【2018年版】Netflixオリジナル映画おすすめ15作を大選抜!アートからカルトまで何でも来い!

【2018年版】Netflixオリジナル映画おすすめ15作を大選抜!アートからカルトまで何でも来い!

近年様々な配信動画サービスがオリジナル作品の制作に勤しんでいます。そんな中、特にファンを獲得しているオリジナル作品がNetflixです。実際に配信サービスの作品にも関わらず、カンヌ、アカデミーなどの歴史ある映画祭にて賞を獲得することも!今回はそんな魅力あるNetflixオリジナル作を2018年の配信限定でまとめました!


目次

金獅子を獲得した『ROMA/ローマ』

『ROMA』(原題) (C) Netflix

70年代、メキシコシティに住む中流家庭の暮らしをモノクロで描がいた『ROMA/ローマ』。 2018年のヴェネツィア国際映画祭では見事金獅子賞(最高賞)を獲得するという、ストリーミング作品としては異例の快挙を成し遂げました。

第75回ヴェネチア映画祭で金獅子賞を獲得したアルフォンソ・キュアロン (C) Getty Images

『ROMA/ローマ』の監督を務めたのは『トゥモロー・ワールド』、『ゼロ・グラビティ』のメキシコ映画監督アルフォンソ・キュアロン。実はあの『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』も、キュアロンが監督した作品。そんな彼の半自伝的作品と呼べるのが、この『ROMA/ローマ』とされます。中流家庭とその家政婦を中心に描くドラマはどのようなものなのか期待が高まります。

『ザ・レイド』監督最新作はカルト教団がテーマ!『アポストル 復讐の掟』

ダン・スティーヴンス/実写映画『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アクション映画『ザ・レイド』の登場で一躍日本の映画ファンからも知られるようになった、ギャレス・エヴァンス監督の最新作。今回のテーマは残虐なカルト集団。史実に基づいたものかは不明ですが、ある島で集団生活をしている組織が、資金繰りに困って、主人公の妹を誘拐して身代金を要求。主人公は身分を隠して島に乗り込みます。

ダン・スティーヴンス/実写映画『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

宗教団体の話なので、神をインチキと見るか、真実と見るかというテーマを掲げつつ、かなり強烈なゴアシーンも。とくに拷問機械のレパートリーの多さにあなたは耐えられるでしょうか…ラストはなかなかのオチなので、気になる人は必見です。主人公を演じるのは『美女と野獣』、『ザ・ゲスト』のダン・スティーヴンス。イケメンがなかなかにひどい目にあいます。

生まれたてのゲイリー・オールドマンを楽しめる『TAU/タウ』

ゲイリー・オールドマン-(C)Getty Images

ある若い女性ジュリアが突如誘拐されると、そこで正体不明のインプラントを体内に埋め込まれてしまいます。彼女の他にも同じく誘拐されて来た人がいましたが、脳機能の実験台と知ると逃亡を図ります。しかし人工知能「TAU/タウ」によって、次々に処分され、生き残ったジュリアはTAU/タウにより監視される。しかしジュリアは人工知能であるTAU/タウを味方につけようとし、脱出を試みる…。

マイカ・モンロー-(C)Getty Images

『イット・フォローズ』のマイカ・モンローが、今度は人工知能開発者によってひどい目にあわされる本作。限定された空間でのSFスリラーになりますが、なんと言っても見所は人工知能「TAU/タウ」の声優がゲイリー・オールドマンという点。おまけにTAU/タウはまだまだ発展途上のAIなので、まるで生まれたてのゲイリー・オールドマンを見ているかのようです。

名優フォレスト・ウィテカーの演技がすべて『すべての終わり』

フォレスト・ウィテカー-(C)Getty Images

突如世界中で大規模な災害が発生。シアトルにフィアンセを残して来た主人公とフィアンセの父親は、2人でシカゴからシアトルへ向かおうとします。ところが飛行機はすべて止まり、彼らは車で移動をすることに。しかしそれは災害と同じくらい混乱を極めて危険な人々との遭遇も意味していました。

フォレスト・ウィテカー-(C)Getty Images

『SMOKE』などで知られる名優、フォレスト・ウィテカーがフィアンセの父親として、貫禄たっぷりに登場します。大規模なスケールで描くディザスタームービーですが、それ以上に人間ドラマにも迫る作品です。そのため一般的なパニック物を想像すると肩透かしを食らうかも…?主人公といずれ義理父になる2人のロードムービーとしてみると感動もひとしおです。なお、どうして地球規模で大災害が巻き起こってしまったのか?その理由を考えるすぎるのはあまりよくないかもしれません。雰囲気重視が時に大切なこともあるようです。

伝説的監督の遺作が、Netflixで蘇る… 『風の向こうへ』

かつてはハリウッドで巨匠と呼ばれたジェイク・ハンナフォード。そんな称号で言われるものの、今ではヨーロッパで活躍の場を求める日々に。そんな時にジェイクは「風の向こう側」という新作映画の企画を立ち上げることを決意するが…。 これは、ジェイク・ハンナフォードが常に変化をしているハリウッド界の映画製作体制の中で、再起を賭けた企画であった。しかし企画は様々な障害であったり、予期せぬトラブルにも直面する。そんな中でも、ジェイクは映画「風の向こう側」を完成させ、見事ハリウッドに舞い戻ることはできるのだろうか?

