『名探偵コナン』の秘密道具を大解剖!便利もトホホもまとめて紹介!

『名探偵コナン』の秘密道具を大解剖!便利もトホホもまとめて紹介!

『名探偵コナン』の主人公は小さな名探偵。年令も身体も小さく、大人ならできることも子供の姿ではできなくて、くやしい思いをする場面に出くわすこともあります。その不便さを解消する阿笠博士の発明品を紹介します。


目次

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品は実用性高し!

© 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

『名探偵コナン』は「身体は子供、頭脳は大人」の名探偵が難事件を解決する物語。でも子供は大人が入れる場所に入れなかったり、体力で叶わなかったりすることもあります。そこで子供の身体や立場では不足してしまう部分を補うために、阿笠博士は自らの発明品をコナンに与えます。

声を変えたり、発信機をつけた相手を追跡したり、『名探偵コナン』を詳しく知らない人でも「コナンの便利グッズ」と聞けば思い浮かぶものも少なくないでしょう。その一方、ファンでもないと存在すら知らない道具もあるでしょう。そのような道具たちを、有名品も知る人ぞ知る品もまとめて、次の項から紹介していきます。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品①腕時計型麻酔銃

© 2007 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・小学館プロダクション・東宝・TMS

これがなくては『名探偵コナン』のストーリーが進まない!という道具が腕時計型麻酔銃。コナンは小学1年生。鋭い推理をしても大人に聞いて貰えないか、あるいは子供なのにどうしてそんな推理ができるのかと怪しまれるか、そんなことが起きてしまいます。そのため、推理を披露して事件を解決に導くには、誰かを影武者に仕立てなくてはなりません。

腕時計型麻酔銃はそんなときに使用します。ボタンひとつで照準が起き上がり、照準を覗きながらターゲットとなる人を狙います。狙いがついたらリューズをポチッと。極細の麻酔針が発射されます。これがプスッと刺されば大の大人もたちまち眠ってしまいます。

眠った人を腰掛けさせて、適当なポーズをつけたら、身を隠します。あとは別の道具を使って、眠った人の声で謎解きすれば事件解決です。コナンの推理と機転と演技力が試される場面です。

© 2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

私立探偵・毛利小五郎は影武者にされる機会が多く、事件は小五郎自身が推理し、解決したことになっているので、小五郎はもはや名探偵です。推理を話す姿がいつも眠っている風に見える(ほんとうに眠っているのですが)というので「眠りの小五郎」という通り名までついているほど。

蘭の同級生・鈴木園子も影武者になることが多く、「推理女王(クイーン)」の名を戴くこともあります。そのほか、コナンに近しい人は影武者にされやすいのですが、蘭は麻酔銃で撃たれたことがありません。蘭が謎解きに参加しなければならない場面では、コナンは大抵、新一として蘭と携帯電話で会話していて、直接推理を伝えることができるので眠らせる必要がないのです。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品②蝶ネクタイ型変声機

© 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

これも『名探偵コナン』のストーリーに不可欠な道具。蝶ネクタイのかたちをしていて、実際に蝶ネクタイとして使用できますが、その裏側にはメカが搭載されています。マイクとスピーカー、声質を変えるダイヤルなどがついていて、この機械を通して話せばどんな人の声を真似ることもできるのです。

腕時計型麻酔銃で眠らせて誰かを影武者に仕立てても、その人の声でしゃべらなければバレてしまいます。そんなときに蝶ネクタイ型変声機は活躍するのです。また、遠くにいることになっている新一として蘭と携帯電話で会話するときにも使用されます。

© 2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

変声機はコナンが使用している蝶ネクタイ型のものだけではありません。『名探偵コナン』作中では灰原哀がコナンの変装をしたときに風邪をひいたふりをしてつけていたマスク型変声機や、別人として行方を眩ませていた赤井秀一が別人になりすますためにつけていたチョーカー型変声機などもあります。チョーカー型変声機を隠すために、別人の姿のときの赤井は、いつもタートルネックの服を着たりマフラーをつけたりしていました。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品③犯人追跡メガネ

© 2007 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・小学館プロダクション・東宝・TMS

江戸川コナンのトレードマークと言えばメガネですが、これも阿笠博士の発明品。このメガネはボタン型発信機や探偵団バッジが発する信号を受信して、追跡することができます。

メガネはもともと、コナンの素顔が新一の幼少時と同じであるために「コナン=新一」と悟られるのを防ぐための変装でした。メガネひとつで変装も何も、と思うかもしれませんが、『スーパーマン』のクラーク・ケントもメガネひとつで正体を隠し通しています。メガネは万能のようです。

