大島優子のプロフィール&出演作、そしてその小さな巨人伝説とは!?

大島優子のプロフィール&出演作、そしてその小さな巨人伝説とは!?

”優”言実行、彼女はいつもそうして来た。そんな優秀で優益で優敢なのは元AKB48のトップメンバーとしても有名で、現在は女優として活躍中の大島優子さんです。そんな彼女のプロフィールや出演作や過去についてまとめてみました。そして20代最後にとったいきなりの海外留学とは!?小さな巨人は何を見る!?


大島優子とは!?

『ロマンス』大島優子/photo:Ryo Uchida

屈託のない笑顔で、いつも元気な大島優子さん。そんな全速力で駆け抜けている彼女は30歳を迎えているって知っていました? 1988年10月17日生まれの30歳です。でも大島優子さんを見ると、まだ幼げな少女ぽさを感じられるのは何でなんでしょう。子役として活躍し、AKB48のメンバーとして常にトップを走り続けた彼女。卒業後も女優として見事なまでの活躍です。みんなの心に”ヘビーローテーション”し続ける大島優子さんについて見ていきたいと思います。

大島優子は子役だった!?

『メリダとおそろしの森』 大島優子

『メリダとおそろしの森』で声優を務めた大島優子さん。この映画を見たであろう子供たちと同い年である8歳ぐらいから大島優子さんは芸能活動をされていたって知ってました!? あの和久井映見さん3部作の1つである「バージンロード」にも出演されていたんですね。その他にも「らせん」、「東京庭付き一戸建て」、「危険なアネキ」では榮倉奈々さんと共演していたのです。さらに『大怪獣東京に現る』、『千里眼』と人気作にも出演。

大島優子の身長!?

大島優子、大倉孝二/『ロマンス』完成披露試写会

大島優子さんって小さそうだけど身長何cmなんだろうって思いますよ。彼女の身長は152cmなんです。でもなんか存在が大きく見えるのは何でなんでしょう? それはAKB48の総監督を務めた、148cmの高橋みなみさんと並んでいる...からではありません。

『メリダとおそろしの森』 大島優子

AKB48に2期生として加入した大島優子さんには、同期に秋元才加さんや宮澤佐江さん、増田有華さんなどの高身長なメンバーもいました。その2期生で結成されたTeamKは体育会系チームとか、ダンスチームとも呼ばれています。でも大島優子さんは身長152cm。秋元才加さんたちがするダイナミックなダンスはできません。だから飛び跳ねて踊ったのです。その為、カメラの画角に収めきれない程の大きなダンスとなり、大島優子はすごいとファンの間で人気を集めていったのです。

大島優子のライバル前田敦子との前田大島時代

第3回沖縄国際映画祭に参加したAKB48

小さな大島優子さんがなんか大きく見えるのは飛び跳ねて踊るだけではありません。大島優子さんはTeamKではセンターだけど、AKB48の選抜では2列目でした。でも2009年に行われた第1回選抜総選挙で2位になり、一躍AKB48のセンターである前田敦子さんのライバルとなりました。大島優子さんは歌にダンス、演技と何でもこなしてしまう方なんです。それを自分では”器用貧乏”であると話していました。すごく可愛い訳でもない、歌もダンスもそこそこ。握手会でも”釣り師”になれる訳ではない。だから何でも一生懸命取り組んで何でもできるようにしていったのです。それが”器用貧乏”と言う所以なのです。

「第4回AKB48選抜総選挙」の開票イベント“ファンが選ぶ64議席”

そして迎えた2010年の第2回選抜総選挙。1位として名前を呼ばれたのは大島優子さんでした。”小さな巨人”の誕生です。彼女がセンターを務めた「ヘビーローテーション」は、国民誰もが、いや世界の人たちもみんなが知っているAKB48の代表曲となりました。いい歳のおっさんが「I want you~♪」って宴会で踊っているのは、日本のサラリーマンの接待宴会芸ですね。そんな大島優子さんもお酒が大好きだそうで、飲んでる時は、「指原!私の酒が飲めねぇ~のかぁ!」とおっさん丸出しらしいです。

