見たい動画が、きっと見つかる。」というコンセプトのもと、およそ12万作品もの動画が見放題の配信サービスdTV!話題作が並び、コストパフォーマンスも高いので気になっている人も多いのでは?ここではdTVで視聴できる映画・アニメのおすすめ作品をランキング形式で紹介していきます!是非チェックしてみて下さいね!


後味悪い!バッドエンディングの映画50選!トラウマになること間違いなし【2020年最新版】

後味悪い!バッドエンディングの映画50選!トラウマになること間違いなし【2020年最新版】

ハリウッドの派手で爽快なヒーロー映画の多くはハッピーエンドですが、そんな映画ばかりではなく後味の悪いバッドエンドの映画もあります。今回はそんなバッドエンドの映画を紹介します。


40代美人女優ランキングTOP30!一番美しいのは誰?【2020年最新版】

40代美人女優ランキングTOP30!一番美しいのは誰?【2020年最新版】

今回は40代を中心にして、日本の30人の女優をランキング形式でまとめました!テレビや映画で活躍する女優さんを中心にピックアップしたので、あなたの好きな女優がランクインしているか、ぜひチェックしてみてください!また、女優と合わせて、代表作やぜひ見てほしい作品も合わせて紹介しているので、気になる方は要チェックです!


個性派俳優菅田将暉の『糸』ほか出演作まとめ!

個性派俳優菅田将暉の『糸』ほか出演作まとめ!

出演作によって印象がまったくちがう個性派俳優・菅田将暉。「仮面ライダーW」シリーズで注目を集めてから、ドラマ、映画で大活躍中です。今回はそんな菅田将暉のプロフィールや彼女はいるのか、『糸』ほか、おすすめの出演映画などをご紹介していきます。


Amazonプライムビデオで観れるおすすめの映画50選!【邦画・洋画】

Amazonプライムビデオで観れるおすすめの映画50選!【邦画・洋画】

アマゾンプライムビデオで観れるおすすめの映画を50作品紹介します!全部見放題な上、新しい映画がどんどん配信されるので目が離せません。そのなかでも面白いのはこちらの作品!アマゾンプライムの魅力や使い方についても徹底解説。


最新の投稿


新型コロナウイルスの影響で公開延期となった映画作品まとめ【随時更新】

新型コロナウイルスの影響で公開延期となった映画作品まとめ【随時更新】

世界で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響で、次々と公開予定の映画が延期することになりました。楽しみにしている映画は延期公開?予定通り公開?情報随時更新しますので、気になる方はこちらの記事を注目してください。


【2020年最新版】アジア美人女優ランキングTOP30!【中国・韓国・台湾】

【2020年最新版】アジア美人女優ランキングTOP30!【中国・韓国・台湾】

中国の美人女優、韓国の美人女優、台湾の美人女優…アジアンビューティーという言葉があるようにアジアには美しい女性がたくさんいます。今回はそんなアジアの美人女優の中から30人をランキング形式でご紹介していきます。彼女たちが主演を飾った作品にも注目してください。


これぞ男のロマン!遂にAIの時代到来!ロボット映画おすすめ15選

これぞ男のロマン!遂にAIの時代到来!ロボット映画おすすめ15選

男なら誰しも一度はロボットに対して憧れを抱くもの。そんなロマンの塊ともいうべきロボットが活躍する映画を15本紹介します。


『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』新作徹底解説・考察!0706作戦とは?

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』新作徹底解説・考察!0706作戦とは?

「エヴァンゲリオン」の関連作品をご存知でしょうか?1995年にテレビで初めて登場して以来、絶大な人気で映画を含む様々なメディアで展開されている作品です。そんな「エヴァンゲリオン」の最新映画が2020年に公開されることが決まり、話題を呼んでいます。そこで今回は、最新作の情報をお届け。解説・考察などを紹介します。


ゼンデイヤ出演映画・ドラマおすすめ9選!彼氏はトム・ホランド?

ゼンデイヤ出演映画・ドラマおすすめ9選!彼氏はトム・ホランド?

『スパイダーマン:ホームカミング』にミシェル役として出演して、日本でも広く人気が出たゼンデイヤ。まだ23歳ながら女優から歌手まで幅広くこなし、人気の若手俳優の中でもずば抜けた存在といえます。今回はそんなゼンデイヤの出演作9作品をご紹介!気になるトム・ホランドとの関係は?恋人の情報も合わせてお伝えいたします。