『君の名前で僕を呼んで』映画あらすじ 男性同士の切ない恋愛模様を描く

『君の名前で僕を呼んで』映画あらすじ 男性同士の切ない恋愛模様を描く

世界中の映画賞で注目を浴びた『君の名前で僕を呼んで』(原題:Call Me By Your Name)。17歳と24歳の男性2人による淡い恋愛模様や恋の痛みが描かれた本作は、日本では2018年4月に公開され話題を呼びました。今回は『君の名前で僕を呼んで』について紹介します。


『君の名前で僕を呼んで』とは?

『君の名前で僕を呼んで』(C)Frenesy, La Cinefacture

80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、男性同士の恋愛について描かれた映画『君の名前で僕を呼んで』。公開後は数多の映画祭で注目を集め、大きな話題を呼びました。今回はそんな『君の名前で僕を呼んで』のあらすじやキャストなど紹介していきたいと思います。

原作は、アンドレ・アシマンの同名小説作品

『君の名前で僕を呼んで』原作者アンドレ・アシマン (C)Frenesy, La Cinefacture

原作はアンドレ・アシマンによる同名小説『Call Me by Your Name』。原作となるこの小説は、アシマンが少年時代にイタリアで過ごした思い出を元に書かれています。

監督は、『ミラノ、愛に生きる』のルカ・グァダニーノ

『ミラノ、愛に生きる』 -(C) 2009 First Sun & Mikado Film. All Rights Reserved

そんなアンドレ・アシマンの思い出が綴られた小説を映画化するにあたり、メガホンを取ったのはイタリア出身のルカ・グァダニーノ監督。過去には『ミラノ、愛に生きる』や『胸騒ぎのシチリア』などの作品を手掛けています。

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

今回映画化する際には、ルカ・グァダニーノ監督は原作者のアンドレ・アシマンとアイデアを出し合ったとのこと。さらに、もう既に続編の構想も存在しているとのことです。

脚本は、『モーリス』のジェームズ・アイヴォリー

『モーリス 4K』 -(C) 1987 Merchant Ivory Productions Ltd. A Merchant Ivory Film in association with Film Four International and Cinecom Pictures

脚本はジェームズ・アイヴォリーが担当。1986年にはアカデミー賞にて3部門に輝いた『眺めのいい部屋』やイギリスを舞台として同性愛を描いた『モーリス』などの監督を務めています。

タイトル『君の名前で僕を呼んで』(原題:Call Me By Your Name)に関するエピソード

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

今回邦題に選ばれた『君の名前で僕を呼んで』は、原題『Call Me by Your Name』の直訳となっています。また、“Call Me by Your Name”は劇中にも登場するセリフであり、非常に印象的なシーンで用いられる重要なセリフの一部となっています。

数多の映画祭で注目を浴びた『君の名前で僕を呼んで』

ティモシー・シャラメ&アーミー・ハマー-(C) Getty Images

アカデミー賞で脚色賞を受賞した『君の名前で僕を呼んで』は、他にも数多くの映画賞にノミネート。中にはゴールデン・グローブ賞や全米俳優組合賞などもあり、さまざまな映画賞で脚光を浴び、話題になりました。

750枚もの写真が収録されたパンフレットも販売!

『君の名前で僕を呼んで』豪華版パンフレット (C)Frenesy, La Cinefacture

絵になるような美しいシーンも多く登場する『君の名前で僕を呼んで』では、通常のパンフレットとは別に、本編にも収録されていない未公開シーンのカットも含め750枚以上の写真が収められた、特別版のパンフレットも販売されました。

『君の名前で僕を呼んで』のあらすじは?

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

1983年の夏、両親と共に北イタリアの避暑地にある別荘へやってきた17歳のエリオ・パールマン(ティモシー・シャラメ)。

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

そんなエリオの父は大学で教授を務めており、博士課程である24歳の大学院生・オリヴァー(アーミー・ハマー)も別荘へ招待していました。

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

自信家のように見えたオリヴァーに対し、最初はあまり良い印象を受けていなかったエリオ。

関連する投稿


 ハリウッド若手人気俳優20人!次世代俳優はここでチェック! -2020年版-<10~20代>

ハリウッド若手人気俳優20人!次世代俳優はここでチェック! -2020年版-<10~20代>

ハリウッドを代表する若手俳優たちのラインナップも、ここに来て次なる新時代に突入!これまで目を引いてきた子役出身俳優から突如現れた実力派俳優まで、若手のスターが揃って頭角を現し始めていて気になってしまいますね?!ここでは、そんな次世代俳優をピックアップして紹介していきますので是非チェックしておいて下さいね。


映画『TENET テネット』あらすじ・キャスト・予備知識!クリストファー・ノーラン3年ぶりのSF超大作!