© 2011 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

変装用なのでレンズに度は入っていません。しかし左のレンズは発信機の現在地が映るディスプレイになっています。暗視モードもあり、夜間でも視界を確保できます。テンプル(つる)にも仕掛けがあり、右テンプルは盗聴器、左テンプルには集音器の機能があります。折ったテンプルだけを部屋に残して盗聴するというエピソードも原作にはあります。

この高機能なメガネはひとつだけではなく、スペアの犯人追跡メガネもあります。スペアは灰原が持っていて、コナンのピンチにはスペアでコナンの居場所を突き止めて現れることがあります。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品④探偵団バッジ

© 2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「DB」という文字とシャーロック・ホームズのシルエットを意匠化したかたちの小さなバッジです。「DB」とは「Detective Boys」=少年探偵団のこと。元太、光彦、歩美の3人とコナン、灰原ら少年探偵団のメンバーが一人ひとつずつ所持しています。

帽子にもつけられる程度の小さなバッジですが、なんとトランシーバーの機能を持っていて、所持者同士で通信することができます。また、発信機もついていて、犯人追跡メガネで所持者の居場所を知ることも可能。とても小さな機械なのに高機能です。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑤腕時計型ライト

© 2009 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

腕時計型ライトも少年探偵団の面々が一人ひとつずつ所持しています(コナンの腕時計は麻酔銃の機能の上にライトがついています)。地下室や洞窟の中など、暗い場所に閉じ込められることも割りと頻繁にある少年探偵団ですが、そんなときでも腕時計型ライトでことなきを得ています。ときには怖ろしいものを見つけてしまうことも……?!

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑥ターボエンジン付スケートボード

© 2011 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

長距離を急いで移動しなければならないときに大活躍のターボエンジン付スケートボード。映画『名探偵コナン』に必ずと言っていいほど登場し、大活躍する道具です。

太陽電池を搭載していて、陽が落ちてしまうと使用できませんでしたが、映画第3作『世紀末の魔術師』でソーラーバッテリーが組み込まれて、これ以降は日没後も30分間は走行可能に。

ビルからビルへと飛び移ったり、ジェットコースターのレール上を走ったり、バイクとカーチェイスを繰り広げたり、映画作品ではアクションシーンを展開する重要なアイテムのひとつです。ときには車輪を収納してサーフボードになったり、スノーボード版が登場したこともありました。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑦キック力増強シューズ

『劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー』 © 2012 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

攻撃してくる者を撃退したり、逃走しようとする犯人を確保したり、小さな身体ではできないことを大人顔負けにできるようにしてくれたアイテムがキック力増強シューズ。

コナンがいつもはいている赤いスニーカーが、実はキック力増強シューズです。見た目には普通のスニーカーと変わりはないのですが、くるぶしの辺りについているスイッチを入れると電気と磁力で足のツボを刺激して、キック力を向上させるというスグレモノです。

缶などの硬いものを蹴って悪人にぶつけるという使い方が最も多いようですが、手近なものを蹴って構造物にぶつけて倒す、地面を蹴って高く跳躍するなどの使い方をしたこともあります。基本的には何かを「蹴り飛ばす」用途で使用され、蹴ることでその物体自体を破壊するという使い方はされないようです。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑧どこでもボール射出ベルト

『名探偵コナン ゼロの執行人』© 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

近年の阿笠博士の発明の中でもっとも実用性が高いアイテムかもしれません。どこでもボール射出ベルトはキック力増強シューズとの組み合わせで活躍の場が大変広いです。

このベルトはバックルの部分から、伸縮自在の特殊なゴム製のサッカーボールを射出します。ボールの大きさはダイヤルで調節できて、普通のサッカーボール程度のものから見上げるほど巨大なものまで自在です。

誰かが暴漢に襲われているときにボールを射出してキック力増強シューズで蹴り、暴漢にぶつけるというのがオーソドックスな使用方法。伸縮性があるものなので狭い場所で天地左右いっぱいの大きさのものを射出して通せんぼをしたり、高いところから誰かが落ちたときには受けとめるクッションの役を果たしたりもします。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑨伸縮サスペンダー

『名探偵コナン から紅の恋歌』© 2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

腕時計、メガネ、シューズ、ベルトと身につけて持ち運べるアイテムが続いていますが、伸縮サスペンダーもそのひとつ。その名の通り伸縮自在のサスペンダーなのですが、ただ伸び縮みするだけではなく、大変強靱な素材でつくられています。

