ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!


ある日、いつものように銀行強盗を冒して逃走する途中で想定外に同じタウンの女性クレア(レベッカ・ホール)を人質に取る羽目になったことから、解放した後で探りを入れる為接近しなければならなくなり、予定外にも大恋愛に発展してしまう...。

© 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

仲間を裏切って足を洗い、彼女と逃避行することで愛を貫くのか、戦うのか...。
追いつめられる主人公を描いています。
ベン・アフレックは監督業と役者業を見事に両立させていて、共演者からも尊敬されていたようです。
ベンの映画監督としての手腕にも高い評価が寄せられた記念すべき作品。

ベン・アフレック、映画『アルゴ』で3度目の監督&主演を務める

『アルゴ』 -(C) 2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

2012年公開の映画『アルゴ』は、ベン・アフレック自身が監督・主演を務めた映画としては3本目の作品です。
1979年~1980年に起こった、アメリカ大使館人質事件を題材にした実録ポリティカル・サスペンス。

© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

民衆がアメリカ大使館を占拠して、52人の職員を人質にとる事件が発生。
でも、大使館が占拠される直前に6人のアメリカ人大使館員が大使館から脱出し、近くにあるカナダ大使公邸に匿われていた。

© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

イラン側から見つかる前に6人を救出する為に、CIAの人質奪還の専門家トニー・メンデス(ベン・アフレック)は架空のSF映画企画をでっち上げて奇想天外な救出作戦を企てるが...。
というストーリー。

第85回アカデミー賞で作品賞を受賞したベン・アフレック -(C) Getty Images

この作品で確かな実力を認められる事となったベン・アフレックは、アカデミー賞で作品賞を受賞した他、第70回ゴールデン・グローブ賞でも最優秀作品賞・ドラマ部門、監督賞、助演男優賞、脚本賞、音楽賞の5部門にノミネートされるという快挙を成し遂げました!

Photographed by Eric Charbonneau 『アルゴ』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

第37回トロント国際映画祭でのワールドプレミアでは、ベン・アフレックとアラン・アーキン、ジョン・グッドマン、ブライアン・クラストンらキャスト陣と登場して会場を盛り上げました。

ベン・アフレック、映画『トゥ・ザ・ワンダー』に出演

『トゥ・ザ・ワンダー』ジャケット写真 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC

2012年公開の映画『トゥ・ザ・ワンダー』は、巨匠テレンス・マリック監督がフランスの観光名所モンサンミシェルを舞台に一組の男女の恋を描いた恋愛ドラマ映画。

『トゥ・ザ・ワンダー』 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC

作家志望のアメリカ人ニール(ベン・アフレック)は、フランスに渡って、モン・サン・ミシェルの海岸でマリーナ(オルガ・キュリレンコ)に出会います。
2年後には作家を諦めたニールは、マリーナとマリーナの娘と3人でアメリカに帰ります。
でも、不幸にもアメリカに馴染めないマリーナとの関係に擦れ違いが生じてきます。

『トゥ・ザ・ワンダー』 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC

悩んだマリーナは神父クインターナににゃみを打ち明けます。
しかしビザの期限も切れてしまうからと、マリーナはフランスに帰ってしまう。

© 2012 REDBUD PICTURES, LLC

マリーナの帰国後、孤独なニールは幼馴染のジェーン(レイチェル・マクアダムス)との関係を深めていくが...。という物語。
美しい景色と映像美と共に、本当の愛とは何なのかを問いかけてくる映画です。

『トゥ・ザ・ワンダー』 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC

自身監督の映画でオスカーを撮り、実力を認められたベンが敬愛する巨匠テレンス・マリックとのコラボレーションで静かに、繊細な演技を魅せてくれます。

ベン・アフレック、映画『ランナーランナー』に出演

『ランナーランナー』/(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

2013年公開の『ランナーランナー』は、実在のギャンブラー、ナット・アレムをモデルにしたクライム・サスペンス映画。
レオナルド・ディカプリオなどが製作を務め、ベン・アフレックとジャスティン・ティンバーレイクという旬な2人が出演する事で話題になりました。

『ランナーランナー』/(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

プリンストン大学の天才学生リッチー(ジャスティン・ティンバーレイク)は、オンライン・ポーカーで大負けして学費を失ってしまいます。
ただ、サイトの不正を見抜いて、カジノ王として知られるサイト・オーナーのブロック(ベン・アフレック)の元に乗り込みます。

この記事のライター

関連する投稿


マイケル・ケイン出演のおすすめ映画10選!待望の新作情報も!

