『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』映画あらすじ 男性同士の切ない恋愛模様を描く

『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』映画あらすじ 男性同士の切ない恋愛模様を描く

世界中の映画賞で注目を浴びた『君の名前で僕を呼んで(原題:Call Me By Your Name)』。17歳と24歳の男性2人による淡い恋愛模様や恋の痛みが描かれた本作は、日本では2018年4月に公開され話題を呼びました。今回は『君の名前で僕を呼んで』について紹介します。


『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』とは?

『君の名前で僕を呼んで』(C)Frenesy, La Cinefacture

80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、男性同士の恋愛について描かれた映画『君の名前で僕を呼んで』。公開後は数多の映画祭で注目を集め、大きな話題を呼びました。今回はそんな『君の名前で僕を呼んで』のあらすじやキャストなど紹介していきたいと思います。

原作は、アンドレ・アシマンの同名小説作品

『君の名前で僕を呼んで』原作者アンドレ・アシマン (C)Frenesy, La Cinefacture

原作はアンドレ・アシマンによる同名小説『Call Me by Your Name』。原作となるこの小説は、アシマンが少年時代にイタリアで過ごした思い出を元に書かれています。

監督は、『ミラノ、愛に生きる』のルカ・グァダニーノ

『ミラノ、愛に生きる』 -(C) 2009 First Sun & Mikado Film. All Rights Reserved

そんなアンドレ・アシマンの思い出が綴られた小説を映画化するにあたり、メガホンを取ったのはイタリア出身のルカ・グァダニーノ監督。過去には『ミラノ、愛に生きる』や『胸騒ぎのシチリア』などの作品を手掛けています。

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

今回映画化する際には、ルカ・グァダニーノ監督は原作者のアンドレ・アシマンとアイデアを出し合ったとのこと。さらに、もう既に続編の構想も存在しているとのことです。

脚本は、『モーリス』のジェームズ・アイヴォリー

『モーリス 4K』 -(C) 1987 Merchant Ivory Productions Ltd. A Merchant Ivory Film in association with Film Four International and Cinecom Pictures

脚本はジェームズ・アイヴォリーが担当。1986年にはアカデミー賞にて3部門に輝いた『眺めのいい部屋』やイギリスを舞台として同性愛を描いた『モーリス』などの監督を務めています。

タイトル『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』に関するエピソード

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

今回邦題に選ばれた『君の名前で僕を呼んで』は、原題『Call Me by Your Name』の直訳となっています。また、“Call Me by Your Name”は劇中にも登場するセリフであり、非常に印象的なシーンで用いられる重要なセリフの一部となっています。

数多の映画祭で注目を浴びた『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』

ティモシー・シャラメ&アーミー・ハマー-(C) Getty Images

アカデミー賞で脚色賞を受賞した『君の名前で僕を呼んで』は、他にも数多くの映画賞にノミネート。中にはゴールデン・グローブ賞や全米俳優組合賞などもあり、さまざまな映画賞で脚光を浴び、話題になりました。

750枚もの写真が収録されたパンフレットも販売!

『君の名前で僕を呼んで』豪華版パンフレット (C)Frenesy, La Cinefacture

絵になるような美しいシーンも多く登場する『君の名前で僕を呼んで』では、通常のパンフレットとは別に、本編にも収録されていない未公開シーンのカットも含め750枚以上の写真が収められた、特別版のパンフレットも販売されました。

『Call Me By Your Name(君の名前で僕を呼んで)』のあらすじは?

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

1983年の夏、両親と共に北イタリアの避暑地にある別荘へやってきた17歳のエリオ・パールマン(ティモシー・シャラメ)。

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

そんなエリオの父は大学で教授を務めており、博士課程である24歳の大学院生・オリヴァー(アーミー・ハマー)も別荘へ招待していました。

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

自信家のように見えたオリヴァーに対し、最初はあまり良い印象を受けていなかったエリオ。

この記事のライター

関連する投稿


小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ15選!原作と比較しておもしろさ倍増!

小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ15選!原作と比較しておもしろさ倍増!

昨今、映画作品はオリジナル作品が少なくなってきて久しいですが、そんな賛否両論ある「原作もの」も、監督独自の脚色によって、生まれ変わるケースは多くあります。ラストを変更するだけでなく、作品全体のトーンを変えたり、登場人物を新たに加えたりと、その方法は様々。こちらのまとめでは、原作と映画の比較や、作者の背景にも迫りました。


ジョニー・デップ出演映画・プロフィール・恋愛事情まとめ!世界で愛されるハリウッド俳優

ジョニー・デップ出演映画・プロフィール・恋愛事情まとめ!世界で愛されるハリウッド俳優

ハリウッドきってのイケメン俳優ジョニー・デップ。日本でも”ジョニデ”の愛称で親しまれ、熱狂的なファンがいるほどの人気っぷりです。そんなジョニー・デップの魅力がわかる過去の出演映画・そして日本公開が迫った最新作『オリエント急行殺人事件』の情報をお届けします!


