ヤバすぎる怪作『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』に隠された小ネタ&トリビアまとめ

ヤバすぎる怪作『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』に隠された小ネタ&トリビアまとめ

ニコラス・ケイジが復讐の鬼と化す主人公に扮する、異色バイオレンス・ムービー『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』。ストーリーもさることながら、効果的に用いられるヘビーメタルミュージックや、暴力的でありながらどこか幻想的な映像も見どころです。今回はそんな『マンディ』の知られざるトリビアや、監督が密かに仕掛けた小ネタをご紹介します。


目次

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』ニコラス・ケイジvsカルト集団の血まみれバトル!

ニコラス・ケイジ (C) Getty Images

鬼才パノス・コスマトス監督が、『ゴーストライダー』、『キック・アス』のニコラス・ケイジを主演に迎え製作した異色のバイオレンス・アクション映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』をご存知でしょうか。
愛する妻マンディ(アンドレア・ライズボロー)をカルト集団に殺された男レッド(ニコラス・ケイジ)の復讐を描く物語…なのですが、とにかく映像と音楽がすごい!
血で染め上げたような赤いライトを使った画面、ヘビーメタル、血に濡れながらカッと目を見開いたニコラス・ケイジ……。ゴア描写は激しめながら芸術的で美しいシーンも多く、劇中ドラッグをキメた登場人物が見ている光景そのもののようです。

イライジャ・ウッド -(C) Getty Images

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』は、パノス・コスマトス監督とアーロン・スチュワート=アンが共同で脚本を執筆。
プロデューサー陣には、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『ラスト・ウィッチ・ハンター』、Netflixドラマ「私立探偵ダーク・ジェントリー」で知られるイライジャ・ウッドも名を連ねています。
今回はカルトな魅力を放つ『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』の知られざるトリビアや、製作者が映画に仕込んだ小ネタをご紹介します。

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』トリビア&小ネタ&撮影秘話17選

ニコラス・ケイジは当初悪役を打診されていた

ニコラス・ケイジ-(C)Getty Images

ニコラス・ケイジ演じる主人公レッドは、愛する妻マンディ(アンドレア・ライズブロー)を殺したカルト集団とそのリーダー、ジェレマイア(ライナス・ローチ)に戦いを挑みます。
ニコラス・ケイジは当初このジェレマイア役としてパノス・コスマトス監督からアプローチを受けたそう。

『オレの獲物はビンラディン』-(C) 2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved

ですがニコラス・ケイジは、レッドを演じたいと監督に申し出ました。
その理由は、ニコラス・ケイジが『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』を、若い世代と中年世代の戦いの物語だと捉えたため。
当時パノス・コスマトス監督はレッド役にニコラスは適任でないのではないかと考え、出演交渉はそこでストップしたそうです。

ニコラス・ケイジ主演はイライジャ・ウッドの橋渡しで実現していた!

『ホビット 思いがけない冒険』プレミア

パノス・コスマトス監督とニコラス・ケイジの交渉決裂から、約一年後。
俳優/クリエイターのイライジャ・ウッドを通じて、両者は再び『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』に関する面談に入りました。話し合いでは愛そのもの、そして愛の喪失といった映画のテーマを深く掘り下げたそうです。
そしてようやくコスマトス監督はニコラス・ケイジがレッド役にふさわしいと判断。ニコラス・ケイジの名が、主演として堂々とクレジットされる運びとなったのです。

チェダー・ゴブリンのCMを作ったのは誰?

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』劇中でマンディを失い、自身も拘束されたレッドはなんとかカルト集団のアジトを抜け出します。
家に帰ると、テレビに映っていたのは「チェダー・ゴブリン」のCM。ゴブリンが口からとんでもない量のチェダーチーズを吐くのです。
この劇中コマーシャル映像を製作したのは、アメリカで短編映画を多く製作するクリス・キャスパー・ケリー。バカバカしくもどこか毒のある映像を創り上げました。

チェダー・ゴブリンのフォロワー数は映画公式Twitterのフォロワー数より多い!

そのチェダー・ゴブリンは、Twitterにアカウントを開設。
『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公式アカウントのフォロワー数が約2000人であるのに対し、チェダーゴブリンのフォロワー数は約5800人と、なんと本家を抜く(?)人気を誇っています(2018年11月22日記事執筆時点)。

レッド自作の武器は有名ヘビメタバンドにインスパイアされたもの!