伸び縮みする強靱なベルトがどのように便利かと言うと……例を挙げてみましょう。

初登場時は壁の出っ張りと扉の取っ手に引っかけて収縮させ、重くて子供の力では開かない扉を開けました。同様にサスペンダーをどこか2箇所に引っかけ、真ん中を引っぱることでパチンコのように物体を遠くへ飛ばすこともできます。

逃げ場がなくなったときに高所から飛び降りる際の命綱や、エレベータの箱を吊り下げるワイヤー代わりになったこともありました。材質の強靱さが尋常でないことが分かります。

© 2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

もっと荒っぽい使い方としては、軸から外れてしまった観覧車の回転部分にサスペンダーをくくりつけることで暴走を防ぐ、パラボラアンテナに引っかけて周囲をターボエンジン付スケートボードに乗って高速でグルグルまわり、遠心力で自身が遠方へ飛んでいくなども。

「そんなバカな」と笑いたくなるかもしれません。しかし劇場で観ている映画の中でこういったことが行われると「すごいぞ!」という興奮につながるのです。まさにコナンマジックです。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑩シール式ボタン型発信機/スピーカー

© 2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

ボタン型の発信機やスピーカーは、もとはコナンの「正装」である青いジャケットのボタンに貼り付けるかたちで持ち運ばれるようにつくられました。のちにほかの服装のときにも使われるようになります。

追跡するためにこっそり容疑者の服の裾に貼り付けたり、粘着剤がついた方が上になるように地面に落として靴で踏ませたりして、発信機をつけて追跡メガネで行方を追うなどの用途があります。シール式でとても薄く、ボタン型で小さいので、ジャケットを着ていないときでも携行可能。

スピーカーも似たかたちで誰かに貼りつけ、そこから蝶ネクタイ型変声機を使って声を出したりします。たとえば「眠りの小五郎」が謎解きをするときに小五郎の襟などにスピーカーを貼りつけておけば、コナンが別室にいても小五郎の声でしゃべることができます。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑪カフスボタン型スピーカー

© 2010青山剛昌/「名探偵コナン」製作委員会

先に紹介したボタン型スピーカーに似ている感じがしますが、こちらはシール式ではなく、背広などのジャケットの袖につけるカフスボタン型。ボタン型よりも立体的なものです。その分、シール式よりも機能が多いです。

カフスボタン型スピーカーには盗聴機能が備わっています。これをつけた人がいる場所の会話を犯人追跡メガネの集音器で聞くことができるのです。

このアイテムは映画第9作『水平線上の陰謀(ストラテジー)』で初登場します。冒頭でコナンが手にしていましたが、すぐに小五郎に取り上げられてしまいました。このおかげで別行動を取っていたときの小五郎がコナンとは別ルートで捜査している内容をコナンは知ることができたのでした。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑫弁当型携帯ファックス

© 2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

初登場の頃は大変画期的かと思われたアイテムなのですが、ストーリー上あまり重要な役を得られないまま、登場の機会が失われてしまいました。

「弁当型」とは言いますが、弁当箱に小型のファックスを取りつけただけの代物。詰められているおかずはほんもので食べられるのだとか。ごはんの真ん中にある梅干しは起動スイッチ。ごはん部分が機械でおかず部分がほんもののようです。おかずはエビフライやタコさんウインナーが入っていました。阿笠博士がつくったのでしょうか。

受話器を取りつければ電話としても使えますが、次の項で紹介するイヤリング型携帯電話があれば特に必要のない機能。後年、携帯電話がどんどん小型化・高機能化したこともあり、このアイテムがストーリーに登場したのは1回だけでした。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑬イヤリング型携帯電話

名探偵コナン「紅の修学旅行編」© 青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

イヤリング型ということで女性用アイテムか?と思ってしまいますが、主にコナンが使用しています。イヤリング型ですが、コナンが耳につけていたことはありません。

耳につけたことがあるのは蘭です。これを耳につけて、新一と通話しながらその推理通りに行動し、事件を解決に導いたことがあります。

拳の中に握り込めてしまうくらい小型の電話なので、弁当型携帯ファックスよりはストーリー上も重宝されました。しかし、ファックスと同様の理由で出番はどんどんなくなっていきました。

© 2011 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

あるエピソードで服部平次はイヤリング型携帯電話を持つコナンに電話をかけてきたことがあるのですが、つまりこれは、平次はこの電話の電話番号を知っているということです。もしかしたら、いまはスマホユーザーの平次のアドレス帳に、まだ番号が残っているかもしれません。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑭ボイスレコチェンジャー

「名探偵コナン」© Gosho Aoyama/Shogakukan・YTV・TMS 1996

このアイテムの名を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。実はボイスレコチェンジャーは実際に市販されていたことがあります。