映画『TENET テネット』あらすじ・キャスト・予備知識!クリストファー・ノーラン3年ぶりのSF超大作!

SF映画の巨匠クリストファー・ノーラン監督が3年ぶりに挑んだ待望のSF超大作映画『TENET テネット』が、いよいよ公開されます。"革新的ブロックバスター映画" と称した国際スパイ・ムービーとの事で、ファンならずとも俄然期待が高まりますよね!ここでは作品の予備知識を兼ねてキャスト・あらすじなども紹介していきます。


ハリウッド人気俳優40人大集合!いま注目すべきは誰!?【2020年最新】

ハリウッド人気俳優40人大集合!いま注目すべきは誰!?【2020年最新】

ハリウッドは映画の都。女優も男優もみな実力者揃いですが、それは其々俳優が放つ個性から生まれています。ここではハリウッド俳優の中でも特にホットな40人を紹介していこうと思います。ブレイク俳優からベテラン俳優まで勢ぞろい!各ハリウッド俳優の名作・新作と最新状況まで合わせて紹介します!


小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ20選!原作と比較しておもしろさ倍増!

小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ20選!原作と比較しておもしろさ倍増!

昨今、映画作品はオリジナル作品が少なくなってきて久しいですが、そんな賛否両論ある「原作もの」も、監督独自の脚色によって、生まれ変わるケースは多くあります。ラストを変更するだけでなく、作品全体のトーンを変えたり、登場人物を新たに加えたりと、その方法は様々。こちらのまとめでは、原作と映画の比較や、作者の背景にも迫りました。


人気スターがカメオ出演した映画10選!!カメオ出演と友情出演の違いとは?

人気スターがカメオ出演した映画10選!!カメオ出演と友情出演の違いとは?

話題の映画などでよく「カメオ出演」という特別枠が設けられ、ついつい興味がそそられてしまいませんか?劇中で思いがけなく人気スターを発見し、調べてみればカメオだったり。ここではカメオ出演のザックリした定義、そして話題のカメオ出演者を擁する映画の数々を紹介していきたいと思います。是非、チェックしてみて下さいね。


最新の投稿


堺雅人×高畑充希W主演『DESTINY 鎌倉ものがたり』のネタバレあらすじ、みどころ、キャストまとめ

堺雅人×高畑充希W主演『DESTINY 鎌倉ものがたり』のネタバレあらすじ、みどころ、キャストまとめ

『DESTINY 鎌倉ものがたり』はどんな映画なのでしょうか?この記事では『DESTINY 鎌倉ものがたり』のみどころ、あらすじネタバレ、キャスト、原作や感想も紹介します。この記事を読めば『DESTINY 鎌倉ものがたり』をもっと楽しめますよ!


映画『ミスト』濃霧に閉ざされた世界の謎とは?ネタバレありのあらすじと考察

映画『ミスト』濃霧に閉ざされた世界の謎とは?ネタバレありのあらすじと考察

田舎町に暮らす画家一家デイビッドの町が突如濃い霧に覆われ、白い霧の中から現れる怪物に襲われ次々姿を消す人々の恐怖と混乱の数日を描いたSFパニックホラー『ミスト』の世界をネタバレありで解説する。


失恋した時は…泣ける映画のおすすめ50選!

失恋した時は…泣ける映画のおすすめ50選!

辛い失恋を乗り切るには、とにかく涙が枯れるまで泣くしかない⁉失恋しても立ち直る勇気をもらえるのも映画の魅力!そんな時にぴったりのおすすめの映画名作・傑作の感動作品を集めました。


亀梨和也主演!ホラー映画『事故物件 恐い間取り』のネタバレあらすじ

亀梨和也主演!ホラー映画『事故物件 恐い間取り』のネタバレあらすじ

ホラー映画『事故物件 恐い間取り』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『事故物件 恐い間取り』のみどころ、ネタバレあらすじ、KAT-TUNの亀梨和也ほかキャスト、原作や感想も紹介します。この記事を読めば『事故物件 恐い間取り』をもっと楽しめますよ!


人生はこれから!敬老の日に観る、高齢者を描いた映画10選!おじいちゃんおばあちゃんが大活躍!

人生はこれから!敬老の日に観る、高齢者を描いた映画10選!おじいちゃんおばあちゃんが大活躍!

「敬老」とは文字通り、お年寄りを敬うという意味ですが、「敬ってもらうまでもなくまだまだ人生これから!」というアグレッシブなお年寄りの皆さんも多いですよね! 今回は、そんな素敵なおじいちゃんおばあちゃんを描いた作品を、いくつかご紹介致します。