『ヘレディタリー/継承』など、B級と見せかけてめちゃくちゃ怖いホラー映画たち!

『ヘレディタリー/継承』など、B級と見せかけてめちゃくちゃ怖いホラー映画たち!

新進気鋭の監督により、各映画祭にて絶賛されているホラー映画『ヘレディタリー/継承』をご存知でしょうか?トニ・コレット主演による本作は、彼女の演技力や、綿密な伏線回収が魅力的な作品となっています。さらに、『ヘレディタリー/継承』以外にも、オリジナリティ溢れるインディー映画は多数あります。今回はそんな作品の魅力に迫ります!


現代ホラーの最高傑作と言わしめた『ヘレディタリー/継承』とは?

『ヘレディタリー/継承』メイン (c)2018 Hereditary Film Productions, LLC

今年のサンダンス映画祭で批評家から多数の高評価を獲得したの『ヘレディタリー/継承』 亡くなった主人公の祖母・エレンから忌まわしい“何か”を受け継いでしまった家族を、死ぬよりも過酷な出来事と、身の毛がよだつ最大の恐怖が襲い掛かります。彼女たちが祖母から受け継いだものは一体なんなのか?ホラー映画であると同時に、綿密に練られた伏線回収も大きな話題とない、その脚本にも期待が集まっています。

『ヘレディタリー/継承』ポスタービジュアル (c)2018 Hereditary Film Productions, LLC
前の画像

そんな『ヘレディタリー/継承』の監督と脚本を務めたのは、本作が初めての長編映画となるアリ・アスター。その独特な演出方法は、画面を駆け抜ける光や、深夜に現れる夢、家の壁に描かれる字まで、すべての場面がラストへの恐怖の伏線となっています。まさに計算された脚本と異常なまでの完成度は、ホラー映画では類を見ないほどのクオリティと言えること必須です。

『ヘレディタリー/継承』あらすじ

『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
前の画像

『ヘレディタリー/継承』の主人公はアニー。グラハム家の祖母・エレンが亡くなると、娘のアニーは、家族とともに粛々と葬儀を行う。アニーは過去の出来事がきっかけで母に愛憎入り交じる感情を抱いていた。そんな時、エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。

アニーと夫・スティーヴン、高校生の息子・ピーター、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリーは家族を亡くした喪失感を乗り越えようとするが、奇妙な出来事がグラハム家に頻発。やがて最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が彼女たちを襲う。果たして『ヘレディタリー/継承』の「継承」が意味するものは…

『ヘレディタリー/継承』を制作したのはアカデミー賞作品賞も獲得した「A24」

© 2016 A24 Distribution, LLC

一見、B級映画のような装いをしている『ヘレディタリー/継承』 ですが、本作を制作したのは「A24」という映画会社。この会社はあのアカデミー賞作品賞を獲得した『ムーンライト』をはじめ、グレタ・カーヴィグの監督作『レディ・バード』など、新しくて完成度の高い作品を世に送り出しているのです。

© Universal Pictures

ちなみに2018年に日本で公開された「A24」の作品には、エル・ファニング主演の『パーティで女の子に話しけるには』や『バグダッド・スキャンダル』、アンドリュー・ガーフィールド主演の『アンダー・ザ・シルバーレイク』などヘレディタリー/継承』をはじめ、新進気鋭な作品が勢ぞろいしています。

『ヘレディタリー/継承』の主演を務めるのは名女優トニ・コレット

『イン・ハー・シューズ』キャメロン・ディアス、トニ・コレット来日記者会見 メイン

『ヘレディタリー/継承』での鬼気迫る怪演で次回のアカデミー賞主演女優賞のノミネートが期待されるトニ・コレット。演技に対する姿勢は並々ならぬもので、1994年に公開された『ミュリエルの結婚』では、太目の女性を演じるために、体重を18キロも増やしたとか。さらにM・ナイト・シャマラン代表作『シックス・センス』ではアカデミー賞助演女優賞にもノミネートされるほどです。

『マダムのおかしな晩餐会』 (C)2016 / LGM CINEMA - STUDIOCANAL - PM

俳優以外の活動でも注目を集めており、2006年にはミュージシャンとしても活動を開始。アルバムをリリースするとツアーも行うほど精力的な活動を行います。私生活でもオーストラリアのミュージシャンと結婚しており、2008年1月9日に第一子となる女児、2011年には息子も生まれています。

トニ・コレット出演作①『マイ・ベスト・フレンド』

『マイ・ベスト・フレンド』(C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED

ジェス(ドリュー・バリモア)とミリー(トニ・コレット)は、数十年来の大親友。幼いころから洋服や友人関係、初めてのキスや初体験の秘密まで、人生の全てを共有してきた。大人になり、ミリーはキット(ドミニク・クーパー)というバンドマンの彼氏と結婚・出産、PR会社のキャリアウーマンとしても充実した生活を過ごし、ジェスは都市設計家の仕事を得て、ボーイフレンドのジェイゴ(パディ・コンシダイン)とテムズ運河に浮かぶボートハウスに居を構える。