ストーリー上は1回しか登場しませんでしたが、阿笠博士の発明品のうちで最も稼いだアイテムかもしれません。おもちゃ会社バンダイと共同開発した商品。バンダイからは契約金として自家用車を買い換えることができるくらいの金額を受け取っています。

© 2011 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

ボイスレコチェンジャーは録音機能がついていて、録音した声を子供の声にも大人の声にも変化させることができます。スロー再生することも可能。また、ボールペンもついていて、普通の筆記用具として使用することもできます。

私たちが住む現実の世界では3800円で『名探偵コナン』の版権グッズとして販売されていました。販売当時に買って、大事に保管している人もおられるのではないでしょうか。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑮トロピカルレインボー

© 2013 モンキー・パンチ 青山剛昌/「ルパン三世vs名探偵コナン」製作委員会

レアアイテムのひとつ。端的に言ってしまうと爆弾なのですが、使い途は物騒なものではありません。杯戸美術館解体の際のセレモニーのためにつくられたもので、阿笠博士がつくるものですから普通の爆弾ではありません。

この爆弾は名前の通り、爆発するときに七色の光を発するのです。花火かと思われるかもしれませんが、あくまで建物を解体するための爆弾。原作漫画では実際の爆破の様子は見られませんでしたが、テレビアニメ版では虹のように輝く様子が見られました。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品⑯ノート型電子マップ

『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』© 2002 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・小学館プロダクション・東宝・TMS

これもレアアイテムです。原作には登場せず、スピンオフの『名探偵コナン特別編』及びテレビアニメに1回だけ登場したアイテム。

見た目は普通の算数ノート、開くと電子マップです。現在位置を中心として半径○メートルの円を表示したり、マップの拡大ができたりします。

現在でいえばタブレットに近いのですが、ノートに擬態するほどですから柔らかい材質のディスプレイのようです。また、ノート型なので開いた両面に跨がってディスプレイがあるデュアルディスプレイが採用されています。

いまでは誰もが持つスマホで代用できてしまう程度の機能ですが、テレビアニメの登場回が放送されたのが1998年ということから考えると、かなり時代を先取りしたアイテムだったと言えます。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品:ほかにもある!博士の珍発明

© 2007 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・小学館プロダクション・東宝・TMS

ここまで主な阿笠博士の発明品を紹介してきましたが、もちろん阿笠博士が生み出したものはこれだけではありません。エピソードにちらっとだけ登場したものや、映画にのみ登場したもの、1回使われただけのものなどさまざまあります。

少年探偵団の面々はたびたび阿笠博士がつくったコンピュータゲームを遊びに阿笠邸を訪れていますし、薬の開発もしています。お腹が鳴るのを抑える薬や酒を飲むとすぐに顔が赤くなる薬など、病気を治すものではなく便利グッズの範囲のものですが、それでも阿笠博士は工学博士なのに薬品もつくり出せてしまうのですから、「天才発明家」は言い過ぎではないのかもしれません。

水中に潜るときに便利な「小型酸素ボンベ」という、名前そのままの機能を備えた道具や、切るたびに「チョキン」と音がするハサミなんていうかわいいものもあります。しかし何といっても阿笠博士ならではの発明と言えば、毎作の映画に登場するダジャレ絡みのクイズではないでしょうか。

『名探偵コナン』阿笠博士の発明品 まとめ

『名探偵コナン ゼロの執行人』 © 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

阿笠博士の発明品を一通りご紹介しました。「これ知ってる!」、「これ見たことない……」、「はじめて知った!」など、ご感想もいろいろおありかと思います。

中には「トホホ」と呟いてしまうようなアイテムもありますが、ひとつ確かに言えることは、『名探偵コナン』という作品は、阿笠博士の発明品のおかげで大きく展開もするし、アクションなどのおもしろさも加味されて、味わいある娯楽作品に仕上がっているということです。

黒の組織の動きなども気になりますが、今後は阿笠博士の発明にも注目して『名探偵コナン』をご覧になってはいかがでしょうか。

この記事のライター

関連する投稿


10代の人気女優ランキング!【2018年版】出演映画もあわせて紹介!

10代の人気女優ランキング!【2018年版】出演映画もあわせて紹介!