「第4回AKB48選抜総選挙」の開票イベント“ファンが選ぶ64議席”

2012年の第4回選抜総選挙でも1位に返り咲いた大島優子さんは、翌年の第5回選抜選挙では指原莉乃さんが1位になり、大島優子さんは2位となりました。新しいAKB48の時代を見据えて大島優子さんは卒業していきました。

大島優子の新たな旅立ち 出演作を紹介

大島優子/ドラマ「銭の戦争」

AKB48の新時代を見送り、卒業した大島優子さんが次なる主戦場としたのは演技の世界でした。”器用貧乏”な”小さな巨人”の出演作を、AKB48の現役時代も卒業後の作品も併せて紹介していきましょう。

大島優子 歌ったら死ぬ『伝染歌』

伝染歌 16枚目の写真・画像

こちらは2007年にAKB48がまだブレークする前に出演した『伝染歌』。歌ったら死ぬと言われる歌を歌った香奈(前田敦子)が自殺します。あっちゃん開始早々出演終わりかよぉ!っていう衝撃のプロローグから始まります。そしてあんず(大島優子)はトライアスロン部のメンバーと月刊MASAKAの編集者の陸(松田龍平)とともに事件を追いかけます。そして...きゃー!

大島優子が妊娠?『櫻の園』

櫻の園 -さくらのその- (2008) 1枚目の写真・画像

名門お嬢様学校に転校して来たヴァイオリニスト桃(福田沙紀)は、生徒立入禁止の旧校舎で桜の園の台本を見つけます。11年前に廃部になった演劇部。上映禁止の桜の園。桃は仲間を集めて復活させようと奮闘します。大島優子さんは桃の仲間として桜の園を一緒にやろうとするのですが、なんと妊娠したかもしれないという役どころを演じられます。

『櫻の園』完成披露イベント。(左から)柳下大、大島優子、武井咲、福田沙紀、寺島咲、杏、はねゆり。

この映画、出演者が豪華で、主演の福田沙紀さんの先輩である米倉涼子さんや菊川怜さん、それに上戸彩さんが友情出演で出演されているんですね。オスカーファンには堪らない作品です。それにこの映画が上映された2008年にはまだブレーク前だった武井咲さんも出演されているんです。またオスカーではないですが杏さんもです。そういえば大島優子さんもブレーク前ですね。後のスターたちの共演も見どころの1つなんです。

大島優子 大人気シリーズ『闇金ウシジマくん』の映画第1弾に出演

闇金ウシジマくん 2枚目の写真・画像

もちろん法律違反な ”10日5割(トゴ)”でお金を貸す闇金のカウカウファイナンス。その社長であるウシジマ(山田孝之)からお金を借りたのは來未(大島優子)の母親。その肩代わりでお金を返す來未。そんな母親の借金を返すためにデートクラブに通い、援助交際をする。ちょっとおやじとデートするだけでお金がもらえてチョロイと続ける來未。それで大事なことに気が付いて行く。お金を減らしたのではなく、心を減らしているのである。

大島優子 AKB48卒業後の第1弾『紙の月』は2014年の代表作

紙の月 3枚目の写真・画像

大島優子さん、AKB48卒業後の最初の出演作となった『紙の月』は普通の主婦であり銀行員の梨花(宮沢りえ)が、若い男性との不倫の為に横領に手を染めていくという衝撃作です。舞台はバブル崩壊後の1994年。何不自由のない生活をしているが夫との距離は遠く空虚感だけが広がるばかり。そんな時に現れた若い男性に貢ぐ事が与える幸せであると感じていく。梨花は学生の頃に募金をして外国の恵まれない子供たちを助ける事がいいと感じ、親のお金を盗んで募金します。それは果たしてどうなのでしょうか。それで救われる人もいるけど...。大島優子さんは梨花の勤務する銀行で窓口業務をする子悪魔的な女子を演じております。

