『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ヤバすぎる撮影の裏側&トリビアまとめ

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ヤバすぎる撮影の裏側&トリビアまとめ

トム・クルーズ主演の人気スパイ・アクションシリーズ第5弾、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』。シリーズ最高傑作とも名高い本作では、飛行機しがみつきや決死のカーチェイスなど、度肝を抜かれるアクションがノンストップで展開されます。しかも映画自体だけでなく、撮影時の出来事も普通の作品では起こりえないことばかり。キャスト&スタッフのスゴすぎる裏話をお届けします!


目次

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』トムが再び激ヤバアクションに挑む!

© 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

トム・クルーズが凄腕エージェントに扮し、Impossible = 不可能と思われる様々なミッションに挑む『ミッション:インポッシブル』シリーズ。
シリーズ最高傑作との声も名高い作品が第五弾『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』です。
『ミッション:インポッシブル』シリーズの名物と言えば、トム・クルーズが自ら挑むアクション。今回も離陸するジェット機にしがみついたり、水中で6分も息を止めながらの演技に挑戦したりと、50歳越えとは思えない数々のアクションを披露しています。

何者かに銃口を向けるレベッカ・ファーガソンとトム『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』-(C) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でイーサンに課されたミッションは、正体不明の組織シンジケート"の野望を阻止すること。サイモン・ペグ扮するベンジーやジェレミー・レナー扮するブラントら前作からのメンバーに加え、謎の美女イルサ(レベッカ・ファーガソン)も参戦し……。
チームは一致団結し、シンジケートのボスであるソロモン・レーン(ショーン・ハリス)を追う、というストーリーです。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』濃すぎる撮影秘話&トリビア16選

それではさっそく、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に隠された小ネタやトリビア、撮影秘話をご紹介します。

トム・クルーズとサイモン・ペグ、オールノースタントだった

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』-(C) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』では、トム・クルーズはもちろんベンジー役のサイモン・ペグもアクションに挑戦しています。
劇中には、この二人によるド派手なカーアクションが繰り広げられる場面も。
なんとこのシーンも含め、本作でトム・クルーズとサイモン・ペグはスタントマンを一切使わず、全て自分たちでアクションをこなしたのだそうです。
なんでもスタントコーディネーターは、スタントマンよりトムのほうが上手く運転できるため、あらかじめサイモン・ペグに「カーアクションは全部トムが運転するよ」と伝えていたのだとか。

トム・クルーズ、生身で6分超潜水の裏側

シンジケートを壊滅させるべく、イーサンは重要なファイルが格納された水中金庫へと飛び込みます。
イーサンを演じたトムは、このシーンでなんと6分以上も息を止めたままの演技に挑戦。
この撮影のためにトムは数週間もかけ、プロの水中パフォーマンストレーナーから呼吸トレーニングを学んだそうです。
しかもトムはこれについて「ずいぶん前から、クリストファー・マッカリー監督とともにスリル満点の潜水シーンをノーカットで撮影したいと考えていたから、とても面白かったよ。6分から6分半の間、息を止めてトレーニングをしたけど、とてもハードだった」と語っており、徹底したエンターテイナー精神を見せています。

トム・クルーズは撮影中6回も怪我していた

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』新写真 -(C) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

そのほかにも上空1500m×時速400kmの軍用飛行機スタントやバイクチェイスなど、本人による命がけのアクションをこれでもかというほど見せつけたトム・クルーズ。
無茶をしていれば(?)やはり怪我はつきもののようで、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の撮影中、トムは6回も怪我をしたといいます。

飛行機しがみつきアクション、8テイク撮影していた

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(c) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』冒頭で、なんと離陸する飛行機にしがみつくという前人未到のアクションを自らこなしたトム・クルーズ。
このシーンを撮影するのに問題となったのは、風圧で目が開けられないということでした。そこでチームは、眼球を保護する特殊なレンズを開発。そのおかげでトムは目を開けながら演技することができたといいます。
撮影に関しても、風の抵抗を防ぐ特殊なカメラを装着しておこなわれたそう。
さらに驚くべきは、1回でも危険なこのスタントシーンが計8テイク撮られたこと。トム・クルーズは、「何があっても撮影は止めないでほしい」と周囲に念を押していたといいます。

"シンジケート"、実は前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』に登場していた?