マイケル・ケイン出演のおすすめ映画10選!待望の新作情報も!

『ダークナイト』シリーズや『キングスマン』など、近年の人気映画には欠かせない存在となっている実力派ベテラン俳優マイケル・ケイン。50年代にデビューしてから『アルフィー』、『ハンナとその姉妹』など数々の名作で、本当に素晴らしい演技を見せ続けてくれていますよね?ここでは過去の作品を振り返りつつ、彼の魅力に迫っていきたいと思います!


【洋画】サスペンス映画おすすめランキングTOP25!スリリングな洋画特集!

【洋画】サスペンス映画おすすめランキングTOP25!スリリングな洋画特集!

サスペンス映画は好きですか?間に合うのか?助かるのか?真実は?と心を煽られて主人公と共にヒリヒリさせられる感覚はタマらなく癖になってしまいますよね?ここではアメリカ・イギリス・フランスなどの様々な国から作品をチョイスして25作紹介させて頂いてます。是非ご覧くださり、チョイスの参考にしてみてください。


DCヒーロー『バットマン』の実写映画化作品と魅力を総まとめ!

DCヒーロー『バットマン』の実写映画化作品と魅力を総まとめ!

DCコミックスの人気ヒーローの1人であるバットマン。その人気の高さから、これまでに何度も実写映画が制作されてきました。続編なのかリブートなのかはもちろん、作品ごとの魅力についてまとめました!


Netflixネットフリックス海外ドラマランキングTOP.100!【2019年最新版】

Netflixネットフリックス海外ドラマランキングTOP.100!【2019年最新版】

ネットフリックスには海外ドラマがたくさん!おすすめがいまいちわからない方に朗報。この記事を読めばネットフリックスで何を観たら良いか一目瞭然!「ナルコス」や「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」ほか♪いつでも観たいときに好きな作品を見られるネットフリックス。自宅にいながらインターネット上で国内外の映画、ドラマ、ドキュメンタリーなどさまざまな作品が見放題!レンタルビデオ屋さんに貸りにいったり返却期限を気にする煩わしさもなし。


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ネタバレ・結末・解説!

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ネタバレ・結末・解説!

タランティーノ監督の待望の新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという二大スターに加え、様々な豪華役者陣の共演が話題を集めています。この記事ではキャストやネタバレあらすじ、題材となった事件についても詳しく解説。この記事を読めば予習はバッチリです!


最新の投稿


お笑い芸人が出演するおすすめ映画まとめ

お笑い芸人が出演するおすすめ映画まとめ

お笑い芸人が出演する映画を紹介します。コメディ映画だけでないので普段は見ることのできないお笑い芸人の真剣な姿に注目するとおもしろいと思います。


もはや俳優顔負け?演技も上手い12人のお笑い芸人たち

もはや俳優顔負け?演技も上手い12人のお笑い芸人たち

いまやドラマや映画などのエンターテイメント作品に、役者以外が出演するのは当たり前の時代になりました。役者も芸人もジャンルは違えど、ともに板の上に乗る仕事。芸人はテレビばかりではなく、劇場でお客さんを前にする機会も多いので、それによって芸が洗練されてゆきます。今日は研ぎ澄まされた演技力を持つ12人の芸人をご紹介します。


可愛い20代女優の代表・有村架純!ドラマにバラエティにひっぱりだこ!

可愛い20代女優の代表・有村架純!ドラマにバラエティにひっぱりだこ!

『ストロボ・エッジ』や『映画 ビリギャル』に出演し、この人を目にしない日はない!と言っても過言ではない有村架純。彼女の魅力が光る出演作12選をご紹介します。


『IT/イット THE END 』ネタバレあらすじ!考察やトリビアも徹底解説

『IT/イット THE END 』ネタバレあらすじ!考察やトリビアも徹底解説

2017年公開の映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編となる『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、スティーブン・キングによる原作とは異なる結末や演出で、賛否両論を巻き起こしました。今回は、本作のネタバレあらすじとともに、考察やトリビアを徹底解説します!


トニー・レオンの出演映画おすすめ10選!新作は話題のマーベル映画!

トニー・レオンの出演映画おすすめ10選!新作は話題のマーベル映画!

日本でも『悲情城市』で一躍脚光を浴び、90年代からは『恋する惑星』などのウォン・カーウァイ監督作で爆発的な人気俳優となったイトニー・レオン。本当にイケメン過ぎますよね?甘いマスクからこぼれるキュートな笑顔と、抒情的な世界観が感じられる演技にノックアウトされてしまいます。ここでは出演作を振り返りつつ彼の魅力に迫ります!