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』で、復讐を決意したレッドは、お手製の武器でカルト集団のメンバーを次々と血祭りにあげていきます。
ポスターにも描かれたこの武器は、スイスの有名ヘビーメタル・バンド「セルティック・フロスト」のロゴにインスパイアされたもの。
今作でヘビーメタル・ミュージックは物語の随所に用いられており、アクションや会話シーンを盛り上げています。

カンヌ国際映画祭では拍手喝采!批評家から絶大な支持

第71回カンヌ国際映画祭(C)Getty Images

サンダンス映画祭やファンタジア国際映画祭、ヘルシンキ国際映画祭など数々の映画祭に出品され、映画評論家やメディアに絶賛された『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』。
世界最大の映画レビューサイトRotten Tomatoesでは、なんと批評家スコア98%(2018年9月14日北米公開日時点)というとんでもないスコアを記録しています。
またカンヌ国際映画祭で『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』が上映された際には、約5分のスタンディング・オベーションを受けたそうです。

ヨハン・ヨハンソンの最後のスコア

エミリー・ブラント主演『ボーダーライン』ポスター (C)Photo Credit: Richard Foreman Jr. SMPSP

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』で音楽を担当したのは、『メッセージ』、『ボーダーライン』などで知られ、『博士と彼女のセオリー』ではゴールデン・グローブ賞作曲賞を受賞したヨハン・ヨハンソン。
今作では重低音や電子音、ヘビーメタルを用いて独特の世界観をさらに盛り上げました。
ヨハン・ヨハンソンは2018年2月に自宅で死去。『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』が最後のスコアとなっています。

マンディが読んでいた本のタイトルに隠された秘密

アンドレア・ライズブロー -(C) Getty Images

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』序盤で、アンドレア・ライズブロー演じるマンディは「Seeker of the Serpent's Kiss」というタイトルの本を読んでいます。
これは映画用の小道具として作られた架空の本。ヨハン・ヨハンソンが作曲した「Seeker of the Serpent's Eye」から取られたものと見られ、このシーンでは同曲が流れています。

カルト集団のリーダーにレッドが放ったセリフの元ネタ

物語終盤、とうとうジェレマイアを追い詰めるレッド。
その際のレッドのセリフで、「同じ水でも精神異常者は溺れ、神秘家は泳ぐ」というものがあります。
これはアメリカの神話学者ジョセフ・キャンベルの著書にある言葉から引用されたものです。

『マンディ』誕生のきっかけは、コスマトス監督の個人的体験にあった

パノス・コスマトス監督は、両親の死から『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』、そして『Beyond the Black Rainbow(日本未公開)』を構想し始めたそうです。
両作品の公開時期は異なりますが、脚本は同じ時期に書かれたとのこと。
『Beyond the Black Rainbow』では主人公が抑圧から抜け出そうとする姿を、そして『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』では、野性的でエモーショナルな世界を描きました。
ストーリーは異なりつつも、両作品はコインの表と裏のような関係性になっています。

ニコラス・ケイジは『13日の金曜日』ジェイソンを参考に役作りしていた?!

© 2008 Paramount Japan K.K. All Rights Reserved.

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』撮影現場で、パノス・コスマトス監督とニコラス・ケイジは、レッドというキャラクターについての探求をすすめました。
二人は、レッドが普通の男から野獣になるまでの過程を作り上げていたといいます。そこで二人がキャラクターの参考にしたのは、なんと『13日の金曜日』の殺人鬼ジェイソン!
レッドが超人的なパワーでカルト集団を次々と血祭りにあげていくさまは、確かに言われてみればジェイソンに似ているかも……?

レッドとマンディのいる場所は"エデンの園"?

アンドレア・ライズブロー/『ビトレイヤ―』 -(C) The British Film Institute 2013

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』は、前半はロマンティックなラブストーリーなのに対し、後半は血みどろで暴力的な物語。
海外メディアのインタビューで、コスマトス監督は「私は、観客がレッドとマンディと共に時間を過ごすという、意義深い箇所を作りたかったのです。観客に彼らがどういったキャラクターなのかを知ってもらいたかった。編集の過程で(ストーリーのトーンを)2つに分け、結果的に成功したと思っています」と語っています。

撮影監督の起用はたまたまだった?!