© 2010 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

本作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でイーサンたちが対峙する国際的スパイ組織、シンジケート。
実はこの名前は前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』で名前のみ登場していました。
『ゴースト・プロトコル』のラストシーンで、イーサンは次のミッションとして謎の組織シンジケートの実態を調べるよう指令を受けています。
ちなみにシンジケートは、『ミッション:インポッシブル』シリーズの原作テレビドラマ「スパイ大作戦」にもしばしば登場しています。

『ミッション:インポッシブル』シリーズ全作に登場するのはトム・クルーズと〇〇だけ!

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

本作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』含め、シリーズの全作品に登場している俳優は二人だけ。
主演のトム・クルーズと、IMFで長年イーサンとチームを組んできたルーサーを演じているヴィング・レイムスです。
ベンジー役のサイモン・ペグは第3作『ミッション:インポッシブル3』から、ブラント役のジェレミー・レナーは第4作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』から出演しています。

悪役候補に「SHERLOCK/シャーロック」ベネディクト・カンバーバッチが挙がっていた

ベネディクト・カンバーバッチ-(C)Getty Images

シンジケートを率いるボスのソロモン・レーンを演じたのは、映画『プロメテウス』『アウトサイダーズ』などで知られるショーン・ハリス。
当初この役に、ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」や映画『ドクター・ストレンジ』『裏切りのサーカス』などで知られるベネディクト・カンバーバッチが候補に挙がっていたそうです。
実現しなかったのがなんとも残念……!

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ディズニーとタイトルカブリで駆け引き?!

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (C)Lucasfilm 2016

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』と同じ2015年に公開されたのが、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品である『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』です。
両作品はタイトルが似通っていますが、『ローグ・ネイション』を有するパラマウント社のほうが先にタイトルを米映画協会に登録していたため、『ローグ・ワン』を有するウォルト・ディズニー社にタイトルの変更を要求することもできました。
しかし『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が劇場公開されるまで、ディズニーは『ローグ・ワン』に関してのプロモーション活動をおこなわないことで両社は合意に至ったそうです。

ヒロイン・イルサ役レベッカ・ファーガソン、週6日の過酷なトレーニングを積んでいた

レベッカ・ファーガソン-(C)Getty Images

敵か味方か?謎に包まれた女スパイのイルサを演じたレベッカ・ファーガソン。序盤のハイライトである狙撃シーンや、バイクでのスタントシーンも印象的です。
このイルサ役を演じるため、なんとレベッカ・ファーガソンは1日6時間、週6日を過酷なトレーニングに費やしたのだとか。トレーニングは筋トレやピラティス、スタントの練習など多岐にわたったそうです。

トム・クルーズ、『ローグ・ネイション』のために『コードネーム U.N.C.L.E.』出演かなわず

© 2015 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

冷戦時代を舞台にした凹凸コンビのスパイアクション映画『コードネーム U.N.C.L.E.』。
この主演として当初トム・クルーズが挙がっていましたが、トムは『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』撮影のために『コードネーム U.N.C.L.E.』への出演が叶いませんでした。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

結局主役に起用されたのは『マン・オブ・スティール』でスーパーマンを演じたヘンリー・カヴィル。
その後ヘンリー・カヴィルは『ミッション:インポッシブル』シリーズ第6弾『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』に出演しています。

華麗なるチェイスシーン、そのブランドにも注目!

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(c) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
前の画像

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』では、悪役はアウディやメルセデス・ベンツの車両に乗っているのに対し、イーサンやベンジーといった主人公サイドのキャラクターはBMWの車両に乗っています。
これはBMWが車両面で『ミッション:インポッシブル』シリーズに全面的に協力しているから。
ただし中盤のバイクチェイスシーンにおいては、トムも悪役も皆BMWのバイクを乗り回しています。

『ローグ・ネイション』公開の2015年はスパイ映画の当たり年?!

『ブリッジ・オブ・スパイ』© Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.

2015年には『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のほかにもさまざまなスパイ映画、もしくはスパイが登場する映画が北米公開されました。
コーエン兄弟の脚本をスティーブン・スピルバーグ監督がトム・ハンクス主演で映像化した『ブリッジ・オブ・スパイ』、ヘンリー・カヴィルとアーミー・ハマーW主演の『コードネーム U.N.C.L.E.』もその一例。

『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures

カーアクションをテーマにした人気シリーズの第7弾『ワイルド・スピード SKY MISSION』では、捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)や諜報機関の男ノーバディ(カート・ラッセル)が活躍します。
ほか、ニコール・キッドマン主演『アラビアの女王 愛と宿命の日々』、エミリー・ブラント主演『ボーダーライン』、メリッサ・マッカーシー主演『SPY/スパイ』など、女性スパイの活躍を描いた作品も多く公開されました。