大島優子/『紙の月』プレミア試写会

この作品で共演した宮沢りえさんや小林聡美さんを見て勉強になったそうです。監督に言われたことを自分の中でかみ砕いて演じる2人の姿を見て、かみ砕いていいんだぁ~とか、そういう風にやるんだぁ~と新たな発見があったそうです。かみ砕いて自分らしく演じる2人の姿を見て、新たな演技を見つけたのでしょうか。

大島優子主演『ロマンス』

大島優子/映画『ロマンス』-(C) 2015 東映ビデオ

彼氏に金をたかられるロマンスカーの車内販売をしている鉢子(大島優子)。鉢子の元には高校卒業以来会っていない、愛人ばかり作る母親から手紙が来ます。それを読むとただただイライラする。そんな鉢子の前に万引きをする映画プロデューサーの桜庭(大倉孝二)。逃げ出す桜庭を鉢子が捕まえると、桜庭は鉢子の母親の手紙を見てしまう。鉢子たち家族の思い出の地である箱根にきっといるはずの母親を探しに2人は箱根を旅し始めます。

大島優子/映画『ロマンス』-(C) 2015 東映ビデオ

箱根のロケーションを存分に感じられる映画です。箱根登山鉄道に大涌谷に芦ノ湖、小田原城に富士山と箱根を満喫できる映画でもあるんです。それからさすがは大島優子さん。逃げ出す大倉孝二さんを追いかけるシーンがあるんですけど、アイドル会NO.1だった瞬足、50mを7秒5で走ったその快速が健在でした。そんなストーリーだけじゃない部分にも大注目です。

大島優子がアクションにも挑戦『真田十勇士』

『真田十勇士』 -(C)2016『真田十勇士』製作委員会

好きな戦国武将ランキングで、織田信長や伊達政宗と並んで常に人気があるのが真田幸村です。上田合戦では4万の徳川秀忠軍に、たった3千で籠城して関ケ原に遅延させたのは有名な話。また大阪冬の陣での真田丸や、夏の陣では徳川家康を後1歩のところまで追い込みました。ある一説では家康は真田幸村が怖くて震えていたという話もある程です。そんな真田幸村が腑抜けの腰抜け野郎!?そんな新たな切り口で描くバロディーな要素もある戦国アクション映画です。

『真田十勇士』 -(C)2016『真田十勇士』製作委員会

そんな中で大島優子さん演じる火垂は、松坂桃李さん演じる雲隠才蔵に恨みを持ちながらも恋心を抱ているという、なんとも複雑な役どころなんです。そんな強い戦士でありながら1人の恋する乙女であるという火垂。そんな大島優子さんは殺陣やワイヤーアクションにも挑戦しております。なんか運動神経がいい大島優子さんにピッタリだし、アイドルだから恋愛禁止というAKB48と重なるような部分も感じられてなりません。

大島優子『疾風のロンド』でスノボー披露

阿部寛、大島優子『疾風ロンド』(C)2016「疾風ロンド」製作委員会

『疾風のロンド』は大人気作家である東野圭吾さん著者による、100万部突破した原作の実写化版です。新型病原菌「K-55」が盗まれて、犯人から全国民を人質に3億円を要求される。タイムリミットは4日間。秘密裏に作った為、警察に連絡できない。犯人との全面戦争...と思ったら犯人死亡。とにかく回収する為に研究所主任の栗林(阿部寛)が雪山に行くがスキーができず子供に「下手くそ」と言われる始末。そんなサスペンスなのかと思いきやコメディーな作品です。

『疾風ロンド』

そんな中で大島優子さんはプロスノーボーダーの役を演じられます。スペクタクルな映像で、スキーアクションが見られます。超スピードの中でのアクションをおさめた映像は見ものなんです。「女だからて舐めないでよーあたしはオリンピック目指してる、戦う女なんだからぁ!」。最高です優子さん!

大島優子がいきなりの海外留学!?