『マイ・ベスト・フレンド』ポスタービジュアル (C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED

結婚しても、子どもができても、2人の関係は変わらず、友情も当たり前に続いていくものだと思っていた。しかしあるとき、ミリーに乳がんが見つかる。また同じころ、不妊治療を続けてきたジェスに待望の妊娠が判明。しかし、ジェスはミリーのことを思うと、一番に伝えたいはずの彼女に伝えられない。相手を想うがゆえに言葉にできないことが増えていく、2人の友情のゆくえは…。トニ・コレットが乳がんを患ってしまう役を演じ、本作は日本でも多くの女性の涙を誘いました。

トニ・コレット出演作②『マダムのおかしな晩餐会』

『マダムのおかしな晩餐会』ポスター (C)2016 / LGM CINEMA - STUDIOCANAL - PM - Tous Droits

エレガントなパリの都に越してきた裕福なアメリカ人夫婦のアンとボブ。セレブな友人たちを招いてとびきり豪華なディナーを開こうとするが、手違いで出席者が不吉な13人に。大慌てでスペイン人メイドのマリアを“ミステリアスなレディ”に仕立て上げ、晩餐会の席に座らせる。ところが、緊張のあまりワインを飲みすぎたマリアはお下品な“ジョーク”を連発。逆にこれが大ウケしてダンディーな英国紳士から求愛されてしまう…。

『マダムのおかしな晩餐会』 (C)2016 / LGM CINEMA - STUDIOCANAL - PM - Tous Droits Reserves

『SMOKE』のハーヴェイ・カイテルとの共演も話題になる本作。『ヘレディタリー
/継承』のトニ・コレットと共に脚本の素晴らしさに惹かれて出演したそうです。そんな本作は、上流階級たちの豪華な暮らしとスキャンダラスなゴシップを覗きながら、刺激と毒気がたっぷりと仕込まれた、パリを舞台にした大人のロマンティック・コメディです。

『ヘレディタリー/継承』だけじゃない!知名度はなくても怖いホラー映画たち!

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


Netflixドラマ「ベイツ・モーテル」シーズン1あらすじ&キャスト徹底解説![ネタバレあり] 

Netflixドラマ「ベイツ・モーテル」シーズン1あらすじ&キャスト徹底解説![ネタバレあり] 

現在ネットフリックスで配信中のドラマ「ベイツ・モーテル」。アメリカのオレゴン州で暮らすサイコな親子を描いたサスペンスドラマで、放送当時から全米を震撼させ人気となった作品。実力派キャストが繰り広げるサイコな世界は必見です!今回はそんな「ベイツ・モーテル」のあらすじやキャストをご紹介していきます!


エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

1999年公開の『ファイト・クラブ』で知られるエドワード・ノートン。今回はそんな彼が出演している映画の中からおすすめ8作品をご紹介します。日本の漫画が原作の最新作『アリータ: バトルエンジェル』にも出演!


サイモン・ペッグ出演映画おすすめ10選!かわいくて面白い人気コメディアン!

サイモン・ペッグ出演映画おすすめ10選!かわいくて面白い人気コメディアン!

コメディ映画から大人気『ミッション:インポッシブル』シリーズまで数多くの作品に引っ張りだこのサイモン・ペッグ。今回はそんな彼が出演した作品の中からおすすめ10作品をあらすじとキャスト情報を合わせてご紹介いたします。


マイケル・ペーニャ出演映画おすすめ10選!名脇役として大活躍!

マイケル・ペーニャ出演映画おすすめ10選!名脇役として大活躍!

『オデッセイ』や『アントマン&ワスプ』など数多くのヒット作に出演しているマイケル・ペーニャ。今回はそんな彼が出演する映画の中からおすすめ10作品をご紹介いたします。あらすじとキャスト情報も合わせてお伝えいたします。


20年ぶりの貞子『リング/リバース』がどんな映画?

20年ぶりの貞子『リング/リバース』がどんな映画?

20世紀末、日本から発信され世界を震撼させたジャパニーズ・ホラームービー。その旗手となったのが『リング』『らせん』シリーズの貞子(学名:サマラ)でした。映画公開からちょうど20年。新成人となった貞子がアメリカから帰還。これは見逃せない映画です。


最新の投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。


映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

アメリカの大統領でブッシュを知っている人は多くても、副大統領であるチェイニーという人物を知る人は少ないのではないでしょうか?実はこのチェイニー副大統領こそ、影でブッシュ大統領を操るほどの実力を握り、今のアメリカを作り上げて"しまった"人物として知られているのです。そんな彼の半生を描いた映画『バイス』を紹介します!


秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭とは、“アキバ”に来る人の“大好き”を集めた映画祭。アニメ作品をメインとしてコミックやライトノベル、ゲームが原作の作品からアイドルが主演の作品など、ポップカルチャーに分類される作品を対象として上映されます。今回はそんな秋葉原映画祭2018で上映された作品について紹介します。


ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

日本のみならず、世界的に注目されているジブリ作品。その大きな特徴は、魅力的なキャラクターたちです。どのキャラクターも個性的で魅力的ですが、中でも人気が高いのは誰なのでしょうか?今回は、ジブリのキャラクターランキングを大公開します。はたして、ランキング1位に選ばれたのは…?