映画『ダブルミンツ』ボーイズラブ&サスペンス作品!あらすじ・キャストなど紹介

映画『ダブルミンツ』ボーイズラブ&サスペンス作品!あらすじ・キャストなど紹介

サブカル界でカリスマ的人気を誇る中村明日美子によるボーイズラブ漫画作品『ダブルミンツ』が、2017年に実写映画化されました。出演者には淵上泰史やアイドルグループ・BOYS AND MENに所属する田中俊介らが名を連ねています。今回は映画『ダブルミンツ』について紹介します。 2491


『ダブルミンツ』ってどんな映画?

『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

2017年6月に公開された映画『ダブルミンツ』。原作は中村明日美子による同名漫画作品で、実写化するにあたりメガホンを取ったのは『下衆の愛』で知られる内田英治です。そんな本作では淵上泰史と田中俊介がW主演を務めました。今回は映画『ダブルミンツ』のあらすじやキャストなど紹介していきたいと思います。

原作は、中村明日美子によるボーイズラブ漫画作品

(c)中村明日美子/茜新社・アニプレックス

映画『ダブルミンツ』の原作は、2016年に公開されたアニメーション映画『同級生』の原作などを世に送り出している中村明日美子の同名漫画作品。

『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

2007年から2008年まで『メロメロ』にて連載されていた『ダブルミンツ』は、2009年に単行本が出版され、2012年にはドラマCD化もされるほどの注目を集めた作品となっています。

監督・脚本は、『下衆の愛』で知られる内田英治

© third window films

中村明日美子のボーイズラブ漫画作品『ダブルミンツ』を実写化するにあたり、メガホンを取ったのは 、ロッテルダム国際映画祭をはじめとして海外で開催される数々の映画祭にて上映され注目を浴びた『下衆の愛』の内田英治監督。

映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

内田監督は、原作である『ダブルミンツ』を読み、すぐに映画化したいと考えたとのこと。さらに原作者である中村明日美子とは2年に渡り、脚本のやりとりをしたと語っています。そんな内田監督の、原作へのリスペクトや愛が詰まった映画作品となっています。

“映画『ダブルミンツ』日本全国公開拡大プロジェクト”とは?

映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

今回『ダブルミンツ』の映画公開にあたり、全国への上映拡大や海外での配給実現などのために“映画『ダブルミンツ』日本全国公開拡大プロジェクト”がクラウドファンディングにて行われました。

映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

支援のリターンには、オフショット写真や秘蔵のメイキング映像、楽屋への招待などが用意されていたとのこと。そして目標金額を250万円に設定し、クラウドファンディングで募集を開始したところ、1日で目標達成。さらに250万円以上の支援も寄せられたのだそう。

『ダブルミンツ』はどんな物語?

映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

ある日、システムエンジニアとして働く壱河光夫(淵上泰史)の元へ、1本の電話がかかってきます。電話に出ると、受話器の向こうからは「女を殺した。いまから来い。」という声が。

映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

電話の相手は高校時代の同級生であり、今はチンピラである市川光央(田中俊介)。そんな2人の名前はどちらも“イチカワミツオ”と、偶然一緒のものでした。

映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

そんな2人ですが性格は正反対。目立たずに生きていた光夫に対し、光央はそんな光夫をいじめる冷酷で高飛車な性格でした。そして2人の関係は、いつしか主従関係へと発展していました。

映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

「女を殺した――」という電話をきっかけに、高校卒業から数年の時を経て、驚きの再会を果たした2人。

映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

そんな2人の間ではかつての主従関係が蘇り、光夫は光央の共犯者に。光夫は光央に命じられるまま、女の死体を始末しようとするのでした。

映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

この記事のライター

関連する投稿


石田ゆり子主演映画おすすめ6選!2019年公開の新作情報も!

石田ゆり子主演映画おすすめ6選!2019年公開の新作情報も!

1988年にドラマ「海の群星」に出演し女優としてデビューした石田ゆり子。以降、数々の映画やドラマに出演し、40代女性を中心に幅広い層に支持されてきました。そんな彼女の出演作の中からおすすめ6本をご紹介します。最後に2019年公開の最新作情報もお届けします。


映画『海賊とよばれた男』あらすじ・キャストを紹介!岡田准一さん主演!

映画『海賊とよばれた男』あらすじ・キャストを紹介!岡田准一さん主演!