大島優子『真田十勇士』/photo:Takashi Tokita

アイドルとしても女優としても苦労はしたけれど、ここまで順風満帆に来ていた大島優子さん。女優としても次々と仕事が来ている中でのニューヨークへの1年間の留学。”泣きながら微笑んで”見送ったファンも多いのではないでしょうか。

『メリダとおそろしの森』大島優子meetsディズニー/ピクサー制作スタッフ来日記念イベント

ちょっと行ってくるわぁ~で、ピューと行ってしますのは大島優子さんぽい感じはありますね。でも大島優子さんは遊びに行った訳ではないのです。きっと現状維持ではなく、もっと仕事の幅を広げようと人間力や女優力を上げようとしているように思えます。本場のエンターテインメントに触れて...もしかしてハリウッド狙ってたりしてぇ...。

大島優子の都市伝説・心霊体験

大島優子/「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会

2009年の選抜総選挙で2位になった大島優子さんは「背中を押してください」と言いました。そしてその年の秋、秋元才加さんや指原莉乃さん、北原里英さんなどと富士登山をしました。その登山の前日に泊まったホテルは樹海に面したホテルだったとの事で、窓に霊が張り付きひそひそと会話する声が聞こえた為、大島優子さんは一睡もできなかったそうです。

大島優子/『ロマンス』初日舞台挨拶

そして迎えた次の日、大島優子さんはおかしいほどのテンションMAXの”ハイテンション”で富士登山を行いました。みんなを突き放しどんどんと進んで行き、高山病ではないかと疑われるぐらいだったそうです。そしてみんなより早く頂上に着きました。そして母親に電話すると、霊感が強い母親は恐ろしい事を言い始めました。

大島優子

それはあなたの背中を押してくれている方がいるからよって、母親はそう言ったそうです。そして2010年の選抜総選挙で1位になった大島優子さんは言いました。「背中を押してくださいとは言いません。ついて来てください」と。そう、もう大島優子さんの背中を押してくれている方はいるのだから...信じるか信じないかはあなた次第です。

大島優子のまとめ

大島優子/『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』完成披露試写会

子役として活躍し、AKB48で頂点を極め、女優としても持ち前の”器用貧乏”で次々と役をこなしてく大島優子さん。そんな大島優子さんがいきなり留学をしたのは、今いる場所では満足をせず常に挑戦をし続けるからなのです。そう、努力で自分の道を切り拓いている人なのです。まさに”転がる石になれ”という感じです。立ち止まる石ではなく、転がる石のように自分のMINDで今いる場所で満足せず進み続けるのですね。

大島優子/『ロマンス』初日舞台挨拶

ニューヨークから帰国した大島優子さんは、2019年の年明けから始まる舞台”罪と罰”で復帰されます。小さな巨人は足元を見ていません。常にずっと先の未来を見ているのでしょう。次は富士の山ではなく、2009年の成人式で秋元才加さんが言っていたチョモランマ(世界?)の頂きを目指しているのかもしれません。

この記事のライター

絶滅危惧種な山犬が山を駆け上がります。どうぞこの遠吠えを聞いて下さい。

関連する投稿


『孤狼の血』あらすじ・キャスト・ネタバレ!東映なりのヤクザ映画

『孤狼の血』あらすじ・キャスト・ネタバレ!東映なりのヤクザ映画

柚月裕子の小説を原作とした映画『孤狼の血』。主演は役所広司が務めました。他に出演者として松坂桃李や江口洋介などの名だたる俳優陣が名を連ねています。そんな本作は警察小説と『仁義なき戦い』が組み合わさったような作品であると話題になりました。今回は映画『孤狼の血』について紹介します。


女優・杏の初主演作品『オケ老人!』のあらすじやキャストを紹介

女優・杏の初主演作品『オケ老人!』のあらすじやキャストを紹介

女優の杏が初主演を務めた映画『オケ老人!』。2016年に公開された本作は、ひょんなことから、老人ばかりが集まるアマチュアオーケストラで指揮を務めることになった教師・小山千鶴の奮闘を描いた映画作品となっています。今回は『オケ老人!』について紹介します。


西田敏行のおすすめ映画&ドラマ一覧7選!やっぱりすごい日本の名優!