今、次世代が熱い⁉ 30代の黄金期世代には映画会のトップを走る女優がいて、そして20代には今の時代を彩る女優がいる。そして10代は今、新たな新風を巻き起こそうとしているのです。もう活躍している女優から、これからを担う女優まで紹介していきたいと思います。


はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

「名探偵コナン」のだいたいのストーリーは知っているけど、いまから読むのは大変そう……と思っている人は案外多いのではないでしょうか。そんなみなさんのために、サイドストーリーは一切除外、原作単行本を基礎にメインストーリーだけを、「これから『名探偵コナン』に触れる人」向けにご紹介します!


映画『名探偵コナン』の作品一覧!歴代全部まとめて公開順に大紹介!

映画『名探偵コナン』の作品一覧!歴代全部まとめて公開順に大紹介!

漫画連載25年め、アニメ放送23年め。『名探偵コナン』という作品は、この世に登場してから生まれた人たちもすっかり成人してしまうほど長きに渡って愛され続けています。今回は映画『名探偵コナン』22作品を公開順にすべてご紹介します。あなたは何本観ましたか?


Huluで観られるアニメ漫画おすすめ20選!どれも面白い名作揃い!

Huluで観られるアニメ漫画おすすめ20選!どれも面白い名作揃い!

数あるビデオ・オンデマンド・サービスの中でも、アニメや漫画作品が豊富なHulu(フールー)。国民的名作から、最新の話題作まで、見はじめたら止まらない中毒必須の傑作が満載です!


『名探偵コナン ゼロの執行人』まとめ!過去作も一挙おさらい!

『名探偵コナン ゼロの執行人』まとめ!過去作も一挙おさらい!

毎回劇場版が上映されると、大きな話題となる名探偵コナンシリーズ。 前作は邦画アニメNo.1ヒットを記録するなど、その勢いは一目瞭然! 最新作では、原作でも人気のあるキャラにフォーカスを当てており、既に注目が集まっています。 今回は新作『ゼロの執行人』の見どころを始め、これまで上映された過去作を一挙まとめました。


最新の投稿


『アリー/スター誕生』レディーガガ主演!あらすじ・キャスト・主題歌などまとめ

『アリー/スター誕生』レディーガガ主演!あらすじ・キャスト・主題歌などまとめ

濃いメイクに奇抜な衣装。レディー・ガガと言えば、そんなイメージが真っ先に浮かびます。しかしは、映画『アリー/スター誕生』で、これまでにない自分に自信のない歌手の役に挑戦しています。そんなガガ自身も、デビューするまではこの役のようだと言答えました。そんな知られざるガガの魅力が詰まった『アリー/スター誕生』をまとめました。メイクなし!衣装なし!レディー・ガガが素の自分で挑んだ『アリー/スター誕生』の魅力に迫ります!


千葉雄大の出演映画まとめ!ツイッター・ブログ・インスタ・プロフィール・身長は?

千葉雄大の出演映画まとめ!ツイッター・ブログ・インスタ・プロフィール・身長は?

大ヒット映画『帝一の國』や『アオハライド』など数々の映画に出演している千葉雄大さん。その甘いマスクとルックスで若い世代のみならず、幅広い世代の女性を虜にしていますね。温もり男子「ヌクメン」とも呼ばれている千葉さんの魅力に迫っていきたいと思います!


アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

今世界中のアメコミブームを牽引しているマーベル・シネマティック・ユニバースの2大ヒーロー、アイアンマンとキャプテン・アメリカ!ヒーロチーム・アベンジャーズの主なメンバーである2人ですが、この2人が戦ったらどっちが強いの?そんな疑問を抱いたことがある方もいるのでは?気になる成り立ちやスペックを徹底比較していきます!


フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

冬は暖かい部屋で趣味に没頭したりして、芸術的な感性も研ぎ澄まされてきやすい時期。普段置きっぱなしの雑誌や画集なんかを手に取ってみたり、映画を観ながらゆっくり過ごしたい...。という事で2010年代のフランス映画をいくつか紹介していきたいと思います。フランス映画は、活発に動き回っている時にサラっと観れる作品が少ないですが、個人的には涼しくなってくる秋頃から冬、外の震える寒さから逃れて家にいる時、映画館でのんびり休日を楽しみたい時期にピッタリだと感じます。ポートレートのように美しい風景や、芸術的なインテリアや食器コーディネート、凛とした女優さんの輝き、ウィットに富んだ会話の心地よさ、見終わった後の何とも言えない独特な余韻に浸りましょう!


『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

ジュリアン・ ムーアがオスカーに輝いたことでも話題となった『アリスのままで』は、若年性アルツハイマーを宣告された女性について描いた映画作品。原作はベストセラーとなったリサ・ジェノヴァによる同名小説、監督はリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウェストモアランドが務めました。今回は『アリスのままで』について紹介します。