『海賊とよばれた男』は、百田尚樹さんの大ベストセラー小説が原作となった実写映画です。主演は岡田准一さんが、監督は『永遠の0』の山崎貴さんが務めています。今回は『海賊とよばれた男』のあらすじやキャストなどを紹介!


映画『億男』(おくおとこ)あらすじ・キャストについて佐藤健主演!

映画『億男』(おくおとこ)あらすじ・キャストについて佐藤健主演!

累計発行部数76万部突破した川村元気著『億男』を原作とした映画が2018年10月19日に公開。「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督と佐藤健が本作でもタッグを組み、他キャストには高橋一生や藤原竜也など豪華俳優陣が集結しています。今回は映画『億男』について紹介します。


櫻井翔主演!大人気映画『神様のカルテ2』あらすじ・キャストを紹介

櫻井翔主演!大人気映画『神様のカルテ2』あらすじ・キャストを紹介

国民的アイドルグループ・嵐の櫻井翔さんが主演を務めた映画『神様のカルテ』。続編となる『神様のカルテ2』では、藤原竜也や濱田岳、吹石一恵など豪華キャスト陣が参加しています。そんな『神様のカルテ2』のあらすじやキャストについて紹介していきたいと思います。


広瀬アリスは本名⁉ハーフなの?広瀬すずの姉・広瀬アリスのプロフィール&出演映画まとめ【画像付き】

広瀬アリスは本名⁉ハーフなの?広瀬すずの姉・広瀬アリスのプロフィール&出演映画まとめ【画像付き】

最近超話題の広瀬姉妹。広瀬すずの姉である広瀬アリスさん。この名前の響きから見てハーフなのかなぁ~、そもそも名前って本名なのかぁ~。そんな今すごく気になる広瀬アリスさんについて調べてみました。そして出演作についてもまとめてみました。


最新の投稿


U-NEXTで見れるおすすめの映画50選!洋画・邦画【最新版】

U-NEXTで見れるおすすめの映画50選!洋画・邦画【最新版】

U-NEXTで見れるおすすめの映画を50作品ピックアップ!どれも名作・傑作ばかりで、どれを観ようか迷ってしまいますが、今U-NEXTに登録すれば見放題作品80,000本を31日間無料で観れちゃいます!8万作品もあって、どれを観ていいかわからない方は、こちらのおすすめ記事をまずチェックしてみてくださいね♪


『ルパン三世 グッバイ・パートナー』あらすじ・みどころ・キャストまとめ!

『ルパン三世 グッバイ・パートナー』あらすじ・みどころ・キャストまとめ!

テレビスペシャル『ルパン三世 グッバイ・パートナー』では、どんなルパンの活躍が観られるのでしょうか?この記事では、『ルパン三世 グッバイ・パートナー』のストーリー、キャラクターなどの情報をご紹介します。この記事を読めば、『ルパン三世 グッバイ・パートナー』がもっと楽しめますよ!


部活・サークルを描いた青春映画おすすめ50作品!

部活・サークルを描いた青春映画おすすめ50作品!

部活といえば青春の代名詞ですよね。青春時代を部活に捧げたという人も少なくはないと思います。今回はそんな熱くて切ない部活を描いた映画を紹介します。


『バード・ボックス』Netflix映画 ネタバレ・あらすじ・感想

『バード・ボックス』Netflix映画 ネタバレ・あらすじ・感想

サンドラ・ブロック主演映画『バード・ボックス』。「〇〇したら死ぬ」この設定は数多く存在しながら、多くの映画ファン、制作サイドの心を掴んで離しません。その「〇〇したら死ぬ」ジャンルの魅力は、ついにあのNetflixにも上陸。タイトルは『バード・ボックス』これまでにない「目を開けたら死ぬ」という斬新な設定で、このジャンルに挑みます。今回はそんな『バード・ボックス』の魅力をまとめました。


映画化『アルキメデスの大戦』キャストや魅力まとめ!菅田将暉が天才数学者に!

映画化『アルキメデスの大戦』キャストや魅力まとめ!菅田将暉が天才数学者に!

『となりの怪物くん』や企業のCMでの役をはじめ、『あゝ、荒野』のようなハードな役まで何度もこなす菅田将暉が、今度は昭和の天才数学者を熱演します!「ドラゴン桜」原作者による漫画「アルキメデスの大戦」を、『永遠の0』を手掛けた山崎貴監督が実写化。今話題を集めつつある『アルキメデスの大戦』のキャストや見どころをまとめました。