「世界一の映画」と称され、今なお君臨し続ける伝説的映画『市民ケーン』の監督オーソン・ウェルズ。彼の遺作がこの『風のむこうへ』です。制作当初は資金不足によって、撮影はできたもののその後の編集が困難になってしまいます。結果的にオーソン・ウェルズが存命の間に資金を集めることはできず、いわはお蔵入りの状態になるのです。ところがこの『風のむこうへ』の全世界配給権をNetflixが買い取ります。これは世界中の映画ニュースとして知れ渡りました。

共通点の多い役者がそろった『風の向こうへ』

『マイ・ファニー・レディ』 - (C) STTN Captial,LLC 2015

そんな本作の主演を務めたのは、脚本家として活動をしたのち、『マルタの鷹』にて監督デビューを果たしたジョン・ヒューストン。同じく現在も監督として活動を続けているピーター・ボグダノヴィッチも出演。最近では『マイ・ファニー・レディ』なども監督しましたが、オーソン・ウェルズとは旧知の仲であるピーター・ボグダノヴィッチは、本作がお蔵入りになっても、完成のために努力を惜しまなかったと言います。『風のむこうへ』では、監督経験のある役者や、監督そのものが出演している点が非常に印象的で、ジェイクを取り巻く当時のハリウッド映画の描き方に、とても説得力があります。

『風の向こうへ』の舞台裏に迫ったドキュメンタリーもNetflixにて配信

『風の向こうへ』の出演者やスタッフ、本作の撮影に携わった人々のインタビューなどをまとめたドキュメンタリー作『オーソン・ウェルズが遺したもの』 。その混乱とトラブルに満ちた制作現場のエピソードや、希代の名称を語ります。

ノルウェーで実際に起きたテロ事件を描く『7月22日』

Netflixオリジナル映画『7月22日』

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。


ミシェル・ウィリアムズ出演映画おすすめ10選!ピクシーカットの美人女優♡

ミシェル・ウィリアムズ出演映画おすすめ10選!ピクシーカットの美人女優♡

『マリリン 7日間の恋』でマリリン・モンロー役を見事に演じきったミシェル・ウィリアムズ。今回はそんな彼女が出演する映画の中からおすすめ10作品をご紹介いたします。2019年公開予定の最新作情報も合わせてお伝えいたします。


ドラマ「プロポーズ大作戦」各話あらすじ・ネタバレ!名言まとめまで公開!

ドラマ「プロポーズ大作戦」各話あらすじ・ネタバレ!名言まとめまで公開!

2007年4月期のフジテレビ月曜9時ドラマ「プロポーズ大作戦」って覚えていますか? 何度見ても勇気付けらるそんな物語。そんな「プロポーズ大作戦」の、あらすじ・ネタバレについてまとめました。


エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

1999年公開の『ファイト・クラブ』で知られるエドワード・ノートン。今回はそんな彼が出演している映画の中からおすすめ8作品をご紹介します。日本の漫画が原作の最新作『アリータ: バトルエンジェル』にも出演!


最新の投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。


映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

アメリカの大統領でブッシュを知っている人は多くても、副大統領であるチェイニーという人物を知る人は少ないのではないでしょうか?実はこのチェイニー副大統領こそ、影でブッシュ大統領を操るほどの実力を握り、今のアメリカを作り上げて"しまった"人物として知られているのです。そんな彼の半生を描いた映画『バイス』を紹介します!


秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭とは、“アキバ”に来る人の“大好き”を集めた映画祭。アニメ作品をメインとしてコミックやライトノベル、ゲームが原作の作品からアイドルが主演の作品など、ポップカルチャーに分類される作品を対象として上映されます。今回はそんな秋葉原映画祭2018で上映された作品について紹介します。


ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

日本のみならず、世界的に注目されているジブリ作品。その大きな特徴は、魅力的なキャラクターたちです。どのキャラクターも個性的で魅力的ですが、中でも人気が高いのは誰なのでしょうか?今回は、ジブリのキャラクターランキングを大公開します。はたして、ランキング1位に選ばれたのは…?