ジェームズ・フランコ -(C) Getty Images

アカデミー賞の前哨戦とも呼ばれるインディペンデント・スピリット賞撮影部門にて、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』より、撮影監督のベンジャミン・ローブがノミネートされました。
ベンジャミン・ローブは、これまで短編映画や、ジェームズ・フランコ出演の『King Cobra』などに携わってきた経歴の持ち主。
ですが当初ベンジャミンは『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』に参加する予定はなかったそう。別の撮影監督がスケジュールの都合で降板し、その後任として起用されたそうです。

構想8年、ついに実現した『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』

『Beyond the Black Rainbow』が公開されたのが2010年。このときすでに『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』の構想はあったものの、パノス・コスマトス監督は映画製作会社SpectreVisionの仕事に従事しており、『マンディ』の映像化にかける時間がなかったそう。
結局『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』が実現したのは、構想から8年後でした。

パノス・コスマトス監督にインスパイアを与えたSF映画とは

海外メディアComingsoon.netのインタビューによれば、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』は、1982年に米公開されたインディーズ映画『The Sword and the Sorcerer(原題)』、そして1983年に公開されたイタリア・スペイン・メキシコ合作のSF映画『Conquest(原題)』から着想を得たシーンが散りばめられているそうです。
『The Sword and the Sorcerer』と『Conquest』は、どちらも一部の間でカルト的人気を誇るSF映画。ファンタジーや奇妙な造形のクリーチャーといった要素は、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』にも反映されています。

パノス・コスマトス監督、父の撮った映画で一番好きなのは『マッド・ティース』

© 2007 EQUITY PICTURES MEDIENFONDS GMBH & CO.KG IV

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』パノス・コスマトス監督の父は、『ランボー/怒りの脱出』『コブラ』、『カサンドラ・クロス』などで知られる映画監督のジョージ・P・コスマトス。
そのジョージ・P・コスマトス監督が1983年に製作した作品が『マッド・ティース(原題:Of Unknown Origin)』です。
『マッド・ティース』は、『ロボコップ』のピーター・ウェラーがエリートサラリーマンの主人公に扮し、謎の侵入者と戦いを繰り広げるサスペンス作品。
パノス・コスマトス監督は父の撮った作品の中で『マッド・ティース』が一番のお気に入りであるとインタビューで述べています。

パノス・コスマトス監督が語るキャスティングの極意とは

アンドレア・ライズブロー/『ビトレイヤ―』 -(C) The British Film Institute 2013

過去の監督作品『Beyond the Black Rainbow』では気鋭の新人俳優を起用したのに対し、今回『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』ではニコラス・ケイジやアンドレア・ライズブローといったスターを起用したパノス・コスマトス監督。
Comingsoon.netのインタビューでコスマトス監督は、「両作品のキャスティングに違いはありません。作品ごとにふさわしい役者を選んでいるのです」と語っています。
「役者たちと共に仕事をするのは楽しいですし、自分が作ったコンセプトに彼らが命を吹き込んでいくのも嬉しい。アイディアが形になっていくのはまるで魔法のようです」とも明かしました。

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』ストーリー

1983年、シャドー・マウンテンズのふもと。レッド・ミラー(ニコラス・ケイジ)は、妻マンディ(アンドレア・ライズブロー)と、質素ながらも幸せな毎日を送っていた。
しかしある日、ヒッピーのカルト集団がレッドとマンディを誘拐。リーダーのジェレマイア(ライナス・ローチ)はマンディを仲間に引き入れようとするが、マンディは屈しない。
腹を立てたジェレマイアは、マンディをレッドの目の前で火であぶり殺してしまう……。
運よく逃げ出すことのできたレッドは、ジェレマイアとカルト集団に復讐を決意。お手製の武器や巨大チェーンソーを片手に、メンバーを次々と血祭りにあげていく!

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』登場人物とキャスト

レッド・ミラー(演:ニコラス・ケイジ)

ニコラス・ケイジ -(C) Getty Images

復讐に燃える主人公レッドを演じるのは、『月の輝く夜に』、『赤ちゃん泥棒』、『スノーデン』などで知られる名優ニコラス・ケイジ。
ちなみにニコラス・ケイジは芸名で、マーベル・コミックのキャラクター「ルーク・ケイジ」からとられているそうです。

マンディ(アンドレア・ライズブロー)

アンドレア・ライズブロー -(C) Getty Images

レッドの妻マンディを演じたのは、『オブリビオン』、『ベトレイヤー』などへの出演で知られるアンドレア・ライズブロー。「ELLE」や「VOGUE」といったファッション誌でも活躍するなど、多彩な才能を発揮する女優です。

ジェレマイア・サンド(ライナス・ローチ)

カルト集団のリーダー、ジェレマイアに扮したのは『フライト・ゲーム』『バットマン ビギンズ』などで知られるライナス・ローチ。
カリスマ性を持ちながらも狂気に駆られた教祖ジェレマイアを見事に演じ上げました。

ブラザー・スワン(演:ネッド・デネヒー)

ジェレマイアの右腕的存在であるブラザー・スワン役には、『ブリッツ』、『ハリーポッターと死の秘宝 PART1』などに出演したネッド・デネヒーが抜擢されました。

マザー・マルネーレ(演:オルウェン・フエレ)

カルト集団の女性メンバーで、ジェレマイアに心酔するも邪険にあしらわれるマザー・マルネーレを演じたのは、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』にも出演しているオルウェン・フエレです。

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』カルト映画の新たな傑作が誕生

1980年代の音楽や文化、往年のカルトムービーに多大なるリスペクトを捧げた『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』。
ぶっ飛んだ映像と世界観で、あなたもトリップしてしまうこと間違いなしです!