西田敏行のおすすめ映画&ドラマ一覧7選!やっぱりすごい日本の名優!

映画やドラマで演じるコミカルなキャラクターが人気の俳優・西田敏行。今回はそんな彼の出演している映画の中から7つオススメのものをご紹介します!


Netflixドラマ「ラブ」今イッキ見するならこれ!あらすじ&キャスト紹介

Netflixドラマ「ラブ」今イッキ見するならこれ!あらすじ&キャスト紹介

Netflixオリジナル作品ドラマ「ラブ」。現在シーズン1からシーズン3まで配信中です。問題だらけで正反対な大人の男女の恋愛を、今っぽくリアルに描いたラブコメディ。各話30分程度なのでイッキ見にぴったりの作品です!今回はそんな「ラブ」のあらすじや見どころ、キャスト紹介をお届け!年末休みのイッキ見ドラマを探している方は必見です!


是枝監督作品!阿部寛主演『海よりもまだ深く』のあらすじやキャストを紹介

是枝監督作品!阿部寛主演『海よりもまだ深く』のあらすじやキャストを紹介

是枝裕和が監督・脚本を務めた映画『海よりもまだ深く』。2016年に公開され、カンヌ国際映画祭やフィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭で賞を受賞し、世界で評価された映画作品です。出演者には阿部寛や真木よう子、樹木希林など演技派俳優陣が集結。主題歌はハナレグミが担当しました。今回は映画『海よりもまだ深く』について紹介します。


最新の投稿


千葉雄大の出演映画まとめ!ツイッター・ブログ・インスタ・プロフィール・身長は?

千葉雄大の出演映画まとめ!ツイッター・ブログ・インスタ・プロフィール・身長は?

大ヒット映画『帝一の國』や『アオハライド』など数々の映画に出演している千葉雄大さん。その甘いマスクとルックスで若い世代のみならず、幅広い世代の女性を虜にしていますね。温もり男子「ヌクメン」とも呼ばれている千葉さんの魅力に迫っていきたいと思います!


アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

今世界中のアメコミブームを牽引しているマーベル・シネマティック・ユニバースの2大ヒーロー、アイアンマンとキャプテン・アメリカ!ヒーロチーム・アベンジャーズの主なメンバーである2人ですが、この2人が戦ったらどっちが強いの?そんな疑問を抱いたことがある方もいるのでは?気になる成り立ちやスペックを徹底比較していきます!


フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

冬は暖かい部屋で趣味に没頭したりして、芸術的な感性も研ぎ澄まされてきやすい時期。普段置きっぱなしの雑誌や画集なんかを手に取ってみたり、映画を観ながらゆっくり過ごしたい...。という事で2010年代のフランス映画をいくつか紹介していきたいと思います。フランス映画は、活発に動き回っている時にサラっと観れる作品が少ないですが、個人的には涼しくなってくる秋頃から冬、外の震える寒さから逃れて家にいる時、映画館でのんびり休日を楽しみたい時期にピッタリだと感じます。ポートレートのように美しい風景や、芸術的なインテリアや食器コーディネート、凛とした女優さんの輝き、ウィットに富んだ会話の心地よさ、見終わった後の何とも言えない独特な余韻に浸りましょう!


『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

ジュリアン・ ムーアがオスカーに輝いたことでも話題となった『アリスのままで』は、若年性アルツハイマーを宣告された女性について描いた映画作品。原作はベストセラーとなったリサ・ジェノヴァによる同名小説、監督はリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウェストモアランドが務めました。今回は『アリスのままで』について紹介します。


映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

アップル社の共同設立者、スティーブ・ジョブズについて書かれた伝記を基に製作された映画『スティーブ・ジョブズ』。公開後はさまざまな映画賞で注目を浴び、日本では2016年に公開されました。今回は映画『スティーブ・ジョブズ』について紹介します。