悪役が〇〇しなかった唯一の作品?!(ネタバレ)

『ミッション:インポッシブル』シリーズ TM & Copyright (C) 2016 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』で、シンジケートの親玉ソロモン・レーンは、イーサンらによって捕らえられます。
実は今作は、シリーズのうちで唯一、悪役が死ななかった作品。
ちなみにソロモン・レーンは、次作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』にも登場しています。

イーサン・ハントは2度〇〇する?!(ネタバレ)

ジュリア(ミシェル・モナハン)/『M:i:III』 TM,(R) & Copyright (C)2006 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』中盤、イーサンは水中金庫に格納されている秘密ファイルを奪うべく、潜水に挑みます。
しかし息が続かず、イーサンは心肺停止状態に……。そこへ颯爽と現れたイルサによって、イーサンは命を救われたのでした。
実はイーサンが「死ぬ」のは、今回が二度目。第3作『ミッション:インポッシブル3』でも、頭に埋め込まれた爆弾を解除するため、一度自ら心肺停止状態になっています。このときにイーサンを蘇生させたのは、第3作では妻だったジュリア(ミシェル・モナハン)でした。

『カサブランカ』、ヒッチコック映画…名作のオマージュがたっぷり!

『イングリッド・バーグマン~愛に生きた女優~』(C)Mantaray Film AB. All rights reserved.Photo: The Harry Ransom Center, Austin

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』には、往年の名作映画のオマージュが散りばめられています。
例えば、レベッカ・ファーガソン演じるイルサというキャラクター。第二次世界大戦下のモロッコを舞台にした不朽の名作『カサブランカ』には、イングリッド・バーグマン演じるイルサというヒロインが登場します。そしてレベッカ・ファーガソンとイングリッド・バーグマンは、共にスウェーデン出身です。また『ローグ・ネイション』中盤では、カサブランカを舞台としてストーリーが展開されます。

© 2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

また『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でメガホンを取ったクリストファー・マッカリー監督は、同作がヒッチコック作品『汚名』の影響を受けていることを明かしています。
『汚名』は、サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックが1946年に製作した作品。こちらもイングリッド・バーグマンがヒロインを演じています。
マッカリー監督によれば、『汚名』でのカメラワークを今作に取り入れたとのこと。特にアクションシーンにおいて、実際よりも危険に見せ迫力を出す効果を演出しています。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』アクションも撮影裏話も前人未到だった

華麗なバイクアクションを披露するトム『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』-(C) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

スタントなしのド派手なアクション、魅力的なヒロイン、チームの団結……。すべてにおいて"アツい"作品が『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』です。
撮影時のエピソードもスゴすぎる本作品、ぜひ今夜もう一度観返してみては?

この記事のライター

関連する投稿


マリオン・コティヤール出演映画まとめ!ブラピとの噂は?ギョーム・カネとは事実婚!

マリオン・コティヤール出演映画まとめ!ブラピとの噂は?ギョーム・カネとは事実婚!

「世界で最も美しい顔」1位にランキングされ、しかも常連である美人女優マリオン・コティヤール。フランス出身の彼女は父親が俳優ジャン=クロード・コティヤール、母親が演劇講師というこれ以上ない環境で生まれ育ち、子供の頃から舞台に立っていました。その整ったルックスと演技の才能で、16歳の頃には映画デビューを果たしました。ハリウッドに進出したのは『ビッグ・フィッシュ』に出演した28歳の時。プライベートでは、同年公開のフランス映画『世界でいちばん不運で幸せな私』で共演したギョーム・カネとのロマンス、事実婚、出産と、ハリウッドで成功し華やかな生活が約束される中、一途な愛を貫く清い女性らしさが印象的。そんな彼女の魅力に迫りつつ出演映画を紹介します。


アカデミー賞常連メリル・ストリープおすすめ主演作品14選

アカデミー賞常連メリル・ストリープおすすめ主演作品14選

1949年生まれのアメリカを代表する女優。アカデミー賞には過去に18回ノミネートされた経験を持ち、俳優、女優あわせて過去最多回数を記録しています。そんな大女優メリル・ストリープのおすすめ主演作品を紹介します!


アレクサンダー・スカルスガルド出演映画、プライベート、彼女、気になる結婚は?

アレクサンダー・スカルスガルド出演映画、プライベート、彼女、気になる結婚は?

TVドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」でエミー賞助演男優賞を受賞した事も記憶に新しい北欧美男子俳優アレクサンダー・スカルスガルド。美男子揃いの芸能一家に生まれサラブレッドとして育ち、幼少の頃から母国スウェーデンのTVドラマで人気者だった彼は、学生時代に破天荒で反抗的な少年となってしまった為兵役に就き、それから改めて学業に専念。真剣に演技を学びました。スウェーデンやイギリスの映画を中心に実力を発揮し、32歳からはハリウッドでも人気者になります。美しい容姿で恋愛でも華やかな女優の名前が並んでおり、絵に描いたような芸能人生を送っているアレクサンダー。そんな彼のプライベートな交際遍歴、そして主な出演作品などをピックアップして紹介していきます。


マリオン・コティヤールおすすめ映画8選

マリオン・コティヤールおすすめ映画8選

『TAXi』『ビッグ・フィッシュ』など数々の映画に出演してきた美しき実力派女優マリオン ・コティヤール。そんな彼女のおすすめ8作品をご紹介します。


キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 美しすぎる49歳!夫・娘・息子は?気になるプライベート、出演映画特集!

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 美しすぎる49歳!夫・娘・息子は?気になるプライベート、出演映画特集!

華やかで天性の美貌を持つ女優、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。その美しすぎる容姿から華麗なる恋愛遍歴を想像してしまいすが、とても生真面目な性格で浮き世立ったスキャンダルはほとんど耳にしません。25歳も年の離れたバブリー世代の俳優マイケル・ダグラスに見初められてサラっと結婚して、子供を授かり夫に尽くし続け、夫と共に人生の戦いに挑んできました。子育てと女優業を両立させる完璧主義者です。それが故に病気を引き起こしたりもしますが、そこは真面目に周囲を喜ばせたい彼女の優しさ病なのかもしれません。そんな彼女の気になるプライベート、マイケル・ダグラスとの愛、常にチャレンジし続ける彼女がこなしてきた様々なヒロイン像等に焦点を当てて紹介していきます。


最新の投稿


千葉雄大の出演映画まとめ!ツイッター・ブログ・インスタ・プロフィール・身長は?

千葉雄大の出演映画まとめ!ツイッター・ブログ・インスタ・プロフィール・身長は?

大ヒット映画『帝一の國』や『アオハライド』など数々の映画に出演している千葉雄大さん。その甘いマスクとルックスで若い世代のみならず、幅広い世代の女性を虜にしていますね。温もり男子「ヌクメン」とも呼ばれている千葉さんの魅力に迫っていきたいと思います!


アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

今世界中のアメコミブームを牽引しているマーベル・シネマティック・ユニバースの2大ヒーロー、アイアンマンとキャプテン・アメリカ!ヒーロチーム・アベンジャーズの主なメンバーである2人ですが、この2人が戦ったらどっちが強いの?そんな疑問を抱いたことがある方もいるのでは?気になる成り立ちやスペックを徹底比較していきます!


フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

冬は暖かい部屋で趣味に没頭したりして、芸術的な感性も研ぎ澄まされてきやすい時期。普段置きっぱなしの雑誌や画集なんかを手に取ってみたり、映画を観ながらゆっくり過ごしたい...。という事で2010年代のフランス映画をいくつか紹介していきたいと思います。フランス映画は、活発に動き回っている時にサラっと観れる作品が少ないですが、個人的には涼しくなってくる秋頃から冬、外の震える寒さから逃れて家にいる時、映画館でのんびり休日を楽しみたい時期にピッタリだと感じます。ポートレートのように美しい風景や、芸術的なインテリアや食器コーディネート、凛とした女優さんの輝き、ウィットに富んだ会話の心地よさ、見終わった後の何とも言えない独特な余韻に浸りましょう!


『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

ジュリアン・ ムーアがオスカーに輝いたことでも話題となった『アリスのままで』は、若年性アルツハイマーを宣告された女性について描いた映画作品。原作はベストセラーとなったリサ・ジェノヴァによる同名小説、監督はリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウェストモアランドが務めました。今回は『アリスのままで』について紹介します。


映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

アップル社の共同設立者、スティーブ・ジョブズについて書かれた伝記を基に製作された映画『スティーブ・ジョブズ』。公開後はさまざまな映画賞で注目を浴び、日本では2016年に公開されました。今回は映画『スティーブ・ジョブズ』について紹介します。