この記事のライター

関連する投稿


『キック・アス』あらすじ・キャスト紹介!オタク主人公が正義のヒーローに!?

『キック・アス』あらすじ・キャスト紹介!オタク主人公が正義のヒーローに!?

興行収入96億円を記録した、アーロン・ジョンソン主演、マシュー・ヴォーン監督の2010年のアメリカ映画『キック・アス』のあらすじ・キャストを紹介します!


50代のダンディー俳優まとめ!イケメン・渋メン俳優をランキング形式で紹介!

50代のダンディー俳優まとめ!イケメン・渋メン俳優をランキング形式で紹介!

こちらの記事は、50代になっても最前線を走り続けるだけでなく、漢としても魅力を出し続ける俳優を、国内外問わず20人選出!そのなかで、ランキング形式によって俳優をご紹介します!徹底した役作りによってキャラを確立した人から、どんな役もこなす名バイプレイヤーまでまとめています!果たしてあなたが気になる俳優は何位なのでしょう?


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


【今週末公開の映画】12/15〜『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など

【今週末公開の映画】12/15〜『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など

12/15、16に公開される映画を紹介します。感動の実話ラブストーリーからドキュメンタリー、そして全世界待望の『スター・ウォーズ』シリーズ最新作まで!気になる作品をチェックしましょう!


【Happy Birthday!】6月前半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】6月前半生まれのハリウッドスター達

梅雨も間近、少しずつ暑い日が目立ち始めるこの時期。 ここでは、6月前半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 アクションジャンルで活躍する俳優たちが揃いました!


最新の投稿


千葉雄大の出演映画まとめ!ツイッター・ブログ・インスタ・プロフィール・身長は?

千葉雄大の出演映画まとめ!ツイッター・ブログ・インスタ・プロフィール・身長は?

大ヒット映画『帝一の國』や『アオハライド』など数々の映画に出演している千葉雄大さん。その甘いマスクとルックスで若い世代のみならず、幅広い世代の女性を虜にしていますね。温もり男子「ヌクメン」とも呼ばれている千葉さんの魅力に迫っていきたいと思います!


アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

アイアンマンVSキャプテン・アメリカはどっちが強い?能力やこれまでの敵を徹底比較!

今世界中のアメコミブームを牽引しているマーベル・シネマティック・ユニバースの2大ヒーロー、アイアンマンとキャプテン・アメリカ!ヒーロチーム・アベンジャーズの主なメンバーである2人ですが、この2人が戦ったらどっちが強いの?そんな疑問を抱いたことがある方もいるのでは?気になる成り立ちやスペックを徹底比較していきます!


フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

冬は暖かい部屋で趣味に没頭したりして、芸術的な感性も研ぎ澄まされてきやすい時期。普段置きっぱなしの雑誌や画集なんかを手に取ってみたり、映画を観ながらゆっくり過ごしたい...。という事で2010年代のフランス映画をいくつか紹介していきたいと思います。フランス映画は、活発に動き回っている時にサラっと観れる作品が少ないですが、個人的には涼しくなってくる秋頃から冬、外の震える寒さから逃れて家にいる時、映画館でのんびり休日を楽しみたい時期にピッタリだと感じます。ポートレートのように美しい風景や、芸術的なインテリアや食器コーディネート、凛とした女優さんの輝き、ウィットに富んだ会話の心地よさ、見終わった後の何とも言えない独特な余韻に浸りましょう!


『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

『アリスのままで』キャスト・あらすじ・みどころ

ジュリアン・ ムーアがオスカーに輝いたことでも話題となった『アリスのままで』は、若年性アルツハイマーを宣告された女性について描いた映画作品。原作はベストセラーとなったリサ・ジェノヴァによる同名小説、監督はリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウェストモアランドが務めました。今回は『アリスのままで』について紹介します。


映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

映画『スティーブ・ジョブズ』アップルの“顔”、その裏側とは?

アップル社の共同設立者、スティーブ・ジョブズについて書かれた伝記を基に製作された映画『スティーブ・ジョブズ』。公開後はさまざまな映画賞で注目を浴び、日本では2016年に公開されました。今回は映画『スティーブ・ジョブズ』について紹介します。