『新宿スワン』シリーズが大ヒット!園子温監督作品5選

『新宿スワン』シリーズが大ヒット!園子温監督作品5選

大ヒットシリーズ『新宿スワン』の産みの親、園子温監督の歴代作品の中でもひときわ心に来る、あるいは話題になった映画を5つご紹介します。


AAAのボーカルによるアクロバティックな盗撮!【愛のむきだし】

© 愛のむきだしフィルムパートナーズ

園子温監督本人の体験や、取材で聞いた話をもとに構成された4時間超えの長編。音楽グループ「AAA(トリプル・エー)」でメインボーカルを担当する西島隆弘が主演。音楽を担当したのは2010年に解散した「ゆらゆら帝国」。メインキャストに満島ひかり、安藤サクラを起用。渡部篤郎、板尾創路らクセのあるベテラン俳優が脇を固めます。

『愛のむきだし』 -(C) 愛のむきだしフィルムパートナーズ

神父の父・テツ(渡部篤郎)と2人で暮らす少年・ユウ(西島隆弘)は盗撮が趣味。ふとしたことがきっかけで出会った少女・ヨーコ(満島ひかり)に恋をするが、ヨーコと家族が新興宗教にハマったため、その宗教に戦いを挑む、というストーリー。作中で満島ひかりが扮した「サソリ」の姿は、東映制作の『女囚さそりシリーズ』へのオマージュです。

人生は、痛い【冷たい熱帯魚】

園子温と悪魔主義者のデザイナー髙橋ヨシキによる共同脚本。制作陣によるとここまでヒットするのは予想外だったそうです。妻と娘の3人で冷え切った体裁のみの家族生活を送る熱帯魚店の店主・社本(吹越満)は、娘の万引きをきっかけに同じく熱帯魚店を営む中年男性、村田(でんでん)に出会います。村田は社本の娘を自分の店で住み込みの従業員として雇うことを提案。そこから社本の人生は目まぐるしく変化していきます。今までの自分を真っ向から否定し、崩壊させる観念。一度も足を踏み入れることのなかった世界。狂気、暴力、愛憎の果てに彼を待つものとは?

村田との出会いと、それから起こる出来事によって、社本の精神構造は大きく変化していきます。思い描いていた幸せと、どうにもならない現実。ラストシーンで彼が絞り出した「人生ってのはなぁ、痛いんだよ」という言葉に胸がつまります。

住田がんばれ、住田がんばれ【ヒミズ】

『ヒミズ』 -(C) 『ヒミズ』フィルムパートナーズ

2016年に公開された『ヒメアノ~ル』の原作者でもある古谷実の漫画が原作。“普通の大人になること”を願う住田(染谷将太)と“愛する人と守り守られ生きること”を夢見る茶沢(二階堂ふみ)の2人が、ある事件を発端に対面する出来事を描いた物語。

© 『ヒミズ』フィルムパートナーズ

主演の染谷将太と二階堂ふみは、ヴェネチア国際映画祭で日本人初の快挙となる最優秀新人賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)をW受賞しました。

はい、カット!【地獄でなぜ悪い】

© 2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

若いころから監督としてデビューすることを熱望していた映画フリークの青年が、本物のヤクザの抗争をフィルムにおさめるというあらすじ。画面上にはコミカルに血しぶきや生首が飛び交っています。

『地獄でなぜ悪い』(C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

最初にヤクザから映画監督を任された通りすがりの不幸な青年を星野源、星野源から代わりに監督をつとめることを依頼された前述の映画フリークの青年を長谷川博己、敵対するヤクザの組長を國村隼、堤真一がそれぞれ演じています。

命のやりとり、吐き出すリリック【TOKYO TRIBE】

鈴木亮平(メラ役)VS YOUNG DAIS(海役)/『TOKYO TRIBE』-(C) 2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM

井上三太による伝説的コミックを実写化した『TOKYO TRIBE』。鈴木亮平、窪塚洋介、佐藤隆太、染谷将太ら豪華俳優を起用した本作は、初日2日間の成績が観客動員数28,079名、興行収入41,896,556円となり、園子温監督作品史上例のない大ヒットをおさめました。

鈴木亮平(メラ役)/『TOKYO TRIBE』-(C) 2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM

自分たちの街と仲間を守るため、“トーキョー”中のトライブ(族)たちがバトルを繰り広げます。鈴木亮平は主人公の宿敵、メラを熱演。肉体美を惜しみなく披露しています。

メッセージ性が強い園子温映画からあなたは何を考える?

『冷たい熱帯魚』のラストのセリフや、『地獄でなぜ悪い』というタイトルそのものからも分かるように、園子温の映画は強いメッセージ性を含んでいます。人生は痛い。この世は地獄でもともと。なら、その中でどう生きていくか?今回のまとめで挙げた映画を通して、考えてみてください。

関連する投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。


夏帆出演作19作品まとめ!清楚系から一転、大人な幅広い役までを演じる!

夏帆出演作19作品まとめ!清楚系から一転、大人な幅広い役までを演じる!

主演作品『天然コケッコー』での演技が評価され、日本アカデミー賞はじめ、多数の新人賞を受賞した夏帆さん。 10代の頃は清楚なイメージからそれに合った役を演じていましたが、最近では過去には想像できなかったような挑戦的な役にも取り組んでいます。 そんな夏帆さんの新旧出演作をまとめました!


間宮祥太郎初主演作『全員死刑』まとめ!炎上どんとこいの問題作!?

間宮祥太郎初主演作『全員死刑』まとめ!炎上どんとこいの問題作!?

一家全員に死刑判決が下りたことで世間を騒がせた、実際の事件を基にした狂気的エンタメ作品『全員死刑』。 監督商業デビュー作でありながら、実力者ぞろいのキャスト・スタッフで作られただけあって、多くの注目を集めています! そんな今作の魅力をまとめました!


俳優・タレントなどマルチに活躍!大泉洋の魅力

俳優・タレントなどマルチに活躍!大泉洋の魅力

映画やドラマだけじゃなくバラエティなどマルチに活躍する俳優大泉洋さん。天性の笑いのセンスを持ち、お茶の間を楽しませてくれていますが、ひとたび役を演じるとなると、抜群の演技力を誇る大泉さんの魅力をご紹介します。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。