『クリムゾン・ピーク』あらすじ・キャストを紹介!ゴシック・ホラー作品とは?

『クリムゾン・ピーク』あらすじ・キャストを紹介!ゴシック・ホラー作品とは?

ゴシック・ホラー映画『クリムゾン・ピーク』は『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞を受賞したギレルモ・デル・トロ監督の2015年の作品です。今回はそんな気になる『クリムゾン・ピーク』のあらすじやキャストを紹介します!


アバンギャルドな悪女キャラ、ヘレナ・ボナム=カーターの魅力に迫る!

アバンギャルドな悪女キャラ、ヘレナ・ボナム=カーターの魅力に迫る!

映画業界がメチャクチャ元気だった80年代から、その美貌とアバンギャルドなカッコよさで人気者だったヘレナ・ボナム=カーター。彼女は若い頃から頭脳明晰で生きるための判断能力に長け、迷いなく名門ケンブリッジ大学を蹴って演技の世界に没頭します。生まれ持った行動力も手伝って、早くに成功を収めて世界中の注目を浴びた彼女は、その独特な雰囲気を活かして精力的に映画出演をし続けてきました!イカれた悪女キャラが定着している彼女ですが、私生活、オフィシャルの両方で、事実婚している映画監督ティム・バートンに13年もの間ずっと尽くして共に戦い映画界の一時代を作り上げた、強くて健気な女性。そんな彼女の生き様や趣向、代表的な出演作品にフォーカスしてみました。


クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場!

名実ともにハリウッドを代表する俳優クリント・イーストウッド。193cmという高身長でスマートな体型とニヒルな表情、滲み出るカリスマ性が女性だけでなく男性たちをも惹きつけてきました。そして彼は俳優業に留まらず、映画監督、映画プロデューサー、作曲家、政治活動家としてもその手腕を発揮しています。若い頃から常に自分が実現したい物事を実行するためにアンテナを張り巡らし、必要な人材を引き寄せる事にも長けていました。そんなクリントが映画会社を設立し、俳優業と両立しながら作り上げてきた映画作品の数々...。往年の出演作は既に沢山紹介されてきているので、ここでは2000年代に手掛けた作品の中から最新作も含めての8作品を紹介していきたいと思います!


最新の投稿


U-NEXTで見れるおすすめの映画50選!洋画・邦画【最新版】

U-NEXTで見れるおすすめの映画50選!洋画・邦画【最新版】

U-NEXTで見れるおすすめの映画を50作品ピックアップ!どれも名作・傑作ばかりで、どれを観ようか迷ってしまいますが、今U-NEXTに登録すれば見放題作品80,000本を31日間無料で観れちゃいます!8万作品もあって、どれを観ていいかわからない方は、こちらのおすすめ記事をまずチェックしてみてくださいね♪


『ルパン三世 グッバイ・パートナー』あらすじ・みどころ・キャストまとめ!

『ルパン三世 グッバイ・パートナー』あらすじ・みどころ・キャストまとめ!

テレビスペシャル『ルパン三世 グッバイ・パートナー』では、どんなルパンの活躍が観られるのでしょうか?この記事では、『ルパン三世 グッバイ・パートナー』のストーリー、キャラクターなどの情報をご紹介します。この記事を読めば、『ルパン三世 グッバイ・パートナー』がもっと楽しめますよ!


部活・サークルを描いた青春映画おすすめ50作品!

部活・サークルを描いた青春映画おすすめ50作品!

部活といえば青春の代名詞ですよね。青春時代を部活に捧げたという人も少なくはないと思います。今回はそんな熱くて切ない部活を描いた映画を紹介します。


『バード・ボックス』Netflix映画 ネタバレ・あらすじ・感想

『バード・ボックス』Netflix映画 ネタバレ・あらすじ・感想

サンドラ・ブロック主演映画『バード・ボックス』。「〇〇したら死ぬ」この設定は数多く存在しながら、多くの映画ファン、制作サイドの心を掴んで離しません。その「〇〇したら死ぬ」ジャンルの魅力は、ついにあのNetflixにも上陸。タイトルは『バード・ボックス』これまでにない「目を開けたら死ぬ」という斬新な設定で、このジャンルに挑みます。今回はそんな『バード・ボックス』の魅力をまとめました。


映画化『アルキメデスの大戦』キャストや魅力まとめ!菅田将暉が天才数学者に!

映画化『アルキメデスの大戦』キャストや魅力まとめ!菅田将暉が天才数学者に!

『となりの怪物くん』や企業のCMでの役をはじめ、『あゝ、荒野』のようなハードな役まで何度もこなす菅田将暉が、今度は昭和の天才数学者を熱演します!「ドラゴン桜」原作者による漫画「アルキメデスの大戦」を、『永遠の0』を手掛けた山崎貴監督が実写化。今話題を集めつつある『アルキメデスの大戦』のキャストや見どころをまとめました。