『新宿スワン』シリーズが大ヒット!園子温監督作品5選

『新宿スワン』シリーズが大ヒット!園子温監督作品5選

大ヒットシリーズ『新宿スワン』の産みの親、園子温監督の歴代作品の中でもひときわ心に来る、あるいは話題になった映画を5つご紹介します。


AAAのボーカルによるアクロバティックな盗撮!【愛のむきだし】

© 愛のむきだしフィルムパートナーズ

園子温監督本人の体験や、取材で聞いた話をもとに構成された4時間超えの長編。音楽グループ「AAA(トリプル・エー)」でメインボーカルを担当する西島隆弘が主演。音楽を担当したのは2010年に解散した「ゆらゆら帝国」。メインキャストに満島ひかり、安藤サクラを起用。渡部篤郎、板尾創路らクセのあるベテラン俳優が脇を固めます。

『愛のむきだし』 -(C) 愛のむきだしフィルムパートナーズ

神父の父・テツ(渡部篤郎)と2人で暮らす少年・ユウ(西島隆弘)は盗撮が趣味。ふとしたことがきっかけで出会った少女・ヨーコ(満島ひかり)に恋をするが、ヨーコと家族が新興宗教にハマったため、その宗教に戦いを挑む、というストーリー。作中で満島ひかりが扮した「サソリ」の姿は、東映制作の『女囚さそりシリーズ』へのオマージュです。

人生は、痛い【冷たい熱帯魚】

園子温と悪魔主義者のデザイナー髙橋ヨシキによる共同脚本。制作陣によるとここまでヒットするのは予想外だったそうです。妻と娘の3人で冷え切った体裁のみの家族生活を送る熱帯魚店の店主・社本(吹越満)は、娘の万引きをきっかけに同じく熱帯魚店を営む中年男性、村田(でんでん)に出会います。村田は社本の娘を自分の店で住み込みの従業員として雇うことを提案。そこから社本の人生は目まぐるしく変化していきます。今までの自分を真っ向から否定し、崩壊させる観念。一度も足を踏み入れることのなかった世界。狂気、暴力、愛憎の果てに彼を待つものとは?

村田との出会いと、それから起こる出来事によって、社本の精神構造は大きく変化していきます。思い描いていた幸せと、どうにもならない現実。ラストシーンで彼が絞り出した「人生ってのはなぁ、痛いんだよ」という言葉に胸がつまります。

住田がんばれ、住田がんばれ【ヒミズ】

『ヒミズ』 -(C) 『ヒミズ』フィルムパートナーズ

2016年に公開された『ヒメアノ~ル』の原作者でもある古谷実の漫画が原作。“普通の大人になること”を願う住田(染谷将太)と“愛する人と守り守られ生きること”を夢見る茶沢(二階堂ふみ)の2人が、ある事件を発端に対面する出来事を描いた物語。

© 『ヒミズ』フィルムパートナーズ

主演の染谷将太と二階堂ふみは、ヴェネチア国際映画祭で日本人初の快挙となる最優秀新人賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)をW受賞しました。

はい、カット!【地獄でなぜ悪い】

© 2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

若いころから監督としてデビューすることを熱望していた映画フリークの青年が、本物のヤクザの抗争をフィルムにおさめるというあらすじ。画面上にはコミカルに血しぶきや生首が飛び交っています。

『地獄でなぜ悪い』(C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

最初にヤクザから映画監督を任された通りすがりの不幸な青年を星野源、星野源から代わりに監督をつとめることを依頼された前述の映画フリークの青年を長谷川博己、敵対するヤクザの組長を國村隼、堤真一がそれぞれ演じています。

命のやりとり、吐き出すリリック【TOKYO TRIBE】

鈴木亮平(メラ役)VS YOUNG DAIS(海役)/『TOKYO TRIBE』-(C) 2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM

井上三太による伝説的コミックを実写化した『TOKYO TRIBE』。鈴木亮平、窪塚洋介、佐藤隆太、染谷将太ら豪華俳優を起用した本作は、初日2日間の成績が観客動員数28,079名、興行収入41,896,556円となり、園子温監督作品史上例のない大ヒットをおさめました。

鈴木亮平(メラ役)/『TOKYO TRIBE』-(C) 2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM

自分たちの街と仲間を守るため、“トーキョー”中のトライブ(族)たちがバトルを繰り広げます。鈴木亮平は主人公の宿敵、メラを熱演。肉体美を惜しみなく披露しています。

メッセージ性が強い園子温映画からあなたは何を考える?

『冷たい熱帯魚』のラストのセリフや、『地獄でなぜ悪い』というタイトルそのものからも分かるように、園子温の映画は強いメッセージ性を含んでいます。人生は痛い。この世は地獄でもともと。なら、その中でどう生きていくか?今回のまとめで挙げた映画を通して、考えてみてください。

関連する投稿


金曜ロードショーで8/10放送!スタジオジブリ『ハウルの動く城』みどころ

金曜ロードショーで8/10放送!スタジオジブリ『ハウルの動く城』みどころ

魔法使いハウルと少女ソフィーを中心に、動く城で奇妙な共同生活を送る火の悪魔・カルシファーやハウルの弟子のマルクル、荒地の魔女たちが登場し、生きることの素晴らしさや戦うことの愚かさを描いた感動ファンタジー超大作。『千と千尋の神隠し』に続く、スタジオジブリ、宮崎駿監督作品。


7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

アニメ界の金字塔として、近年数々の名作を生みだしている細田守監督の最新作『未来のミライ』が、2018年7月20日より全国ロードショーが始まります。今回もまた「家族」をテーマとした作品で、多くの観客を魅了することでしょう。公開前に、あらすじなどチェックしてみましょう!


【今週末公開の映画】7/20~『BLEACH』『未来のミライ』など

【今週末公開の映画】7/20~『BLEACH』『未来のミライ』など

7/20(金)、7/21(土)に公開される映画を一挙ご紹介。週間少年ジャンプにて連載されていた大人気漫画『BLEACH』の実写映画化や、『バケモノの子』などの細田守監督最新作『ミライの未来』など、夏休みに向けて、大作映画がどんどん公開されていきます!


俳優・女優が監督した映画まとめ!多彩な才能に嫉妬しちゃう!

俳優・女優が監督した映画まとめ!多彩な才能に嫉妬しちゃう!

日本の映画シーンをけん引する俳優の皆さん。実は、監督業としての才能を開花させている人もたくさんいるんです。そこで今回は、そんな人気俳優が監督した作品を集めてみました。


7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

細田守監督、スタジオ地図製作の長編アニメ映画『バケモノの子』。人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街】を舞台に、師弟関係となった少年・九太とバケモノの徹熊。「本物の強さ」を求めて修行した九太が徹熊らと、人間界とバケモノ界の危機に立ち向かう「新冒険活劇」です。


最新の投稿


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。


【今週末公開の映画】8/10~『オーシャンズ8』『追想』ほか

【今週末公開の映画】8/10~『オーシャンズ8』『追想』ほか

8/10(金)、8/11(土)に公開される映画を一挙ご紹介。スティーヴン・疎だーバーグ監督で大人気を博した『オーシャンズ』シリーズ最新作『オーシャンズ8』の公開や、『レディ・バード』での名演技も記憶に新しいシアーシャ・ローナン最新作『追想』など、話題作が目白押しです!